宮部みゆき『スナーク狩り』

とてもスピード感のある小説でした。

変な言い方ですが,「映像化しやすい小説」という気がしました。

様々な思いを持った人達が,別々に,しかし同じ場所を目指して車を走らせる。ラスト付近のシーンでは,誰か(一応,ネタばれになっちゃうので)が銃を撃ち,銃弾が風を切り,叫び声があがり,その隙間をついて・・・,という風に映画のスローモーションのように場面が進んでいきます。

読んでいたのは,電車に乗っていてちょうど終点だったのですが,降りられませんでした(笑)。

本当,映画のようなスピード感と迫力がある小説でした。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

宮部みゆき 『クロスファイア 上・下』

amazonへamazonへ
amazonへ

『ブレイブ・ストーリー』以来,宮部みゆきのSF系作品を読みたくなり,『ICO -霧の城-』
や『クロスファイア 上・下』『鳩笛草―燔祭・朽ちてゆくまで』
を続けざまに読みました。そして,『ICO』はイマイチだったので,今日は『クロスファイア』について。

上下巻に分かれているのですが,上巻は単純に「スカッ」としてしまいました。

主人公の淳子はパイロキネシス(念力放火能力)を持ったOL。夜,廃工場に瀕死の男を運んできて埋め殺そうとする4人の若者。偶然,その場にいた淳子は「力」を解放し,そのうちの3人をあっという間に炎上・吹き飛ばします。

そして,逃がしてしまった1人を追うところから物語がスタートします。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

D70のえらくないところ – 第2回:「撮影モード切替スイッチ」って一体・・・

リビングで遊ぶチビ達を見つめるD70

リビングで遊ぶチビ達を見つめるD70
Canon IXY Digital 320, f2.8+1/200s, -1.0EV

D70のウリの一つに「ピクチャーイメージプログラム」があります。

一般的な,P(プログラムAE),A(絞り優先AE),S(シャッター優先AE),M(マニュアル)の各露出モードの他に,コンデジでおなじみの「風景」「ポートレート」「夜景」「スポーツ」などのピクチャーイメージプログラムが付いているようです。

「ようです」と,人ごとのような言い方ですが,理由は「まったく使ったことがない」からです。

今では,なんと,Canon EOS 1D Mark II Nにまで搭載されてしまった機能ではありますが,ガンデジを買う人でピクチャーイメージプログラムを使う人って,どれだけいるんでしょう?

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

D70のえらくないところ – 第1回:ファインダー&モニター

久しぶりにVR24-120mmを付けたD70。でかいなぁ・・・

久しぶりにVR24-120mmを付けたD70。でかいなぁ・・・
Canon IXY Digital 320 + , f3.5+1/80s

過去3回にわたってお伝えしてきた「D70のエライところシリーズ」。じゃぁ,「100%大満足!」かと言えば,そこはやはりD70と言えども,一つの工業製品。コストとの戦いやライバル会社の陰謀,憎らしい上司の妨害(?)などにより,残念ながら省かれている機能,いまいちな物で代用しているところもあります。

そんなわけで,これからしばらく,D70を1年強使ってみて感じた,イマイチな点を挙げていってみましょう。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

A Peaceful Sunday

今日は,文字通り,雲一つ無い快晴の秋空。

どっか遠くに出かけたくなる気持ちをぐっと抑え,近所の辻堂海浜公園に出かけることにしました。「近所」ということはとても良いこと。

急いで朝ご飯を食べなくてもいいし,交通費もかからない。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
1 408 409 410 411 412 413 414 441