[つぶやき]トリプルスリーって,なんじゃらほい!?

「3つの3」と言えば,こういうこと?(違)

「3つの3」と言えば,こういうこと?(違)

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

おいらは,今でこそ自称ヒルクライマー(笑)ですが,小学・中学の部活は野球部でした。

しかし,高校では硬球のあまりの硬さがイヤになって(下手だからよく当たるんです・・・)途中退部してしまったので,野球に関する知識は「清原」「桑田」「池田高校」あたりで止まってしまっています。

正直に言うと,現在のプロ野球球団を全部は知りません(何チームあるのかすら怪しい状態。リーグは2つでいいんですよね・・・)

そんな,スーパー野球音痴のおいらにとって,12月になって初めて聞いた「トリプルスリー」なる流行語(なの?)がいったいなんなのか,さっぱりわかりませんでした・・・。



「3つの3」っていうと・・・?

どこかのチームのなんとかという選手が達成したことで大騒ぎになったらしい「トリプルスリー」。この選手がピッチャーなら,

勝利数 セーブ数 防御率

なんでしょうけど,そんなリネカー(古?)みたいな成績では騒がれないですよね(逆の意味で騒がれるカモ)。

ニュースをチラッと見たときは「打っている場面」だったので,たぶん,ホームラン・盗塁・打率なのでしょう。

いくらなんでも1シーズンでホームラン333本は撃ちすぎでしょうから,それぞれが「3」なんでしょうね。こんな風に(↓)

ホームラン 盗塁 打率
3本 3回 3%

いや,いくらなんでも打率3%はひどいか・・・。これじゃリネカーだ(しつこい)。

さっきの3勝しかしてない投手よりひどいや。

打率は「3%」じゃなくて「3割」なんですね。

1000打席で300安打。これでヨシ(↓)

ホームラン 盗塁 打率
3本 3回 3割

いやいや,そもそも,ホームラン3本,盗塁3回も酷いなぁ。ホームランはまだしも,リネカーは足も速いから盗塁はもっとできるはず。

へたすりゃ,ピッチャーでも達成できてしまいそうな数字です(投打両方できる選手もいるらしいし)。

ここで降参,しょうがないのでWikipediaで調べてみたら,全然違うじゃないですか~! こういうことのようです(↓)

ホームラン 盗塁 打率
30本 30回 3割

結局,「3つの3」ではなくて,「2つの30と,1つの3」なんですね。

だったら,こういう風にパーセント表示にして「トリプルサーティー」にした方がスッキリするのに~!(↓)

ホームラン 盗塁 打率
30本 30回 30%

と思ったら,Wikipediaにも「トリプルスリーまたはトリプルサーティーと言う」って書いてありました。

やっぱり~,おいらだけじゃないんだ(笑)

やっとスッキリしました(^^)

おいら?もちろん,小中高を通してトリプルゼロでしたが・・・(涙)

と,つらつらと100行も続く,全く意味の無い,打率0割の駄文でした。

おしまい(^^)

【おまけ1】なぜに打率は純和風なのか!?

あらゆる用語が「和製英語」オンパレードの日本の野球。
アベックホームランとか勘弁してくれ~。自分だったら猛烈に恥ずかしい・・・)

なのに,なぜか「打率」だけは妙に純和風な「割・分・厘」が採用されています。

1000打席で123回打ったら,「12.3%」ではなくて「1割2分3厘」。

なんでここだけ,純和風なんでしょう!?

そもそも「厘」なんていう漢字,打率以外で使っているのを見たことが無いのですが・・・。

「ヤビツ峠の蓑毛激坂は勾配が1割5分を超えるんだよね」とか「富士ヒルは平均勾配5分5厘くらいだから楽だよね」とか絶対に言わないと思うんだよなぁ・・・。

【おまけ2】元も子もないけど・・・

大賞の関係者や,それを持ち上げているマスコミの皆さんには申し訳ないのですが,そもそも,この大賞って流行っているんでしょうか!?

ずいぶん騒いでいるのに,家でも職場でも1度も話題に出ないし,どの用語も「あ~,そうそう!」なんて共感できなかったのですが・・・

全国民が同じ夢を見て,それに向かって邁進していた時代は過ぎ去り,いろんな場面で「多様化」が言われる世の中で,「これが一番流行りました! そうでしょう?」と言われても,ちょっと無理がある気が・・・

同じようなイベント(?)に,たった一つの漢字で表すというのもありますが,もっと凄いなぁ。

もし,「今年を漢字1文字で表すとしたら?」なんて訊かれたら,「できねえよ」とか答えてしまいそうです(笑)

・・・と,いつになく政治的(違うか)なフォトポタ日記でした。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2015/12/18(金) 21:34:17 ID:afc636711 返信

    「なんじゃらほい」,いいでしょう?(笑)

    この気の抜けたような受け答え。
    部下が深刻な顔で「マネージャー,ちょっといいでしょうか」と聞かれたら,これです。気が抜けます。

    で,野球用語って凄いですね

    いきなり「殺」ですからねぇ・・・。「死球」もあるし。

    仕事でも割と勇ましい言葉を良く聞きますね(特に営業系に多い気がします)

    ・部隊,前線
    ・主戦場
    ・ケツに火がつく
    ・焦げ付く
    ・炎上する
    ・鎮火させる
    ・戦力
    ・投入
    ・兵隊
    ・最終兵器
    ・飛び道具

    どんだけキケンな仕事しているんだよ,とか思うと普通に家電を売っているだけだったりするんですけど(笑)

  2. 名前:ラッパ班長 投稿日:2015/12/18(金) 12:56:39 ID:96a868bb9 返信

    今回の記事はタイトルからビビッときましたねー。
    「なんじゃらほい」とか久しぶりですよ。たしかスーパー戦隊シリーズの草分け的存在、秘密戦隊ゴレンジャーのキレンジャーが使っていたような記憶が・・・。
    野球の話なんですが、言われてみると打率だけが割分厘なのですね。
    野球のプレーをさす言葉に「盗む」「刺す」「殺す」がありますが、これだけを聞くとどんだけ犯罪的なスポーツなんだと思いますよね。
    しかし、自分は野球が好きです、特に高校野球が。夏の甲子園の時期になるとそわそわします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です