白鳥和也,『素晴らしき自転車の旅』

ここのところ,Newフレームネタばかりの「フォトポタ日記」ですが,いつものマイペースで普通に読書をしています。通勤電車で,休み時間に,そして風呂で・・・(^^)

2月になって読んだ本は,以下の通りです。

  • 白鳥和也『素晴らしき自転車の旅』
  • 三浦しをん『風が強く吹いている』
  • 浅田次郎『月島慕情』
  • 三崎亜記『廃墟建築士』
  • 三崎亜記『バスジャック』
  • 自転車関係メンテナンス本×5冊ほど(笑)

この中から,今日は白鳥和也氏の『素晴らしき自転車の旅』を紹介します。

白鳥和也さんの本はこれで2冊目です。

1冊目は本ブログ内の紹介記事へこのブログでも紹介した『自転車依存症』。自転車を趣味とする人達に共通する「ついつい遠くまで走り過ぎちゃう」や「ついつい自転車が増えちゃう」といった症状を書いた楽しい本でした。


今回読んだ『素晴らしき自転車の旅』は,2004年の本ということで『~依存症』より2年ほど前の本になります。

内容はまさにタイトルの通り,「自転車による旅はいかに素晴らしいか」について,旅のあり方やおもしろさ,そして,最後には自身の旅行記がおまけでついています。

自転車によるポタリング,サイクリング,ツーリングを扱った本は多々ありますが,そのほとんどは,自転車やアクセサリの紹介,ライディングテクニックの解説といったところに多くをさいています。中にはグルメや温泉などの情報ばかりで「観光ガイドか?」という本もあります(それはそれでいいのですが)。

一方,こちらの本では,とにかく自転車旅の楽しさや奥深さをとくとくと語られています。地図も無いし,写真も少ないのですが(しかも白黒だ),読んでいるうちに猛烈に「旅」に出かけたくなってくるから不思議です。

おいらも自転車をやるようになってすぐに気が付きましたが,自転車での遠出は,本当に色んな物をよく見る旅になります。車や自動二輪ではあっという間に通り過ぎてしまう小さな景色(しかも引き返しにくい)を,何倍も見ることができます。

根府川で見つけた小さな桜の道。1時間ものんびりしました。

根府川で見つけた小さな桜の道。1時間ものんびりしました。

RICOH GX100

季節の風を感じ,きっつい坂道の辛さを感じ,地元の人と話をしたりしながら,色んな場所を訪れるのは本当に楽しい旅です。なんとなくですが,ローカル線での旅にも共通点があるかもしれません。

著者はあまりロードバイクには乗らない方(ランドナー大好き)なので,ロードバイク大好きのおいらとしては「ロードだってそんなに乗りにくくはないけどなぁ」と思うところもありますが,そんな細かいことを抜きにして,楽しい本だと思います。

観音崎灯台です。車じゃなくて自転車で行くのがよろしい場所です(^^)

観音崎灯台です。車じゃなくて自転車で行くのがよろしい場所です(^^)

RICOH GX100

一応は,自転車の選び方や保守,運用の仕方も書かれてはいるのですが,「詳しいことは専門書を参照されたい」というスタンスで軽くしか触れていません。確かに,本の数ページでメンテやクイックの扱いなんかを書かれてしまうと,中途半端な知識(おいらもだけど)でかえって危ないかもしれません。

また,全般的にランドナータイプのクラシカルな自転車を主体にして書かれているので,最新鋭のロードバイクによるツーリング,というのを期待してしまうと,全般的に古めかしくてつまらないかもしれないので注意です。

白鳥氏は自転車趣味だけでなく小説を書かれるので,文章を書くこと自体がとても上手であり,思わず引き込まれてしまう魅力があります。

自転車+文章書き+カメラ好き,とうことでまさにおいらが目指すべき「師匠」の一人であります。
(^^)

新緑のヤビツ。聞こえてくるのはハートレートモニタの警告音だけ(^^)

新緑のヤビツ。聞こえてくるのはハートレートモニタの警告音だけ(^^)

