コンパクトなハイパワーライト,guee社の『SOL200』

2015年初のライト記事は,とてもコンパクトなフロントライトです。

2015年初のライト記事は,とてもコンパクトなフロントライトです。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

フォトポタ日記は自転車ライトに関する記事が多いことから,ライトブログ,略してラブロと呼ばれているようです(ウソです)。

どういうわけか,黎明期から定期的にライトに関する記事を掲載していて,今回を含めるとライトだけで16件もの記事がアップされています

で,またもライト記事。

2015年1回目のラ記事は,gueeの充電式フロントライト『SOL200』です。

珍しく前後編に分かれていて,前編ではSOL200の素晴らしさを紹介し,後編では致命的な欠陥を紹介していきましょう(^^;)




充電式の200lmフロントライト,guee『SOL200』

昨年の9月に,ISPタイプのシートポストに最適なデザインのguee社『COB-X』というテールライトを紹介しました

今回紹介するのは,同じguee社の超明るいフロントライト『SOL200』です。

SOL200は,なんといっても,その明るさが最大の特徴です。

我が家では,GENTOS社『閃355』の100lm(ルーメン)が最も明るかったのですが,その2倍,なんと200lmもあるのです。

その他にもいろいろと特徴があるのですが,まずは,歴代のShiro家ライトと比較してみましょう。

モデル guee
SOL200
GENTOS
閃355
crops
antarex SX7
crops
antarex X10cs
CATEYE
HL-EL520
明るさ(W) 不明 不明 不明 1W 1W
明るさ(cd) 不明 不明 1000cd 不明 1500cd
明るさ(lm) 200lm 100lm 36lm 不明 不明
モード 点灯
(弱/中/強)
点滅
(低速/高速)
点灯
点滅
点灯
点滅
点灯
点滅
点灯
点滅
点灯時間 6時間(弱)
4.5時間(中)
3時間(強)
10時間 120時間 20時間 60時間
点滅時間 6時間(低速)
12時間(高速)
22時間 350時間 80時間 120時間
重量 45g 97g 108g 125g 180g
防水 IPX5相当 生活防水 生活防水 生活防水 非防水
外装 プラ 金属 プラ プラ プラ
電源 リチウム
ポリマー
単4×3 単3×3 単4×3 単3×4
お値段 2400円 2400円 1500円 5000円 4000円
紹介記事 こちら こちら こちら こちら

太字で書いたところが,他ライトに比べてアドバンテージを持っている部分ですが,すごいですよね。

電源は充電式だからお安いし,重量も冗談のような軽さです。

また,サイズも「こんな小さくてちゃんと点灯するの?」と心配になるくらいの小ささです。

お値段については,本当はもっと高いようなのですが,どういうわけか,ワールドサイクルでだいぶお安く売られているため,なかなかのコスパになっています。

サイズ比較

我が家に届いたSOL200を開封して,その小ささに驚いてしまいました。

毎日の通勤でお世話になっているLGS SIX号で使っている,CATEYEの『HL-EL520』と比較すると,その小ささは驚異的です。

左から,SOL200,HL-EL520,iPhone5

左から,SOL200,HL-EL520,iPhone5

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

HL-EL520が大柄なこともありますが,SOL200の小ささはダントツです。

これは,どこのメーカーの自転車用ライトも,発光素子や操作部分はとても小さく,ボディサイズの大部分が「電池」で占められていることによると思われます。

我が家のフロントライトでは,SOL200だけが充電式で,リチウムイオン電池の方が普通の乾電池に比べてエネルギー密度が大きい(体積エネ密度で5倍,重量エネ密度で6倍くらい)ですから,これだけ小型化できるのでしょう。

シンプルな1灯LED。

シンプルな1灯LED。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

発光素子(LED)はシンプルに1灯となっていますが,ちょっとした(余計な?)工夫がされています。

カバー分を引き伸ばすと,下の写真のような形状になり,ランタンのように室内照明として使えるそうです。

発光部のカバーを伸ばすとこんなことができます・・・が,やらないのでは?

発光部のカバーを伸ばすとこんなことができます・・・が,やらないのでは?

