近藤史恵『サクリファイス』シリーズに着手!

サクリファイス,サヴァイブ,キアズマ。これでシリーズ完成!(違うみたいだけど・・・)

サクリファイス,サヴァイブ,キアズマ。これでシリーズ完成!(違うみたいだけど・・・)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

ロードバイクを初めて7年にもなって,ようやく,近藤史恵のサクリファイスシリーズを読みはじめました。

先日のスラムダンクといい,去年の弱虫ペダルといい,相変わらず,流行にかなり遅れてようやく着工(?)です。

しかも,一気に4冊の突貫工事です(^^)



サクリファイス,サヴァイブ,キアズマ

きっかけは,会社帰りに何気なく酔った寄ったブックオフ。

伊坂幸太郎も読み尽くしてきたので,100~200円コーナーでお買い得の本を探していたら,サクリファイスが平置きになっていました。

今まで,いろんなところで,その名前は聞いていたのですが,なんとなく,手が出せないでいました。

しかし,この日は,他にもサヴァイブキアズマも陳列してあり,おいらに対して,かなり強い「買えよ♪」という圧力を掛けてきていたので,その圧力に負けて,3冊とも手に取ってレジに並んでしまいました。

3冊とも単行本だったので通勤カバンは猛烈に重くなりましたが,代金は3冊で600円ですので,財布はあまり軽くならずに済みました(^^)

サクリファイス,いいぞ!(^^)

まだサクリファイスの途中までしか読んでいないのですが,実に面白いです。

自転車関係の小説や読み物だと,大抵は以下の2つになってしまうと,勝手に思い込んでいました。

  1. 自転車の知識は豊富なんだけど,文章の技術がついていかない
  2. 小説の技術は高いけど,自転車のことに詳しくない

土井雪広さんは例外的(?)に自転車の知識(←当たり前)も文章の技術も高く,単純に読み物として非常に面白く読めます。

『土井雪広のロードバイク・トレーニング』

すでにお伝えしているように,今年のおいらは早めにストーブリーグに入っています。

夏場に全く走らなかったのと,秋の風邪が長引き,体力が過去最低レベルまで低くなっているためです・・・。

なので,もう来年のヒルクライムシーズン(3月~6月)を見据えて,そろそろ,トレーニングを再開しようかな?と思っています(もちろん,思っているだけでやっていません。O型ですから,笑)

具体的なトレーニングの方法や機材はさておき,まずは,「やるぜ!」という気持ちを抱き続けることが大事なので,『敗北の無い競技』を読んで以来,にわかファンになっている土井雪広さんの『土井雪広の世界で戦うためのロードバイク・トレーニング』を読んでいます。

ちなみに,某ブログの管理人は自転車の知識はあまりないのに,文章は長く下手,という最悪のパターンです(笑)

話を『サクリファイス』に戻すと,著者はロードバイク(もちろんロードレースも)をやるわけではないのですが,レースにおける選手たちの心の動きやチーム戦略がとてもうまく描けていると思います。

そして,(本人は強くは認識していないが)ヒルクライマーである主人公チカの,「ただ山を早く登りたいだけなんだ」という単純な思いは,レベルは全然違うけど,おいらも強く共感できます。

まぁ,チカの場合,下りもかなり得意,というところはまったく違いますが・・・(笑)

ロードバイクやロードレースをまったく知らない人(例:ツマ)がレースを見ると,アシストという存在が全く理解できないと思います。

個人競技なのにチームで共同して,たった一人だけを勝たせる。

早くゴールした人が勝ちなのに,前に飛び出すことは不利になる。

こういう,ロードレース特有の不思議な矛盾(?)をうまく描ています。

さらに,自転車だけではなく,なにやらミステリーの要素もあるようで(?),ハラハラしながら読み進めています。

さらに,エデン登場!(^^)

サクリファイスシリーズについての知識が全然なかったので,今回買った,『サクリファイス』→『サヴァイブ』→『キアズマ』が3部作なのかと思っていました。

しか~し,どうも,『サクリファイス』と『サヴァイブ』の間には,エデンという別の小説があって,こちらが2作目の模様。

『サクリファイス』はもうすぐ読み終わってしまいそうなので,2作目の『エデン』を一刻も早く手に入れなければならないのですが,どこのブックオフを探しても見つかりません・・・。

この3連休で読むべき本が無くなってしまったら選手生命にもかかわるので(?),おいらとしては超珍しく,新品(文庫本ですが)で購入となりました。

珍しく,新品で購入した『エデン』。これで,安心して『サクリファイス』が読めます(^^)

珍しく,新品で購入した『エデン』。これで,安心して『サクリファイス』が読めます(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

3冊を600円(200円×3)で購入したのに,追加の1冊が560円にもなってしまいましたが,欲しい時が買い時,孝行したいときに親は無し(違うか)ですから,ヨシとしましょう(^^)

さ,あとは心置きなく,『サクリファイス』を読み進めましょう。

なんだかすごい展開になってきていますが,大丈夫か,チカ!?

つづく・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



栗村さんのレース本を読んでからだと,よりいいかも(^^)

コメント

  1. 名前:コタパ 投稿日:2016/07/18(月) 08:17:30 ID:e38bff224 返信

    最新刊のスティグマータは今月でましたが、これもまた面白いですよ〜

    • 名前:Shiro 投稿日:2016/07/18(月) 23:57:09 ID:78e9e9a40 返信

      なんと,また出たんですか・・・!

      ようやく,逃げ集団をとらえたと思ったら,また一人,逃げられたような気分です(笑)

      早く読み進めないと,著者の増産ペースに置いて行かれそうです。
      そもそも,読み始めが今頃,という遅さなのでグルペットから追走です(^^)

  2. 名前:アッキー 投稿日:2016/07/18(月) 01:22:33 ID:88036ec10 返信

    僕も過去に読んだことあります。
    読んでしばらくして4冊共手放したんですが
    結局、文庫本で買い直しました(笑)
    ロードレースの世界をよく分かって書いてあり勉強にもなりました。
    いい本ですよね。。。

    • 名前:Shiro 投稿日:2016/07/18(月) 23:55:04 ID:78e9e9a40 返信

      たぶんですが,著者はロードバイクは乗ってはいないと思うんです。
      もちろん,ヒルクライムもロードレースも。

      それにしては,とてもよく心理描写がされていて,大したものだなぁ,と感心します。
      まぁ,ほとんどすべての小説家は,自分のやったことも無いことを主題に書いているわけですから,やっぱりすごいですよね。

      医師,刑事,宇宙飛行士,柔道家,料理人,戦闘機パイロット,なんでもありですもんね。すごいなぁ・・・(^^)

  3. 名前:Nogu 投稿日:2016/07/16(土) 05:54:10 ID:9087e903b 返信

    サクリファイス、エデンは読みましたよ。
    展開がミステリアスで自転車乗りにはたまらない描写も多いですよね。
    他の2冊は読んでません。
    探しに行ってこようかなブックオフ。

    • 名前:Shiro 投稿日:2016/07/18(月) 00:19:39 ID:78e9e9a40 返信

      サクリファイス,読み終わりました!(^^)

      衝撃的なラストで驚きました。
      たしかに,表題通りです。びっくり。

      にしても,レース中の心理描写や作戦の説明が面白いですね。
      すぐさま,エデンに着手中です~

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です