PARKTOOLのバルブコアツール,VC-1C

PARKTOOLの新兵器。さて,何をする工具?(^^)

PARKTOOLの新兵器。さて,何をする工具?(^^)

Nikon D90 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

先日,Eliteのアリオン(3本ローラー)を購入したついでに,ちょっとした小物を買い物カゴに入れていました。

「PARKTOOL」と書いてあるので,「工具」であることは分かると思いますが,一体,何に使う工具でしょうか?

答えは言えませんが,この写真だけで分かったなら,きっと,かなりのバルブコアツールマニアです(答えじゃん・・・,笑)




TUFOのバルブコアツールが使えないなんて!

ほんのちょっとした工具でも,あると無いとでは作業効率が激変することがありますが,バルブコアツールはまさにそんな工具の代表的なものです。

一応,ラジオペンチがあれば,バルブコア(仏式バルブの先っぽの弁の部分)を外すことは可能ですが,バルブコアツールがあれば作業効率は軽く10倍くらい上がります。

普通,バルブコアは一部が平らになっていて,そこの部分を挟んで回せばいいのですが,ペンチでやろうとすると,スポークが邪魔するので半回転するたびに掴みなおすことになり,非常に面倒です。また,遠出のときには,普通のロード乗りは「ペンチ」類を持っていきたくない思います。

そこで登場するのが「バルブコアツール」。

こんな風に,バルブの先っぽ(バルブコア)にくっつけて,回すだけです。

こんな風に,バルブの先っぽ(バルブコア)にくっつけて,回すだけです。

Nikon D90 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

今まで使っていたのはTUFOのバルブコアツールで,写真のとおり,樹脂製のびっくりするくらい簡単な工具で,価格もわずか70円(わざわざ英国から来ましたが・・・)というものでした。

こんな簡単な工具(といって言いかどうかさえ微妙なくらいシンプル)だけで,簡単にバルブコアの着脱ができるようになります。重量だって,数グラムですからツーリングに持っていっても苦になりません。

というわけで,全幅の信頼を置いていたTUFOのバルブコアツールですが,Veloflex Recordチューブラーがモデルチェンジした後には使えなくなってしまいました。

バルブの突き出し量が少なすぎて,TUFOでは歯が立ちません。

バルブの突き出し量が少なすぎて,TUFOでは歯が立ちません。

Nikon D90 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

こちらにも書いたのですが,Recordチューブラータイヤは微妙にモデルチェンジをしていて,バルブ長が以前のモデルより少し短くなっています(他にもトレッド面が微妙に変わりました)。

そのため,おいらの決戦ホイールReynolds MV32T UL(リム高32mm)に装着すると,バルブの突き出し量が少なすぎてTUFOバルブコアツールが使えないという状況になってしまいました。

パンク防止のシーラント剤(NoTubes)は,筒抜けタイプのバルブエクステンダーを継ぎ足すことで注入することができたのですが,やっぱり,いざという時にバルブコアが外せないのは不便です。

ん~,なんとからんもんかしらん・・・?

PARKTOOLのバルブコアツール,VC-1C

以前,バルブコアが外せなくて困っていたときに,EXEさんから教えてもらったのが,PARKTOOLのバルブコアツール,VC-1Cです。

TUFOのバルブコアツールが平たいの対して,PARKTOOLの方は写真のとおり,ドライバーのようにとがった形状をしています。

目的は同じ,「バルブコアを回す」なのに,こうも異なる形状。

目的は同じ,「バルブコアを回す」なのに,こうも異なる形状。

Nikon D90 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

バルブコアの平らな辺をキャッチして回します。

バルブコアの平らな辺をキャッチして回します。

Nikon D90 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

我が家のMV32T ULのように,バルブコアがリム内に隠れてしまっているような状態でも,VC-1Cなら,とがった先っぽを差し込むことで,ガッチリとバルブコアをキャッチして回すことができるのです。

ただ,MV32T ULの場合,バルブホールが小さめだったため,VC-1Cの本当に先っぽしか入らず,あんまり「ガッチリとキャッチ」という感じではありませんでいたが・・・。

バルブホールが小さいので,ガッチリとキャッチはできませんでした。

バルブホールが小さいので,ガッチリとキャッチはできませんでした。

Nikon D90 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

ちょい苦労しましたが,無事に取り外すことができました(^^)

ちょい苦労しましたが,無事に取り外すことができました(^^)

Nikon D90 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

・・・,以上です。

これ以上,このネタで引っ張ることはできないのでおしまいです(笑)

TUFOのような,超シンプル・軽量なツールではありませんが,困ったときには助けてくれる万能ツールです。

これと,シンクロバルブエクステンダーがあれば,どんなに短いバルブでもとりあえず運用することができます。

ただ,ホイールのバルブホールのサイズは確認しておいたほうが良いと思います。MV32T ULのバルブホールは実測で直径5.84mmと,比較的大きいほうですが,奥まで差し込むことはできませんでした。

お値段が軽く20倍以上するところは課題ですが(っていうか,TUFOが安すぎか? TUFO=50円,VC-1=1500円),TUFOが樹脂製で比較的簡単になめて壊してしまうところ,VC-1Cはアルミ製で頑丈な作りです。

頻繁にバルブコアをいじる人(いるかな・・・?)は,一つ持っていても損にはならないでしょう。

それでは,ほんとにおしまいです~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2012/08/21(火) 22:25:41 ID:97aeb8f2d 返信

    >_toshiさん

    こんばんは~

    そうですね,自分で書いていても「書きづらいな・・・」と
    感じているくらいですから(笑)

    あまりに,ニッチすぎますよね。
    おいらも,MV32Tでチューブラーを使うようになるまで,
    バルブコアとかエクステンダーなんて全く興味なかったですもん。

    本当は,チューブラーももっと需要が増えれば,
    バルブ長のバリエーションが増えてもよさそうなもんなんですが・・・。

    次回は,大人気連載(?)の3本ローラー記事です(^^)

    お盆も終わり,徐々に疲れた感じのサラリーマンが電車に増えてきました。
    みんな,会社に行って休まないと(笑)

  2. 名前:_toshi 投稿日:2012/08/20(月) 21:17:28 ID:9c3998b87 返信

    Shiroさん:

    からみにくい記事ですな~

    私も今はチューブラーを使っていませんので、最近の物にはとんと疎いです。

    昨日は夏休みの最終日で、飼い犬がいつもより早い5:30に起こしてくれたのでひとっ走り出来ました。

    地元の五日市街道からR16へ向かったのですが、横田基地にて年に一度のカーニバルが開催されていたため大渋滞でした。

    何とかそこを通りぬけ、その後は気持ち良く走れました。

    ひと回りしてきて、帰りは渋滞が解消されているだろう所まで裏道を使い、スムーズに家路につきました。

    あー、10日ぶりの会社は涼しくて天国だった・・・・・(往復は疲れたけど)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です