LGS SIX号通勤自転車化計画(強力ロック編)

頼れるブレード型ロック、ABUS社のU GRIP BORDO 5700。

頼れるブレード型ロック、ABUS社のU GRIP BORDO 5700。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

リアキャリア、巨大バスケット、センタースタンド、バッテリー外付ライトと、様々な通勤アイテムが追加されてダサさが激増したLGS SIX号

こんだけゴテゴテになると盗まれにくいような気がしますが、駐輪場所は駅前の無人駐輪場ですから、念には念を入れる必要があります。

LGS SIX号通勤自転車化シリーズの4回目は、超強力ロックの紹介です

今回はこんな記事です

  • ブレード型(多関節型)ロックを初めて購入
  • 信頼のABUS社
  • 1kg弱という重さに見合う頑丈ぶり
  • 車載用のホルダー付き


初のブレード型ロック、ABUS社『U GRIP BORDO 5700』

以前に紹介しましたが、LOOK595号で乗るときはワイヤーロックを使っています。

ロードの場合、駐輪するとしてもごく短時間のため、普段はか細いタイプ、遠出の時は少しだけ太いタイプを使っています。

ロードバイクの盗難防止対策(前編)
ロードバイクに乗っていて困ることのひとつに「気軽に駐輪しておけない」という悩みがあります。 統計(警視庁犯罪情勢統計)によると,日本国内では毎年減ってきているものの年間35万件ほどの自転車盗難があるそうです。警察に届け出ない分も入れれば倍ぐらいあるそうですが,ほとんどが一般車であり,ロードバイクがこんなにたくさん盗まれているわけではありません。 しかし,一般車の軽く10台分以上(場合によっては100台超)のお値段がするロードバイクですから,確率や統計以前に,盗まれた場合の財産的・精神的インパクトは絶大です。 そこで(といっても具体的解決策があるわけではないのですが),今回と次回の2回に分けて,ロードバイクの盗難防止対策について考えてみたいと思います。

しかし、今回のLGS SIX号通勤自転車化では、短くても丸一日、雨が降ったりしたら2~3日は駐輪することもあり得ますし、駐輪場所も、最も盗まれやすい駅前無人駐輪場であることから、それなりの盗難対策は必要そうです。

そこで、自動二輪で大きな人気を誇るABUS社の、ちょっと軽めの(でも1kg近い)ブレード型のロック、『U GRIP BORDO 5700』を購入しました。

カギ本体、鍵、ホルダー、固定バンド、のセットです。

カギ本体、鍵、ホルダー、固定バンド、のセットです。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

星の数ほどある、各種ロックの中から、ABUS社のブレード型を選んだのは以下の理由によります。

  1. ABUS社なら大丈夫だろう、という信頼感(あんまり根拠ないけど)
  2. 軽量(でも1kg近い)の割にはかなり頑丈
  3. 10000円以上が当たり前のABUSの中では、リーズナブルなお値段設定
  4. 場合によっては、ロードでも使用できずサイズ・重量(ギリギリですが)

実際のスペック・仕様は以下の通りです。

項目 仕様 備考
製品名 U GRIP BORDO 5700  
ロック方法 鍵式 本当はダイヤル式がいいんだけど、高い・・・
長さ 80cm 地球ロックはちと難しい
鉄板厚み 5mm かなり頑丈
重量 830g ズシッときます
セキュリティレベル 7 1~15のうちの真ん中
おまけ 車載用ホルダー付 車載しないと運搬つらい

ABUS社にはロックの強さを表示する、15段階の独自のセキュリティレベルがあり、上位モデルでは10~15くらいあります。

それに比べると、BORDO 5700の「7」は少し低めですが、一般的なワイヤーロックだと2~3くらいの評価なので、それに比べれば相当に頑丈です。

また、使用している鉄板は同じ材質(ABUSスペシャルスティール)、同じ厚み(5mm)ですので、そんなに差は無いのでは?と思い、少しでも軽い(←長さが短いため)BORDO 5700にしてみました。

特徴は、何と言っても、鉄板を接ぎ合わせてループを作る構造で、見るからに切断しにくそうです。

こんな風にして、ループ状にします。

こんな風にして、ループ状にします。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

実際には、バーナーや電動ノコギリなどを使えば切れるようですが、そこまでして、ほぼママチャリ化したLGS SIX号を盗むアホはいないと思われるので、これで十分ではないかと考えての購入です。

使用感

ロックであるからには、その目的は盗難防止であり、それ以外はすべておまけ要素にすぎません。

でも、実際に盗まれたり(防止力=0)、盗まれそうになっても防いだ(防止力=100)しないと、盗難防止力はどの程度なのか分からないのも事実なので困ります。

と言っていては何も書くことがなくなるので、とりあえず、1か月使った感想を書いておきましょう。

本当はダイヤル式にしたかったのですが、かなりお高いので、鍵式で我慢。

本当はダイヤル式にしたかったのですが、かなりお高いので、鍵式で我慢。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

やたらと頑丈で安心感はある(^^)

