Shiro家3代目デジタル一眼,SONY NEX-5N(気に入っている点)

なんか,いつもこのサボテンを撮っているような・・・(笑)

なんか,いつもこのサボテンを撮っているような・・・(笑)

SONY NEX-5N + E18-55mm

Shiro家3代目デジタル一眼,SONY NEX-5N紹介の第2回目は,使用3ヶ月時点での気に入っている点の紹介です。

まぁ,喜び勇んで購入しているので,話は50%くらい差し引いて読むくらいの気持ちでお願いします(^^)




購入後3ヶ月の使い方

3ヶ月の撮影枚数は2,000枚ほどで,主にこんな用途で使ってきました。

  • ご近所ポタ(早朝,夕方)
  • ちょっと遠出(城ヶ島,吾妻山公園)
  • 家族お出かけ(TDS,こどもの国など)
  • 会社帰り夜景散歩(みなとみらい,中華街など)

旅行や本気の遠出ツーリング,運動会や学芸会などではまだ使っていないので,そこらへんは未知数です(AF性能がイマイチですので,たぶん運動会はダメだと思いますが・・・)

また,使用レンズは

  • SONY E16mm F2.8
  • SONY E18-55mm F3.5-5.6
  • SONY E30mm F3.5 MACRO
  • Nikkor 35mm F2D
  • SIGMA 50mm F2.8 MACRO

SONYは2本のキットレンズにマクロ1本,NikkorとSIGMAはマウントアダプター経由で強引に装着しています(もちろん,MF&開放測光)

以下,気に入っている順に紹介します。

【その1】高感度撮影がべらぼうに強い!

NEX-5NのISO感度設定は100~25600の範囲で設定でき,「ISO AUTO」の状態では100~3200の間で自動調整してくれます。

がんばれ,Exmor APS HD COMSセンサー!

がんばれ,Exmor APS HD COMSセンサー!

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

最近でこそ,フルサイズデジタル一眼レフ(Nikon D4やCanon 1Dとか)の登場で,ISOが10000以上も珍しくなくなりましたが,よく考えるとものすごいことです。

おいらがフィルムカメラ(CONTAX 167MT)にリバーサルフィルムを入れて撮っていたころは,ISO64が普通でした。ネガフィルムだって,普段はISO200,気軽なスナップ用でも400がいいところでした。

Shiro家初代デジタル一眼Nikon D70はISO800だとノイズが目立ち始めましたし,多くのコンデジはISO400がいいところでしょう。

それが,25600って・・・。

ISO100で1秒シャッター(絶対にブレる)の暗さのときでも,ISO25600ならば1/500秒になりますから,被写体ブレも含め,まずブレることの無いシャッター速度になります。

ノイズ量をどこまで我慢できるかという主観的なモノサシになってしまいますが,おいらの感覚ではISO3200まではノイズは気にならず,Nikon D90に比べて2段ほど高感度で撮ることができます(=シャッター速度は4倍,ということです)。

夜間撮影能力を試してみたくて,会社帰りに横浜・中華街やみなとみらい付近を歩くことがありますが,三脚無しでこんな風に写真が撮れることに,ただただ驚くばかりです。

夜8時に手持ち撮影。すごかですたい。

夜8時に手持ち撮影。すごかですたい。

SONY NEX-5N + E30mm,ISO=6400

Nikkor 35mmをマウントアダプターで装着。ボケがキレイです。

Nikkor 35mmをマウントアダプターで装着。ボケがキレイです(^^)

SONY NEX-5N + Nikkor 35mm F2D,ISO=3200

中華街で飲んだとき。ほぼ昼間のスナップ感覚。

中華街で飲んだとき。ほぼ昼間のスナップ感覚。

SONY NEX-5N + E16mm,ISO=3200

【その2】ちゃんとボケる

「ちゃんとボケる」とは,写真をやらない人が聞いたらすごく変な表現ですが,被写体の背景がきれいにボケることを指します(^^)

NEX-5Nは,Shiro家のほかのデジタル一眼レフ(Nikon D70,D90)と同じAPS-Cサイズの撮像素子なので,レンズが同じなら,同じボケが得られます。

