新DURA-ACEへの遠き道のり(とりあえず成功編)

完成図。バーテープの巻き量を少な目にして,ケーブルが自由に動ける範囲を増やしました。

完成図。バーテープの巻き量を少な目にして,ケーブルが自由に動ける範囲を増やしました。

Nikon D70 + Nikkor 35mm F2D

せっかく,上位グレードに載せ変えたのに,シフトの「引き」もステアリングも重くなってしまい,本ブログ内の紹介記事へ失敗になった新DURA-ACE化計画

失敗から1週間。

その原因を徹底的に洗い出し(うそ),対策を真剣に検討した(うそ)結果,ようやくDURA-ACE本来の動きに近づくことができました。と,思われます・・・。




2nd チャレンジ

1回目の失敗の反省から,2回目のDURA-ACE組み上げ作業では,こんな点に注意して作業を行いました。

ワイヤーカッターの新調
LOOK号の最初の組立作業の時に調子に乗って乱暴に切りすぎて,刃がなまってしまっていたのです。アウターはもちろん,インナーですらすっぱり切れないのですから論外です。でも,純正のカッター(TL-FC11)はとても高いので,今回はHOZANのお買い得カッター(C-217)でがまんです。

ハンドルバーの外側ルートに変更

「引き」を重くしている一番の理由は,おそらく,ハンドルバーの「内側ルート」を選択し,かつ,かなり小さなアールで強引にワイヤを曲げたことです。おいらのコンパクトハンドルでは,外側経由の方が(多少,長くなりますが)アールはなめらかになるので,抵抗も小さくなるはずです。

ハンドルの外側を大回りで通るルートにしてみました。

ハンドルの外側を大回りで通るルートにしてみました。

Nikon D70 + Nikkor 35mm F2D

インナーワイヤーをAlligator製に変更

シマノも7900系にあわせてP.T.F.Eケーブルを発売していますが,さわった感じではAlligatorのP.T.F.Eケーブルの方が,より滑らかです。シマノのP.T.F.Eケーブルの予備も持っているのですが,今回はAlligatorのを使ってみました。

AlligatorのP.T.F.EケーブルはDURA-ACEのに比べて半額以下です(^^)

AlligatorのP.T.F.EケーブルはDURA-ACEのに比べて半額以下です(^^)

Nikon D70 + Nikkor 35mm F2D

2nd チャレンジ

わざわざ,「2回目」と言っているからには,「3回目」もあるような気もしないではないですが,気にせず先に進みましょう(^^)

作業の様子

先に紹介した作戦を取り入れ,2回目のDURA-ACE組み上げ作業に着手します。

シフトケーブルのルートを変更するためには,STI~ヘッドチューブまでの間のケーブルを新調する必要があります。現在使っている,CLARKSのケーブルキットは割と多めにケーブルが入っていて,まだまだ残りを持っていたので,それを利用して,STI~ヘッドチューブ間の張り替えを行いました。

前回とは異なり,今回はシフトケーブルだけの張り替えですし,それも部分的なものなので,作業は1時間ほどで終了です。

ルート決め作業中。

ルート決め作業中。

Nikon D70 + Nikkor 35mm F2D

C-217で切断したアウター。切れ味は純正(TL-FC11)の方がいいけど,まぁ,特に問題なし。

C-217で切断したアウター。切れ味は純正(TL-FC11)の方がいいけど,まぁ,特に問題なし。

Nikon D70 + Nikkor 35mm F2D

気になる結果は・・・?

う~む・・・。

フロントは非常によくなりました。巻き上げもリリースもとても軽快です。特にリリースはビックリスくらい軽くなり,「ご操作しちゃんじゃないか?」と別の危惧がでてしまうくらいです。

しかし,リアについては,確かに前回よりは軽くなってはいますが,正直に言っちゃえば,TIAGRA時代にはまだまだ及ばない重さです・・・。

また,ステアリングについては,ケーブルの「遊び」を前回より多めにとっていますから,だいぶ改善されました。

しかし,操作フィールド同様に大事な(?),見た目については大幅に改悪されてしまいました。

できあがり状態。ケーブルに余裕を持たせたため,インラインアジャスターがちょっと変な位置になってしまっています・・・。

できあがり状態。ケーブルに余裕を持たせたため,インラインアジャスターがちょっと変な位置になってしまっています・・・。

Nikon D70 + Nikkor 35mm F2D

シフトケーブルがアールを描いてフレームに入っていく途中にインラインアジャスタを入れているのですが,写真の通り,見た目が非常に悪いです。

ハンドルバーを出て,曲がり始めたところで,アジャスタのせいで真っ直ぐになり,また,曲がり始めてフレームに入っていきます。なんとも,カクカクしてしるのです・・・。

原因はなんだ?

