カタログスペックとは・・・

撮像素子をイメージしてみました(うそ)。本当は家の網戸です(^^)
撮像素子をイメージしてみました(うそ)。本当は家の網戸です(^^)
Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

今日,会社帰りにビックカメラに寄りました。

「28mm単焦点」という潔いコンデジ,RICOHのGR Ditigalを見に行ったのですが,残念ながら展示機は無く,かわりにあまたのコンデジとそのキャッチコピーが氾濫していました。

「高画質1000万画素!」「12倍ズーム!」 まぁ,ウソはついていませんが,どうしたもんだろう・・・?


高画質1000万画素!

まずは,デジカメの性能指標の一つ(らしい)画素数から。いつの間にか市場から600万画素機はほとんど姿を消し,今や主流は800~1000万画素機。でも,印刷をやる人や,ちょっとカメラに詳しい人なら,最近の高画素化には「?」だと思います。

高画質!」という表現は論外だとしても,要するに「高解像度でアルヨ」と言いたいのでしょう。でも,解像度とは,dpi(dots per inch)やlpi(lines per inch)で表されるように,縦横方向の画素の密度です。

例えば,おいらのD70(600万画素)とD40(800万画素)を比較すると,縦横方向の解像度は,800÷600=1.33倍ではなくて,その平方根である1.15倍です。つまり,解像度は15%の向上。一方,画素数は1.33倍ですから,感度に直結する1画素あたりの面積は1÷1.33で25%ダウンです。

結局,D70→D40の比較では,解像度が15%だけ向上し,感度は25%ダウンしています(撮像素子の技術進歩で,感度はもう少しいいのかもしれませんけど)。D200(1000万)では,解像度29%向上,感度は40%もダウンです。

気に入って何枚も撮ってしまいました。後で見ると,あんまり意味が分からないけど・・・。
気に入って何枚も撮ってしまいました。後で見ると,あんまり意味が分からないけど・・・。
Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

「感度は犠牲にしても,解像度が大事なんだ!」というのであれば,こういうモデルチェンジもしょうがない気もするのですが,おおかたの評論家やユーザーが言ったり感じたりしているように,普通にプリント(4Lくらいまで)するなら,実は600万画素ですでに十分だったりするのです。フィルムで中版を使っていたならまだしも,デジカメで画素数にこだわる理由はプロでもない限り,無いと思います。

既に十分な解像度をほんの少し上げるために,大幅に感度低下を続ける理由が分かりません。単純にカタログスペックを向上させるだけな気がしてとても残念です。

おいらが欲しくてしょうがないD200も,無理に1000万画素も詰め込んだ上に,あちこちからノイズ,ノイズと騒がれています。最初から600,800万画素くらいにしておけば良かったのになぁ~,という気がします。

12倍ズーム!

「X倍ズーム!」と言われると,なんかもんのすごい超望遠な気がしてしまいますが,そんなことはありません。単純に,最望遠焦点距離÷最広角焦点距離,です。広角に寄るほど倍率は増えます。

そもそも,写真を撮る時に「最望遠と最広角の差」を気にして撮る人はいないと思います。悪い指標ではないですが,あまり意味のない指標のような気がします・・・。

まぁ,画素数商戦に比べると,あまり害はなさそうですけれど(10倍も12倍も画質的には差が無さそう),なんか誤解を招きやすいですよね。

24段変速!

これは自転車。全然トップスピードと関係ないんだけど,なんか数字がデカイ方が速そうな気がします。おいらのLGS SIXは,フロント3×リア9なので27段ですが,普段はフロントアウター×リア4~9くらいしか使わないので実質6段です。

でも,格安通販,特にルック車販売店などでは,重要な販促キーワードになっているようで,「驚きの速さの24段変速!」などというキャッチコピーをたまに見かけます。

本当は24段より18段,さらには20段の方がはるかにお値段高いんですけど・・・,とか思いつつ,「おぉぉぉ~! 24段変速~! すげぇ~!」と踊らされている我が家のチビ達を見ると,それなりに販促効果はあるんだなぁ,と感心しています。
(^^)

以上,珍しくブツブツぐちる(?)フォトポタ日記でした。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2007/03/21(水) 00:32:43 ID:71eb90099 返信

    そうそう,会社の人と話していたりすると,「えっ? いまどき600万画素? 一眼なのに?」と聞かれてしまう時があります(涙)
    まぁ,世の流れなのでしょうがないのでしょうねぇ~。明らかに圧縮率が高い(画質悪い)DVDタイプのビデオカメラが売れるくらいですし・・・。

    APS(IX240版)の一眼と言えば,,,我がニコンが世界に誇る「プロネア」様が有名です。でも,たしかコイツは相変わらずFマウントだったような気がします。やっぱり,互換性ですねぇ。Nikonは40年近くもマウント変えてないんだから,すごいと言えばすごいし,そろそろ変えようよという気も・・・。

    Canonは過去に一度(だと思う),EFマウントにするために,過去の互換性をすべて捨てたことがありますよね。当時は非難ごうごうでしたが,今では,過去の互換性を引きずるNikon Fマウントより明らかに高性能です(レンズ設計上の自由度が高い)。ただ,EFマウントといえど,サイズは35mmフィルム版(135版)用だから,小型化という観点はないですよね。

    撮像素子が小さいのにボディがデカイのは確かに変ですよねぇ。一応は,APS専用レンズの方が若干小さめではありますが(イメージサークルが小さい分),なんといっても,マウント直径が135版に合わせて作ってるのだから,ボディはどうしたって,現状より小さくはできませんよね。

    この点で,Kiss Digital Xやist Dとかは限界まで小型・軽量化でがんばってますよね。この2機種,どちらも欲しいですもん,おいら。

    Nikonの場合,大幅に機能ダウン(ボディ側モーター無し!)のD40ですら,あんまり小さくありません。もともと小型化には,あまり熱意がない会社なのでしょうがないのですが・・・。

    ママさんフォトグラファー,自転車バカをターゲットに,もっと小型化,耐振動性強化のデジ一眼を~~!

  2. 名前:チャパジィ 投稿日:2007/03/21(水) 00:11:51 ID:cf1678173 返信

    こんばんは〜 カメラに関するご意見大変参考になります ありがとうございます 
    僕も実は画素数にはあまりこだわってません 特に素人は写真を大きく引き延ばさないから300万画素もあれば充分だと思います が1000万画素と聞けば そっちが欲しくなるし 12倍ズームと聞けばそっちが良くなるのは普通ですよね〜
    ところで なぜデジ一眼はあんなに重たく大きいのかな〜 銀塩カメラのレンズとの互換性にこだわってるからでしょ?たしかちょっと前にAPSカメラが出始めた頃 そのタイプの一眼があったような? 今は何処に?各社 今までのレンズを使う事を諦めて コンパクト一眼でも出してくれないかな〜 レンズは種類少なくてよいからさ 自転車乗りながら持って行けるやつが欲しいな〜

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です