ZWIFT内の仮想パワー、zPowerの精度を調べてみる(前編)

16%勾配の激坂を218Wで登っているところ。キツイ・・・!

16%勾配の激坂を218Wで登っているところ。キツイ・・・!

ZWIFT内の仮想パワー「zPower」と、リアルなパワーメーター(ペダモニ)の比較をしてみました。

ペダモニの数値を正として、スピード・ケイデンスから仮想的に計算するzPowerがどこまで正しい値を出してくるのか、あんまり期待はしていなかったのですが、どんな結果になったのでしょうか・・・?



zPowerとは?

ZWIFTでは、ライダーが漕いだ「パワー」をもとにすべてが回っています。

パワートレーニング用のワークアウトはもちろんですし、ZWIFT内のアバターが走るスピードも、パワーをもとに勾配やドラフティング、体重などを加味して計算されています。

パワーメーターがある場合はその値を使うのが一番ですが、無い場合には、スピード、ケイデンス、ローラー台の負荷特性(仮想パワーカーブ、VPC)をもとにZWIFT内で計算する「zPower」という数値で代用することができます。

zPowerはZWIFT内では、パワーメーター計測のパワーと基本的に同等の扱いですので、アバターの速度は以下のように求まります(たぶん)

  1. スピード・ケイデンスをANT+(またはBLE)でZWIFTに伝送
  2. スピード・ケイデンス・ローラー負荷特性から、zPowerを算出
  3. zPowerに、勾配・ドラフティング・体重を加味して速度を算出

愛用しているEliteのローラー台、「Super Crono Fluid ElastGel Digital Trainer」も仮想的にパワーを計算し、コンソールに表示してくれる機能があります、以前、こちらの記事で紹介した通り、パワーメーターで測った値とはかなり乖離がありました。

ペダリングモニター登場!(数回,使ってみたよ編)

前回は,ペダリングモニターを,とりあえず購入して取り付けたまでのお話を紹介しました。

その記事でも書きましたが,ここのところの天候不良(台風・秋雨)と体調不良(肉離れ・爪割れ)によって,9月はまだ2回しか屋外走行していないという状況です。

このまま実走行での使用をレポートしようとすると年を越えてしまいそうなので,とりあえず,インドアで回してみて分かったこと・感じたことを紹介してみます~。

Eliteのパワー計算ではローラーの回転数(≒速度)しか使っていないため、例えば、ある瞬間に30km/hでローラーが回っていたとしても、加速中だったら600Wかもしれないですし、定速運行中で200Wかもしれませんし、極端な話、減速中で0Wかもしれません。

Elite社の説明。速度だけでパワーを決めているので、やっぱり無理があるような・・・?

Elite社の説明。速度だけでパワーを決めているので、やっぱり無理があるような・・・?

加速・定速・減速状態を区別できないため、インターバルトレーニングのように加減速が激しい場合には、より誤差が大きくなっていました。

さて、zPowerはどんなもんなのでしょうか・・・?

zPowerはどれくらい正確なのか?

zPowerとパワーメーターの計測値を比較しようとしたのですが、意外と手間がかかりました(もっといい方法あるのかな・・・?)

  1. ZWIFTとGARMIN connectを連携設定しておく
  2. ZWIFTにはスピード・ケイデンスの計測値だけを伝送する
  3. ペダモニの計測値はfenix 5sで記録する
  4. トレーニング終了後、2つの走行ログができる(ZWIFT経由、fenix 5s計測)
  5. それぞれのデータをPCにTCX形式でエクスポートする
  6. 「tcx2csv」ツールでCSV化する
  7. エクセルで2つのデータを重ねたグラフにする

出来上がったCSVデータをもとにグラフを描いてみると、こんな感じになりました。

比較結果。zPower(青線)の方が常に高めに出ています。

比較結果。zPower(青線)の方が常に高めに出ています。

う~む、大体の形は合っているのですが、zPowerの方が少し大きめに出ていますよね。

そこで、zPowerの方を適当に20%減(0.8倍)してみると、両者のグラフはほぼ一致しました。

zPowerの方を20%小さくしてみた結果。だいたい一致している感じ。

zPowerの方を20%小さくしてみた結果。だいたい一致している感じ。

0:16や0:36あたりを見ると、zPowerの方が変化が遅れてきていますが、踏んだ瞬間に検知するパワーメーターと、力が伝わって速度が変化するまで時間がかかるzPowerの差かと思われます。

