KASK MOJITO登場!(^^)

まったく無駄に,ちょっと格好良く撮ってみました(^^)

まったく無駄に,ちょっと格好良く撮ってみました(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

6月ごろから,買うよ,買うよ,と言いながらもようやく8月になって購入できた,KASKのヘルメットMOJITO(モヒート)。

レビューを,書こう,書こう,と思いながらも全然乗る機会が無かったのですが,ようやく150kmほど使いましたので,とりあえずのファーストレビューを書いてみることになりました。

お待たせいたしました(の割にはほとんど役に立たないレビューですが・・・)



念願の,KASK MOJITO到着!

既に紹介したとおり,今回はスイス連邦のBellatiSportsで購入しました。

ついにKASK MOJITO(ライトブルー)を発注しました

苦節7年,ようやく,新しいヘルメットを発注しました!(^^)

国内では全く見つからなかった,KASK社の「MOJITO」(ライトブルー,Mサイズ)ですが,なつかしの「あのお店」で発注です。

これで,ようやくおいらもフルーミーと同じ装備だ(メットだけだけど・・・)。

  • モデル:KASK MOJITO(2015年モデル)
  • カラー:ライトブルー
  • サイズ:M(52~58cm)

在庫管理機能が怪しいBellatiSportsですが,今回は無事に発注から1週間で我が家に到着しました(^^)

でも,なかなか乗る機会がなかったので,とりあえず,重量だけ測定。

ほぼ,カタログ通りの216g。イタリア製なのにすごい(?)

ほぼ,カタログ通りの216g。イタリア製なのにすごい(?)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

ほぼカタログ重量どおりの216g(カタログでは220g)。

今まで使っていたLIMAR104が208gですから,ほとんど差が無いといっていいでしょう。

世界最軽量ヘルメット,リマールの『PRO104』!
自転車いじりが好きな人(おいらも含む)は,たいてい,「軽量化」に取り組みます。

ホイールやタイヤのような回転体は効果が大きいのですが,ステム,シートポスト,ボトルケージ(!)のような小物にになると,確かに軽くはなりますが,せいぜい数10~100gがいいところであり,莫大な費用がかかる割には「朝のう○こ1回分」にも満たないのが実情です。 しかし,ほんの100gでも絶大な軽量化効果を発揮できる物があります。それは......。

あとは実際に走るだけだ~(これから1ヶ月かかりましたが・・・)

150kmほど走ってみた感想

9月になって,国際村や鎌倉界隈を2回,合計でようやく150kmほどをMOJITOをかぶって走ってみました。

たった2回で感想を書くのもなんですが,もう家に着てから1ヶ月以上たっているので,いいことにしましょう(?)

(良)かぶりが深い~

LIMAR104は,「7年も経って劣化が不安」というのが最大の交換理由ですが,もうひとつ,「浅すぎて,守られ感が薄い」という理由もありました。

キノコ頭にはなりませんが,ちと小さいか・・・?

キノコ頭にはなりませんが,ちと小さいか・・・?

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

自転車仲間やショップで最新のヘルメットをかぶってみると,たいていのヘルメットが,頭頂部だけではなくサイドもかなり深くカバーしていることに気が付きました。

MOJITOも深めのデザインなので,その守られ感がだいぶいいです

ただ,サイズの問題(後述・・・)で,どうも後ろ側が空いているような気もします。


(良)とても軽い~

前述の通り,216gしかありませんので,かぶっていて重量を感じることはほとんどありません。

最近では,次男坊と走るときはLIMAR104を貸してあげて,おいらは大昔の格安ヘルメット(スペシャの350g)をかぶっていたのですが,ほんの40km走っただけで,首が痛くなりました。

ある程度の距離・時間を走るのなら,やっぱり,200g程度じゃないとおいらの首力(?)では無理かもしれません。

(良)分厚いパッド

LIMAR104の内側のパッドは,ペラペラに薄いものでしたが,MOJITOのパッドは立体的な作りになっています。

パッドが「面」ではなくて,パイプ状の「線」で構成されています。

使用開始がもう秋になってしまったので未確認ですが,真夏でバカみたいに暑いときにはいいかもしれません。

写真が下手で分かりにくいけど,「面」じゃなくて「線」「パイプ」状にパッドが配置されています。剥がせます(^^)

写真が下手で分かりにくいけど,「面」じゃなくて「線」「パイプ」状にパッドが配置されています。剥がせます(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

