親子ライドで宮ヶ瀬ダムへ!

宮ヶ瀬湖畔をユル~くサイクリング中の次男坊。もう少しでダムだぞ~

宮ヶ瀬湖畔をユル~くサイクリング中の次男坊。もう少しでダムだぞ~

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

ヤビツ峠初挑戦から約1ヶ月,テスト期間や部活で忙しくて一緒に走ることの無かった次男坊(中3)。

まぁ,おいらも2回しか実走していないから,親子揃って全然乗っていなかったのですが,久しぶりの親子ライド(笑)です。




宮ヶ瀬ダムへ行ってみよう!

7月下旬から,関東地方(というか全国的)は猛烈な暑さに見舞われていますから,ヤビツ峠アタックはちょっと危ない気がします。

経験の少ない次男坊が倒れてしまう可能性もありますし,「子供に負けられぬ!」と頑張りすぎて倒れてしまう父46歳も危険です(笑)

そこで,ヤビツほどきつくないけど,そこそこの登りを楽しめる宮ヶ瀬ダム周辺振興財団宮ヶ瀬湖(標高300m)に行ってみることにしました。

RouteLab

宮ヶ瀬湖は中津川を「宮ヶ瀬ダム」によって堰きとめた人造湖。

おいらは何度も宮ヶ瀬湖に行っていますが,宮ヶ瀬ダムには行ったことがないので,とても気になります。

ネットで情報を調べてみると,宮ヶ瀬ダムの上(堤体)は歩いて渡ることができるとのことですので,ダムを横断することで自転車でも宮ヶ瀬湖を一周することができそうです。

ダムの設備自体も珍しくて面白そうなので,今回の目的地は「宮ヶ瀬ダム」に決定です。

バカ暑い・・・,でも楽しい(^^)

伊勢原運動公園までは車で行き,そこから自転車を下ろし,朝8時から親子二人で走り始めます。

1か月ぶりのロードバイク。車の周辺を走り回って感覚を確かめる次男坊。

1か月ぶりのロードバイク。車の周辺を走り回って感覚を確かめる次男坊。

SONY NEX-5N + E16mm

父はこっそりと(?)最軽量山岳ホイールに交換済み。フフフ・・・。

父はこっそりと(?)最軽量山岳ホイールに交換済み。フフフ・・・。

SONY NEX-5N + E16mm

「登りはそんなに好きじゃないんだけど」という次男坊ですが,持ち前の低体重によってひょいひょいと坂を登っていく姿は,なんだか自分を見ているようです(笑)

途中,町内会のオヤジさんたちが世話してると思われるヒマワリ畑で写真を撮ったり,コンビニでガリガリ君を食べたり,ちょいちょい休憩しながら峠を登ります。

清川村を走る次男坊。なんとも長閑で気持ちいい~♪

清川村を走る次男坊。なんとも長閑で気持ちいい~♪

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

清川村にある「おやじの花畑」。夏はひまわりが満開です(^^)

清川村にある「おやじの花畑」。夏はひまわりが満開です(^^)

SONY NEX-5N + E16mm

宮ヶ瀬湖は標高300mくらいありますから,平野に比べれば少しは涼しいはずなのですが,各地で「体温より高い気温」が観測されている状況ですから,1~2℃低くても,焼け石に水。

そんなバカ暑さの中,次男坊の後ろから,

  • 喉渇く前に水飲めよ~
  • ケイデンス下がっているぞ~
  • 顔を上げて~
  • お~い,パパをおいていかないでくれぇ~

などと励ましながら(?)1時間ほどで宮ヶ瀬湖に到着です。

湖畔までの,最後の登りを走る。がんばれ~

湖畔までの,最後の登りを走る。がんばれ~

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

湖畔はわずかなアップダウンはありますが,基本,気持ちい道です(^^)

湖畔はわずかなアップダウンはありますが,基本,気持ちい道です(^^)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

湖まで来てしまえば,僅かなアップダウンと,いくつかの橋とトンネルを越えると,目的地の「宮ヶ瀬ダム」。

駐車場警備のおじさんが「自転車も押して対岸に渡れるよ♪」と親切に教えてくれ,二人で自転車を降りてダムの上を歩きます。

ダムは思っていたより分厚く(?)て,2車線道路でも作れそうなほど広く,二人で歩くにはもったいないくらい。

宮ヶ瀬ダムの上。予想以上に広くてびっくり(左を歩くのが次男坊)。

宮ヶ瀬ダムの上。予想以上に広くてびっくり(左を歩くのが次男坊)。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

