猛暑のツール・ド・箱根一周

短かった今年のお盆休み(12~16の5日間)の最終日,Noguさんと,箱根一周ツーリングに出かけてきました。

一応,位置づけとしては,本ブログ内の紹介記事へ前回の250kmツーリング(の予定が90km・・・)のリベンジとしての開催です。

が,今回も,また暑さとの戦いになってしまいました。

少しは涼しいと思って箱根にしたのですが,全然涼しくなかったなぁ・・・。




どこに行く?

Noguさんとは,「16日にどこか遠くに行こう」ということだけが決まっていました。

が,おいらは直前まで家族旅行(一泊二日で上高地・・・)に行っていましたし,Noguさんは外部サイトへ4日前に箱根旧街道を上ったりしていたので,どこに行くか打ち合わせをしないまま当日を迎えてしまいました。

そこで,とりあえず朝6時にR134大磯付近の花水橋に集合し,それで「どこに行こうか?」を(すこし)まじめに打ち合わせました。

この時点での選択肢は,

【案1】大磯→小田原→湯河原→椿ライン→大観山→芦ノ湖→乙女峠→篭坂峠→道志みち→宮ヶ瀬→家
おそらく,累積標高3000mくらい,走行距離も250km近いスーパーコース。なんせ,椿ラインだけでも海抜0m→1000mのヒルクライムです。ずいぶん,でっかい夢ですが,夢見るだけなら0円,リスクも0ですので・・・(笑)
【案2】大磯→小田原→芦ノ湖→乙女峠→篭坂峠→道志みち→宮ヶ瀬→家
案1から,椿ラインと大観山を外した,少しだけ謙虚さが感じられるコース。が,これでも200kmクラスですから,それなりに大変です。
【案3】大磯→小田原→芦ノ湖→小田原→家
案2から,さらに乙女峠・篭坂峠を外した,身の丈に合ったコース(笑)

以上,3つの案を検討するも,二人とも今日の体調も天気も読みかねていて,結論がでません。

どの案でも小田原までは行く必要があるので,とりあえず,小田原まで(30km)走ってみて,決めることにしました。

【6:30~7:15】とっても退屈な大磯→小田原

我が家から西方面(箱根,伊豆半島など)に向かうときには,必ず通ることになる,大磯→小田原の国道1号。

はっきり言って,とっても退屈な道です。

山も海もほとんど見えないし,これといったアップダウンがあるわけでもなく,ほとんどの時間を右後ろから迫ってくる車の確認(もちろん,本ブログ内の紹介記事へSPYミラーだ!)と,Noguさんの尻を見て走るだけです(笑)

が,Noguさんは偉い。

退屈な国道1号。いまいち,苦手・・・。

退屈な国道1号。いまいち,苦手・・・。

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

途中,早朝散歩のライダーやチーム走行列車などに抜かれても,まったくペースを乱すことがありません。

まるでルーラー(いつまでも一定速度で走るロード選手の呼び名)のような走りで,1時間弱で小田原に到着です。

コース(ぼぼ)決定!!

小田原までの30kmを走ってみて,お互いに感じたのは下記の2点。

とにかく暑い・・・。
本ブログ内の紹介記事へ前回の宮ヶ瀬は湿度にやられましたが,今日は単純に日差しがきつくて暑い。あんまり無理をすると,中年男性2名が熱中症で運ばれることになり,自転車ブームに水を差してしまうおそれがあります。
体調はふつう(?)
今回はちゃんと6時間ほど寝てきているので,睡眠不足によるだるさはありません。なので,ある程度の山坂なら問題なさそうです。

というわけで,本当は案1で行きたかったのですが,この日の天気(猛暑日)を考慮して,案3にすることにしました。

小田原から湯本を抜け,途中,おいらオススメの強羅のお豆腐屋さんで休憩。

その後,国道1号最高地点を経て芦ノ湖へ行き,ぐるっと湖畔を橋って,箱根に戻ってくるコース。

家からの自走距離を入れれば,トータルで130kmくらいかと思われます。

「走り出してからコースを決める」という,この二人にありがちな適当ぶりですが,まぁ,知らない土地でもないので,体調と相談しながら走りましょう!

