雨中のヤビツで40分切り達成!!(おいらじゃないけど)

大幅タイム更新!! サイコンのモデルが違うけど,気にしない,気にしない・・・。

大幅タイム更新!! サイコンのモデルが違うけど,気にしない,気にしない・・・。

SONY DSC-TX10

前回の挑戦から中1日,今年のGWで2回目のヤビツアタックに行ってきました。

今回は,会社の同期で東京在住のo-don君と一緒。

1年前にロードを購入してやる気満々のo-don君が「一度はヤビツを走ってみたい♪」ということで,ヤビツに関しては大先輩であるおいらが先導して,ヤビツ初挑戦となったのでした。

ま,大先輩の背中を見ながら走って,成長するが良い。わっはっは・・・。




事前準備などなど

前述のとおり,o-don君はヤビツ初挑戦。

コースレイアウトもペース配分も分からんということなので,去年のおいらの自己ベスト(40分20秒)樹立時のコースデータを事前にメールで送付。

おいらはEdge705,o-don君はEdge500ですが,データファイルの構造は同じみたいなので,これで,輝かしいおいらの分身であるバーチャルトレーナー様と一緒に走れることになります(感謝すべし! 笑)

また,おいらの今回の特記事項としては,サドルを普段よりも1cmほど前に出してみました。

ヤビツくらい勾配がきつくなってくると,平地に比べて後ろ荷重になり,脚の重さを生かしたペダリングができなくなるし,ペダルからの反力が大きいので腰に負担がかかるそうです(竹谷 賢二『バイシクルトレーニングブック』参照)。

これを解消するために,普段よりもちょっと前乗りスタイルになるようにサドル位置を変更です。

雨だよ・・・

アタック当日は,天気予報(曇りのち雨)に反して,朝から小雨模様で時々雨脚が強くなるという,あいにくの空模様。

一応,だめもとで伊勢原総合運動公園に車で集合し,雨空の好転を望みながらも1時間ほどダベって過ごすものの,なかなか雨がやみません。

超どんより空。おそらく峠は土砂降りじゃ・・・。

超どんより空。おそらく峠は土砂降りじゃ・・・。

SONY DSC-TX10

そこで,当初の予定(運動公園集合→名古木まで自走→アタック→裏ヤビツ周遊)を変更し,とりあえず菜の花台駐車場までクルマで行って,そこで天候の回復を待つことにしました。

この判断は意外と的中し,約40分ほどかけて菜の花台駐車場に着いたころには,かろうじて雨が止んで自転車で走れるような感じになってきました。

なんとか晴れてきたぞ! しかし,o-don号のサドル高さはすごいな(BB-トップで86cmらしい・・・)

なんとか晴れてきたぞ! しかし,o-don号のサドル高さはすごいな(BB-トップで86cmらしい・・・)

SONY DSC-TX10

が,路面は完全にずぶぬれウェット状態になっているので,細心の注意を払いながら名古木までダウンヒル。

さて,いよいよスタートです。

どウェット状態の路面。写真はこれ1枚で,超安全運転で下りましょう。

どウェット状態の路面。写真はこれ1枚で,超安全運転で下りましょう。

SONY DSC-TX10

いよいよスタート!

いつもの交差点で,いつものように青信号を待ってスタートです。

このときになって,急にo-don君が「俺はマイペースで行くから先に行ってて~」ということで,おいらが先にスタート。

今思えば,これがヤツの作戦だったに違いない・・・。

もう,20枚くらいこの写真撮ったなぁ・・・。

もう,20枚くらいこの写真撮ったなぁ・・・。

SONY DSC-TX10

序盤(ラップ1~3)

2日前に走ったばかりだし,前日は一日中,東京の上野動物園を歩き回らされたので脚は筋肉痛だったのですが,走り始めてみると思いのほか快調。

心拍は170bpmに抑えつつも,ラップタイムは自己ベストペースよりも数秒速く刻んでいます。

鬼門である2台の信号も無事に青で通過できたし,これは,ひょっとするとひょっとするぞ!

