『ツール・ド・フランスの百年史』

演出上(笑),モノクロで撮ってしまっていますが,実際はカラーです。写真はエディ・メルクス。

演出上(笑),モノクロで撮ってしまっていますが,実際はカラーです。
写真はエディ・メルクス。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

我が家では残念ながらTDF(ツールドフランス)をリアルタイムで観戦できる環境ではないのですが,TDFに関する本だけは何冊か持っています。

これは,我が家の財政状況による制約のせいでありますが,おいらが「最新ネタ」よりも「歴史ネタ」が好きなことにも起因しています。

そんな,TDF歴史フェチとして是非読んでおきたかった本書ですが,ある日,心優しきAmazonさまが我が家にプレゼントしてくれました(その後,なぜか4000円口座引落がありましたが・・・笑)。




『ツール・ド・フランスの百年史』

今回,購入したのはの『ツール・ド・フランスの百年史』という本です。

自転車好きの方なら,数ヶ月前から書店で1~2冊は置いてあるのを見たことがあるのではないでしょうか。

そう,あの,座布団のように大きな,黄色い本です。

普通の単行本が文庫本に見えてしまうくらい,巨大な黄色座布団。

普通の単行本が文庫本に見えてしまうくらい,巨大な黄色座布団。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

頑丈なブックケースに収められている上,ビニールでカバーまでされてしまっているので,立ち読みをすることができず,「いったい,どんな本なんだ?」と怪しんでいた,あの黄色い本です。

「ツール・ド・フランスの百年史」は,名前の通り,ほぼ100年前に始まったツールドフランスの歴史を紹介した本です。特徴的なのは,なんといっても,当時の参加証やコース地図,絵はがきなどの精巧なレプリカが大量に付いてきていることです。

あまりにもレプリカがたくさん入っているため,本全体がふくらんでいます(^^)

あまりにもレプリカがたくさん入っているため,本全体がふくらんでいます(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

レプリカはけっこう凝っていて,ちゃんと当時のものっぽく見えるように,汚れていたり,印刷が不鮮明になっていたり,紙質をあわせていたり,手が込んでいます。

レプリカは全部で40点ほどあり,本のいたる所に付いているポケットに収納されています。

1900年頃の参加者向けルールブック。最近のルールブックも付いています(^^)

1900年頃の参加者向けルールブック。最近のルールブックも付いています(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

このおまけレプリカのせいで,書店ではビニールにくるまれて中身が見られなくなってしまっています(開くとすぐにレプリカが落ちてきます)。

読んでみての感想

書かれているテキストの方は,ツールの黎明期から,イエロージャージの登場,ルートへのアルプス越え追加,チームプレー,自転車の進化,各年代におけるヒーローの紹介など,ほとんど漏れなく100年の歴史を楽しめるものです。

ただ,本のサイズの割にはテキスト量が少な目(写真が多い)なので,若干,説明不足なところは多々あります。

ほかのTDF歴史本を読んでいれば分かるのですが,そうでない場合には,理解しにくい箇所が散見されます。

たとえば,p.16では「クリストフの悲劇」が記載されています。ピレネー(ツルマレ峠)の下りでフォークを損傷したクリストフが,麓の鍛冶屋で2時間もかけて修理したのですが,鍛冶屋の息子が「ふいご」で吹いて手伝ったことで,ゴール後に3分のペナルティをくらう,という事件です。

説明はちょいと足りないけど,絵が豊富なのでその分,楽しかったりもします(^^)

説明はちょいと足りないけど,絵が豊富なのでその分,楽しかったりもします(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

しかし,「なぜ,鍛冶屋の子供がふいごを吹いただけでペナルティ」なのかは知らない人には分からないと思います。

この辺は,『本ブログ内の紹介記事へツール100話』には非常に細かく書かれています。
(異常なまでに「一人で走り抜くこと」にこだわったレースディレクターのデグランジュが,自転車を修理する際にも一切の手助けを認めなかったためです。パンクしたタイヤを外せなくて,タイヤに歯でかじりつくのも当たり前だったそうな・・・)。

一方で,写真やイラストがたくさん登場してきて,数多いレプリカもあわせると,当時の雰囲気というのが非常によくわかります。

1953年のルートマップ。ルイゾンボベが走っていたコースだ(!)