また、全体的にzPowerの方が大きめに出ていたかですが、必要な設定を全くしていなかったからではないかと思われます・・・。

よく調べると、ZWIFTではzPowerを使用する際の注意事項がいろいろと書かれています。

  • ZWIFTが公式に推奨するローラー台を使う(負荷特性カーブがある)
  • タイヤの空気圧は100psiにする
  • タイヤは700×23cにする

今回は単身赴任先だったので、Eliteのローラー台でしたが、こいつはZWIFTが公式に推奨していないタイプ

なんとなく、近い名前の機種を選んでみましたが、別物です・・・

なんとなく、近い名前の機種を選んでみましたが、別物です・・・

自宅のGROWTAC GT-Roller FLEX3の方は、ZWIFTから公式に推奨されていて、使用時には負荷設定を「3」にするように指示されています。

GT-Roller FLEX3は公式推奨ローラー台です。使用時の負荷設定まで指定されています。

GT-Roller FLEX3は公式推奨ローラー台です。使用時の負荷設定まで指定されています。

今週は自宅(GT-Roller FLEX3)でのZWIFTはできなかったのですが、来週には、自宅でGT-Roller FLEX3を用い、そのほかの条件もちゃんと設定して試し直してみたいと思います。

つづく(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:M Itoh 投稿日:2018/03/06(火) 11:43:47 ID:65ba8dfb5 返信

    zPowerの記事、ありがとうございます!
    体重45kg(女)なので、パワメ自体が坂で重しになりそうで装着してないです。
    「zPowerを使用する際の注意事項」を守ったら、今の20%減の値でなく、パワーメーターの値と合致するのか、とても知りたいです。

    • 名前:Shiro 投稿日:2018/03/07(水) 00:35:45 ID:57d730585 返信

      初めまして。コメントありがとうございます!

      45! う、羨ましいぃ!
      3ヵ月頑張って、64kgから61kgまで減らしてきましたが、これ以上は厳しい気がしています(175cmですし・・・)

      確かに、体重の軽い女性の場合、いろんなギアの重さが占める割合も大きいのかもしれませんね。
      同じバイクの重量でも、体重90kgの人と比べたら2倍もありますものね。
      ただ、ペダモニは片側だけで十分役に立つ(ペース維持)ので、もしヒルクライマーならおススメですよ(^^)

      zPower vs パワメの比較は、自宅の方でFLEX3を試すまで時間がかかりますが、しばしお待ちください~

  2. 名前:FLEX3&片パイユーザ 投稿日:2018/03/05(月) 18:00:47 ID:e4a2dbdde 返信

    公式では3クリック目となっていますが、それだと軽くて200watを超えてくると乖離が大きくなり、250w近辺だと4クリック目くらいがまあまあ近いようでした。
    shiroさんの検証結果を楽しみに待ちます。

    • 名前:Shiro 投稿日:2018/03/05(月) 20:57:06 ID:8019e3e7c 返信

      初めまして~。コメントありがとうございます!!

      公式の3だと足りず、4が妥当な感じなのですね。
      ほとんどのワークアウトが200W前後(貧脚なのです・・・)なので試しずらいのですが、頑張って250Wくらいで試してみます。

      体重のかけ方や、チェーンの錆び度合い(?)でも変わってくるでしょうから、うまくいくといいのですが(^^)

  3. 名前:slush 投稿日:2018/03/05(月) 09:03:59 ID:a65131182 返信

    shiro さん

    Zpowerの記事!!
    まってました~
    推奨ローラーのFLEX 3 ぜひぜひ お願いいたします!!
    どうなるかな???楽しみです!!

    • 名前:Shiro 投稿日:2018/03/05(月) 20:54:51 ID:8019e3e7c 返信

      すいません、大変お待たせしてしまいました。

      毎晩、もくもくとZWIFT内のワークアウトに没頭してしまい、終わったころに、「あ、今日も比較やってないや」と気が付く日々でした・・・。

      FLEX3は自宅なので週末しかできないのですが、今週末には試してみたいと思います!

  4. 名前:sramred 投稿日:2018/03/05(月) 07:24:49 ID:cd38ff3de 返信

    定数倍するだけでチャートが一致するのはかなり良い状況に見えますね。
    後編期待!

    • 名前:Shiro 投稿日:2018/03/05(月) 20:53:03 ID:8019e3e7c 返信

      初期値さえ合わせてやれば、大体の変化傾向は同じようなので、行けそうですよね。

      問題は、パワーメーターがない状態で、ちゃんと初期状態を合わせられるかどうか、FLEX3でお試しです。

      来週かなぁ・・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です