NHK「グレートレース」が面白い!

「いったい誰が見るんだ?」という気もしますが,とにかく感動モノです。

「いったい誰が見るんだ?」という気もしますが,とにかく感動モノです。

年始にNHKで放送された「NHKサイトへグレートレース(GREAT RACE)」という番組を録画して見ました。

しばらく前から,散発的にやっているシリーズ番組ですが,毎回見入ってしまいます。

世界各地の厳しい自然の中で行われる,トレイルランやマラソン,マウンテンバイクなどの,超厳しいレースを取り上げるドキュメント番組。

その厳しさたるやハンパなく,北極圏を走るとか,オーストラリアを横断するとか,砂漠を走るとか,標高4000mの山を越えるとか,もう書いてるだけで気が遠くなるようなレースばかり。

番組のキーワードが「人生が変わるレースがある」。

本当,こんなレースに出たら人生が変わってしまいそうです。




「灼熱の大地を疾走せよ!オーストラリア700km」

オーストラリア北西部で行われる,世界一過酷なマウンテンバイクレース。

走行距離は9日間で700km。

ツール・ド・フランス(だいたい3500km)なんかと比べると小ぶりに見えてしまうかもしれませんが,こちらのグレートレースは,走る場所が過酷すぎます。

担いでも走れないような沼地を越え,砂漠を走り,累積標高13000mもの山を乗り越え(山を周回したりするんです・・・),どこがコースだか分からない森林の中を進みます。

こんなところや砂漠を700kmも走り抜けます・・・!

こんなところや砂漠を700kmも走り抜けます・・・!

番組は,日本から参加したプロライダー(池田祐樹)を中心に構成されていますが,プロではない,一般参加の人たちのドラマもすごくいい。

ディレイラがぶっ壊れて50km歩いてきてもまだ諦めない男性ライダー,夫婦で走る60歳ペア,泣きながらリタイアしていく女性ライダー。

みんな,それぞれの夢や目標を持ち,ドラマを作っていく。

自らの肉体的,精神的な限界と戦い,それを乗り越えた先に何を見つけるのか。

多くの完走者が,「自分は思っていたより強いことが分かった」と笑顔で話していたのは印象的でした。

マウンテンバイク乗りじゃなくても,自転車を愛する人なら,見る価値「大」です(^^)

残念ながら再放送の予定は無いそうです・・・。
が,なぜか,15分の超ショートバージョンの宣伝はあります(順番逆じゃない?)
いずれも,NHK BS1です。

  • 1/14 23:25~
  • 1/15 17:20~
  • 1/20 15:10~

「激走!南海の孤島マダガスカル250km」

こちらも,すごく面白かった。

たぶん,キツさではオーストラリア700kmより上ではないかと思います。

7日間で250kmを走るのですが,こちらは文字通り,足で走ります。

しかも,給水以外の荷物は全部自分で担いで走る必要があるので,10kg以上のバックパックを担いでです・・・。

で,例によって,沼地や川,灼熱の草原,山岳と,なんでもありの過酷なコース。

レース,とうより,冒険に近いですね。

レース,とうより,冒険に近いですね。

レース初日から連日,40km,40km,40kmとフルマラソン相当の距離を走った上に,勝負の日(誰とよ?)には70kmという,とんでもない距離を走ります。

この回でも,男女2名の日本人アスリートが出てくるのですが,共に会社勤めの社会人。

男性ランナーの方は,「できれば勝ちたいんですよ」と,飄々と語りながら,怪我をしても,道に迷っても,泥濘(ぬかるみ)にはまっても,明るく乗り越え,トップに迫る2位をキープして走り続けます。