【7:30~8:30】小田原→湯本→宮ノ下

小田原から箱根湯本までの間は,2~3%程度のとても緩い坂ですので,特に問題なし。

改装中の箱根駅を過ぎると,いよいよ,箱根の上り坂が始まります。

緑が深い山の中をジグザグに,宮ノ下まで一気に上ります。

上は箱根登山鉄道の高架です。緑が爽やか(^^)

上は箱根登山鉄道の高架です。緑が爽やか(^^)

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

といっても,今回は激坂で名高い(?)旧道1号ではなく,新道の方ですので,勾配は5~8%くらいで,ちょうど富士ヒルクライムのスバルラインと似たようなものです。

が,二人ともペースがおっそいです。

別に力を抜いているつもりは無いのですが,「やっぱり,レース本番とはモチベーションが違うのかねぇ」とか「暑さのせいだなぁ」なんて話しながら上っていきました。

【8:30~8:45】宮ノ下→強羅で沈没寸前!

宮ノ下を過ぎたところにある橋で休憩した後は,おいらオススメのお豆腐屋さんがある強羅に向かうことにしました。

強羅には,国道1号から登山電車併走で行くコースと,国道138号から「急坂」を上るコースがあります。

おいらが本ブログ内の紹介記事へ4年前にLGS RHC号で強羅に行ったときは,後者のコースでしたので,今回も,本ブログ内の紹介記事へドMな二人で急坂に挑むことにしました。

宮ノ下から1kmほど走ったところで,国道138から左に折れて県道732に入ったとたん,問題の坂があらわれました。

なんじゃぁ,この「壁」のような激坂は!! Noguさんも全力です(^^)

なんじゃぁ,この「壁」のような激坂は!! Noguさんも全力です(^^)

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

完全においらの記憶間違いです。

コースは合っていますが,「急坂」ではなく,「激坂」もしくは「壁」でした。

一応,ブロガー魂(?)を発揮して写真を撮ろうとしたのですが,後方から車がきてしまい,左カーブなのに一番きつい左端しか走る部分がありません。

一枚だけ写真を撮れたものの,カメラを背中ポッケに戻す余裕が無く,片手運転のままド根性で上る羽目に。

わずか200mの区間でしたが,勾配はずっと15%以上で,最大22%を記録しました。

どう見てもヤビツだ(菜の花台前あたり?)

どう見てもヤビツだ(菜の花台前あたり?)

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

入り口の「壁」を超えた後も,10~15%くらいの激坂がずっと続きましたが,ほんの少しだけ余裕ができてきた(スタートは20%以上ですから,15%でも緩く見える)二人は,「どうみても蓑毛(ヤビツ)だよ」なんて笑いながら,ドMぶりを発揮して強羅までの約1kmを上りきりました。

ゴールの強羅では,念願の「銀豆腐」のお豆腐(210円なり)をいただき,「いやぁ,最高にきつかったねぇ」と笑い合うおっさん二人は,この後の,より苦しい道のりを知らないのである・・・(笑)

とっても,うんまい銀豆腐。とても優しい味です(^^)

とっても,うんまい銀豆腐。とても優しい味です(^^)

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

それにしても,銀豆腐はおいしかったなぁ。

バカ暑い中,汗だくで食べる,温かい豆腐は,想像以上に優しい味でいやされました(^^)

それにしても,人間の記憶なんていい加減なもんですね(笑)

Noguさん,「急坂」どころか「壁」を上らせてしまって,ごめんなさい。おいしい,豆腐でご勘弁を(^^)

【9:30~10:30】強羅→国道1号最高地点→芦ノ湖(元箱根)

強羅から先は,素直に国道1号に戻り,一路,「国道1号最高地点」をめざします。

国道1号の勾配はだいたい6~8%程度ですので,そんなにきついわけではないのですが,背中に浴びる日差しがきつく,とにかく暑さとの戦いでした。

走っているうちに,激しい既視感におそわれましたが,それは,昨年の「本ブログ内の紹介記事へ猛暑地獄の道志みちツアー」です。

そう,あのときと全く同じく,勾配はきつくは無いけど,とにかく暑さがしんどい。

が,上れない勾配ではないので,焦らずゆっくり上り続け,ついにLOOK号では初めての「国道1号最高地点」,標高874m地点に到着です!