蓑毛激坂区間(ラップ4)

この区間は,いつもの反省にもとづき,相当にパワーセーブして走ってみました。

ラップ4の区間平均では,自己ベスト時は231Wですが,今回は218Wです。

相変わらず峠は悪天候。たぶん,濃霧なんだろうな・・・。

相変わらず峠は悪天候。たぶん,濃霧なんだろうな・・・。

SONY DSC-TX10

このおかげで,累積タイムでは逆に自己ベストより6秒遅れとなってしまいましたが,後半に盛り返すだけのパワーを蓄えられたということで,少し前方を走るバーチャルトレーナーの背中を見ながら走り続けます。

もちろん,数分遅れでスタートしたo-don君はまったく視界に入りません。ふふふ・・・。

初めて真横を向いて撮ってみました。しっかし,すごい勾配だよね・・・。

初めて真横を向いて撮ってみました。しっかし,すごい勾配だよね・・・。

SONY DSC-TX10

菜の花台までの中盤(ラップ5~8)

今振り返ると,この区間でサボってしまったんだなぁ・・・。

心肺は比較的余裕があったのですが右脚の頑張りが利かず,1kmあたり5~10秒ずつ自己ベストよりも遅く,この4kmだけで,20秒も遅れてしまいました。

比較的勾配が緩い中盤でサボってしまいました・・・。

比較的勾配が緩い中盤でサボってしまいました・・・。

SONY DSC-TX10

「いかんなぁ,伸びないなぁ」なんて呑気に構えているうちに,右ハンドルに付けたSPYミラーに,小さくo-don君の姿を発見!!

まさかとびっくりしましたが,なんと,o-don君が追いついてきてしまっているのです!!

余裕で数百mは差があると思っていたのに~。途中,バスでも乗りやがったか!?

菜の花台以降(ラップ9~10)

ミラーの中のo-don君はだんだん大きくなってきます(身長183cmもあるし)。

しかし,こういうシチュエーションこそがモチベーションを上げてタイム向上に結びつくのです。自己ベストのときも,他の人に追走されて全速力で逃げているうちに好タイムでゴールできたのでした。

というわけで,ラップ8の後半あたりから死力を尽くしてo-don君から逃げるようにペースを上げて走りました。

ラップ9もラップ10も自己ベストを上回るラップタイムで走り,特にラップ10は207Wをマークするほどの全力疾走。もう,右脚はまったく力が出ないので,右腕で押し下げてやりながらまさに全筋力総動員で走りました。

が,そんな限界状態のおいらをo-don君はあっさりと抜き去っていってしまいました。しかも,「写真を撮ってるなんて余裕あるじゃんか~」とか言いながら。

ぬほ~,o-don君の巨体が抜いていく~。分かった!そのG4,電動アシストだろ!

ぬほ~,o-don君の巨体が抜いていく~。分かった!そのG4,電動アシストだろ!

SONY DSC-TX10

そういうあんたも余裕じゃんか~

轢いて,いや,引いていってくれよ~(笑)

燃え尽きの終盤(ラップ11,12)

長距離,持久系のスポーツはメンタル面が非常に重要です。

前走者に対して「もうだめだ追いつけない」と思うか,「まだまだ追いつける」と思うかでは全然走りが変わってきます。

マラソンでは後続に見えなくなるように,コーナーを曲がったら急に加速して自分の背中を見えなくしてやるのが効果的らしいです。

で,今回はどうだったかというと,菜の花台の展望台から先は霧が濃くなってきていて,ほんの10m先が見えない状態になっていました。

o-don君がおいらを無情にも抜いていったら,なんと,濃霧ですぐに消えてしまいました。

あなたはもう居ない。残されたのは僕一人・・・(淋し)

あなたはもう居ない。残されたのは僕一人・・・(淋し)

SONY DSC-TX10

この時点で,「あ~,もう無理」という感じになってしまい,ラップ11はラップ10に比べて25Wもパワーダウンしてしまいました。

ラップ11,12は中盤以降ではもっとも勾配が緩い区間でタイムの稼ぎどころなのに,どんどん遅れてしまいました。

o-don君,抜くならこの区間で真後ろについてくれれば,相当にタイムが上がったのに~(笑)

というわけで,すっかりパワーダウンした状態での霧中ゴールとなりました。

さて二人の結果は!?

GWで2回目,今シーズンで3回目のヤビツアタックのタイムは,

ゴール! って,誰もいないじゃん。さっきまで雨だったしね・・・。

ゴール! って,誰もいないじゃん。さっきまで雨だったしね・・・。

SONY DSC-TX10

40分47秒

でした。

ま,一応,今シーズンではベスト,過去20回中4位の成績です。

しかし,自己ベストには27秒も届かないし,40分切りにはあと50秒ほど縮める必要があります。まだまだですなぁ~。

さて,最も気になる,ヤビツ初挑戦のo-don君のタイムは,

げは~っ,驚異の36分台! あんた,何者やねん?

げは~っ,驚異の36分台! あんた,何者やねん?

SONY DSC-TX10

36分40秒

なんじゃ~,このものすごいタイムは!!!