下に,デジタル一眼レフ(D90),コンデジ(RICOH GX100,SONY DSC-TX10),スマホ(INFOBAR A01)との比較を並べてみました。写真サイズが小さいですが,背後の「伊豆シャボテン公園」の札で見比べるとボケの違いが分かるかと思います(^^)

NEX-5N + Nikkor 35mm F2D

NEX-5N + SIGMA 50mm MACRO F2.8

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

Nikon D90 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

RICOH GX100

SONY DSC-TX10

INFOBAR A01

NEX-5N + E30mm

コンデジやスマホとは背景のボケ量が全く違います。こんな小さなカメラで,大きなデジタル一眼レフと同じボケ写真が撮れるのは本当にうれしい限りです(^^)

※注

撮像素子のサイズは,超大雑把に言って,
35mmフルサイズ>>APS-C>フォーサーズ>>コンデジ
となっています。

フォーサーズ(PENやLUMIX)とAPS-Cの差はそんなに大きくなく,それらから大きく離れた天の上に(笑)フルサイズ様が居るそうです。いつかは欲しいのぅ・・・。

【その2】ちゃんと動画撮影できる!

今まで,運動会や旅行などのイベントでは,8年ほど前に買ったCanonのデジタルビデオ(DV),IXY DV2を使っていました。

とても使いやすいビデオで,当時としてはびっくりするくらい高画質だったのですが,今目線で見ると画像サイズは4:3のSD画質だし,コマ数も30iしかありません。

これに対し,NEX-5Nはフルハイビジョン,60pの動画撮影ができます。コンデジや去年までのNEX-5でも60iで記録できますが,センサー出力は30fpsなのでカクカク感は30iと同じ。5Nになってセンサー出力も60fpsになりました。

また,撮像素子がデカイおかげで暗い室内でもきれいに撮れますし,絞りを開放すれば背景はきれいにボケてくれます。

以下に,NEX-5NとIXY DV2,ついでに,「世界初のデジタル一眼動画」と騒がれたのNikon D90との比較を載せてみました。

項目 NEX-5N Nikon D90 Canon IXY DV2
記録サイズ 1920 x 1080 1280 x 720 720 x 480
フレームレート 60p / 60i / 24p 24p 30i
音声 ステレオ モノラル ステレオ
形式 AVCHD / MP4 AVI miniDV
撮影中のAF ×

実際に卒業式で1時間近く撮影をしてみたのですが,もう,DVでは2度と撮る気が起きないくらい,きれいに撮ることができました(^^)

まぁ,動画撮影中には写真を撮ることができないのが難点。もう一台買うか・・・?(笑)

【その3】そこそこ面白いピクチャーイフェクト

OLYMPUS PEN(元祖はE30)以来,多くのカメラにイフェクト系の機能が追加されましたが,NEX-5Nも例外ではなく,実に多くのイフェクトが装備されています。

NEX-5Nで使えるイフェクトは,下記の11種類。

  1. トイカメラ: 周辺が暗くなり,しょぼいオモチャカメラ的な写真
  2. ポップカラー: 限界まで彩度が高める
  3. ポスタリゼーション: ポップカラーのさらにうわて,原色のみ
  4. レトロフォト: セピア色の古ぼけた写真風
  5. ソフトハイキー: 淡く明るい,カメラ女子的写真
  6. パートカラー: 指定色以外はモノクロ化
  7. ハイコントラストモノクロ: 硬いトーンのモノクロ
  8. ソフトフォーカス: 霧で曇ったような写真
  9. 絵画調HDR: 油絵のような写真(3枚連写合成)
  10. リッチトーンモノクロ: 階調豊かなモノクロ(3枚連写合成)
  11. ミニチュア: 各社マスト(?)のジオラマ風写真

各フィルタにはオプション設定(強弱,色指定など)があって,非常に多くのイフェクト設定が出来ます。

こういう「特殊効果」は最初の数回は面白いものの,すぐに飽きてしまうものですが,最初の一週間でいろいろ試してみた結果,今でもよく使うのは,「トイカメラ」「リッチトーンモノクロ」の2種類です(「ソフトハイキー」もたまに使います)。