ついに,国道1号最高地点に到着! LGS RHC号時代を含めると3回目の登頂です(^^)

ついに,国道1号最高地点に到着! LGS RHC号時代を含めると3回目の登頂です(^^)

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

最高地点から元箱根までは,単純に下り坂だけですから,爽快なダウンヒルです。

はぁ~,涼しい~!

芦ノ湖にて記念写真(^^)

芦ノ湖にて記念写真(^^)

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

【11:00~12:50】元箱根→湖尻→仙石原

せっかく芦ノ湖まできたので記念写真を撮った後は,湖畔の県道75号を走って湖尻付近で昼食とすることにしました。

が,多くの山あいの湖にありがちな,けっこうきついアップダウンが次々と現れます。

元箱根は標高740m程度なのですが,途中で,先ほどの国道1号最高地点と同じ874mに並んでしまいました。

ありゃ? 全然平坦じゃないじゃん! ムフ♪

ありゃ? 全然平坦じゃないじゃん! ムフ♪

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

ついには,さっき下ったばかりの,国道1号最高地点に並びました。

ついには,さっき下ったばかりの,国道1号最高地点に並びました。

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

「平坦なのかな~」と思っていたときに現れる上り坂というのはかなり心理的にこたえます。

ま,ドMおじさん二人ですから,「かなわんなぁ」とか言いつつも,内心は「むひょ~,坂だよ♪」ですが(おいらだけ?)

【12:50~13:30】仙石原→箱根湯本→小田原

仙石原から箱根湯本は,おいらの4年前の記憶が正しければ,国道138号をひたすらダウンヒルするだけです。

しかし,仙石原を出て500mくらいは,すこ~しだけ(10mくらい?)上りがあります。

芦ノ湖畔のアップダウンで,おいらの「平らですよ,きっと」発言ですっかり疑心暗鬼になっているNoguさんは「げ!上り坂じゃん!」とか言っていましたが・・・(笑)

でも,おいらの記憶は珍しく正しく,ほんのわずかな上りの後は12kmほど続く,長~~~いダウンヒル。

過去に色々な記事で書いていますが,おいらは,基本的にダウンヒルが苦手です。

むひょ~,気持ちいいダウンヒル!

むひょ~,気持ちいいダウンヒル!

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

しかし,箱根のダウンヒルはスバルラインのように単調なものではなく,美しい緑のトンネルを,右に左にターンしながら下る楽しいダウンヒル。

久しぶりにダウンヒルの楽しさを味わっていたところ,シートチューブのあたりから,「コツッ,カサッ」という妙な音が聞こえ始めます。

先行するNoguさんに声をかけて停車して調べてみたところ,ダウンヒルの振動で,シートチューブに付けた方のボトルケージのボルトがは外れていることを発見。

あちゃ~,ケージが外れかけている。ボルトが残っていたのですぐに直せました。ちゃんとメンテナンスしておかないとなぁ・・・。

あちゃ~,ケージが外れかけている。ボルトが残っていたのですぐに直せました。
ちゃんとメンテナンスしておかないとなぁ・・・。

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

単純な整備不良で恥ずかしい限り。

本ブログ内の紹介記事へインフレーターのマウントをケージと共締めしたときに,すこし,ボルトの長さが少な目なことに気がついていました。

やっぱり,マーフィーの法則のとおり,ダメだと薄々気がついていることは,必ず起きるものですね。

ま,最悪の事態(外れたケージやボトル,インフレーターがスポークを切断したり,チェーンに巻き付く)には至らなかったのは幸いです。

次回からは気を付けます!

