富士ヒルクライム予行演習のまとめ(その2)

富士吉田の町から見た富士山。この山の5合目まで登るとは・・・。好きですなぁ(^^)

富士吉田の町から見た富士山。この山の5合目まで登るとは・・・。好きですなぁ(^^)

RICOH Caplio GX100

本ブログ内の紹介記事へ前回は,富士ヒルクライム予行演習の「上り方のコツ」のようなものをまとめてみました。

まぁ,週末のみライダーのたった1回の経験なので,当たるも八卦,外れるも八卦,という感じではありますが・・・。

で,懲りずに第2回目は,ハードウェア面でのまとめをしてみました。




使用ギア(リアスプロケ)

先月に本ブログ内の紹介記事へDURA-ACEの12-27Tに交換していますが,超大正解です(^^)

スバルラインの多くの区間は5%前後の斜面であり,ほぼ24Tか21Tで登っていきました。この2つのギアで,70~80rpmを維持できました。

そして,いよいよ脚が疲れてきた時に登場するのが,The 27Tさま。

おいらには最適だった,DURA-ACEの12-27Tスプロケット(^^)

おいらには最適だった,DURA-ACEの12-27Tスプロケット(^^)

Nikon D90 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

クルクル~っと脚を回せるので,筋肉がほぐれるというか,乳酸が除去できるというか,とにかく脚が楽になります。ほんの数秒~10秒やるだけで,だいぶ脚が楽になりました。

というわけで,「激坂を登る」ためではなく,「脚を回復させる」ために,27Tさまは大活躍でした。交換してよかった~♪

低重心化の効果

先月から今月にかけて,本ブログ内の紹介記事へシートポストをカーボン化したり,本ブログ内の紹介記事へサドルバッグを外したりしていましたが,図らずとも自転車の重心を低くできていました。

シートチューブに付いている青いボトルにパンク修理キットが入っています。シートポストはスッキリ♪

シートチューブに付いている青いボトルにパンク修理キットが入っています。シートポストはスッキリ♪

RICOH Caplio GX100

おかげで,緩斜面区間でのダンシングが非常に楽になりました。ひょいひょいと自転車を左右に揺らせます♪

もともとは,「見栄え」のためにやった改造ではありましたが,思わぬ実利を得られて嬉しい限り。

特にサドルバッグ→ツールボトル化の方はほとんどお金もかからないし(1000円くらい),オススメです~
(^^)

ウェア(上り)

どんなウェアを着て登るか,これは結構悩むところです(そんなに選択肢持ってませんが・・・)。

今回は,こんなウェアで登ってみました。

今回はとても暑い日だったのですが,このセットで暑くも寒くもない,ちょうどイイ感じでした。アームカバーをしていても暑くはありませんでしたし,指ありグローブで大丈夫でした。

当日はこんなに暑い日になるとは思えないのですが,それでも,上りに限って言えば,雨でもない限りこんなウェアで大丈夫かな?と思っています。

なんせ,天候以前に自分本体の発熱量が圧倒的に多いですから・・・。

ウェア(下り)

今回は,自分一人で登るので,下り用のウェアも背負っていく必要がありました。

なので,あんまり重たいウェアを背負っていくのは面倒だったので,下り用にはこれだけ追加です。

これだけを,上りウェアのプラスして下ってみたのですが,寒かったです・・・。ある程度下界(?)まで下れば暖かくなるのですが,3合目くらいまでは結構肌寒くなりました。

富士ヒルクライム当日は,バスで荷物を上まで運んでもらえるので,手持ちの防寒着を片っ端から持っていこうと思っています(笑)

今考えているのは,

  • 冬用アンダー(Montbellのジオライン3Dの一番分厚いヤツ)
  • 撥水アンダー(finetrackのフラッドラッシュスキンメッシュ)
  • ゴアテックスジャケット(スキー用)
  • 冬用グローブ(本ブログ内の紹介記事へMontbellのインシュレーテッドグローブ
  • 冬用タイツ(PerlIzumiのタイツ)

さらに,雨が降った場合には,Montbellのウィンドブレーカーの出番もアルかもしれません。

正直言って,晴れていても,イヤになるくらい長いダウンヒルです。これで,寒かったり,雨が降っていたら,地獄のような下りになることは間違いありません。

用意するに越したことはないかと思います。晴れて欲しいナ・・・。

目標ラップタイムの掲示

目標の掲示といっても,床の間に「必勝!」とか「1時間半を切る!」とか貼り紙するわけではありません(^^)