1953年のルートマップ。ルイゾンボベが走っていたコースだ(!)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

新聞記者がレースの興奮を伝えるために書いたメモ。

新聞記者がレースの興奮を伝えるために書いたメモ。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

後半はカラー写真も増えてきます。これは,グレッグレモンの活躍を描いた章。

後半はカラー写真も増えてきます。これは,グレッグレモンの活躍を描いた章。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

事前に,『ツール100話』のような本を読んでから,本書に取りかかると,「お~,こういう感じだったんだ」と感動できることかと思います。

高い,でかい,風呂で読めない(レプリカが脱落する)など,取っつきにくい本書ですが,TDF歴史好きならば買って損はないでしょう。

なんと言っても,豊富なレプリカ達が魅力。家にTDF資料館ができた気がします(^^)

(参考)おまけのレプリカ一覧

レプリカは全部紙でできていますが,それぞれのブツに合わせて,薄っぺらい紙から分厚い絵はがきまで,いろいろと使い分けられる工夫がされています。

100周年記念切手(のレプリカ)!! すご~い!(^^)

100周年記念切手(のレプリカ)!! すご~い!(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

また,わざわざ「汚れ」や「印刷不良」などを再現しているため,なかなかいい感じに仕上がっています。歴史好きにはうれしい限りです(^^)

タカラモノ
1903 ツール第4ステージで撮影された写真(3枚)
1900 メディア公認証(ツール以外)
1921 メディア公認証(ツール以外)
1900頃 Elims Pierre社の自転車宣伝用絵はがき
1910 ルールブック
1910 ツール第9ステージに居た新聞記者の観戦メモ
1925 完走証
1981 絵はがき
1932 アンドレ・ルデュックの勝利を歌った楽譜
不明 ファウスト・コッピの漫画
1947 ツールのために調達した物資の費用請求書
1955 ライダー誓約書
1959 ペヨスの漫画
1960 絵はがき(藤田嗣治画)
1959 絵はがき(ヴァン・ドンゲン画)
1959 公式絵はがき(サルバドール・ダリ画)
1958 公式ポストカード(デュフィが描いたアンクティル)
1961 公式ポストカード(トレモアが描いたアンクティル)
1964 ライダーのサイン入り絵はがき
1965 ライダーのサイン入り絵はがき
1953 ルートマップ
1985 ツール50周年晩餐会のメニュー
1930 キャラバン隊で配られた「お面」
不明 キャラバン隊で配られた紙の帽子
2003 公式ポスター
2003 100周年記念切手シート!!
2007 公式ポスター
2008 公式ポスター
2009 ルートマップ
2010 ルートマップ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



我が家をTDF博物館に!(^^)

コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2010/10/03(日) 21:46:00 ID:c058c0b94 返信

    >keteruさん

    シーラントですかぁ,面倒くさいですねぇ。

    平地巡航ならいいのですが,ヒルクライム好きのおいらとしては,
    タイヤ重量は軽い方が助かるのですが・・・。

    今のところ,エア抜けは大丈夫そうですが,
    ちょっと不安ですなぁ。
    やっぱ,次はPRO3かな(せっかくの2Wayなんだけど)

  2. 名前:keteru 投稿日:2010/10/03(日) 00:09:32 ID:7121c01af 返信

     さて、空気抜けの件ですが。
     2時少し前に、パナレーサーアナログ空気圧計で8気圧入れてショップへと向かいました。 ショップで店主さんと話したりして『穴開きになっているのは、間違いなさそうだ』となりました、ただ、”抜け方がゆっくりなので、それ程大きな穴ではない”ということになりました。
     まあ、確認しようにも、チューブレスの場合ホイールごと水に漬ける、とか、石鹸水を満遍なく吹き付けるとか、かなり大事になってしまいます。
     行きつけのショップに無かったので、シーラントを探して2件ほど回ったのですが、無い!
     通販しかないですね。
     という訳で、ちょいと不安を抱えつつ乗ることになりました。
     Shiroさんも、シーラント考えた方がいいかもしれませんよ、またタイヤ外さなきゃですけど。