携帯工具でキコキコ直した後は,本日最後のお楽しみである,箱根湯本の和菓子屋さん「菜の花」に到着。

「菜の花」は我が家で大好評の和菓子屋さんで,色々なお饅頭や団子,どらやきなどを売っているのですが,なんと言っても,ごく普通の温泉饅頭である「箱根のお月様」が最高においしいのです。

今回は,家用に12コ入りを買いました(^^)

また,「菜の花」ではいつも「箱根のお月様」を1個おまけしてくれ,冷たい麦茶も出してもらえます。

「菜の花」では,いつもお饅頭を1個おまけしてくれます。冷たい麦茶と一緒に食べると,おいしい~(^^)

「菜の花」では,いつもお饅頭を1個おまけしてくれます。冷たい麦茶と一緒に食べると,おいしい~(^^)

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

涼しい店内で,冷たい麦茶を飲みながら食べる温泉饅頭は最高です。

【13:40~15:15】小田原→大磯

途中,二宮付近で「ガリガリ君」を食べました。おしまい。

1時間半,30kmを走ったのに写真はコレ1枚(笑) もう,暑くて気力が失せてきたにゃ。

1時間半,30kmを走ったのに写真はコレ1枚(笑) もう,暑くて気力が失せてきたにゃ。

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

そのくらい,書くことなし。

わざわざ,一日で一番暑い午後2時台を,一番つまらないコースを走ることはないのですが,こうなってしまったからには,走るしかないのです・・・。

大磯の花水橋に着いたのは午後15時過ぎ。

ここで,おいらは134号を東へ,Noguさんは金目サイクリングロードで家路につきます。

前回に続き,やたらと暑い一日でした。本当にお疲れさまでした。

次回は,もうちょっと(いや,うんと)涼しいときに250km(まだ言っている)を目指してがんばりましょう!

猛暑の箱根一周フォトアルバムはこちら~

【本日の走行データ】
 コース :家→大磯→小田原→箱根湯本→強羅→芦ノ湖→仙石原→小田原→大磯
 所要時間:5時00分~17時00分
 走行距離:129km
 走行時間:7時間5分
 平均速度:17.5km/h
 消費エネ:4200kcal
 獲得高度:1980m

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2011/08/23(火) 23:10:22 ID:3de8ae8e8 返信

    >kosugi_makさん

    そうです,75号線のUP・DOWNにやられたのでした。

    いやぁ,そんなエスケープルートがあるなんて,
    初めて知りました。

    今度行ったときは,絶対にココを通ってみます!!
    湖畔で景色もよさそうですし(^^)

    ご推奨のルートでは,長尾峠はしんどそうだなぁ・・・。
    わくわくしちゃいそうです。

    >しらかっぱさん

    あ,インチキで輪行しているしらかっぱさんだ!

    実はおいらも,過去何度も,藤沢~小田原間を輪行しています。
    たった30kmなんですが,されど30km。

    このつまら~ん30kmを走るくらいなら,
    箱根の山を30km分走った方が楽しかですたい。

    が,LOOK号ではまだ輪行未体験。
    秋になるまでに,LOOK号での輪行技を磨かねば。

    次回の,椿ライン,ゾロゾロマゾマゾ大会は,
    都合がついたら是非ご一緒しましょう!

  2. 名前:Shiro 投稿日:2011/08/23(火) 22:57:24 ID:3de8ae8e8 返信

    >くじらさん

    大磯方面の1号は,ほんと,だらだらしてるんですよ。
    ど~も,苦手です・・・。

    ロードに乗り始めたときは,5kmや10kmってすごい!と思っていましたが,
    1年もしないうちに,みんな10倍以上走れるようになるんですから,
    すんごい乗り物ですよね(^^)

    箱根に行くなら,やっぱり,初秋がいいかと思います。
    涼しいだろうし,ススキも見ごろになるし。

  3. 名前:Shiro 投稿日:2011/08/23(火) 22:53:42 ID:3de8ae8e8 返信

    >あひる隊長さん

    こんばんは~

    そう,計画するだけなら,
    250kmでも,500kmでもどんと来いです!(笑)

    なんせ,いまだに最長200kmしか走ったことがないくせに,
    夢だけはでっかく持っています(^^)

    それもこれも,ロングツーリングの本なんか読んじゃうから,
    「ボクでもいけるかも!」なんて気になっちゃったせいです。

    で,問題の坂。
    酷いですよね。

    螺旋階段のような坂でした(笑)

