BBBチェーンステープロテクタ,Clear Skin

完成! チェーンステーの上部にうっすらとクリアスキンが貼ってあります(^^)
完成! チェーンステーの上部にうっすらとクリアスキンが貼ってあります(^^)
Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

チェーンステーのキズって気になりませんか?

おいらのRHC号は白い車体なので,キズにオイルが入り込んで目立ってしまい,結構気になるのです…

気に入った点

  • チェーン接触によるフレームの傷をカバーできる
  • 分厚いシールなので強度がある
  • ある程度伸び縮みするので,フレームのカーブにフィットする

イマイチな点

  • 800円は高い・・・
  • 乗り方次第では,シールなしでもフレーム傷は回避できる

たいていの自転車は右側にチェーンがあって,ペダルの力をリアのギアに伝えています(左側チェーンってあるのか?)

なので,どうしても右側のチェーンステーはチェーンの油で汚れがちになります。油で汚れているくらいなら洗えば済むのですが,下り坂や段差などで,チェーンがステーをたたいてしまうことがあります。

すると,ステーの塗装とチェーンの勝負になりますが,まぁ,当然ステーの塗装が負けて傷が付きます。なので,たいていの完成車にはチェーンステーを守るために,薄~いシールが貼ってあったりします。

張り替え前。やっぱり,100円の工作用テープでは無理だったか......
張り替え前。やっぱり,100円の工作用テープでは無理だったか……
Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

ところが,おいらのRHC号は,持ち主がディグリーザー等でゴシゴシ洗っているうちにかえってボロボロになってしまいました。しょうがないので,100円ショップで買った透明クラフトテープで誤魔化していたのですが,やはり100円,強度が足りません。

SIX号のように,カバーを付けてしまうという手もあるのですが,白い車体にああいう物体はちょいと似合わないのです。

そこで,BBBの「Clear Skin」(楽天へ)というステーガードシールを試してみました。

チェーンステー用のデッカイシールの他に,8枚の小さなシールが入って800円ナリ。
チェーンステー用のデッカイシールの他に,8枚の小さなシールが入って800円ナリ。
Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

「単なる透明テープが800円!?」と買うにはちょいと勇気がいる価格なのですが,パッケージを開けてみると納得(まぁ,自転車バカだから許容度は高いけど)。

普通のテープの何倍も厚みがある上に,かなりの強度があります。なのに,緩やかに曲げることもできます。RHC号のチェーンステーはなんのためか分かりませんが,妙にセクシーにくねっています。

RHC号のチェーンステーは,妙にセクシーなのだ。
RHC号のチェーンステーは,妙にセクシーなのダ(?)
Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8


傷だらけのテープを剥がすと......,ほっ,無傷であった。
傷だらけのテープを剥がすと……,ほっ,無傷であった。
Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8


このチェーンステーに硬いテープを付けようとすると不可能ですが,Clear Skinはほどよく曲がってくれ,皺も剥がれも無く取り付けることができました。

また,チェーンステー用のデカイシールの他に,小さい,丸いシールがたくさん入っています。アウターワイヤーやチェーンがぶつかりそうな所に,ちょこちょこ貼ることができます。

ここも,ちょこちょこチェーンがぶつかる所。コレで一安心(^^)
ここも,ちょこちょこチェーンがぶつかる所。コレで一安心(^^)
Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

肝心の効果の方は,さすがに800円もするだけあって,頑丈そのものです。

まぁ,ロードの場合,そんなに激しくチェーンが暴れるわけではありませんが,50km走った後,オイルがちょいちょい付いていましたが,ウェスで拭くとClear Skin自体にキズもなく,すっときれいに戻りました。

これで,チェーンステーは一安心。あと気になるのは,リアエンドの内側かなぁ。あの部分って,どうしてもボロボロになっていきますが,なんとかならないもんかなぁ……。

リアエンドの内側は塗装が剥げていたので,タッチペンで補修しておきました(^^)
リアエンドの内側は塗装が剥げていたので,タッチペンで補修しておきました(^^)
Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