ワイヤーロックは、専用工具(ワイヤーカッター)で数秒で切断できたりしますが、厚さ5mmの鉄板でできているBORDO 5700は、そう簡単には切断できないように見えます。

切断するのが面倒くさそうです。

切断するのが面倒くさそうです。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

盗人から見た目にも、「面倒くさいな、コレ」と思わせる、頑丈さがありそうです。

地球ロックには不向きかも

長さは80cmあるのですが、6枚の鉄板からできているので、ワイヤーのように自由自在になるわけではないため、バイクとフェンスなどを一体化させる、いわゆる「地球ロック」は難しい感じです。

細い柱の横にバイクを置いて、フレームごと縛る、という地球ロックはあるかもしれませんが、普通の駐輪場だと難しいかな?と思います。

こんな風に、フレームとフロントホイールをつないでます。

こんな風に、フレームとフロントホイールをつないでます。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

ホルダーが今一歩

なんせ重たいので、カバンに入れて運ぶのはタマらなく、フレームに車載すべきです。

そのために、ちゃんとホルダーが同梱されています。

車載は簡単なのですが、取り出しがちょっと面倒・・・。

車載は簡単なのですが、取り出しがちょっと面倒・・・。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

鍵を折りたたんだら、スポッと差し込めて、とても便利です。

ただ、取り出すためにはボタンを押して出すのですが、なかなか上手く取り出せないことがあります。

こんなところまで強力にする必要はないので(笑)、ロックをロックしている部分をちょいと削るなど、後で工夫してみます。

この「PRESS」という部分を押しても、なかなかロック解除されないんです。

この「PRESS」という部分を押しても、なかなかロック解除されないんです。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

まとめ

以前にも書いたことがありますが、盗人が本気で盗もうとしたら、どんなカギを使っても盗まれてしまうと思われます。

ただ、これだけ頑丈なカギになると、大きな手間や、専用工具など、大きなリスクを冒すことになるので、お安い通勤自転車だと(盗人にとっての)コスパが悪くなりますので、かなりの盗難防止効果が出てくるのではないかと思います。

これ以上のカギ、となると、例えばUロックをクランクに挟み込むなど、本当に面倒くさいカギをしてやるという手もありますが、自分も面倒になってしまうので、ブレード型ロックはほどほどの手間で、高い抑止力と、いいバランスではないかと思います。

まだまだ続く、LGS SIX号通勤自転車化シリーズの次回は、謎のアイテム(?)の紹介予定です。

(つづく)

なにやら、怪しい物体が・・・?

なにやら、怪しい物体が・・・?

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


[メーカーサイト]

ちょっとお高いですが、安心感高しです(^^)

コメント

  1. 名前:yoshimotoya120 投稿日:2017/11/01(水) 12:40:33 ID:47d7b6d16 返信

    まさに正しく通勤号の道を歩んでますね。
    強力ライト、強力めロックときたら次は"怪しめ"なベル、でしょうか?F(^ ^;)

    • 名前:Shiro 投稿日:2017/11/01(水) 20:57:23 ID:2926ed69c 返信

      どんどん、通勤自転車化の道を突き進んでいます。

      よりダサく、より重くです(笑)

      最後は、ちょっと怪しげなベルですね(^^)

  2. 名前:_toshi 投稿日:2017/11/01(水) 09:02:49 ID:c088d4c74 返信

    Shiroさん:ベトナムから無事に帰還しました。

    確かに、この手の物を壊す、切断するなどしてまで持っていく盗人は少ないでしょうね。
    イタズラ以外はほぼ安心、と言った処でしょうか。

    私はロードでは一度走り出すと交通法規以外は止まりませんので、最悪、トイレの事を考えて細いワイヤーロックだけを持っています。
    街乗りのクロスは駅に短時間置く事も有るので少しだけ頑丈なワイヤーロックを持って行きます。
    こちらはホイール(WH-RS21)だけ盗まれるのを防ぐためクイックレリーズはスキュワーに変更し、ピラーもクイックタイプからHEX締めに変更してサドル盗難を防いでいますよ。
    駐輪の仕方は、多少ぶつけられてもイタズラされても、右(RD側)に倒れないように置きますね。

    通勤車の準備は万端のようですが、かなり福島って寒いですよね。
    超寒がりのShiroさんは大丈夫なんでしょうか。

    • 名前:Shiro 投稿日:2017/11/01(水) 20:55:52 ID:2926ed69c 返信

      ベトナム出張、お疲れさまでした!!

      日本は急に寒くなってきましたので、風邪などひかないようにお気を付けください(^^)

      自転車のカギについては、結局、パーフェクトなカギは存在せず、破壊するまでにいかに手間暇がかかるか、だと思うんです。

      高価なロードバイクだとわかりませんが、通勤自転車号だと、このくらいのロックがコスパ的にもちょうどいいかな?と思っています。

      冬の寒さはどうなるかですねぇ・・・。

      距離はたいしたことがないのですが、雪が降った場合の対応をどうするかです。

      ネタの意味も込めて(?)、スタッドレスまたはスパイクタイヤの導入も検討しています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です