    でも,とっても面白かったなぁ。

  4. 名前:Shiro 投稿日:2011/08/23(火) 22:50:27 ID:3de8ae8e8 返信

    >keteruさん

    こんばんは~

    そう,おいらも湖の北側の遊歩道かと思ったのですが,
    そうではなく,南側の方みたいですよ。

    さっき,ストリートビューで見てみたのですが,
    確かに走れそうな感じがします。

    豆腐は,温かいのしかないのですが,
    とてもまろやかでおいしいです(^^)

    一丁210円はちょいとお高いですが,ま,良いでしょう。
    疲れた体にはおいしいですよん。

  5. 名前:しらかっぱ 投稿日:2011/08/22(月) 17:53:23 ID:732158e33 返信

    暑い中の箱根路お疲れ様でした。

    NoguさんにShiroさんと250kmとは行かないまでも、ロングの予定があるとお聞きしていたので
    「どこ行くのかなぁ。まさかの箱根かなぁ」と思っていたら,まさかの箱根でした!
    Shiroさん,ナイスチョイスです。(たぶん)箱根大好きNoguさんもさぞかしお喜びになった事でしょう(笑)

    暑いと小田原までにゲンナリしちゃいますよね
    山のぼりなんてする気はなくなっちゃいます(それでも上って玉砕する物好きもいますが・・・)

    そうそう、激坂で走行中に写真を撮ると、しまえなくなる時ってありますよねぇ
    僕も何回かやりました。カメラ(僕の場合携帯ですが)持ちっぱなしで上ったこと(笑)

    最近は箱根がはやっているようですので
    涼しくなったら椿ライン(旧道でもいいスっよ,なんなら両方?)行きましょうね。

  6. 名前:kosugi_mak 投稿日:2011/08/21(日) 23:21:26 ID:dda780408 返信

    shiroさんへ。

    >> 遊歩道を抜けていく道があるのですか。
    >>ひょっとして,湖の北側でしょうか?(時計回り?)

    Shiroさん、Noguさんは、元箱根の芦ノ湖畔から、湖尻まで75号のアップダウンを走ったと思われますが、75号と並行するようにもっと湖畔よりに道があります。
    75号と同じく湖畔の東側、反時計回りですね。

    元箱根から箱根園までは車道ですが、
    箱根園からはすばらしい遊歩道で湖尻に抜けます。アップダウンもほとんど無しです。

    逆に時計回りをしようとすると西側湖畔は、
    未舗装でMTBでないと行けないようです。

    旧道から長尾峠、足柄峠を走る80キロのルート図です。
    http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=fa6fe6e5b0f964b685abbc63b6b18348

    激坂の旧道。静かな芦ノ湖畔の遊歩道。仙石原の壮大な景色。ダイナミックな長尾峠。御殿場に下る時に見える巨大な富士山。箱根と正反対の落ち着きがある足柄峠。
    一日中、坂と自然を満喫できる有休を取った時の定番ルートです!

  7. 名前:くじら 投稿日:2011/08/21(日) 05:07:35 ID:791e3772c 返信

    すげー。
    ほんとドMですね。笑
    大磯方面の1号線は確かに景色がいい訳でもなく
    つまらないかも。
    まぁ平坦なのが僕にとっては救いだったりしますが何か?笑
    大磯方面に走って運動公園まで登って下ってくるのが
    時間がないけどからだ動かしたいときのポタリングコース
    だったりします。
    ロード乗り始めたときはその20km弱の道のりでも
    すごく遠くまできた気分になってましたが今やちょっと
    物足りない。笑

    15日と17日にバイクで伊豆を走ってましたが
    西伊豆スカイラインとかをロードバイクが走ってるのには
    驚きました。坂バカさんがいるみたいねぇ。笑

    しっかし箱根とかどうやったらロードで登れんだ?
    まったく登れる気がしません。。。泣

  8. 名前:あひる隊長 投稿日:2011/08/21(日) 01:13:48 ID:dcd24fa60 返信

    shiroさん、こんばんは。

    250キロを気軽に計画出来るお二方はすごいですね。
    私も気ままに走ることがありますが、100キロ走ったら、そそくさと電車で帰ってきてしまいます。
    いつかは200キロ自走したいものです。
    初めて100キロ走りきったときもそうでしたが、200キロの達成感は格別でしょうね。

    写真の坂は本当に壁ですね。
    いくら坂が好きだといっても、あれはルーティングミスです!

