【フルメンテ2013】(その1)作業編

さて,次は難関のヘッドセット・フォークの分解だ@深夜2時。

さて,次は難関のヘッドセット・フォークの分解だ@深夜2時。

Nikon D90 + TAMRON 17-50mm F2.8

消耗品類も買い揃え(若干問題あるのですが,後述),各部のセッティング計測も完了し,いよいよ595号のフルメンテが始まりました。

しかし,なんともグダグダ感が漂う,怪しげなスタートです。大丈夫かな・・・。




【誤算1】やる時間が無い~

我が家は,毎週土曜日はおいら以外の家族全員がいません(会社&学校)。

なので,リビングはもちろん,和室や子供部屋,風呂,キッチン,どこでも自由自在にパーツクリーナーを吹きまくって,595号を分解・清掃・組立にいそしむことができます。

しかし,先週末の11月22日(土)は,なんと国民の祝日(勤労感謝)であり,朝から全員が揃っていました。

なんたる誤算。みんな勤労してくれよ・・・。

朝からキッチンでチェーン洗浄なんかやったりしたら,その排水を一気飲みさせられるくらい怒られます,たぶん。

そこで,泣く泣く,日中は家事や子供の勉強先生にいそしみながら,密かにフルメンテ決行のタイミングをうかがっていたのですが,気が付いたら作業開始は深夜0時になっていました(涙)

作業着手2時間後くらい。この状態で起きてこられたら,殺されるな(笑)

作業着手2時間後くらい。この状態で起きてこられたら,殺されるな(笑)

Nikon D90 + TAMRON 17-50mm F2.8

そこから,撮り貯めた「ちりとてちん」や「あまちゃん」再放送を見ながら,作業に着手したのでした(どんだけ朝ドラ好きなんだよ・・・)

【教訓1】
土曜日の祝日に気をつけよう。
徹夜はするな。睡眠不足はいい仕事の敵だ。それに美容にもよくねえ。

【誤算2】BBが外せない!?

BB(ボトムブラケット)を取り外そうとしたのですが,尋常じゃない固さに参ってしまいました。

BB用レンチは,595号初期にはシマノのY字型ツール(TL-FC32)を使っていましたが,力を加えるとツール側が変形してナメてしまう,というナメたツールだったので,2年目からは超頑丈なParkToolのBB用レンチ(BBT-9)を使っています。

しかし,このBBT-9をあてがって全体重を乗せても,我がBBはピクリとも動いてくれません。

「うごかざること,山の如し」です。

ほとほと困り果て,時計も深夜3時になっていたので,「今回は見逃してやるか・・・」と強がりを言いつつ,BBを付けたままの595号を横にして,自分も横になって眠りにつきました。

一見,完全にばらばらだけど,BBがまだ残っています。

一見,完全にばらばらだけど,BBがまだ残っています。

Nikon D90 + TAMRON 17-50mm F2.8

ケミカル類の異臭を嗅ぎならが寝たおかげで,夢の中でBBと格闘していたおいらに,自転車の神が降りてきて「Shiroや,JIS-BBは逆ネジだぞよ」というお告げがありました(完全にウソです)。

翌朝(っていうか当日朝),横倒しになっていた595号を起こして,BBの側面を良く見てみると,「Tighten→」という具合に締め付け方向がプリントされているのを発見しました。

なっ,良く見たら締め付け方向が書いてある!

なっ,良く見たら締め付け方向が書いてある!

Nikon D90 + TAMRON 17-50mm F2.8

その方向は,ペダルの取り付け方向とちょうど逆。つまり,右のBBは逆ネジ,左のBBは正ネジ。

がび~ん,「ペダルと同じ方向」と完全に思い込んでいたよ・・・。

昨夜(っていうか,ついさっき),全体重をかけて締め付けてしまったBBに,再び全体重を正しい方向にかけてみると,ユルユルーっと回り始め,ちゃんと外れてくれました。

ほっ,無事に取れました!

ほっ,無事に取れました!