ただ,サイズの問題かもしれませんが,側面のパッドも同様に分厚いので,若干,左右方向に狭い感じがします。

これは頭の形状にもよるのでなんとも言えませんが,パッドを選べるようになっているとなおいいんですが。

(良)調節しやすい~

いまどきのヘルメットで,サイズ調整機能が無いモデルは見かけませんが,調節機構に凝りすぎて操作が難しかったり,ダイヤルが小さすぎるモデルもあります。

MOJITOはほど良い大きさとクリック感で,操作性は良好です。

サイズ調整ダイヤルは,ほど良い大きさで回しやすいです。

サイズ調整ダイヤルは,ほど良い大きさで回しやすいです。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

また,KASK独特の,後頭部のベルトを2段階で調整できるシステムの使い心地も良好です。

KASK社はこれを「UP ‘N’ DOWN TECHNOLOGY」と名付けていますが,「テクノロジー」というほどではなく,普通に「2段式」とか書いたほうが分かりやすいかも(^^;)

写真の通り,後頭部をカバーするベルト(っていうのか?)が2段階で屈曲するのですが,これによって,後ろから覆われているような,不思議と心地よい装着感が得られます。

これが普通のヘルメット。

これが普通のヘルメット。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

MOJITOは,さらにもう1段,後頭部のバンドが下がります。

MOJITOは,さらにもう1段,後頭部のバンドが下がります。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

名前は大げさな気がしますが,実力は侮れません,UP’N’DOWN TECHNOLOGY(^^)

(おいらが悪)サイズが・・・

横から。やっぱりちっと小さい気が。

横から。やっぱりちっと小さい気が。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

購入前,各地でさんざん試着していたのに,どうもサイズが小さい感じ。

もともと「デカ頭」なのに,見栄を張って(?)Mサイズを購入したことに問題があるのですが,ギリギリ入るんですね,Mサイズに。

でも,やっぱり,Lサイズの方が良かったと後悔しています。

きついわけではないですが,Lの方がより深くかぶれるでしょうし,冬場にキャップを使用したときにはMはキツイと思われます。

ギリギリ入るのと,余裕でかぶれる,のは違いますね。

失敗したなぁ・・・

(悪)アイウェアのツルが引っかかるのよ~

自転車雑誌では「アイウェアのツルは,メットの顎紐の上か下か」が書かれていることがあります。

いつも「そんなのどっちでもいいじゃん! ネタ切れか?」なんて冷ややかに見ていたのですが,MOJITOだとちょっと事情が違います。

おいらは,いつも顎紐の上に被せるようにアイウェアを付けていましたが,MOJITOの場合,後頭部にちょっと複雑なベルト(UP’N’DOWN TECHNOLOGY)があるので,その上までツルが伸びていってしまいます。

ベルトはプラスチックなので,ツルがツルツルすべり(笑),下にずれていってしまいます。

なので,泣く泣く(?)アイウェアを付けてから顎紐を装着するようにしています(アイウェアが下ね)。

この点について,強いコダワリがある人は,アイウェア込みで試着することをオススメします(^^)

(?)皮製のあご紐

ヘルメットを固定するあご紐ですが,あごに当たる部分だけ,皮でできています。

肌触り重視なのか,あごに当たる部分は皮でできています。汚れそう~

肌触り重視なのか,あごに当たる部分は皮でできています。汚れそう~

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

もちろん,合成皮革でしょうけど,もっとも汚れやすいこの部分を,敢えて皮製にしたのはなぜなのか,ちょっと理解に苦しむところであります。

まぁ,材質が柔らかいのであごに優しいといえばそうかもしれませんが,それならば,LIMARのように「あご紐カバー」を付けてもらったほうがありがたかったです。

こちらLIMAR。あご紐カバーが付いてます(ついてないバージョンもある)

こちらLIMAR。あご紐カバーが付いてます(ついてないバージョンもある)

Nikon D70 + Nikkor 35mm F2D

まとめ

まだ,使用2回,走行150kmですが,全体的にとても気に入っています。

軽いし,装着感も深くていい感じです。

なんと言っても,デザイン的に気に入っております(^^)

なんと言っても,デザイン的に気に入っております(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

ただ,サイズが・・・。

やっぱり,デカ頭には万国共通,Lサイズですね。

今回購入したのを次男坊用にしてやって,おいら用に改めてLサイズを購入する,という荒業も検討中です。

が,貯金も無いし,連続で2個もメットを買ったらツマに殴られるリスクがあります。

MOJITOはかぶりが深いのですが,ツマによる顔面(or ボディ)へのストレートパンチには無力ですし・・・。

かくなる上は,これを「サンタクロースさんより♪」と書いて12月24日の夜に次男坊の枕元にこっそり置き,おいらの枕元にも「お父さんにもLサイズを♪」と書いて,BellatiSportsの伝票を剥がしたLサイズMOJITOを置いておく必殺技でいくか・・・。

箱は大事に取っておいてあるから実現性は高いけど,サンタさんのプレゼントを開けた途端,妙に汗臭いヘルメットが出てくるのも,やっぱり怪しいよなぁ・・・

こまった,こまった(^^;