女性ランナーは,女性首位を走りながらもあまりの過酷さに泣きながらレースを続ける。

40kmを3回走った後の70km。トップの選手だってきついよ・・・。

40kmを3回走った後の70km。トップの選手だってきついよ・・・。

このほかにも,ゴールで待つ娘のため,70を目前にした自分の力試しなどなど,色んな理由で参加し,夜を徹して走り,歩き続ける参加者達。

狂ったような苦しさの果てにゴールした参加者たちの明るさがすばらしく,女性ランナーは「楽勝よ。次はいつ?」なんて言っている。

毎年6月の富士ヒルクライム。5合目にゴールした時の,「自分たちは脚だけでここまで来たんだゼ!」という多幸感も,これに近いかもしれません。

オーストラリア編より,こちらのマダガスカル編の方が強く感動してしまいました。

走り終わったランナーたちのコメントがみんな素敵なんです。

走り終わったランナーたちのコメントがみんな素敵なんです。

いいなぁ,持久系スポーツって(そういう分類でいいのか分からないですが)

これまた再放送はなく,5分バージョンの宣伝があります(NHK BS1)

  • 1/13 23:45~
  • 1/18 21:45~
  • 1/19 04:40~

さて,自分は・・・?

どちらの回も2時間番組で,結構な長さがあります(長距離レースですから)。

最初はPCで見始めたのですが,全然終わらず,風呂にタブレットを持ち込んで見続け,風呂を出てもまだ見ているうちに夜中の3時。

モ~レツに感動して,「よし,明日から,いや,今日から俺もヒルクライムを頑張るぜ!」と火を噴いたのですが,いかんせん眠い・・・。

これまでのチンタラした走りに別れを告げ,6月の富士ヒルクライムに向けて猛特訓を誓って眠りに入ったのですが・・・,

食器洗うフリをしながら,また「グレートレース」見てます。

食器洗うフリをしながら,また「グレートレース」見てます。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

目が覚めたのは昼の10時。

猛特訓をするどころか,「今頃起きてきて! 食べたら全員の食器を洗って!」と怒られる始末。

燃え盛っていたヒルクライム熱は,かろうじて種火の状態で残っていてくれたので,食器洗いをしつつも,またも番組を見て熱を上げているところです(^^)

さぁ,今年は本気で頑張るぜ!(来週から)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2015/01/14(水) 20:43:22 ID:916a3ea71 返信

    >_toshiさん

    おいらの(オリジナル)座右の銘は,「明日できることは今日やるな」ですから(笑)

    だから,趣味でも仕事でも出遅れちゃうんだよなぁ・・・。

    この体質,根性を変えていかないといけませんね!

    とりあえず,来週から(またかよ!)

  2. 名前:Shiro 投稿日:2015/01/14(水) 20:41:36 ID:916a3ea71 返信

    >cressonさん

    あぁ,やっと思い出した!!
    以前にも似たような番組を見たと思っていたんです。

    そうそう,「グレート・トラバース」でした。

    自分のレベルとは桁が(何桁も)違いますが,それでも,より遠くに,より長くという思いは共通するような気がしています。

    また,ヒルクライムをやっている時の「なんで,こんな苦しい思いを・・・」というのはソックリです(笑)

    まぁ,単なるドMじゃないか,といウワサもありますが(^^;)

  3. 名前:_toshi 投稿日:2015/01/14(水) 17:29:37 ID:74b00cba4 返信

    Shiroさん:

    最後の(来週から)ってのが笑えました。

    今夜の分は早速録画を試みます。(家に帰るまで忘れなかったら)

    情報、ありがとうございました。

  4. 名前:cresson 投稿日:2015/01/14(水) 15:58:08 ID:b30bc2a4b 返信

    こんにちは

    他の2作品は再放送されてるけど、オーストラリア700kmはまだ再放送されてないので
    近々再放送あるのかな?

    同じNHKで似たようなタイトル「グレートトラバース」もよかったですよ。
    http://www.nhk.or.jp/greattraverse/index.html
    足とカヤックだけで、総移動距離7800キロ、累積標高差10万メートル、半年で踏破ですから

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です