Nikon D90 + TAMRON 17-50mm F2.8

いやはや,なんとも馬鹿すぎです(苦笑)

どうも,毎回,自転車分解作業ではBBで悩まされるなぁ・・・。

【教訓2】
「おかしいな?」と思ったら,取扱説明書やメンテ本,そして,パーツ本体を良く見ましょう。

【誤算3】ケーブライナーポキン事件

595号はシフト・ブレーキワイヤーがフレーム内を通る,7年前にしてはとてもステキな設計です。

前後シフトワイヤーは,フレーム内を通る「ライナー」に収まるので,こいつも洗浄しておこうと思い,ちょっといじったのですが,,,

ポキンと折れてしまいました(号泣)

ザ・ポキン現象。2本あるシフトケーブル用ライナーの1本が折れちゃったよ。

ザ・ポキン現象。2本あるシフトケーブル用ライナーの1本が折れちゃったよ。

Nikon D90 + TAMRON 17-50mm F2.8

購入当初に作業をしたときは,もっともっとしなやかでした。

使用3年ですが,常に汚れやケミカルに晒されるパーツなので,気が付かないうちに硬化・脆化してしまっていたようです。

本当はどこかで,このパーツを用意すればいいのですが,どうやって入手したらいいのか見当が付かず,とりあえずは,「折れてないほうのライナーと交換」することにしました。

折れてしまったのは,FD用のライナーでBB通過後に急カーブでFDに向かうため,ある程度の長さが必要です。

一方,RD用のライナーは,BBから先は一直線でライナーは短くても大丈夫なので,この両者を入れ替えることにしました。

FD用はすぐに急角度に曲げてFDまで続きますが,RD用は不要。両者を入れ替えよう!

FD用はすぐに急角度に曲げてFDまで続きますが,RD用は不要。両者を入れ替えよう!

Nikon D90 + TAMRON 17-50mm F2.8

作業にあたって,迂闊にフレームからライナーを引き抜いてしまうと,元通りにするのがものすごく大変なことは去年体験済み

同じ過ちを犯さないように,ライナーにインナーケーブルを通してからライナーだけ引き抜き,このインナーケーブルをメッセンジャーワイヤーとして使って,交換用のライナーをフレーム内部に引き入れていきます。

最初,折れてしまったときはガックリしましたが,去年の体験を生かして,FDとRDのライナー入れ替え作業は,わずか10分ほどで完了。

とりあえず,メッセンジャーワイヤーとして,インナーワイヤを通します。

とりあえず,メッセンジャーワイヤーとして,インナーワイヤを通します。

Nikon D90 + TAMRON 17-50mm F2.8

まぁ,折れた先っぽ分だけ軽量化できたし(1gくらい?),これはこれで良しとしましょう(笑)

【教訓3】
樹脂パーツは脆化している可能性があるので,取り扱いには十分気をつけよう!

つづく

こんな調子で,スタートからたった3時間でミスだらけ。1日どころか1週間くらいかかりそうな勢いの,595号のフルメンテ2013。

ただ,悪い誤算ばかりではなく,後日紹介しますが,試しに塗ってみたワコーズの「バリアスコート」が予想外に仕上がりが美しく,うれしい誤算でした。

バリアスコートを少し塗ったら,びっくりするくらい輝き始めました!

バリアスコートを少し塗ったら,びっくりするくらい輝き始めました!

Nikon D90 + TAMRON 17-50mm F2.8

ホームコースの鎌倉は,今が紅葉の真っ盛り。

最悪,FDなんて無くてもいいから,今週末には何が何でもライドを再開させたいところです。

今週は毎晩,1時間くらいコツコツ作業ができればいいんだけど,間に合うかなぁ・・・。

つづく。

作業翌日の日曜日の鎌倉。もう,紅葉真っ盛りです!

作業翌日の日曜日の鎌倉。もう,紅葉真っ盛りです!

Nikon D600 + TAMRON 70-300mm

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2013/11/27(水) 23:10:56 ID:9a4da8814 返信

    >Noguさん

    そう,BB傷だらけなんです・・・。
    購入時の組み立てで,すでに傷だらけに(涙)

    まぁ,普段見えない部分なので,
    なんとなく黄金っぽければいいんです(笑)

    ライナーはなんかぴったりのないかなぁ・・・。

    で,シュアラスター。
    おいらも,自動二輪で使っていました。
    余ったやつをLGS RHCにも流用していたなぁ。

    え,自動車の方?
    2年に一度,車検時にしてもらっている以外,
    まったく洗っておりません。
    見事に,泥コーティングされております(困)

  2. 名前:Shiro 投稿日:2013/11/27(水) 23:07:50 ID:9a4da8814 返信

    >takaさん

    ライナーは,LOOKのヤツはかなり頑丈なんです。
    シマノだと,ちょっと柔すぎるかもしれません。
    が,その柔軟さが意外といけるかも。

    実は,FDの直前5cmくらいは,
    シマノのライナーでゴミ予防していたりします。

    クラークスは,LOOK号の最初の組み立て時に使用しました。
    アウターが結構頑丈でしたね~

    SP41は割としなやかなので気に入っております。
    が,1年で重くなるのは,おいらの使い方が悪いのかなぁ・・・。

    で,ぜんぜん知りませんでしたが,
    KEBEL号全損事故だったのですか!!!