気に入った点

  • 軽い~(実測216g)
  • UP’N’DOWN TECHNOLOGYのおかげでフィット感ヨシ
  • かぶりが深い~
  • でも,キノコ頭になりにくい(^^)
  • パットが分厚くて立体的(汗に強いかも)

イマイチな点

  • あご紐がなぜか皮製
  • アイウェアのツルがUP’N’DOWNと引っかかる
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


[メーカーサイト]

最近,国内でも普通に売っているみたい・・・

[メーカーサイト]

Amazonだとカラーは限定的みたい

コメント

  1. 名前:ばしばし 投稿日:2015/09/18(金) 08:43:06 ID:3c2ff6cee 返信

     側面がきつく、前部または後部に隙間があるのは、日本人の頭で欧米系のヘルメットを被るときの宿命でしょうね。私は過去2種のヘルメットを着用したことがありますが、典型的日本人頭を自覚しているので、OGKを選択しております。

    • 名前:Shiro 投稿日:2015/09/18(金) 20:19:46 ID:39c45530a 返信

      そうか,「サイズ」の問題もあるけど,そもそも「形状」の違いもありそうですね!

      痛いというほどではないのですが,明らかに前後より横の方が狭いですもの。

      次はやっぱりOGKなんだろうか・・・。

      KOFU,結構いいんですよね。
      最後の最後まで悩みました。

      • 名前:ばしばし 投稿日:2017/02/26(日) 13:12:02 ID:581105459 返信

         先日,生涯3個目のヘルメットを購入し,またもやOGKとなりました.mojitoも含めいろいろ試着したのですが,一番しっくりし,軽量ということで,MOSTRO-Rを選定しております.
         KOOFUも試着し,悪くなかったのですが,店員さんの「軽さを追及している分,作りがやや弱くなっている.短期間に買い替える前提であるならよいが,ホビーライダーが,そこそこの期間着用しようとしているのでは,あまりお薦めしない.」とのことでした.

        • 名前:Shiro 投稿日:2017/02/28(火) 18:42:12 ID:e10441492 返信

          コメントありがとうございます~(^^)

          すごい,3個目のOGKですか!
          MOSTROも人気ありますよね。
          レース会場でよく見かけます。

          結局,おいらはMOJITOをもう一つ購入しました。
          我が家には,MサイズとLサイズの2個あります(^^;

          Lサイズはジャストサイズで,素晴らしいかぶり心地です。
          逆に,よくMサイズで我慢していたな,と我ながらあきれています・・・。

  2. 名前:_toshi 投稿日:2015/09/17(木) 08:35:53 ID:8d8e3d7c7 返信

    Shiroさん:

    >ただ,デカール(シール)の強度が弱そうなのが難点。
    剥がれない,いい方法は無いかなぁ・・・?

    今までヘルメットは結構なお値段の物からお安い物まで何個も何度も毎回ザブザブ洗っていますが、(M:XXcmとかの)サイズ表記のシール以外は剥がれた事はないですよ。

    どんなのでも絶対にとは言い切れませんけどね。

    • 名前:Shiro 投稿日:2015/09/17(木) 20:15:35 ID:7417d8f2f 返信

      個の前に使っていた,LIMAR104はデカールの剥がれ酷くて,全然洗っていないのに,1年も経つと,ほとんどのデカールがなくなっていました。

      もっとも,「The World’s Lightest Helmet」なんて書いてあって,登場のときからモストロの方が軽かったので,ちょうどいいくらいなのですが(笑)

      良く考えたら,ヘルメットが汗で汚れるのは内側であって,外側は軽く拭くだけでいいでしょうから,そんなに気を使わなくてもいいかもしれませんね。

      ただ,デカールの貼り方が,イタリアン品質で隙間が多いので,きっちりと指で押して気泡を出してからにしましょう(^^)

  3. 名前:_toshi 投稿日:2015/09/16(水) 21:21:51 ID:b6fbf9e7a 返信

    Shiroさん:

    >箱は大事に取っておいてあるから実現性は高いけど,サンタさんのプレゼントを開けた途端,妙に汗臭いヘルメットが出てくるのも,やっぱり怪しいよなぁ・・・

    私はライドから帰って自分がシャワーを浴びる時に毎回ヘルメットも一緒に洗っちゃいます。
    きついメットは長時間装着しているとジワジワと効いてきますよ。

    ニオイは消せますぜ、だんな・・・へへへ・・・

    • 名前:Shiro 投稿日:2015/09/17(木) 00:12:16 ID:f8d05da7a 返信

      あぁ,なるほど,シャワーと一緒に洗っちゃうのがいいんですね!
      1年に1回くらいしか洗っていなかったので,だいぶヤバかったです(笑)

      MOJITOは買ったばかりなので,毎回,アルコール消毒していましたが,洗っちゃう方がよさそうですね(^^)

      ただ,デカール(シール)の強度が弱そうなのが難点。
      剥がれない,いい方法は無いかなぁ・・・?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です