トイカメラ

トイカメライフェクトは,名前のとおりオモチャカメラを再現するため,周辺光量を落とし,シャープさをゆるゆるにして,さらに彩度も低下させます。

まぁ,より明るく,よりシャープに,より高彩度にと目指してきた現代カメラに真っ向から対抗する,先祖がえりの機能です(笑)

「そんな,へぼい写真どうするの?」と思うのですが,不思議なことに,撮ってみると不思議な味があります。

一般的には,公園のオブジェなど,街角スナップなどに適していると思うのですが,意外と風景でも使えます。

氷川丸。出来上がりは,撮ってみるまで分からない(笑)

氷川丸。出来上がりは,撮ってみるまで分からない(笑)

SONY NEX-5N + E18-55mm

リッチトーンモノクロ

デジカメで綺麗なモノクロ写真を撮るのは意外と難しく,フォトショップで「彩度=最低」としただけでは,味気の無い平たい写真ができ上がります。

リッチトーンモノクロイフェクトは,高速で連写した3枚の写真(たぶん,適正露出・アンダー・オーバー)を合成して,階調豊かな1枚のモノクロ写真を合成してくれるモードです。

他のイフェクト機能は,ほぼ全部遊び,という感じですが,このリッチトーンモノクロだけはマジメに格好いいモノクロ写真を撮るための機能だと思います。

ま,そんな,自動機能で美しいモノクロのトーンが再現できるわけが無いのですが,それでも,単純なモノクロモードよりはマシな,階調豊かなモノクロができるので気に入っています。

輝度差があってもHDRで踏ん張ってくれます。

輝度差があってもHDRで踏ん張ってくれます。

SONY NEX-5N + E18-55mm

おわりに

ま,いろいろありますが,決して真面目なカメラではありません(笑)

超ローアングルで撮ってみたり,フィルターで遊んでみたり,いろいろ遊んでみて気に入った写真が撮れたら儲けもの,みたいな感じで撮るのがおススメのカメラです。

また,本文(?)には書き忘れましたが,「ポケットに入るデジタル一眼」ですから,ちょっとした近所散歩にも持ち歩けるのが最大のメリットかもしれません。

全般的に,お気軽感が高いカメラですが,実はこのことが大きな欠点にもつながります。これについては,次回に紹介予定です~。

買った人は100%試すであろう,ミニチュアモード。

買った人は100%試すであろう,ミニチュアモード。

SONY NEX-5N + E18-55mm

可動式LCDのおかげで,大好きな動物の「鼻写真」が撮れます(^^)

可動式LCDのおかげで,大好きな動物の「鼻写真」が撮れます(^^)

SONY NEX-5N + E18-55mm

むふぅ~♪

むふぅ~♪

SONY NEX-5N + E18-55mm

ホームは続くよどこまでも。

ホームは続くよどこまでも。

SONY NEX-5N + E18-55mm

ハイコントラストモノクロ。ラフな感じ。

ハイコントラストモノクロ。ラフな感じ。

SONY NEX-5N + E18-55mm

ソフトハイキー in 学校。

ソフトハイキー in 学校。

SONY NEX-5N + E18-55mm

菜の花をハイキーで。

菜の花をハイキーで。

SONY NEX-5N + E18-55mm

もちろん,フォトポタでも活躍中(^^)

もちろん,フォトポタでも活躍中(^^)

SONY NEX-5N + E18-55mm

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



お気軽だけど,ちゃんと撮れるNEX

コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2012/03/20(火) 00:44:52 ID:36b755118 返信

    >viviさん

    こんばんは~

    ISO,撮像感度はCMOSのゲインさえ上げれば,
    原理的にはいくらでも高くすることができるけど,
    ノイズがひどくなるので「ま,ここら辺が限界?」みたいなノリで,
    メーカーとしては上限値を決めているのだと思います。

    なので,NEX-5NのISO25600も,撮れることは撮れますが,
    いくらなんでもノイズが多すぎて実用的じゃありません。

    気が付かないくらいで撮れるのは,3200までという感じています。
    12800になると,かなりノッペリとしてきて,
    「ぎりぎり写っている」という写真になります。