2回目の組上げを総括すれば,「1回目よりはだいぶ良くなったけど,ぜんぜん納得できない・・・」という感じです。

原因としては,やはり,アジャスタの挿入位置が考えられます。カーブの途中で入っているので,アジャスタの入口と出口では(アウターキャップをしてるとは言え),擦れてしまうのだと思われます。

操作フィールもそうですが,見た目も悪すぎですし・・・。

また,ステアリングに影響する,シフトケーブルの「遊び」ですが,これがまた難しい。

前回は,「遊び」が少なすぎて,ハンドルを切る際に邪魔をしていたのですが,長すぎてもステアリングが重くなってしまいます。

「そんなの当たり前だろ!」という声も聞こえてきそうですが,LOOK号の場合,バーからフレーム入口までの距離が短いので,「遊び」を長くすると,ステアリングにかなりの悪影響を及ぼしてしまいます。

ハンドルを切ったときに「延びる側の長さが足りない」よりも「縮む側のケーブルの行き場がない」の方がより深刻です。

しかも,CLARKSのワイヤーは全体的に非常に頑丈です。通常の4mmよりも太い5mm直径ですし,アウターは細かい編み込みがされていて,非常に頑丈なのです。

というわけで,シフトフィールもステアリングも,なかなか満足のいくものではありません・・・(涙)

3rd チャレンジ!

2度あることは3度ある。
3度目の正直
石の上にも3年

どの諺を採用していいのかわかりませんが,3回目にチャレンジです。

今度は,思い切ってCLARKSのケーブルをやめて,シマノ純正のSP-41に変更です。

CLARKSは見た目もかっこいいし,アウターが頑丈で気に入っていたのですが,その「頑丈さ」が仇となってステアリングが悪くなってしまうので,あきらめです。

となると,ブレーキの方もあわせた方がよかろう,ということで,ブレーキケーブルもシマノ純正に変更。

結局,3回目の組み上げ作業は,第1回目と全く同じく,既存のケーブルを全部撤去し,新たに全部配線し直すこととなりました(しかも1日で2回目だ・・・)

作業の様子

そう,全部やり直しです。

バーテープをはぎ取り,ブレーキ&シフトケーブルを全部撤去し,新たに配線し直した上で,バーテープを巻き付けて完了。

さすがに,1週間で3回目となる作業なので,かなり効率的にこなせるようになってきました。

最初は半日以上かかった作業ですが,今回は夜9時に始めて深夜1時前には完成(なぜ,この時間に・・・)。

今回の作業では,シフトケーブルをSP-41にしただけではなく,「引き」を軽くするためにあらゆる努力(?)をしてみました。

RDのインラインアジャスター廃止
リアディレイラ側でも調整ができるので,思い切って,インラインアジャスタは使わないことにしました。数g軽量化するし(笑)

で,残ったリアのインラインアジャスタはこの位置に。良いのかどうか,わからんけど。

で,残ったリアのインラインアジャスタはこの位置に。良いのかどうか,わからんけど。

Nikon D70 + Nikkor 35mm F2D

バーテープの巻きエリアを少し減らしました

昔は,バーテープをステム付近まで巻き付けていました。最近では,サイコンの取り付けもあって3cmくらいはあけていましたが,これを思い切って5cmくらいに拡大。シフトケーブルが自由に動ける範囲広げてみました。おかげで,ハンドルバーの「FSA」ロゴが格好よく見えるようになりました(ステムはDedaなんだけど・・・)

ダストカバーの廃止

これはあまり関係ないかもしれませんが,BB~RD区間のダストカバーも取りやめました。この区間は地面に近いことから,埃が付かないようにとカバーをしていたのですが,そんなに汚れるわけでもないし,小さいとはいえ摩擦があるでしょうから,これも廃止です。

肝心のシフトケーブルは,ブレーキケーブルの後ろ側を通って,早めにバーテープから抜け出し,適度な余長をもってダウンチューブに入っていきます(ダウンチューブ内の左右入れ替えは,また今度に残しておきます)。