【2012年2月20日追記】

595号では,ダウンヒル時に「アウター×2or3速」にすることで,チェーンとステイの離隔距離を確保しています。どうせ,おいらは下りは攻める人ではないので,このギアポジションでちんたら下っています。おかげで,595号のチェーンステイはまったくの無傷です(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


[メーカーサイト]

白い車体には白いガード♪

コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2007/12/24(月) 19:41:53 ID:33aac16eb 返信

    >sushiさん

    初めまして!
    コメント登録がすごく遅れてしまい,すいませんm(_ _)m

    そうですね。最近,黄色ばっかりですね。

    ここ(湘南)に引っ越してきてから,妙にオレンジや黄色が好きになってしまい,ブログの標準的な構成も暖色系なのです
    (^^)

    でも,鎌倉の秋ももう終わり。
    徐々に徐々に寒くなっていきます。

  2. 名前:Shiro 投稿日:2007/12/23(日) 21:17:23 ID:1f5d6ce96 返信

    >儀ちゃんさん

    そうですね,やっぱり明るい色の車体には汚れやキズが目立ちますよね。
    黒とかだと目立たないんだろうなぁ。

    ルイガノRHC号も元々は,薄いテープが貼ってあったのですが,
    あまりにも薄くて,すぐにボロボロになりました。
    ひょっとすると,おいらのライディングにも問題があったのかな?

    下り坂で,インナーのままでゆるゆるチェーンだったりしてたから…。

    なんか,こう,チェーンステーの真ん中あたりで,よいしょと支えるプーリーみたいな物できないもんでしょうかね(笑)
    スキーリフトの支柱みたいな感じで(^^)

  3. 名前:儀ちゃん 投稿日:2007/12/23(日) 00:40:44 ID:117a73686 返信

    俺のレモンもクリームなので汚れが目立ちます。
    同じ様な物ですが、ボントレガー製のものを買って、ワイヤーの当る場所にパッチを貼ってます。
    チェーンステーには元々の薄いテープが付いているのでそのままですが
    それでも他に汚れがつきます、汚れはメンテ回数で補うしかないですかね(笑)

  4. 名前:Shiro 投稿日:2007/12/22(土) 21:23:35 ID:3db4cd8b2 返信

    >nagamaru_0813さん

    やっぱり,結構よごれますよね!

    それにしても800円はちょいと高すぎる気がして,ジムキチとかで100m単位くらいで売ってないかなぁ?と思っています(笑)

    白フレーム最大のメリットは,「簡単にタッチペンで直せる」ところです(笑)
    小石がぶつかったり,輪行で傷つけたりで,あちこち小さく塗装が剥げていますが,みんなタッチペンでなおしてしまっています
    (^^)

    明日は雨。
    ガリレオ号も是非補修してあげてください~

  5. 名前:nagamaru_0813 投稿日:2007/12/22(土) 20:34:07 ID:58d55bc24 返信

    こんばんは☆

    今、拝見していて自分のガリレオ号を見てビックリ!
    案外汚れているしテープも傷だらけ・・・
    私も交換時期かなぁ・・・

    白フレームきれいですね☆
    私のはもう所々キズ、塗装剥がれが・・・
    補修してあげないとかわいそうですね。

  6. 名前:Shiro 投稿日:2007/12/21(金) 22:46:29 ID:e46c6584b 返信

    >hiroadさん

    そう,寒い日は家でのんびりメンテです(^^)

    ビニールテープ,というとおいらの工作テープとあまり変わりませんね。
    結局,剥がすのにべらぼうに苦労することに・・・。

    メーカー純正で,巻き付け式(?)のでいいからプロテクターを出してくれないもんでしょうかねぇ?

  7. 名前:hiroad 投稿日:2007/12/21(金) 22:24:13 ID:d62503625 返信

    お、お手入れしてますねー。
    確かに白いフレームは油汚れが目立ってしまいます。
    昔はビニールテープ巻いたりしてましたっけ。
    すぐ駄目になるんですけど。

  8. 名前:sushi 投稿日:2007/12/21(金) 04:34:40 ID:c4fcced7b 返信

    素敵な写真がたくさんあるブログですね。
    秋の写真だからか、全体的に黄色がとても印象に残りました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です