左に寄れば宮ヶ瀬湖が見えますし,右に寄れば目がくらむ落差や各種施設を間近に見ることができます。

ダム湖(宮ヶ瀬湖)は青く,美しい湖です。

ダム湖(宮ヶ瀬湖)は青く,美しい湖です。

SONY NEX-5N + E16mm

ひぇ~,ものすごい落差。ウォータースライダーやりたい(笑)

ひぇ~,ものすごい落差。ウォータースライダーやりたい(笑)

SONY NEX-5N + E16mm

全幅600mほどの宮ヶ瀬ダムを渡りきったあとは,また自転車に乗って対岸を走り始めます。

途中,補給に寄った鳥居原公園には,ものすごい数の自動二輪とロードバイクが溢れていました。バカ暑い平地を逃げて,少しでも涼しい宮ヶ瀬まで来ているのかもしれませんね(^^)

大量のドリンクとオヤツを補給した後は,やまびこ大橋を橋って再度,宮ヶ瀬湖を横断し,朝登ってきた道を下っていきます。

やまびこ大橋を渡って宮ヶ瀬湖の対岸に戻り,山を下って帰ります。

やまびこ大橋を渡って宮ヶ瀬湖の対岸に戻り,山を下って帰ります。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

下ハンドルを握ってダウンヒルする次男坊。

下ハンドルを握ってダウンヒルする次男坊。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

10kmほど続くダウンヒルは,この日唯一の「涼しい~♪」場所でした。

当初は宮ヶ瀬湖畔で何かを食べる予定でしたが,予想外に速く走れてしまったのと,どんどん気温が上がってきていたので,さっさと下って,ゴージャスに(?)マックを食べて,本日の親子ライドは終了です。

意外と楽しい親子ライド

この日のライドのデータはこんな感じ。

項目 記録(父) 記録(子) 備考
走行距離 40.3km ツーリングとしては超短いですよね
乗車時間 2時間10分 朝8~12時ですが,半分は休んでいます
平均心拍 121bpm 119bpm ふっ,勝った!(笑)
最大心拍 182bpm 182bpm 全く同じとは・・・。
平均ケイデンス 69rpm 68rpm

正直言って,たった40kmという距離は物足りない距離ですが,親子でのんびり走る40kmというのは,それはそれで楽しい経験でした。

この週の半ばには,学校生活のことで少し厳しく叱ったこともあって,なんとなく,ギクシャクしていた二人。

そんな時こそ,親子ライド。

自転車だと,そんなに喋らなくても意思疎通ができるし,苦しい登りは二人とも苦しいし,風が強ければ後ろに付くことで守ってもらうこともできます。

同じ乗り物(違うけど)に乗って,同じ苦労と,同じ楽しみを味わう。いいもんですね(^^)

同じ乗り物(違うけど)に乗って,同じ苦労と,同じ楽しみを味わう。いいもんですね(^^)

SONY NEX-5N + Carl Zeiss Vario Tessar T* E 16-70mm F4 ZA

ハンドルバーに付けたバックミラーに次男坊が見当たらなくて焦ったとき,おいらの真後ろで下ハンドルでドラフティングをしていてるのに気が付き,笑ってしまいました。

事細かに教えなくても勝手に覚えていくものですね(一度,ハスられましたが)。

部活や勉強で,毎週!というわけにはいきませんが,お互い気が向いたときは,「山行く?」みたいに気軽に出かけられるのも自転車のいいところ。

でも,もうちっと涼しい季節がいいな(笑)

パピコも半分こ(^^)

パピコも半分こ(^^)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

ドリンクなどこぼれて汚れ放題だったけど,夕方には綺麗にワックスがけされた2台。また遠くへ連れてってくれ~い(^^)

ドリンクなどこぼれて汚れ放題だったけど,夕方には綺麗にワックスがけされた2台。また遠くへ連れてってくれ~い(^^)

SONY NEX-5N + Carl Zeiss Vario Tessar T* E 16-70mm F4 ZA

おしまい。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2015/08/10(月) 18:09:21 ID:7f3e0b797 返信

    >Noguさん

    実は,土山峠を「登る」のはほとんどやったことがなくて,おいらはかなり久しぶりでした(もちろん,次男坊は初)