  9. 名前:keteru 投稿日:2011/08/21(日) 00:39:16 ID:c4eb997bd 返信

     え~と、お疲れ様でした。
     遊歩道ですけど、国道一号線から、箱根駅伝記念館(・・・だったっけかな?)の前を通り、そのまま湖畔を北上するとすぐ入れる道の事だと思いますよ。 適度なアップダウンなのですが、『遊歩』の方がメインの道のようで、道幅は狭目で、木が多くあまり見通しがきかずスピードを出し過ぎると歩行者が怖い思いをされると思いますので、もし行かれるならのんびり走るのをお奨めします。
     お奨めの店、今度行く時のために覚えとこうと思います。 豆腐好きなんですよ (^^

  10. 名前:Shiro 投稿日:2011/08/20(土) 23:25:53 ID:563e57dca 返信

    >Paraさん

    この立ち漕ぎ写真は,本当に死にそうでした。
    この日一番,危険な目にあいました。

    22%の坂を片手で上るのはきついっす・・・。

    おいらも立ちたかったのですが,
    なんせ,カメラを持っているのでどうにもならず,
    ど根性で上るしか選択肢がなく,危ないところでした。

    やっぱり,INOUを買わないといかんなぁ・・・(笑)

  11. 名前:Shiro 投稿日:2011/08/20(土) 23:22:53 ID:563e57dca 返信

    >kosugi_makさん

    こんばんは~

    なんと,当日,同じ箱根を走られていたんですか!
    しかも,すれ違っていたとは!(^^)

    「芦ノ湖から上ってくる」,ということは,
    この日,一番ぐったりしていた頃です。

    おいらが,「きっと平坦ですよ♪」と言って,
    元箱根→湖尻の湖畔を走ったのですが,あまりのアップダウンでくたくた。
    普段は,もうちっと,キリッと走っています(^^)

    遊歩道を抜けていく道があるのですか。
    それは,まったく知りませんでした。
    ひょっとして,湖の北側でしょうか?(時計回り?)

    長尾峠も未挑戦です。乙女もですけど。

    去年はヤビツばっかり行っていたので,
    まだまだ,行っていないところばかりですなぁ。

    おいらも,次回は小田原輪行にしてみようかな~。
    LGS RHC号の頃はそうしていました。

    今後もフォトポタ日記をよろしくお願いします~(^^)

  12. 名前:Shiro 投稿日:2011/08/20(土) 23:15:37 ID:563e57dca 返信

    >たぐちゃんさん

    いやぁ,本当に暑さの中の山登りはこたえますね。

    それにしても,
    高野山のほうもものすごいプロファイルですねぇ。
    驚き。

    芦ノ湖は付近の温度計は27℃くらいだったのですが,
    まったく涼しさを体感することはできませんでした。

    結局,強い日差しを背中に浴び続けると,
    体力を奪われますね。

    やはり,200km越えみたいなロングツーリングは,
    秋に限りますね(^^)

  13. 名前:Shiro 投稿日:2011/08/20(土) 23:09:28 ID:563e57dca 返信

    >_toshiさん

    こんばんは~。

    本当は「250km」のはずなのですが,
    またも,中途半端な120kmどまり。

    いつも,適当~に行き当たりばったりで走っています。
    幸い,Noguさんも上り大好き(のはず)なので,
    たいていのところはイーブンペースで走れるのが◎なのです。