    Nikonのデジタル一眼は,感度自動調整には昔から凝っていて,

    ・感度を上げ始めるシャッター速度
    ・感度の上限

    が決められるので,D90ではTv1/30s,ISO1600にして使っています。

    NEX-5Nは,残念ながら上限値の設定はできないみたいです。
    (自動的に3200までです)

    全般的に,もうちょっと細かく設定できればいいのに,と思うことが多いカメラです。
    Nikonがアホみたいになんでも設定できるからかもしれませんが(^^)

  2. 名前:vivi 投稿日:2012/03/19(月) 14:27:04 ID:2d3334ec7 返信

    Shiroさん、こんにちは

    ISO3200でもかなりシャープですね。
    きっとPENだと被写体よりもノイズの方が際立ってしまいます(汗)
    ノイズのしきい値は個人の感性任せな部分ですが、私はかなり厳しく見ちゃいますので7DでもISO1600がMAXです...なのでズームでF値変動がないレンズばかりそろえたわけですけどね。
    メーカーはどの機種も高感度に自信があるのか、オート設定だと勝手にガンガンISOを上げていきますよね。少なくとも下限・上限の設定ができるようにして欲しいものです。
    その点5Dは潔くマニュアルしかありません...って古い機種だからですけどね。

  3. 名前:Shiro 投稿日:2012/03/19(月) 00:35:54 ID:6ea0d1102 返信

    >cariocaさん

    こんばんは~

    NEXの場合,普通の一眼レフからミラーやファインダー関係を取り除き,
    そのまま小さくしただけみたいなスペックです。

    メーカーも,とにかく「撮像素子が大きいよ♪」を全面的にアピールしています。
    逆に,一眼レフとしてはごく普通のスペックかもしれません(^^;)

    で,cariocaさんもCONTAXを使っておられたんですか!
    ええですよねぇ,Zeiss・・・。

    今のNEXには,「まともなレンズが無い」というど~しようもない欠点があります。
    おいらは5Nだからまだいいですが,2600万画素(?)のNEX7なんてどうするんだろ。
    実売2万くらいのレンズしかないのに・・・。

    例のDURAクランクの写真は,
    20年近く前のNikkor 35mm F2という単焦点レンズで撮りました。

    普通の広角レンズなのですが,とても接近してとることができ,
    ほとんどマクロと同じような感覚で使っています。
    フォトポタ日記の,ほとんどの写真が35mmF2です。
    (ちなみに,2万円で買いました。笑)

    この時は,背景だけ気を使い,真っ黒なベルベットの敷物を用意しました。
    室内で物を撮ると,どうしてもごちゃごちゃした家の中が写ってしまうのが難点。
    そこだけ,いつもちょっと気を使っています(^^)

  4. 名前:carioca 投稿日:2012/03/18(日) 22:01:10 ID:5d58083f5 返信

    ミラーレスでもすごいスペックなんですね。

    ちなみにぼくも以前はCONTAX使っていました。S2でしたが。167MTより5年くらい後に出た機種ですが(Wikipediaで調べました!)、スポット測光が気に入って(しかもフルマニュアル)愛用していました。
    そのクセもあってデジイチもコンデジもいまだにスポット測光で撮影してます。それがいいんだか、無駄なのかの判断もいまだについていません・・・

    しかし、ISO25600ってどんな世界なんでしょうかね?裸眼でほとんど暗闇でも写っちゃうんでしょうねー。どうやてピントあわせるんでしょうか?
    ぼくのデジイチ(Canon)も25600(拡張機能で)あるんですが、せいぜい1600くらいまでしか使ったことがありません。

    ともかく、素人には上手、下手はともかく機材よりも感性がいかにモノを言うか思い知らされます。 Shiroさんの名作Dura-Aceのクランク写真なんかを見ていると、マクロレンズなんだろうか、とか照明ってどうしてるんだろーとかいろんな想像をめぐらしています。
    自転車といい、カメラといい興味のない人にはおバカさん(すみません!自分のことです)のモーレツな無駄遣いとしか映らないでしょうねぇ(汗)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です