    後半に向けてどんどん勾配が増していくコースレイアウト(?)は,なかなかのSですね。

    でも,次男坊はやっぱり軽いですねぇ。

    文句を言いながらも,ひょいひょい登っていってしまいます。

    次回,本気でヤビツで勝負したら,ちょっとやばいかもです・・・(笑)

  2. 名前:Nogu 投稿日:2015/08/10(月) 10:08:09 ID:2b3f020ae 返信

    背中見せられた感じですね。
    土山峠上ってる画像は次男君まだ余裕見れますな。
    あのポイントあと少し何だけど毎度毎度へこたれるもの。

  3. 名前:Shiro 投稿日:2015/08/07(金) 14:30:53 ID:a1f07b4c8 返信

    >なかよしさん

    そうですねぇ,次男坊はまだ15だからいいですが,20歳になったら付いてこないかなぁ。

    「自転車」って不思議で,幼少の頃は大好きで憧れだったりするのですが,20代くらいになると「ダサい」乗り物に成り下がってしまう気がします。

    そして,30や40歳になって急に熱が再燃するような・・・。

    自分がまさにそうでした(^^;)

    我が家も,毎月,学費だけで「ホイール買えるじゃんか!」という額が飛んでいっています。

    795だって,Lightweightだって買えるんだけどなぁ・・・(涙)

    でも,奥様と一緒に走られるというのはいいですね(^^)
    うちは全然ですので・・・。

  4. 名前:なかよし 投稿日:2015/08/06(木) 21:31:51 ID:9d89c49c2 返信

    親子ライド良いですねー。
    息子も20歳ぐらいになると着いてきません(当たり前ですが)
    一緒にライドできるうちに走っておくのが吉ですよー。
    子が大学へ行き出すとお金が大変。
    少し前、子3人の大学が被りまして学費だけで
    年500万がマン島のミサイルのように飛んでいきました。(ルック795が何台買えるんだろうか)
    息子、娘に見放された56歳は
    家内とチンタラ走ってます。

  5. 名前:Shiro 投稿日:2015/08/06(木) 17:10:51 ID:239c3732a 返信

    >Ottyさん

    きっと,自転車ライドは「必要最小限ののことしか考えられなくなる」のがいいんじゃないでしょうかねぇ?(^^)

    仕事もプライベートもほとんど忘れ,ただただ苦しかったり,爽快だったり,いずれも「あぁ,生きてるなぁ」とうれしい気持ちです。

    そうなると,ちょっとしたイザコザなんて消えてしまいそうです。

    そうだ。

    これからは,家裁での審判が始まる前に,関係者全員(裁判長も)で,とりあえず50kmくらい走ってから始めるのはどうでしょう?

    みんな,「なんとなくいいや~」ってなってくれるといいんですが・・・(^^)

  6. 名前:Shiro 投稿日:2015/08/06(木) 17:07:43 ID:239c3732a 返信

    >中塚博之さん

    初めまして!
    コメントありがとうございます(^^)

    中学3年生というのは,親から離れたかったり,親に甘えたり,なんとも微妙な年頃ですよね。

    こちらが強めにペダルを踏み込んでも,ちゃんと付いてくるあたりが,かわいかったり,頼もしくもあり,また,恐怖でもあったりします(笑)

    仕事があって,家族があると,なかなか月間1000kmなんていうことは難しいですが,限られた時間だけに楽しいこともありますから(と,自分を慰めてみる)

    でも,やっぱり,たまには100~200kmのロングライドをしたいですね(^^)

  7. 名前:Otty 投稿日:2015/08/06(木) 12:28:44 ID:5fac3c12f 返信

    ぎくしゃくした後のライドはリセットしてくれますよね!
    うちも、昨日単身赴任先の茨城・神栖に次男坊(高専1年)が遊びに来て、千葉北東部(東庄・飯岡・銚子)を100km弱ほど走り回って来ました。

    子供も登れるようになってくると、行動範囲が広がって楽しいですよ〜^^

  8. 名前:中塚博之 投稿日:2015/08/05(水) 20:58:34 ID:aa52fe7d9 返信

    最近、楽しく読ませていただいてます。今回の記事は、年頃の子供を持つ(私ところは来年二十歳なのですが)親の気持ちがよくわかって、ちょっと笑ったり、ほろりと来り(年のせい?)。
    私はロードに乗ってようやく4年ほど、仕事やら家族の付き合いで、休みもままならず、月に合算100Kちょっとが関の山の状態ですが、自転車の楽しさを50過ぎて再認識しています。。
    これからも楽しみにしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です