いきなり,36分台ってあんた。デイリーヤマザキあたりから計測開始したんじゃ・・・?(笑)

単純に,おいらより10%以上速いわけですから,たまげてしまいます。

いや~すごい。おめでとう! おいらが引いてあげたおかげだよ!(違うけど)

反省&今後

o-don君は別格なので後回しにして,おいらの反省と今後の展望を。

今回の課題としては,中盤のやる気無さブリが顕著です。

前回のヤビツアタックから導入している簡易パワー分析をしてみると,こんな感じ。

6~8と11ラップを何とかしてほしい・・・。

6~8と11ラップを何とかしてほしい・・・。

最終盤は燃え尽き現象でしょうがないとして(これも問題だけど),中盤のサボりっぷりが痛いですね。

しかし,中1日,筋肉痛で望んだ割には比較的好タイムでゴールできたことは明るい材料。

今回はサドル位置をいつもより1cmも前にしたのですが,これもとてもいい感じで作用してくれました。

いつも,終盤で腰が痛くなってきてフォームがグダグダになるのですが,その現象は皆無でした。やっぱり,ヒルクライムではある程度前乗りにした方がよさそうです。

次回も,この調子で頑張れば,なんとか,あと1分くらいは縮められるかもしれません(^^)

万歳三唱(いや,一唱です)

万歳三唱(いや,一唱です)

SONY DSC-TX10

さて,o-don君。

なんと月間1000km走っているとの事。

そのおかげで,1年で15kgも減量したそうで,「1kg=10万円」と言われる自転車業界(?)では150万円分の軽量化をしたことになります(笑)

愛車G4号を並べるo-donくん。しかし,でかいよ・・・

愛車G4号を並べるo-donくん。しかし,でかいよ・・・

SONY DSC-TX10

おいらが固定ローラーで30分がいいところなのに,3本ローラーで1時間も乗っているそうで,練習に対する真摯さが比較になりません。

比較になりません,といっているけど,やっぱり比較したくなるので,パワー比較をしてみました。

げは~,すげぇパワー。菜の花台(8ラップ)以降,ぐんぐん伸びていってる~

げは~,すげぇパワー。菜の花台(8ラップ)以降,ぐんぐん伸びていってる~

ひえ~,約300W! なんじゃ,そのパワーは・・・。

体重の差(おいら58kg,o-donくん64kg)はあるとしても,ものすごいなぁ。

蓑毛の激坂では大量消費していますが,その後の出力は比較的安定しています。

おいらがラップ10をピークに一気に燃え尽きているのとは対照的です。

いやはや,すごいものを見せていただきました。

激戦の後のLOOK号。これを洗うのか・・・。

激戦の後のLOOK号。これを洗うのか・・・。

SONY DSC-TX10

o-don君は来月の富士ヒルクライム(FHC)にも初挑戦します。

おいらはFHCは3回目の挑戦ですから大先輩になります。

ここはひとつ,大先輩の背中を見ながら成長するがよい。わっはっは・・・は。(どっかで見たような書きっぷりだ。笑)

おしまい。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2012/05/10(木) 23:07:58 ID:19c933c7a 返信

    >Junさん

    はじめまして(^^)

    そう,左脚に古傷があります。
    というか,現在進行形で脂肪の塊があります。

    2年前にガングリオンと診断されて摘出手術をやったのですが,
    あっさりと再発し,現在も膝の真裏に
    ピンポン玉2個分の脂肪の塊が居座っています。

    なので,左脚に力を入れると,脂肪の塊に神経を圧迫されて痛みます。

    三本ローラーは,,,,たぶん,乗りこなせないですねぇ(涙)

    固定ローラー台ですら怪しい感じです。
    (あまりのアンバランスぶりにスリップしている)

    もう1回,手術するかどうかは悩みどころです・・・。

    ま,こんなでもほどほどに走れているので,よしとしています(^^)

  2. 名前:Jun 投稿日:2012/05/10(木) 01:03:21 ID:63bec824c 返信

    左足に古傷?をお持ちなのですね。
    僕も右足首に腱断裂があるので、むしろ自転車に感謝してます。足にケガがあるのに、こんなに楽しめるスポーツは他に無いですからね。

    ちなみに、三本ローラーは鍛える、というよりも、整えるという感じです。どこに無駄な力を加えているのか手に取るように判るので、結果として、一番足に負荷がかからないペダリングを習得することが出来ます。初めて乗ると愕然としますよ。足にケガのある方にこそ、お勧めです。

  3. 名前:Shiro 投稿日:2012/05/04(金) 23:37:00 ID:e708b63a7 返信

    >o-donさん

    こんばんは。

    いやはや,ほんと,度肝を抜かれましたよ(笑)

    「近く」とは言うけど,そんなに近くないのが残念なんだよね。
    片道30kmあるので,「朝ちょっと行ってくる」というわけにはいかないんだな・・・。

    といいつつ,明日,「朝ちょっと行ってくる」けど(笑)