さらに,アウターキャップにも一工夫してみました。

今回の作業に伴い,シフトケーブルを外した際,アウターキャップに黒い粉末が付いているのを発見しました。細いアウターキャップの穴を通る際に,インナーケーブルの表面が擦れて出てきたもののようです。

証拠写真。ケーブル表面が削れて,黒い粉が付いています。

証拠写真。ケーブル表面が削れて,黒い粉が付いています。

Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

擦れているということは,すなわち抵抗になっているということです。そもそも,SP-41の金属キャップはアナが小さすぎると思います。そこで,ミニドリルで穴を大きくしてあげ,さらに,もっと大きなドリルで面取り加工までしておきました。これで,スースー通ってくれることでしょう。

純正の金属キャップは,穴が小さすぎると思うのです。実際,擦れているし・・・。

純正の金属キャップは,穴が小さすぎると思うのです。実際,擦れているし・・・。

Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

ドリルで穴を広げてみました。

ドリルで穴を広げてみました。

Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

おぉ,スースー通る!(^^)

おぉ,スースー通る!(^^)

Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

さらに,面取り加工もしておきました。少しは滑りが改善されるかな!?

さらに,面取り加工もしておきました。少しは滑りが改善されるかな!?

Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

こんな感じで,作業をすること4時間。3回目となる,新DURA-ACE組み上げ作業が完了しました。

で,どうですか?

LOOK号をローラー台に乗せて走り出し,おそるおそるシフト操作をしてみると,,,

とても軽くなりました!!

フロントは2回目の時と同じですが,リアはとても軽くなりました。ほぼ,TIAGRAの時と同じ軽さです(悲しい・・・)

また,翌朝,家の外を数分走っていた感じでは,ステアリングも問題なしです。左右に軽く切れてくれます。

こんな感じになりました(^^)

こんな感じになりました(^^)

Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

バーテープは,いつの間にかOGKのCBT-3になっています。

バーテープは,いつの間にかOGKのCBT-3になっています。

Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

ようやく,ようやく,満足のいく出来上がりになりました。

いろんな取り組みを一気にやっているので,どの効果があったのかがわかりにくいですが,感覚的には「インラインアジャスターの廃止」がかなり大きい気がします。

やっぱり,7900系に無理矢理,アジャスターを挿入するのはよろしくない気がします。引きの重さにもつながりそうですし,見た目も芳しくありません。

現状では,FDだけに挿入していますが,よく考えればLGS RHC号の時にFDの調整なんてほとんどしたことがありませんでした。いずれは,FDのアジャスタも廃止してみようかな・・・?

さぁ,走ってみるぜ!!

さぁ,走ってみるぜ!!

Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

さて,これから3連休。

一日30kmでも100km近く走ることができます。

「2度あることは3度ある」なのか「3度目の正直なのか」,結果はいかに・・・?

つづく

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2010/09/10(金) 21:49:01 ID:67eb15e91 返信

    >ヒロさん

    そうなんですよね、アジャスタは垂直なるように配線すると、
    見栄えがいいはず(完成車はみんなそうですね)。

    しかし、LOOK号はどうもうまく垂直にできないのです。

    おそらくですが、フレームからワイヤーが出てくる位置が
    ほかのフレームに比べて高いのだと思います。

    内蔵式ではないLOOK585なんかではうまくいくと思うのですが、
    LOOK595はいまいち難しいのです・・・。

    現状の、「ハンドルに沿わせて隠してしまう」という
    慣れれば意外と気に入っています。滅多に操作しないし。

    シフトの「引きの軽さ」については、
    いろいろ試してみたのですが、新DURAのワイヤ(PTFEコーティング)は、
    組立時にケミカルを入れないで、ドライの状態の方が滑りがいいように感じます。

    インナーワイヤー自体の摩擦係数が非常に小さいので、
    ケミカルを注入すると、かえって、モッサリしてしまうようです。

    が、そのような説明をしている本やサイトをみたことがないので、
    もしかすると、おいらの思い過ごしかもしれませんが・・・。

  2. 名前:ヒロ 投稿日:2010/09/09(木) 08:04:01 ID:9ed98f495 返信

    自分もバイクいじるの好きなので、とても参考になります。

    アジャスタは垂直になるような位置にするとカッコいいですよ! それとアウターは切ったあと先端から1ミリ~2ミリ外の樹脂コーチングをおとすとスムーズになるような気がします。