多くの参加者の方々がやられているようですが,ステムやハンドルバーの目立つ位置に,目標ラップタイムを書いた紙を貼り付けておくのです。

目標タイムから平均速度は求められますが,先にも書いたように,スバルラインは緩急がありますので,斜度が急なところでは「このペースで大丈夫か?」と心配になってきます。

なので,ある程度のラップ(おいらは5km)ごとのタイムを紙に書いて貼っておくのです。

左の列が2時間,右の列が1時間半の目標ラップ。本番は1時間半と1時間45分にしようかな?

左の列が2時間,右の列が1時間半の目標ラップ。本番は1時間半と1時間45分にしようかな?

RICOH Caplio GX100

これは,なかなか良かったです(^^)

POLARのラップ機能を使えば,5km毎のラップタイムも表示できるし,合計タイムも表示できるので,どちらで管理しても良いかと思います。(今回のおいらは前者)

目標に向かってちゃんと走っていることがはっきり分かるため,精神的に安心できます。

また,なんせ2時間近くもノロノロと坂を登るので,飽きてきてしまうのも確か(笑)です。そこで,標高やら気温なんかも見ているのですが,さらにラップタイムもみたりしながら,修行のようにキツイ上り坂を少しでも楽しみながら登れそうです(^^)

まとめ

今回,試してみた機材の中で一番助かったのは,12-27Tのリアスプロケです。また,高ケイデンス時のふくらはぎのポタポタブリを締め付けるSKINSも良かったです。

もう,本番まで2週間。

新たな機材を導入する予定はありません(お金もね)。後は,過度のトレーニングにならない程度に,気が向いたらローラー台に乗るだけです。
(^^)

2週間後,生きてこの地に戻ってくるゼ!!

2週間後,生きてこの地に戻ってくるゼ!!

RICOH Caplio GX100

【おまけ】
今回,もっともクタクタになったのは,帰りの自走での町田~藤沢間。

夕暮れ時なのに,ライトを持ってくるのを忘れた(テールライトだけある・・・)ので,35km/h平均で家までダッシュし続けました。

普通,激しい運動の最後はクールダウンをしなければならないのに,家に近づくに連れてヒートアップするという,もっとも悪い運動の仕方になりました(涙)

境川CRを飛ばす。人が全くいないのが幸い。

境川CRを飛ばす。人が全くいないのが幸い。

RICOH Caplio GX100

むひょ~,日が落ちる~!

むひょ~,日が落ちる~!

RICOH Caplio GX100

おっ いい感じの高架。もっと近くで撮りたいけど・・・,そんな場合じゃない!

おっ いい感じの高架。もっと近くで撮りたいけど・・・,そんな場合じゃない!

RICOH Caplio GX100

飯田牧場付近。あと少しだ~

飯田牧場付近。あと少しだ~

RICOH Caplio GX100

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2009/05/25(月) 22:34:40 ID:5fc2c495e 返信

    >tamamaさん

    こんばんは~

    tamamaさんも,来年は是非エントリーしましょう!

    とか言うおいらも,今回惨敗し,2度とでないかもしれませんが・・・。
    そうならないようにがんばらねば。

    道志道で136kmですかぁ,長いですねぇ。
    おいらは,下ったことしかないのですが,
    「この下り坂,いつまで続くねん?」とイヤになりました(その後パンク)

    あの坂を上り続けるのも,かなり疲れそうですね。

    27Tは良いですよ~(^^)
    ロー側が,21,24,27ととびとびですが,気になりません。
    軽~く回すのがいいんです。

    nalgenの方は,オレンジもいいですよね。
    なんと,買うときに30分以上も迷って青を買いました。

    ローラー台については,おいらとは入手方法が違います。
    おいらは,「先輩」から貰いました(笑)
    絶妙のタイミングでの頂き物だったので,
    感謝してもしきれません m(_ _)m

    >じゅんずんさん

    こんばんは~

    本当,富士ヒルクライムは大出費になりますねぇ。
    いくら地元振興とはいえ,強引に宿泊させられる気がして,
    もう少しスマートなやり方はないのかな?という思いもあります。

    ただ,いろいろと物を買うのに,
    家庭内の承認を取り付けやすくなったのは嬉しい(^^)