    トップヒルクライマーたちは,普段,坂&山は登らないみたいだよ。
    平坦メインで練習するそうですよん。

    荒サイで延々と平地を走れるのもいい環境ですよ。
    こちらだと,R135(海沿い)かなぁ・・・。

    ほんでは,次回,FHC試走でお会いしましょう(^^)

  4. 名前:o-don 投稿日:2012/05/04(金) 02:17:12 ID:01c7612e8 返信

    こんばんは。
    初ヤビツ、蓑毛の激坂本当にきつかったです。
    心拍も限界。この坂が続くのか~と心が折れそうになりました。
    こんな最高の峠が近くにあるのはうらやましいです。
    (普段は荒川でず~と平坦なので)
    FHCも初参加ということでみなさまにお会いできるのを楽しみにしています。

    Shiroさん、富士の試走も行きましょうね!

  5. 名前:Shiro 投稿日:2012/05/03(木) 22:26:12 ID:72d58f118 返信

    >_toshiさん

    こんばんは~

    恐るべしですよね・・・。

    普通,ヒルクライマーは小さい人のほうが有利なはずですが,
    1年で15kg減量というのが功を奏しているのかも・・・。

    しかし,10%も早いとは驚きです。
    いやはや~

  6. 名前:Shiro 投稿日:2012/05/03(木) 22:08:59 ID:72d58f118 返信

    >Noguさん

    こんばんは~

    ねぇ,いったい,何者なんでしょう・・・。
    39分くらいならまだしも,いきなり36分って。
    単純計算だと,FHCを72分で走り切っちゃう計算ですね。

    あ,おいらの自己申告タイムが75分だから,そのくらいか(笑)
    無理だな・・・。

    今年も同じ宿でご一緒させていただきます!
    o-donくんは,体もでかいけど,声も馬鹿でかいので,
    ご迷惑をかけないよう,言い聞かせておきます(笑)

    いや,やっぱり前日にたらふく酒を飲ましてつぶしておきましょう(^^)

  7. 名前:Shiro 投稿日:2012/05/03(木) 21:40:58 ID:72d58f118 返信

    >junさん

    こんばんは!

    おぉ,例のヤビツ動画を自転車師匠さまとやらに見られてしまっているとは,
    大変恥ずかしい限りです・・・。

    自分でも認識しているのですが,結構蛇行していますよね。

    この主たる原因は左脚のガングリオンおよび手術痕であります(悲)
    残念ながら,左脚の筋力は極端に足りない状態で,
    3本ローラーどころか,固定ローラー台ですらタイヤがキュッキュと
    スリップするくらいです。(=ほとんど右脚しか漕いでいない)

    左脚だけの片足ペダリングをやって鍛えようとはしているのですが,
    そもそも,力を加えると痛いのでど~にもこ~にも(涙)

    いっそ,右脚もガングリオンになってくれれば,
    とりあえずまっすぐ走れるようにはなるかと思うのですが(笑)勘弁してくれ~

    でも,いつまでも片脚ダメダメ状態では話にならないので,
    そのうち,3本ローラーでも買って鍛えてみようかな・・・。
    (なんとなく,まったく乗れないで終わりそうな悲しい予感もしますが)

    ま,自転車に乗れるようになっただけでも吉としましょう(^^)

  8. 名前:_toshi 投稿日:2012/05/03(木) 18:02:27 ID:bec1e67fd 返信

    おー、恐るべし「o-donくん」

    大きな体を充分に活用して早く走る技を身につけているようですね。

    すごいパワーを出しているんだろうな。

    FHCの結果も楽しみですわ。

  9. 名前:Nogu 投稿日:2012/05/03(木) 17:48:52 ID:757e85b6d 返信

    o-donくん・・・何者??
    当日会うのが楽しみです。
    いきなりで36分って×2倍でFHCシルバーかい。
    Shiroさんの生足スタイルは初めて見たかも。
    きっと、足が冷えたからパワーが出なかったんですよ。

    あーあ、伸び悩みのおじさんにはこたえる内容ですな。

  10. 名前:Jun 投稿日:2012/05/03(木) 15:17:06 ID:dd1a72f0d 返信

    いつも貴重な情報をありがとうございます。
    僭越ながら3本ローラーで思い出したのですが、先日、以前アップされていたヤビツのビデオを、僕の自転車師匠と拝見したのですが、師匠曰く、ペダリング毎に左右に結構蛇行している。数%のパワーロス。3本ローラーでペダリングをきれいにすればその分のパワーを登坂に使えるのに。とのことでした。
    3本ローラーに乗ると、たしかに、いかに無駄な方向に力を加えていたか、手に取るように判りますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です