本・読書 一覧

自転車,カメラとならぶ,おいら3大趣味の一つ,読書に関する記事をまとめたカテゴリーです。大好きな重松清,宮部みゆき,北村薫などの小説の他,自転車やカメラ本もこのページにまとめています。

中野 明『IT全史』 – 情報技術の250年を読む

IT、特に情報通信技術の歴史本。

普通、この種の本であれば、ARPANETやJUNETなどのインターネット創世記、さかのぼっても、ベル(電話)やモールス(電信)、マルコーニ(無線)あたりかと思います。

ところが、本書は1800年代の「腕木通信」からスタートです。

まさか、こんな時代からデジタル通信が始まったとは驚きです・・・!

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

リチャード・ドーキンス『利己的な遺伝子』

楽しそうなお二人ですが、男女の利己的な関係も詳しく書かれてますぜ(^^;

楽しそうなお二人ですが、男女の利己的な関係も詳しく書かれてますぜ(^^;

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

いきもの関係と同じくらい、進化論の本が好きです。

昔から、なぜかオジサンたちに進化論は人気ネタのようですので、自分も学生時代には何の興味もなかったのに、歳を取るにつ入れてつれて進化論が好きなように進化しています(?)

以前から、読まなくてはあかんと思いながら、あまりの分厚さに踏ん切りがつかず、ようやく手に取った「利己的な遺伝子」。

いやぁ、生き物好きとしては衝撃的な話ですなぁ・・・。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

真山仁『ハゲタカ II』

新装版 ハゲタカ2(上) (講談社文庫)

ドラマ化され、映画にもなった「ハゲタカ」の続編。

最初にNHKでドラマ化されたのが2007年。

13年ぶりに急に原作が読みたくなり、せっかくなので「2」から読み始めてみました。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

更科 功『若い読者に贈る美しい生物学講義――感動する生命のはなし』

若い読者に贈る美しい生物学講義 感動する生命のはなし

意外ですが(?)、いきものに関する読み物が好きで、1年で10~15冊くらい読んでいます。

広大な生物界の分類の仕方や進化、生物多様性、動物と植物の違いなど、ごくごく基本的なお話から、抗体やガン発症のメカニズムなど難しい話まで幅広く扱っていてとても楽しい(美しいかは分からないけど)

面白かったのは「単細胞生物は不老不死」というお話。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ヒルクライム研究会、『最速ヒルクライマー5人が教える ヒルクライムトレーニング』

最速ヒルクライマー5人が教える ヒルクライムトレーニング

久しぶりに自転車関係の本を読んだので紹介。

毎月、だいたい5~10冊くらいの本を読んでいますが、最近ではずっと自転車関係の本から遠ざかっていました。

どの本もどこかで見たような内容が多いので、なんとなく敬遠してたのですが、日本ヒルクライム界のトップ選手による、ヒルクライムトレーニングに特化した対談ということで、今までとは違う、目新しい話も聞けて(読めて)楽しかったです。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
1 2 3 4 28