本・読書 一覧

自転車,カメラとならぶ,おいら3大趣味の一つ,読書に関する記事をまとめたカテゴリーです。大好きな重松清,宮部みゆき,北村薫などの小説の他,自転車やカメラ本もこのページにまとめています。

ハンス・ロスリング 『FACTFULNESS』

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

日本人の平均寿命はだいたい85歳くらいですが、世界平均は何歳くらいでしょう? 北朝鮮は? タンザニアは?

それぞれ、70歳、71歳、66歳。

では、平均寿命が50歳未満の国は何か国・・・?

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

フランセス アッシュクロフト 『人間はどこまで耐えられるのか 』

人間はどこまで耐えられるのか (河出文庫)

人間という生き物が、どんな極限状態まで耐えられるのか

何が制限要素(ネック)となって、それ以上は耐えられないのか。

そんな、極限状態、人間の限界をまじめに科学した本。

耐えられない面白いです(^^)

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ユヴァル・ノア・ハラリ 『サピエンス全史』

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福 サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

年末に読み始めた『サピエンス全史』。

斬新な視点で、我々人類(ホモ・サピエンス)250万年の歴史を概観します。

すべてが革命的に新しい人類史というわけではなく、あちこちで断片的に語られていた歴史感かもしれませんが、それらを250万年のホモサピエンスの歴史全体の形でまとめられているため、とても読みやすく、面白い歴史書で、一度読み始めたらやめられません。

あっという間に上下巻を読み終わりましたが、あまりに多くのメカラウロコがあったため覚えきれず、また読み返しています。

まだの人はぜひ~(^^)

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

フランス・ドゥ・ヴァール 『動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか』

動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか

10月に読み始めた本書。

分量が結構あるのと、浮気して他の本をいろいろ読んでいたせいで、完読まで時間がかかってしまいました。

時間はかかりましたが、(生き物や進化論が好きな人には)とっても面白い本でした。

哺乳類、特に霊長類の知性について多く書かれていますが、我らが愛するカメの知能はどうなのかなぁ・・・?(^^;

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

CycleSports誌のデザインが変わったので買ってみました(^^)

左が新デザインの2019年1月号。右は旧デザイン。ずいぶん、スッキリしました。

左が新デザインの2019年1月号。右は旧デザイン。ずいぶん、スッキリしました。

SONY α7II + FE 28-70mm F3.5-5.6

久しぶりに『Cycle Sports』(サイスポ)の、実物の本を購入。

格安の電子版を読んだりしたことはあるのですが、紙の自転車雑誌を買うのは本当に超久しぶり。

付録(チネリのネックウォーマ)が目当てだったりしますが(^^;

久しぶりに買った紙雑誌は、いつの間にか、表紙の雰囲気が激変していてびっくりでした。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
1 2 3 4 25