吊り下げ式 デジタルはかり 登場!(^^)

595号を計測中。サイコンやライトなど付けっぱなしだから,少し太り気味(^^;)

595号を計測中。サイコンやライトなど付けっぱなしだから,少し太り気味(^^;)

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

久しぶりに,「もっと早く買っておけばよかったなぁ」と思える計測器を購入しました。

ずっと前から欲しい,欲しいと思っていた,デジタルの「はかり」です。




吊り下げ式の「デジタルはかり」が欲しい!

自転車をやっていると,誰しも重さが気になると思います。

グラム単位で気になるようになると,(おいらみたいな?)バカ度が増してきますが,もっと普通に,「自分の自転車って何kgなんだろう?」とか「このクソ重いブレーキは何kgfなんだ?」などは気になるところではないでしょうか。

今まで,自転車の重量を測るには,古式ゆかしい方法で計測していました。

  1. 自転車を持ったまま体重計に乗る
  2. 自分だけで体重計に乗る
  3. 1から2を引き算する

また,つい先日もやりましたが,クソ重いブレーキレバーの「引き」を測るには,

  1. ブレーキレバーに紐を付けて,反対側にカゴをつなぐ
  2. レバーが動ききるまで,カゴに重り(文庫本推奨)を積んでいく
  3. 文庫本の重さを測る

といったやり方をしていました。

しかし,どちらの方法もそこそこ面倒くさくて,なかなかやる気が起きません・・・。

しかも,グラム単位で軽いパーツを導入したのに,計測が体重計(0.1kg単位)だと変化しないっていうのもどうかと。

そこで,以前,Noguさんから教えてもらった,簡易に重量を計測できる「デジタルはかり」を購入してみました。

デジタルはかり『Electric Luggage Scale』

Amazonで「デジタル はかり」と検索すると分かるのですが,世の中にはものすごい種類の「デジタルはかり」が溢れかえっています(ちとオーバー?)

世の中に,そんなに自転車計測バカがたくさんいるとは思えないのですが,他にはこんな需要があるようです。

  • 飛行機に乗るときの荷物計量
  • 宅配便の荷物軽量
  • 釣った魚の計量
  • 自転車の計量

飛行機旅行とはとんと縁が無いのですが,なんとなく,「釣った魚の重さ」を量ってニヤニヤしている人は,とても親近感が沸いてきます(^^)

そんな,自転車バカ,釣りバカ用にたくさん売られている「デジタルはかり」が,30分ほどいろいろ調べてみた結果,以下の機種にしてみました。

項目 仕様 備考
製品名 Electronic Luggage Scale
(WH-A09)
製品名,これでいいのか不明・・・。
メーカー WeiHeng 社名かどうか不明・・・。
計測範囲 0~50kg 自転車用には十分
計測目盛り 10g
単位切替 g / kg / lb / oz
サイズ W80×D12×H2 cm 「吊り輪」サイズです
電源 単4×2本  
お値段 1100円(送料込み) 今見たら820円だった・・・
パッケージと本体。どれが製品名で,どれが社名なんだろ・・・?

パッケージと本体。どれが製品名で,どれが社名なんだろ・・・?

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

そう書かれると,不安になってくる(笑) 新品・・・。

そう書かれると,不安になってくる(笑) 新品・・・。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

パッケージに書かれている製品名も社名も怪しいのですが(笑),Amazonでは

ベルト式 吊り下げデジタルスケール☆電子はかり計量器【10g~50kg】

という名前で販売されています。

正直言って,どれがいいんだかちっとも分からなかったのですが,心の金銭琴線に響いたのは,こんな点です。

  • お安い(本体1100円 & 送料無料)
  • 10g単位で計測できる(100g単位の機種も多い)
  • ベルトで荷を釣るので自転車に傷をつけない(重要。金属フックの機種もある)
  • 本体が頑丈そう(計測上限に達する前に本体が破損する機種もある)
  • 見た目(いかにも「測るぜ!」というデザイン,笑)

まぁ,お値段も1000円なので,お試しということで(^^)

使用感・計測結果

使い方は猛烈に簡単。

スイッチを入れて荷物をぶら下げると,計測が始まります。

計測はすごく簡単。電源を入れたら,こういう風に吊るだけ(^^)

計測はすごく簡単。電源を入れたら,こういう風に吊るだけ(^^)

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

荷物(や腕)が揺れて数値が安定するまでは数字がグルグル動きますが,ある程度安定すると,「ピー」という(デカイ)音がして数値がホールドされます。

まぁ,普通の体重計と全く同じです。

何らかのガワに入れて計測する際には,最初にガワだけ計測して,その分を差し引くこともできます。

荷物は,こういうベルトでぶら下げるので,傷をつけません。

荷物は,こういうベルトでぶら下げるので,傷をつけません。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

ボタンはこれだけ。電源ボタンと単位変更ボタンだけです。

ボタンはこれだけ。電源ボタンと単位変更ボタンだけです。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

また,あんまりアテにはしていませんが「計測精度」については,タニタの体重計・キッチンスケールで比較してみました。

品目 デジタルはかり たぶん正しい重さ 使用はかり 誤差
コーラ
(500ml)
580g 550g キッチンはかり -5.5%
ミシン 8030g 8.1kg 体重計 -0.9%
595号
(山岳仕様)
6910g 7.0kg 体重計 -1.2%

どうでしょう?

軽いものを計るときはアヤシイ(5.5%ってデカイですよね)ですが,ある程度の重量物を計る場合には,なかなかの精度ではないでしょうか?

そのほか,使ってみてのトータルな感想は以下の通りです。

気に入った点

  • 気が向いたら,いつでもひょいっと測れる簡単さ
  • ベルトなので対象物に傷をつけない
  • 0gから測れて,最小単位も10gと必要十分
  • 計測精度は十分ありそう(たぶん)
  • 液晶画面がバックライト付き

イマイチな点

  • 電源ON,ホールド時の電子音がデカイ(スピーカー穴をテープで塞ぎました)
  • 電池カバーが固い(個体によっては緩すぎるらしい)

というわけで,総じて満足しており,家中の色んなものを無駄に計測しているところです。

ブレーキレバーの「引き」の重さ計測中。

ブレーキレバーの「引き」の重さ計測中。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

それにしても,この手の「ちょっとした計測器」はデジタル化のせいなのか,グローバル化のせいなのか分かりませんが,とても手ごろなお値段で買えるようになりましたね。

過去にも,デジタル空気圧計デジタルノギスなんかもお安く購入しました。

特に,後者のデジタルノギスは作りも立派で,自転車作業に限らず,家庭内のいろんな場面で,おいら以外の子供たちもよく利用しています。

デジタルノギスは本当に便利です。一家に一本(?)

デジタルノギスは本当に便利です。一家に一本(?)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

話を「デジタルはかり」に戻すと,今まで,苦労して体重計やキッチンスケールで色んなものを測ってきましたが,ほんと,「もっと早く買えばよかったなぁ・・・」と思っています。

特に,「バカ重かったリアブレーキの引き」が,一体何kgfだったのか,タイムマシンで戻って計測したいくらいです。

来年のフルメンテ直前が今から楽しみです(^^)

おしまい。

【2016.7.28追記】
同梱の電池が液漏れしてしまいました(こちらの記事を参照)。同梱電池の品質がアヤシイので,購入したら,電池だけは信頼性の高い製品に取り換えたほうがよさそうです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



さらにお安くなって820円(!)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です