  3. 名前:Shiro 投稿日:2010/07/21(水) 22:40:57 ID:fba29c6e9 返信

    >Noguさん

    こんばんは~

    ちょこちょこと細かいところにこだわって作業してみました(^^)

    が,先のコメントでも書きましたが,
    内側ルートを通ってもいいのかもしれません。

    アウト→イン→アウトで通してやれば,アールもきつくなくできそうです。

    さすがに電ヅラはちょっと・・・(笑)

  4. 名前:Shiro 投稿日:2010/07/21(水) 22:38:58 ID:fba29c6e9 返信

    >TOMMYさん

    そうそう,こうやって,自分で試行錯誤して作っていくのが楽しいんです。

    しかも,自動二輪と違って,
    自転車は比較的簡単ですし(^^)

    ブレーキ関係以外では,あんまり命に関わらなさそうだし。

    まだまだ,改造・メンテの日々は続きそうです。

  5. 名前:Nogu 投稿日:2010/07/21(水) 18:56:53 ID:6b4e07772 返信

    アウターキャップの穴拡大と面取り。
    さすがに芸が細かい。
    そういった細かいこだわり良いと思います(^^)
    しかし、105以上の新シリーズはすべてこのワイヤリングですよね。
    僕のTCRシフトケーブルアジャスターが手元につくタイプなので難しそうですね。
    しかも今使ってるPLO LTⅠは超ショートリーチの70mmですから経路も厳しそう。
    こうなったら電ヅラですかね。
    まあ、105で今のところ充分ですが・・・。
    早くTIAGRA以上の操作性が得られると良いですね。

  6. 名前:TOMMY 投稿日:2010/07/21(水) 10:01:35 ID:7b66626bc 返信

    すべて自己責任だから真剣勝負だね
    それにしても”DURA”の文字って高級感アリアリだね、”さわりたい!触れたい!”って思っちゃうもんな~
    納得いくまでセッティングを楽しんでください

  7. 名前:Shiro 投稿日:2010/07/20(火) 23:32:34 ID:1769df7fe 返信

    >keteruさん

    そう、インラインアジャスターの位置が難しいんですよぉ。

    で、keteruさんがおっしゃっているように、
    フレームのケーブル入口にも差し込んでみました。

    が、どうもしっくりこないのです。

    一応は、フレームには干渉しない(傷を付けない)位置になるのですが、
    ケーブルの曲がり角度がさらにきつくなってしまい、
    見た目もいまいちでした。

    ひょっとすると、インラインアジャスターの別モデル、
    STIに直接くっつけるタイプのやつだと、
    うまくいくのかもしれませんです。
    まぁ、そもそも、そんなに使う機会はないんですが、
    FDに調整機能を全く持たせないのは、ちょいとこまります・・・。

    タイヤのパンクについては、おいらはここ2年ほど経験していませんが、
    常に、樹脂レバー×2と、チューブ×2、パッチ数枚体制です。

    2年前に、どうし道の山奥でパンクしたときの
    恐怖が忘れられず、いまだに大量のパンク修理機材を
    持ち歩く日々です(笑)

  8. 名前:Shiro 投稿日:2010/07/20(火) 23:31:09 ID:1769df7fe 返信

    >tamamaさん

    そう、「縮む側」「折り畳まれる側」の方がつっぱっちゃうんですよね。
    余長が長ければ長いほど、ステアリングが重くなっちゃう・・・。

    内側ルーティングをやるさいには、
    なるべく「直角カーブ」にならないように、
    そう、アウトーインーアウトで通せばいいと思います。

    おいらの場合、まったく考えなしに、
    インーインーインという無謀コースを通したため、
    ほぼ直角カーブになっていました・・・。

    シマノのSP41はしなやかですね。
    確か、MTB用とROAD用では堅さが違ったと記憶しているのですが、
    やはり、純正の方がきめ細やかなのかな?

    ただ、できれば、4mm径のカラーアウターがほしいです。
    完成車ではSP41のホワイトを見かけるのですが、
    単体で売っているのをみたことがないのです。
    非売品なのかな・・・?