    「レースで,コレ付けてないとケガするかもしれない」
    「コレがないとリタイヤになるかもしれない」

    なんて(^^)

    でも,下り用のウェアは買うことなく,スキーウェアです。
    まぁ,ほぼ直滑降と同じですし。

  2. 名前:Shiro 投稿日:2009/05/25(月) 22:23:42 ID:5fc2c495e 返信

    >garneaukenさん

    シートポストのカーボン化。

    12k円もかかっているので,なにか効果がないとサミシイ限り。
    今回,ようやくなにがしかの効果を発見してほっと一息です(^^)

    今まで当たり前のようにサドルバッグ付けていましたが,
    確かに,最初から付けていない方もおられるのですよね。
    我が家には5個くらいあります・・・。どうしたもんだか?

    50分の下り坂,本当に長かったです。
    そんなに急坂でもないので,ほとんどノーブレーキで下れます。

    が,そのうち,肩が凝ってきました。
    ガタガタガタガタ~って下りですから・・・。

    本番もがんばって,登って,下ってきます~!

  3. 名前:Shiro 投稿日:2009/05/25(月) 22:20:43 ID:5fc2c495e 返信

    >シルクマンさん

    こんばんは~(^^)

    サドルバッグって,意外と重いのですよね。
    今回,おいらも目からウロコでした。

    ただ,おいらは,夏はクビ回りにクールネックゲーターを巻き,
    2本のボトルのうちの1本に真水を入れて,
    たまに首にかけて冷却しながら走っています。
    これができなくなるのが心配(?)です・・・。

    富士ヒルクライムは,暑いどころか寒いはずなので,
    限界までがんばって走ってきます~(^^)v

  4. 名前:じゅんずん 投稿日:2009/05/25(月) 22:00:13 ID:afea8788c 返信

    こんばんわ。
    (その1)につづき、(その2)も参考にさせていただきます〜。
    といっても、私のフトコロは遠征費でいっぱいいっぱいなので、
    ウェアは手持ちの代用品でやりくりすることになりそうです。。。
    下りのウェアなんて、バイク用の雨具とか普通のセーターとか、
    およそサイクルウェアとはかけ離れそう。。。┓( ̄∇ ̄;)┏

  5. 名前:tamama 投稿日:2009/05/25(月) 18:35:37 ID:106122645 返信

    予行演習、お疲れ様でした。

    最近の記事を見ながら、私も、富士にエントリーすればよかったかな?とちょっとだけ思ってます。

    先日の土曜日に、道志道、山中湖まで往復136kmライドに挑戦してきました。
    が、結果から言うと、途中リタイヤです。
    最後の山伏峠で心が折れてしまい途中で引き返してしまいました。

    コンパクトドライブに、リア25Tでがんばったのですが、最後の最後にひざの上の筋肉が痙攣を起こしてしまいました。

    ということで、本日、ネットで12-27Tを買ってしまいました。

    これで、次は大丈夫(^^;)。
    ついでにNalgeneも。青じゃマネしたみたい(してるって!)恥ずかしいので、オレンジを買いました。
    って、まったくshiroさんの真似ばかり、、、、てなことを、会社の若いのに話したら、ローラー台譲ってくれるって(あらあら)。

  6. 名前:garneauken 投稿日:2009/05/25(月) 15:42:57 ID:6f534dc00 返信

    富士ヒルクラ演習 お疲れ様でした
    サドルバックとシートポストのカーボン化で
    低重心化ですか!
    早速試そうと思いましたが、サドルバック持ってないので効果がワカラン^^;

    あと50分間下りというのがとても羨ましいです(笑)
    上るのは大変ですけど一度走ってみたいです。

    本番も頑張ってください!

  7. 名前:シルクマン 投稿日:2009/05/25(月) 09:10:50 ID:df9e06c83 返信

    こんにちは。いつも楽しく拝見しております。

    >>サドルバッグを外したりしていましたが,図らずとも自転車の重心を低くできていました。
    との事。。。私も早速試しましたよ・・・すごく軽くなった感じでダンシングしやすいですね、ビックリしました。

    私もこれまで当然のようにサドルバッグに予備チューブやらを入れておりましたが、実際にはダブルボトルで乗る機会は少なく、空いているボトルゲージに収めることによってサドルが軽くなり、重心も低くなるなんて、まさに一石二鳥です。良いアドバイスありがとうございます。

    富士ヒルクライム挑戦頑張ってくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です