久しぶりに自転車本(夢のロードバイクが欲しい!)を読んでいます

つい先日書いた月間読書記録では,2月は奥田英朗や萩原浩,井坂幸太郎あたりの小説を読み進めると書いていました。

んが,予定はいつでも変わるもの(笑),今読んでいるのはこの本。

久しぶりの自転車本ですが,とても楽しく読めています(^^)




ロバート・ベン『夢のロードバイクが欲しい!』

邦題は『夢のロードバイクが欲しい!』となっていますが,中身はちょっと違っていて,自転車全体の歴史や,各パーツの進化の過程などを主に描かれた本です。

自分用の最高のロードバイクを作るために,フレームやハンドル,ドライブトレインと,パーツを選んでいきます。

普通は近所のお店で頼むか,おいらみたいにWiggleで買うか(笑)だと思うのですが,このおじさんは,それぞれのパーツメーカーの工房までお邪魔しちゃっているのです。

その情熱たるや,大したもんです。

フレームビルダーはもちろん,ヘッドセット(クリスキング),ハンドルバー(チネリ),ドライブトレイン(カンパニョーロ)などなど。

また,各パーツの歴史についても紹介されていて,どちらかというと,以前読んだ『ロードバイク進化論』なんかに近いかもしれません。

お値段の割には小さな目の文字でぎっしり書かれているので,まだまだたっぷり読めます。

まだ,全体の半分しか読んでいないのですが,なかなかいい感じの自転車本です。

全部読み終わったら,また感想をまとめて載せる予定です(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



表紙は派手ですが,中身は静かに地味です(^^)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です