    そのうち,多摩のほうも行きたいな~
    まずは,LOOK号で輪行をマスターせねば。

  14. 名前:Shiro 投稿日:2011/08/20(土) 22:39:48 ID:563e57dca 返信

    >Noguさん

    いやぁ,本当に行き当たりばったりツアーでしたねぇ。

    それにしても,強羅の激坂。
    とんでもない壁でしたね。

    いや,階段か。うまいこと言いますね~(^^)
    手すりを付けて欲しいくらいでした。

    250kmツーリングは,やっぱり,秋ですね。
    夏場に行くのは自殺行為ですよ,おじさんには(笑)
    10月以降ですね(^^)

  15. 名前:Para 投稿日:2011/08/20(土) 22:17:34 ID:ec611b27a 返信

    こんばんは〜♪
    Noguさんが立ち漕ぎする激坂で写真撮影するとは、さすがヒルクライマーShiroさんですね。しかも思いっきりINを片手で登ってしまうとは・・・・尊敬します。

  16. 名前:kosugi_mak 投稿日:2011/08/20(土) 00:35:10 ID:683017b52 返信

    +---------------------------------------+
    shiroさん。こんにちは。
    以前、一度だけコメントを書かせて頂いた武蔵小杉在住のサラリーマンロード乗りです。
    ShiroさんとNoguさんのブログをいつも楽しく読ませていただいています。
    当日は自分も箱根にいまして、芦ノ湖から登ってくるお二人とすれ違い、会釈をして頂い
    てブログファンの私は生のお二人に遭遇できて大感激でした!

    芦ノ湖の元箱根から湖尻までは、湖畔沿いを走って遊歩道(自転車可)を抜けていく道が
    静かでノンビリしていてお勧めです。
    あと仙石原から少し138号を登ると長尾峠への道に入れます。
    この長尾峠は車も少なく景色もダイナミックで自転車乗りには天国のような道です。
    仙石原まで行けばあと少しなので、ぜひ行ってみて下さい!

    私もShiroさんと同じく小田原までの道には魅力を感じない、坂好きな為、小田原までは
    輪行します。
    小田原~旧道~芦ノ湖畔~仙石原~長尾峠~御殿場~鮎沢川沿い~足柄峠~小田原
    のルートが坂も満載でお勧めです。
    私はShiroさん以下の脚力ですが10時小田原発だと15時半くらいには小田原に戻って
    来れます。お試しください!

    長文失礼しました。今後も応援してます!

  17. 名前:たぐちゃん 投稿日:2011/08/19(金) 21:22:55 ID:4de4ae0ce 返信

    shiroさん、お久しぶりです♪&お疲れ様でした♪
    真夏のロングはほんっと、キツいですよね…。
    あの日差しにドンドン体力を奪われ、山で脚を削られ(笑

    ボクも14日に大阪から和歌山の高野山まで行きましたが、22kmののぼりでガーミンの表示は37℃… あまりの暑さに死ぬかと思いました(^^;)
    ルートはこんな感じです。
    http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=6724cc0f0d3b98260cf2bbb369c32dcb
    山中心に走るなら、やっぱり秋だと実感しました(^^)

    また遊びにきま~す(^^)/

  18. 名前:_toshi 投稿日:2011/08/19(金) 16:06:44 ID:b44442273 返信

    Shiroさん、Noguさん:こんにちは。

    良いお仲間で羨ましいです~。
    暑くて大変だったでしょうけど、登り有り、下り有り、美味しい物有りで、とても楽しかったのが良く分かりました。

    いつかご一緒したいです。

  19. 名前:Nogu 投稿日:2011/08/19(金) 10:20:59 ID:bfba3f2a5 返信

    Shiroさん、当日はお世話様でした。
    行き当たりばったりのおじさんツーリングは楽しかったですな。
    しかし、強羅の激坂というか壁というか階段というか・・・凄かったですね。
    おそらく今までで一番きつい坂だったと思います。本気でひっくり返るかと思いましたよ。
    まさか、真夏に2回も箱根を上るとは思いませんでしたが、コースが違うので新鮮でした。
    いろんなアプローチがあるのでこれから涼しくなるにつれ楽しい遊び場になりそうですな。
    TTの合間にゆる系(コースはタフですが)山遊びを入れるのもいいかも。
    また時間を作って行きますか。
    今度は念願(悲願)の250kmツーリングですな。
    ホント、お疲れ様でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です