ZWIFT始めました! (2.ANT+ドングル用意編)

こんなちっこい端末で、バラ色のZWIFT人生が始まります!(^^)

こんなちっこい端末で、バラ色のZWIFT人生が始まります!(^^)

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

前回は、ZWIFTで必須なパワーソースについて、1組のペダリングモニタを左右に分けて、2台のバイクで使うことを紹介しました。

そのパワーメーターで計測したパワー値は、ZWIFTが稼働しているパソコンに伝えてあげる必要があります。

そこで、ZWIFT入門シリーズの2回目は、パソコン用ANT+受信機を紹介します。

NICEPOINT

  • パワー、ケイデンス、心拍などのデータをパソコンに送る必要がある
  • 多くのセンサはANT+(またはBluetooth)なので、ANT+ドングルを購入
  • 難しいことは無いけど、到達距離が短いので気を付けましょう!


パソコン用ANT+受信機の用意

ペダリングモニターは前回紹介の通り、シングル・デュアルパワーモードでは、ANT+通信によってパワー値(とケイデンス)を送出することができます。

ところが、ANT+は主にアウトドアデバイス用の通信規格ですので、普通のパソコンはそのままではANT+に対応していません。(手持ちのXPERIA Z4はデフォルトで対応しています。驚)

そこで、普通のパソコンでもANT+通信ができるようにするデバイスをインストールしてあげる必要があります。

このデバイスのことを「ANT+ドングル」と言い、様々なメーカーから販売されていますが、今回は、本家GARMIN社のドングルを購入してみました。

サイズも小さいし、中身もスカスカ。大丈夫なのか・・・?

サイズも小さいし、中身もスカスカ。大丈夫なのか・・・?

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

見ての通り、びっくりするくらい小さなドングルで、本当に中身が入っているのか怪しいくらいです。

GARMIN社製ANT+ドングルの使い方

使い方はウルトラ簡単。

ZWIFTをプレイする予定のPCはいずれもWindows10(Surface PRO4、GPD Pocket、TransBook T90chi)ですが、どの機種も、ドングルを差し込むと自動的にドライバのインストールが始まって、勝手に終了していました。

デバイスのインストールが完了しても何も起きないのですが、ZWIFTのアプリを起動すると、ちゃんと、ANT+デバイス(我が家だと、ペダモニ、ペダモニサイコン、fenix 5s、スピード、ケイデンスセンサーなど)を検出してくれます(^^)

差し込んでZWIFTを起動したら、もう心拍が出てた。ペダルを回せば、パワー・ケイデンスも出てきました(^^)

差し込んでZWIFTを起動したら、もう心拍が出てた。ペダルを回せば、パワー・ケイデンスも出てきました(^^)

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

これにより、単身赴任先・自宅のそれぞれに、この小さなドングルを持っていくことでZWIFTができるようになりました。

それぞれの接続方法・データの流れは以下の通りです。

自宅(LOOK595号・ペダモニ=ペダリングモニターモード)

右クランクのペダモニは「ペダリングモニターモード」になっているので、パワー・ケイデンス値はいったん、専用サイコン(SGX-CA500)で受信し、SGX-CA500の転送機能を使って、ANT+ドングルに送っています。

心拍データは腕時計のfenix 5sから、これもANT+で送信され、この3要素(パワー・ケイデンス・心拍)ででZWIFTをプレイしています。

自宅での接続方法。ペダモニのデータは、いったんサイコンで受けてから、PCへ転送しています。

自宅での接続方法。ペダモニのデータは、いったんサイコンで受けてから、PCへ転送しています。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

また、バイクに載せているスピードセンサの情報はZWIFTには不要ですが、せっかくなので、fenix 5sに送ってあげています。

単身赴任先(LGS RHC号・ペダモニ=シングルパワーメーターモード)