    怪我のほうも大きかったようで,
    とにかく大変な目に遭われましたね・・・。

    おいらも,日ごろからミスばかりで,
    運よく生きながらえている感もあるので,
    よりいっそう気をつけていきます。。。

    早く復帰できること,お祈りしています!

  3. 名前:Nogu 投稿日:2013/11/27(水) 23:03:22 ID:44f8fb0f3 返信

    なるほど。
    深夜メンテにはこんな事情があったんですな。
    BB傷だらけですね(^^;
    焦らず組み上げてくだされ。
    ライナーはpanpan師匠に聞けばきっと良い案というか入手先を教えてくれると思いますよ。
    TCRも昨年の6月のフルメンテからだいぶ経過してるし妻のBianchiは一度もフルメンテしていないのでこのシーズンオフにやっておこうかなと思いました。
    バリアスコートいいですね。
    家のは15年くらい前のシュアラスターのカルナバロウワックス使ってますが・・・

  4. 名前:Shiro 投稿日:2013/11/27(水) 23:02:04 ID:9a4da8814 返信

    >cressonさん

    実は,シマノのチューブライナーは購入済みです(^^)

    が,本物のLOOKのライナーは,
    先端がラッパのように膨らんでいて,
    これがうまい具合にアウター受けに引っかかるようになっています。

    まぁ,最悪,シマノのライナーも,
    先端を膨らませるか,いっそ,接着剤で
    アウター受けにくっ付けちゃうかすれば,
    使えないことも無さそうです。

    いよいよ駄目になったら検討です(^^)

    ショックレスハンマーというのがあるのですね。
    おいらは,よくプラハンマーで叩いています。

    ペダル着脱時にも良く困るので,
    ショックレスハンマー,購入してみます!!

  5. 名前:Shiro 投稿日:2013/11/27(水) 22:57:56 ID:9a4da8814 返信

    >かんたろーさん

    シマノにも,Y型ではなくリング型のBBツールもあるようですが,
    たまたま,安く手に入ったParkToolを使っています。

    チェーンキャッチャーで,
    ボルト2本締めタイプがあるんですか~
    へぇ。

    1本タイプは,FD固定と兼ねていて,
    ちょいと調整が難しいんですよね。
    だんだん慣れてきましたが・・・(^^)

  6. 名前:taka 投稿日:2013/11/27(水) 17:35:45 ID:f4f127809 返信

    お~ついに始まりましたね~(^^)
    ライナーについては下の方が書いているようにシマノの『チューブライナー』が良いかもですね。シフト・ブレーキ兼用タイプなので太いかもしれませんが…。

    ちなみに自分は半年前にオーバーホールをやりましたが、シフトケーブルはクラークスの『Pre-Lubeユニバーサルギアケーブルキット』を使いました。ダートシールドが付属してきたのでこいつをKEBEL号のダウンチューブ内に内蔵してしまおうかと思ったのですが、ものの見事にワイヤーリードを通らず断念せざるを得なかったです(ToT)
    そのKEBEL号も今は亡き愛車でございます…。シートポストとサドルを残して全損させられました。。。事故にはくれぐれも気をつけてくださいね。

  7. 名前:cresson 投稿日:2013/11/27(水) 12:39:28 ID:fa0a9e7a9 返信

    こんにちは

    シマノのチューブライナー使えませんか?
    こんなの
    http://www.cb-asahi.co.jp/item/05/00/item36900100005.html

    私は、硬くて回らない場合、体重かけるの怖いので、ショックレスハンマーで叩いてます。重宝しますよ。
    安いのは2,000円以下であったと思うます。

  8. 名前:かんたろー 投稿日:2013/11/27(水) 10:14:18 ID:a2ee0ec69 返信

    Shiroさん、こんにちは。
    BBレンチ、なんでもシマノ工具を買っておけば安心と言う訳ではないのですね。
    ライナーは、以前どこかのblogで購入した話をチラッと読んだのですが、ブックマークし忘れました。(^^;;
    そうそう、チェーンキャッチャーはウッドマンの製品がボルト2本タイプでFD調整後に、キャッチャーの調整が出来るので便利になりました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です