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

そんなことをする人が世界中で何人いるのか不明で,さらに,この機構によって走行中にカタカタ音がするのですが,後編で紹介する致命的な欠陥に比べれば,小さな,ちょっとした欠陥です。

明るさ比較

サイズもそうですが,ライトを買ったら一番気になる,明るさの比較をしてみましょう。

本当は『閃355』と比較できればよかったのですが,子供が合宿に持っていってしまっているので,しょうがなく,次点の明るさを誇る,CATEYEの『HL-EL520』との勝負です。

まずは,HL-EL520

HL-EL520。真っ暗な道でも,なんとか走れます。

HL-EL520。真っ暗な道でも,なんとか走れます。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

実験場所は,ほぼ真っ暗な路地なのですが,HL-EL520は狭い範囲を強く照らす傾向が分かります。

次に,SOL200

露出を同じ値に固定して,同条件で撮影です。

SOL200の強モード。めちゃくちゃ明るいです。

SOL200の強モード。めちゃくちゃ明るいです。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

中モード。それでも明るい。

中モード。それでも明るい。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

弱モード。HL-EL520と同じくらいかな?

弱モード。HL-EL520と同じくらいかな?

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

予想はしていましたが,格段の差があります。

遥かに小型のライトなのに,こんなにパワーがあるなんて,本当にオドロキです。

今回は夜写真ですが,自動二輪のように昼間点灯した場合も,交差点の反対側からでもハッキリと死人で来ます視認できます(大丈夫か?MS-IMEは)

本当に驚いてしまいます。

快晴の昼間でもこんな感じです。

快晴の昼間でもこんな感じです。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

そのほかの素晴らしいところ

そのほか,SOL200の気に入った点を列挙してみます。

充電式電源は便利(^^)

前述の通り,SOL200の電源はリチウムイオン電池で,マイクロUSB経由での充電となります。

HL-EL520閃355もエネループを使っているので,間接的には「充電式」と言えますが,やっぱり本体が充電対応になっているのは簡単で便利です。

USB充電は便利です(^^)

USB充電は便利です(^^)

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

パソコンのUSBにでも差しておけばいつも満充電だし,外出先ではモバイルバッテリーでの充電も可でしょう(したことないですが)。

高速点滅(ブリンク)モードがある

多くのライトと同様,複数の点灯・点滅モードがあり,電源SWを押す回数によって以下のようにモードが切り替わります。

  1. 点灯(パワー:中)
  2. 点灯(パワー:強)
  3. 点灯(パワー:弱)
  4. 点滅(低速)
  5. 点滅(高速)
  6. オフ

バカみたいに明るいので,そんなに明るさが必要ないときは,通常や弱パワーの点灯でも十分です。

また,特に交通状況が悪くて,自分の存在をアピールしないとまずそうなときは,高速点滅モードが有効そうです。

どうも国産ライトの多くが,ゆっくりした点滅(1秒に2回くらい)しかできないのですが,手持ではantarex X10csが,秒5回くらいの高速点滅です。

SOL200は,低速と高速を選べる(高速の方がバッテリー消耗が早い)という便利です。

しかし・・・

ここまで紹介したとおり,SOL200は,小さい・軽い・明るい・使いやすい・安い,という具合に美点だらけです。

しかし,この記事だけを見て,「僕も!」「わたしも!」とワールドサイクルに殺到するのは早計です(^^;

SOL200には,これらの素晴らしさをすべて台無しにしてしまうくらい,どうしようもない欠点があります。

それはいったい・・・?(次号へ続く)

夜の江の島にて。真っ暗でも,SOL200があれば走れます。

夜の江の島にて。真っ暗でも,SOL200があれば走れます。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

Nice!!

  • 超軽量・コンパクト
  • Shiro家最強の明るさ(200ルーメン)
  • USB充電式の電源
  • 高速点滅と低速点滅が選べる
  • かなりお安い(2000円ちょい)

Poor…

  • 絶望的に使いにくいマウント(次回紹介予定)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



もともとは4500円くらいするようです

コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2015/02/24(火) 00:59:56 ID:85cc008ba 返信

    >sramredさん

    あぁ,なるほど,サイコンを照らすってのもありか・・・。

    もともと,Edgeはバックライトがあるので気にしていないのですが,普通のサイコンだと便利・・・かな?

    ランタン機能は,実際にやってみると,横向きに盛大に光が漏れます。
    もったいない気もしますが,横からの視認性がうんと上がるので,その点ではいいかも。

    ただ,自分の目にもガンガン入ってくるので,結構気になります。
    それ以上に,走行中にガタガタ音がするのがなぁ・・・。

    ちなみに,上位モデル(か? 同じ値段だけど)だと,リアの充電カバーを外した部分に時計が付いています。

    カバーを外さないと見えない時計。
    どうしようもなく,不要な機能が付いています・・・。

  2. 名前:sramred 投稿日:2015/02/23(月) 21:02:46 ID:be8a40dfa 返信

    ランタン機能はスピードメーター用の照明に使えるのではないかな。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です