左クランクに付けたペダモニは「シングルパワーメーターモード」にしてあるので、パワーとケイデンス値はANT+で送信されます。

なので、そのままANT+ドングルで受信できます。

また、心拍データは自宅と同様、fenix 5sです。

単身赴任先はもっと簡単。ペダモニのデータは、そのままANT+ドングルに送られています。

単身赴任先はもっと簡単。ペダモニのデータは、そのままANT+ドングルに送られています。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

また、バイクにもともと載せていたスピード・ケイデンスセンサの情報は、自宅と同じようにオマケでfenix 5sに渡しています。

まとめと注意点

最初はどうやったらいいのか、全く分からなかった、ZWIFT用データの送受信ですが、ANT+ドングルさえ用意すれば簡単なものでした。

実際にZWIFTをやる際には、パソコン画面ではなく外付けの大き目のディスプレイ(24インチ)で表示し、さらに、GPD Pocketに撮りためたTV番組を液晶TVに繋いで表示させています。

2画面でZWIFTと録画TV番組の両方を見るという、ぜいたくさです(か?)

ただひとつ、注意事項があります。

外付けディスプレイでZWIFTをやる場合、パソコン本体は自転車からはちょっと離れた場所になります。

ANT+はそんなに遠くまで通信することを想定していないのか、パソコンの位置が遠いとデータ落ちが激しくなりました。

その対策として、USBの延長ケーブルを用意して、バイクの真横あたりまでもっていったところ、データ落ちはほとんど起きなくなりました。

初めてFTPテストをやったときのパワーデータ。いくら何でも、欠落しすぎです(>_<)

初めてFTPテストをやったときのパワーデータ。いくら何でも、欠落しすぎです(>_<)

配置を変えてからやった、SSTトレーニング。データ落ち無しです!(5分ごろのゼロは、扇風機の角度替えに降りています。笑)

配置を変えてからやった、SSTトレーニング。データ落ち無しです!(5分ごろのゼロは、扇風機の角度替えに降りています。笑)

たまたま家に転がっていた、5mという冗談のように長いUSB延長ケーブルでしたが、リピータ付きということもあり、全く問題なしです。

あらためて、ZWIFTの公式ページをみると、ちゃんと、ANT+ドングルがバイクの下に配置してありました(!)

なんと、お姉さんのすぐ横に、こっそりとANT+ドングルが転がっている!!

なんと、お姉さんのすぐ横に、こっそりとANT+ドングルが転がっている!!

な~んだ、だったら最初から言ってよ~(^^」という感じですが、ちゃんと説明を読まずに始めた自分が悪いのです(笑)

というわけで、ANT+ドングルは、なるべくバイクの近くに置いた方が良さそうです。

次回は、いよいよ登場、新型ローラー台の紹介予定です!(^^)

世界最小級のGPD Pocketでもちゃんと動きます(ANT+ドングルが大きく見える・・・)

世界最小級のGPD Pocketでもちゃんと動きます(ANT+ドングルが大きく見える・・・)

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



これ一つで、バラ色のZWIFT生活が!(^^)


べらぼうに長い(5m)し、リピータ付きだから安定してるし、お安い。

コメント

  1. 名前:Nogu 投稿日:2017/11/14(火) 07:45:14 ID:0dc4d833f 返信

    いよいよ具体的な準備の紹介になって来ましたね。
    私も導入したいです。
    バイクを固定ローラーにセットするのが最大の悩みです。

    • 名前:Shiro 投稿日:2017/11/15(水) 00:37:50 ID:cf0011e64 返信

      Noguさんも、ぜひぜひ始めましょう!
      グループライドも出来ますよ!(やり方分からないけど・・・)

      ローラー台は悩みどころですよねぇ。
      1か月以上、悩みに悩み続けて、結局GT-ROLLER FLEX3になりました。

      負荷付き3本もよかったのですが、デカイしうるさいので、FLEX3に。
      半固定状態なので、ものすごくいい感じ。
      これで、もう少しお安ければなぁ・・・。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です