  3. 名前:Shiro 投稿日:2010/10/03(日) 00:00:32 ID:c058c0b94 返信

    >keteruさん

    J-Sportsを見られるようにするかどうか,悩ましいです。
    やっぱり,スカパー入っちゃおうかな~。7月だけ(笑)

    ドロンジョーヌの本は面白いですよね。

    「リサイクル」の店を見かけるたびに反応してしまう,おいら。
    そんなに自転車屋さんってないですって(笑)

    それから,タイヤの方は今のところエア圧は大丈夫です。
    0.3気圧/日 くらいのペースで減っています。
    ま,こんなもんかな?と思っています。

    この辺は個体差が大きいようですね。

  4. 名前:Shiro 投稿日:2010/10/02(土) 23:53:58 ID:571e0b410 返信

    >tacoさん

    やっぱり,気になりますよね,この本。

    ただ,版元は戦略を間違っている気がするなぁ。

    レプリカ無しのサンプル版や,
    数ページのサンプルなどを置いておかないと,
    いきなり4000円の本を中身を見ないで買う人はいないですよ。

    ここに居ますが・・・(^^;)

    レプリカだけでなく,文章も結構面白いですよ。
    足りない情報は,「ツール100話」で補えばバッチリです。

    実は「サクリファイス」も「エデン」も読んでないのです。
    自転車以外の小説が未読で山積み。
    そちらを片づけたら,着手しようかな?

  5. 名前:keteru 投稿日:2010/10/02(土) 08:52:44 ID:ac6bb361d 返信

     私のTDF歴は、3年かな? J-Sportでの中継で見てます。 その中で解説の今中さんや、栗村さんが話される内容分しか知りません・・・ま、それだって全部記憶できる訳無いんですしね、トイレに行って聞けなかった話だってあります(中継時間3時間とか4時間ですしね)・・・が、これはすごいですね。 レプリカだけ見たい気分・・・・ダメじゃん!
     最近買った自転車関係の本は・・・
    ・嗚呼 愛しき自転車乗り ドロンジョーヌ恩田
    読んでいくほどに『あるある!』っと (^^;
     「あるあるチェックリスト」というのが、なかなか良く出来てます。
    ・弱虫ペダル  渡辺航
     マンガ好きとしては押さえとかないと、結構人気があるらしいですよ。 主人公は高回転型クライマーです。 作者も自転車乗りだそうです。
    ・アオバ自転車店 宮尾岳
     これもマンガでは定番でしょうかね? ここ何巻か、舞台になっているショップのステッカーが付いてきてるんですけど、使っている人っているのかな?

     さて、山中湖一周(富士山じゃないです)にまた行こうかと準備していたんですが、自転車をチェックしたら後輪がフニャフニャ・・・・こんなに空気が抜けるのはおかしい・・・・一応空気は入ります、穴も見当たらない。 今の所保持しているようなんですが
    、やっぱ出てからトラブルのは本位じゃありませんから、午前中様子見で、午後ショップに行ってきます。
     シーランと買わなきゃですかね・・・・・・。

  6. 名前:taco 投稿日:2010/10/01(金) 06:08:13 ID:95456fb41 返信

    お〜っ!これすごく気になってました。さすがに中身を見ずにあの値段のものを買う勇気がなく、、、すごいおまけっぷりですね。それだけでもテンションあがっちゃいますね。20年くらい前にnhkかテレ朝だったか地上波でTDFを放送していて、グレッグレモンが大活躍していた頃に見ていた以来ぼくはツールをちゃんと見たことがないので、まずは去年のdvdでもとりよせて見るかなという感じです。(別府選手のシャンゼリゼをちゃんと見てみたい。)活字のほうは最近では近藤史恵さんの「エデン」を読みました。前回のサクリファイスもおもしろかったですが、TDFを舞台にした本書もなかなかの臨場感でおもしろかったです。読まれていなければ是非。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です