2014年9月の読書記録

珍しく,ちゃんと1ヶ月の読書記録。

ここのところ,ずっと奥田英朗を読み続けていたため,一休みして,井坂幸太郎に戻ってきました。

また,新たに,荻原浩も開拓中です(^^)


2014年9月の主な読書はこんな感じです。

著者 プチ感想
終末のフール (集英社文庫)
『週末のフール』
伊坂幸太郎

評価:★★★

「3年後に小惑星が衝突して地球は終わる」という設定の連作短編集。SFではありがちな設定ですが,衝突が予告されて世界中が大混乱に陥り,多くの人が命を落としたり,国中が荒廃した,その少しあとの「一時的に世の中が落ち着きを取り戻した期間」が舞台です。

今の私達の暮らし,社会の仕組み,生き方などの全てが,ある程度(ほぼ永久に)地球・世界が続いていくことを前提にしていることに気が付かされます。

毎日働く,子供を生んで育てる,過去を反省する,体を鍛える・・・,何もかも「あと3年しかないんじゃな」という圧倒的パワーの前に意味を失います。なんとなく,定年間際のオジサマに観測される生態でもありますが(笑)

それでも,誰かが誰かを許し,今のときを大事に生きていく姿が温かい。伊坂幸太郎にしては珍しく(?)ほんわかした気分になる良書だと思います。読んでよかった~(^^)

ゴールデンスランバー (新潮文庫)
『ゴールデンスランバー』
伊坂幸太郎

評価:★★★

何年か前に映画化されたのをTVで観ていたのですが,幸か不幸か,完全に忘れているので小説で読み直しです。

首相が暗殺され,その容疑者に仕立て上げられていく男の話。作中にもちょいちょい出てきますが,JFK事件で言うところの,オズワルドにされそうになる男を中心にした物語です。

国家や組織といった巨大な力に押しつぶされそうになりながらも,ちょっと変わった人たちの助けや,本人の機転でなんとか切り抜けていった先には・・・。「都合が良すぎる」「解決になっていない」などの不満を持つ人も多いようですが,おいらとしては実に楽しい小説でしたし,エンディングも爽やかでとても良かったと自負しております(なんで自負やねん)。

映画の内容も徐々に思い出してきたのですが,実に良くできていたと思います(竹内結子さん大好きだし)。もともとの原作が,映画化・ドラマ化しやすいような場面が多いからかもしれません。

バイバイ、ブラックバード (双葉文庫)
『バイバイ,ブラックバード』
伊坂幸太郎

評価:★★

なんというか・・・,変わった小説です。でも悪くない。

5人の女性と同時に付き合っていた(5股?)男が,どういうわけか,マツコDXみたいな女に捕まり,まもなく恐ろしい「バス」に乗せられてしまうことになる。そこで,マツコDXが5人の女性を順番に回り,男と縁を切らせるという話が5編続きます。

もう,まったく意味不明な話なですが,5人の女性との間のエピソードがどれもこれも良くて,めちゃくちゃで意味不明な設定ながらも心に染みます。

謎の短編集です。でも悪くない。

いいよ,伊坂幸太郎~(^^)

マリアビートル (角川文庫)
『マリアビートル』
伊坂幸太郎

評価:★なし

「5人の殺し屋と狡猾な中学生,物騒な奴らを乗せた新幹線は,北を目指し疾走する!『グラスホッパー』に続く,殺し屋たちの狂奏曲!」と紹介されていますが,全然面白くない。伊坂幸太郎作品では最悪カモ。

人が簡単に死にすぎ,殺したほうは「あ,いけね殺しちゃった」,殺されたほうも「死ぬのか。いやだな」程度な軽さは,氏の作品ではいつものことなのでいいでしょう。しかし,中学生が,同級生や6歳児を殺害し,その目的,主張,他者への果てしない侮蔑など,読んでいて胸糞悪くなるだけで,何もイイコトはなかったなぁ。

後半はほとんど全員がうっかり死んじゃうし。7割くらい読み飛ばしてしまったので,途中にイイコトが書いてあったのかもしれないけど,おいらの目には全く入りませんでした。

「パート2はつまらない」ということを証明するために書かれた小説なのかもしれない。エンディングもどうしようもないし,あたりハズレが大きいなぁ。

伊坂太郎の作品で,本書を一番最初に読んでいたら,2度とこの作者の本は読まなかったくらいのハズレでした・・・。

100円返せ~,いや,108円だ!

明日の記憶 (光文社文庫)
『明日の記憶』
荻原浩

評価:★★★

ここ数ヶ月,読み続けている奥田英朗を探しにBOOKOFFに行ったら,すぐ隣の荻原浩の棚にあった本書が目に入って購入(108円)。

若年性アルツハイマー病に冒され,徐々に記憶を失っていく男性の話。おいらは,「アルツハイマー」というと「物忘れがひどくなる」程度の認識しかなかったのですが,「記憶を失う」ということはどれだけ辛いことなのか,主人公の努力や焦りを見ていて切なくなってしまいました。

おいらも記憶力が非常に低くて,人名や顔が思い出せないことが日常ですが,アルツハイマー病では,会社の同僚や,自宅への帰り道,娘の結婚相手などもわからなくなり,最後には最愛の人ですら思い出せなくなる。

記憶がなくなるということは,何のために生きているのか,それすら分からなくなってくるということでもあり,「最後には人格が崩壊していく」という恐ろしい事実に,主人公も恐れおののいていきます。