RICOH GX100

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2010/02/21(日) 18:32:44 ID:4cd2b0270 返信

    >keteruさん

    こんばんは~

    重大な事件(?)が起きてしまい,返答が遅くなってしまいました。
    いつもコメントありがとうございます~

    我が家では,近所に図書館がある関係(関係ないか・・・)で,
    妻&チビ達は実に良く漫画を借りてきます。

    大昔の少女漫画を50巻読み切るとか,
    両さんも全部読むとか(無謀である)・・・。

    おいらは,小説&カメラ・自転車本ばかりです。

    『旅好きオヤジ~』は木世出版のでしたっけ?
    おいらも買う寸前でした。
    おそらく来週には購入しています(笑)

    自転車の旅関係の本が妙に気に入ってしまっている今日この頃です。
    四国一周なんていいだろうなぁ・・・。

    >tamamaさん

    こんばんは~

    おいらも,SFを読んでいるときもあります。
    が,たいてい海外物のことのほうが多いかな・・・?

    「ヒルクライム」は,ずばりおいらが好きな種目(?)なので,
    思わず買いそうになりましたが,ちょっとためらっています。

    最近,自転車小説では『銀輪の覇者』が少し気になっています。

  2. 名前:keteru 投稿日:2010/02/21(日) 00:23:08 ID:9347f58af 返信

    tamamaさま> あ、高千穂遥さんですね。 彼の方は、一本木蛮さんの『自転車日記』と『自転車日記2008』の中にも出てこられるんですよね。 作品は・・・「ダーティーペア」の最初のと「クラッシャージョー」の1,2巻くらいしか読んだ事が無かったりして・・・・・・。 笹本祐一の方が好みです。

  3. 名前:tamama 投稿日:2010/02/20(土) 21:29:55 ID:3503dd6e1 返信

    読書家のshiroさんへ
    私は、相変わらず、SFばかり読んでます。
    シリーズ物にはまると楽しくて、先日もアマゾンで、最近お気に入りの作者の、未読シリーズ第1作を注文してしまいました。

    SFと自転車というと、日本のSF作家で自転車乗りの「ヒルクライム」とかいう小説があるようですが、多分読まないかも。

    最近はトレーニング指向で、ちょっとガシガシ走りすぎてたのですが、この記事を読んで、久しぶりに重いデジ一を腰にぶら下げて走ってきました。梅満開のうららかな一日でした。

    早く自転車に乗れると良いですね。
    ではまた。

  4. 名前:keteru 投稿日:2010/02/19(金) 21:31:13 ID:0083481c3 返信

     フォトポタ日記にしては珍しくコメント無しが続いてます。  あ、コメント無しで何日行けるかと言う遊びをしているんだったら、コメント入れちゃってごめんなさい。

     最近はマンガばっかり読んでいて・・・・・・『新装版ヨコハマ買出し紀行』とか『信長の忍び』とか『みそララ』とか『さよなら絶望先生』とか・・・・・・マンガ買うのを少し押さえればいいんですけど、好きなものでしょうがないですね。

      それはともかく、自転車ネタの本。
     『旅好きオヤジの自転車巡礼記』
     秩父33箇所札所巡り、関東33箇所札所巡りをした著者が、自転車で四国八十八箇所札所巡りをするという紀行文です。 一番札所から順打ちで(八十八番札所から行くのを逆打ちと言うんだそうです)道の様子なんかも書いてあり 『何時かはやってみたいなぁ~』と言う気にさせてくれます。 最初ロードマンで、後にビアンキのWレバーのツーリングモデルになってます(車種は不明)。
     ここまでが前半。  後半では、パリからスペインのサンチャゴ・デ・コンポステラまでのキリスト教徒の巡礼路を自転車で走ってます(アンカーCA900、今だとC900ですかね)。
     ヘタウマな絵が添えられていてなんとも味がある本です(写真もありますよ)。
     でもこれ、文庫のくせして819円(税込)もするんですよ。 これを読んでから、四国八十八箇所札所巡りのガイド本を買ったりしてます。 行って見たいな~。 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です