  9. 名前:Shiro 投稿日:2010/07/20(火) 23:28:52 ID:1769df7fe 返信

    >yutaさん

    工業製品は、過去の製品との「互換性」って、なかなか難しいですよね。

    おいらが使っている、Nikonの一眼レフも、
    もう50年も同じレンズマウントですが、
    互換性に縛られている気がしてなりません。

    他社に比べてマウント径が小さくて、明らかに不利なのに、
    機能を継ぎ足し継ぎ足し、なんとかがんばっています。
    いっそのこと、Canonみたいに互換性を捨てればよかったのでしょうけど、
    タイミングを完全に逸してしまいましたもんね。

    で、7900に話を戻します。

    おいらは、レースはやっていないので、
    ハードブレーキングをする機会は皆無です。

    ヒルクライムが好きなので、必然的にダウンヒルにもなりますが、
    こちらは大の苦手で、いつも、40km/hがいいところ。

    ですので、いまだにリアはTIAGRAのままです。

    TIAGRAのままで、フィーリングはどうか?というご質問ですが、
    正直に白状してしまうと、「ほとんど使わないから分からない」です・・・。

    なんせ、LGS RHC号から通算で3年も使っているのに、
    リアはいまだにシューを交換していないくらいですから(驚)

    ただ、その分、フロントはがんがん使っています。
    日曜日にはヤビツに行って、ダウンヒルでもフロントをかけていましたが、
    感触はとてもよいですよ(^^)

    ブレーキ自体は105のままですが、
    レバータッチがとても柔らかくなりました(微調整が効く)。

    7900ではレバー比が変わったため、ブレーキも7900にすると
    とてもよくなるらしいので、おいらもとても興味があります。

    次に交換するコンポとしては、前ブレーキだけを検討しています(後ろはTIAGRAのまま)。

    あぁ、でもRDもなんとかしたい・・・。
    クランクなんて、夢のまた夢だ(^^;)

  10. 名前:keteru 投稿日:2010/07/19(月) 22:08:43 ID:878a00fc3 返信

     思ったんですが、インラインアジャスターは、フレームのケーブル入り口近くには出来ないんでしょうかね? フレームに傷が付きそうで怖い・・・・・・・う~~ん・・・・・まあ、自宅での調整では使いますが、頻繁に使いますかね。

     さて、パンクですが・・・・・まだ修理できてません。  何やってんだ?! ですが・・・・・、パッチがうまく付かない。 私下手なんですよねチューブ直すの。 素直にチューブ買ってきたほうが早いかな、近くにミシュランのチューブ売ってないんですよね~、パナかマキシムでガマンしとくか。
     今回の教訓
    * タイヤレバーは、持っていくべきだ。 樹脂製がいい。
    * 替えチューブは二本。 両輪逝っちゃう場合もある。 チューブレスでも必要になることがある。
     余談ですが、革バーテープは炎天下でも熱くならないです。 サドルもそう熱くならないです。

  11. 名前:tamama 投稿日:2010/07/19(月) 01:38:18 ID:eb5d1a37d 返信

    お疲れ様です。

    >ハンドルを切ったときに「延びる側の長さが足りない」よりも「縮む側のケーブルの行き場がない」の方がより深刻です。

    この感じ、よくわかります。私も、最初、余裕を持って長くすればいいだろうと、びろ~んと伸ばしたら、やたらと詰まった感じで、ハンドルがきれませんでした。

    私が7900に換装当時は、shiroさんと同じFSAのハンドルで、ケーブルは内側に通しましたが、幸いなことに、引きの渋さは感じませんでした。

    今回の記事を見て、インラインアジャスターが、ヘッドチューブに直付けで、クラークスを使わずに、shimanoの純正ケーブルを使ったことが、結果として上手く行った原因かなと思います。

    何はともあれ、機能が十分なら、どんどん使ってみてください。
    ちなみに、 買った当時はどうでも良かった機能のうち、一段飛ばしのシフトチェンジ機能が、私的には、一番のヒットです。

    ではまた。

  12. 名前:yuta 投稿日:2010/07/18(日) 23:57:12 ID:39cfa92c4 返信

    こんばんは!
    お久しぶりです。

    7900いいですね‐。実は今日Di2の試乗をしてきました(^^シマノの新規格のコンポーネントは過去のシマノ製品と互換性を無くすことで大幅にパフォーマンスが改善されているようですね。レバーが握りやすくなっているのはもちろんですが、シフトのしやすさ(驚愕です!)やブレーキのフィーリングも異なっているようです。

    shiroさんも7900を手に入れられてうれしいことでしょうね~

    7900に105とtiagraのブレーキを組み合わせて使っているようですが、感触はどうでしょうか?
    以前のコンポと引きの比が異なっているということですが実際に使ってみていかがなものかと・・
    個人的興味です。
    すいません(汗

    更新楽しみにしています!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です