人間とは,なんと儚い(はかない)ものなのか,という思いを抱くとともに,せめて
もと,素敵なラストを用意してくれた作者に感謝です。

今年の前半に夢中に読んでいた井坂幸太郎。

作品の発表順に読んでいたのですが,初期のころの作品は安定した面白さがありました。

が,今回,もう少し後の作品群を読んでみると,(おいらにとっての)ヒット作とハズレ作の落差が激しいです。

Amazonなんかのユーザーレビューを見ても,評価の高い人がいる一方で,ものすごく落胆している人たちもいます。

まぁ,それくらいじゃないと,「マンネリ化」とか「幅が狭い」などと言われてしまうのも事実ですから,作家さんも大変ですね(^^)

これからも,期待を半分くらい持ちながら,井坂幸太郎は読み続けていくと思います(来月は「SOSの猿」「オーファーザー」あたりの予定)。

また,いつもの奥田英朗の小説を探していて,すぐ隣(同じ「お」ですから)の,荻原浩の小説に手を出し始めました。

今月は「明日の記憶」という,切なく,重く,最後に温かい小説を読み終わりました。

とてもいいです。

表現が実に細やかで温かみがあります。

今読んでいる,『神様からひと言』はうって変わって,奥田英朗の小説のようなドタバタした楽しさがあります。

『僕たちの戦争』や「砂の王国』『あの日にドライブ』なども確保しました(108円ですが)。

来月は荻原浩特集になりそうです(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2014/10/10(金) 20:20:11 ID:4fd64f45f 返信

    >redarpelsさん

    そうそう,奥田英朗を勧めてくれた同僚が,同時に進めてくれたのも荻原浩でした。

    やっぱり,みなさん同じように「お」で選んでしまうのでしょうか!?(笑)

    でも,本当に面白いですねぇ。

    まだ『神様からひと言』は半分くらいしか読めてい無いのですが,すごく面白いです!

    荻原浩も著作は大量にあるようなので,これでしばらく,「次になに読もう?」という切迫感からは開放されそうです(^^)

    いいなぁ,本って。安いし。

  2. 名前:Shiro 投稿日:2014/10/10(金) 20:17:29 ID:4fd64f45f 返信

    >wataruさん

    クラークス,そういえば昔使っていたような・・・。
    今年は格安BBBにしてみたのですが,全然ダメでした。

    今は,明らかにSORAより重たい引きのDURA-ACEです。とほほ。

    おいらは,本はだいたい月5冊くらい。

    本当はもっと読みたいのですが,カメラ関係の雑誌の読書時間が猛烈に長くて,真面目な(?)読書時間を確保できないのが悩みの一つです。

    だいたい,1~2ヶ月に一度更新されますので,気長にお待ちください~

  3. 名前:Shiro 投稿日:2014/10/10(金) 20:13:50 ID:4fd64f45f 返信

    >Kurapyさん

    『神様からのひと言』,まだ途中だけど面白いですねぇ。

    今,チンピラがタマチャンのお客さま相談室に乗り込んで撃退しているところです。

    ロイヤルコペンハーゲンが・・・(笑)

    こういう,肩の力を抜いて読めるエンターテイメントもいいなぁ(^^)

  4. 名前:redarpels 投稿日:2014/10/10(金) 10:09:01 ID:a0ea45d3a 返信

    こんにちは。
    荻原浩の名前が出てたのでコメントさせていただきました。
    私は荻原浩の小説がすごく好きなんです。
    前月に奥田英朗が描く人間模様が好きと書いてあったので、まさにshiroさんにお勧めしたいと思っていたところだったのです。

    人間を描くのが非常に上手で、登場人物の人柄や表情、雰囲気、周りとの関係性など非常に表現豊かで、読んでいてホッコリする場面が多いです。
    『神様からひと言』『あの日にドライブ』は荻原浩ワールド炸裂といっても過言ではないと思います。
    先日同じく『砂の王国』も読みましたが、とても楽しかったです。(上巻×2購入していないことを祈ります)

    そんなほっこりヒューマン小説があると思えば『コールドゲーム』や『噂』(帯のついてないものをご購入下さい)では、ゾッとさせられるホラーだったりします。

    お楽しみくださいませ!

  5. 名前:wataru 投稿日:2014/10/09(木) 21:15:00 ID:20dd800a6 返信

    いつも楽しく拝見させて頂いています。以前一度だけクラークスのケーブルについてご質問させて頂きました。
    さすがに全部は無理ですがパーツ買い替えの際はshiroさんの真似をさせてもらったりしています。クラークス、プロ3(オレンジ)、ライト(閃)等々…。
    本もよく読むので本も参考にさせてもらっています!
    これからも更新を楽しみにさせていただきます!

  6. 名前:Kurapy 投稿日:2014/10/09(木) 21:01:07 ID:408ce2934 返信

    こんにちは♪
    私も「神様からのひと言」読みましたよ。
    Shiroさんと同じように奥田英朗のとなりにあったので手にとって裏表紙の「サラリーマンに元気をくれる」が目にとまりました。

    ウチの会社にもいるんですよねぇ、横柄な専務や情けない課長・・・
    涼平のように思い切ったことはできませんのでかわりに憂さを晴らしてもらいました。
    最近、 左肩に手をあてて気合を入れるようになりました(ウソです 笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です