富士ヒルクライム2019参戦記2(走り編)

ようこそスバルラインへ。ここから雨ヒルがはじまる。

ようこそスバルラインへ。ここから雨ヒルがはじまる。

SONY アクションカム HDR-AS200V

記念すべき10回目の参加となった富士ヒルクライム2019

最大の見どころは酷寒極寒下山地獄ですが、それは次回のお楽しみ(苦しみ?)として、まずは、レースの様子を紹介しましょう。



今年のレース仕様

(速さにつながるような)装備の変更点はほとんどないLOOK595号。

悩んだタイヤも結局、昨年と同じVittoria CORSA SPEEDにしたので、サイコン(CA500→CA600)以外、変化なしです。

試走年 2018年 2019年 備考
年齢 49歳 50歳 50代最年少!
体重 57.7kg 60.1kg 結局、ここまでしか減らず・・・
フレーム LOOK595 10年目です
ホイール F: Reynolds MV32T UL
R: FFWD F4R
Reynoldsも9年目
タイヤ(F) Vittoria
CORSA SPEED
結局、去年と同じ
タイヤ(R) Vittoria
CORSA SPEED
チェーンリング FC-9000(50-34T)
リアスプロケ CS-6700(12-30T) シルバーギアです(^^)
サイコン PIONEER SGX-CA500
GARMIN fenix 5s
GARMIN Edge810J
PIONEER SGX-CA600
GARMIN fenix 5s
GARMIN Edge810J
ペダモニだけ更新
パワーメーター PIONEER ペダモニ  
至近のFTP 240W
(4.16W/kg)
222W
(3.69W/kg)
去年日マイナス11%
スタート直前のLOOK号。雨が冷たい・・・(><)

スタート直前のLOOK号。雨が冷たい・・・(><)

SHAPR AQUOS mini

体重は、試走時に比べるとほんの少し(う〇こ1発分くらい?)だけ軽量化していますが、ほぼ誤差の範囲内です(60.6→60.1kg)。

本当は、単身赴任先で水曜日くらいにFTPでも計測しておこうかと思ったのですが、ペダモニを左右両方とも自宅のLOOK595号に戻してしまっていて、パワー計測できないので、FTPは5月初旬に計測した222Wのままです。

走りの作戦では、ほぼ同一性能&似たようなタイムの「きゅーさん」と同じスタート枠になっているので、こんな感じで走ってみることに。

坂タイプ(?) 2018年 2019年
急坂(6%以上) 抑えて耐える
(200W程度)
きゅーさんに引いてもらう
(200W程度)
通常(5~6%) 普通に走る
(220W程度)
普通に走る
(200W程度)
緩斜面(5%未満) かっ飛ばす
(300W程度)
きゅーさんを引く
(280W程度)

序盤(スタート~10km)の様子

スタート時は小雨が降る程度でしたが、途中から雨脚が強くなってきました。

こうなると、サイコンの文字は最大枠で表示している「パワー(3s平均)」以外は読み取りできなくなり、「こんなに寒いと心拍上がらないよねぇ」なんて話しながら、改めてグラウを見てみると、とんでもなく心拍が高くなっていました・・・。

まぁ、心拍が高かろうが、低くて止まりそうだろうが、パワーだけを信じて登るだけですが(^^;

事前の作戦通り、緩斜面は下ハンドルでかっ飛ばしてきゅーさんを引き、急こう配では逆にきゅーさんに引いてもらうを繰り返し、かなりいいペースで登っていくことができました。

また、極端に寒いわけではなかったのでアームカバーを脱ごうかと思ったのですが、考え直して手首側に縮めて丸めておきました(四合目以降で命拾いします)

中盤(10~20km)の様子

例年苦しむ中盤ですが今年は特にひどく、勾配がきつい区間では平均パワーが160~170W程度しか出せない程疲労していました。

腰痛が悪化したきゅーさんとお別れした後は、200Wはおろか170W出すのが精いっぱいという苦しい状況が続きます。

この後のゴール前3kmでは400W以上を出し続けていたので、なぜ中盤があそこまで落ち込んでいたのか、今ではよくわかりません(サボっていただけ?)が、ここで大きくタイムを落とした気がします。

雨脚はかなりきつくなり、前走者からの跳ね上げがガンガンと顔に浴びされるし、どんどん体が冷えていきます。

ここで、手首で丸めておいたアームカバーを(苦労して)引き延ばして腕全体をカバーするようにしたところ、腕の極端な寒さを回避することができました(ずぶぬれですから、温かくはないですが・・・)

最終版(20~24km)の様子

ほぼ平坦区間となる、富士ヒル名物の「極楽浄土区間」。

この区間で、集団でローテーションしながら速く走れれば、大きくタイムを稼ぐことができます。

去年は、最大41.0km/hまで加速できましたが、今年も40.3km/hまで出すことができ、かなり高速に走りきることができ、最後の急こう配もオールダンシングでラストスパートできました。

重ね重ね、中盤(10~20km)の体たらくぶりはいったい何だったんだろう・・・?

(冷たい雨を受け続けたカメラが不調となり、ゴール動画が無いのが超残念・・・)

走りを振り返り

結局、10回目となった本大会の記録は、1時間23分(83分)でした。

参加年 2009 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
バイク RHC LOOK 595
天候 快晴 曇り 快晴 快晴 曇り 快晴 快晴
歴代順位 9位 3位 2位 5位 8位 6位 7位 10位 1位 4位
タイム 89分 88分 81分 83分 88分 83分 84分 92分 80分 83分
平均心拍
(bpm)
180 181 176 176 177 175 173 173 175 173
最大心拍
(bpm)
190 190 196 196 189 187 189 195 197 188
平均
ケイデンス
(rpm)
74 77 82 78 86 81 82 82 91 85
最高速度
(km/h)
35.8 44.1 38.2 35.5 39.9 40.3 40.9 41.1 41.5 40.3
消費エネ
(kcal)
1446 1451 1487 1866 952 1004 867 1027 1070 1080
表彰区分 万年ブロンズ ブルー ブロンズ
平均パワー
(NP,W)
              190 226 220
アイス購入
(個)
1 1 0 2
(※1)
2 1 無! 1 1 無!

(※1:2013年は購入直後に落として、もう1個購入)

ゴール直後の様子。雨&霧で予想以上に寒い~

ゴール直後の様子。雨&霧で予想以上に寒い~

SHAPR AQUOS mini

昨年より3分遅れ、歴代4位という平凡なタイムとなりましたが、まぁ、11年もやっているのでまずまずではないでしょうか?(^^;

ケイデンス、心拍ともに去年をだいぶ下回っており、寒さのせいで足も心臓もイマイチ回りきらなかった気がします。

昨年とのパワーを比較(1分間の移動平均処理)で比較してみると、こんな感じ時なります。

昨年とのパワー比較。

昨年とのパワー比較。

16kmから21kmあたりまでぐんぐんとパワーが落ちていっている様子がわかります。

その後、22km地点(極楽浄土始点)で目が覚めたのが爆発的にパワーを出しますが、そこからは他ライダーのスリップに入ってせこくパワーセーブしている様子もわかります(^^)

直前に予想していたFYR(Fujihiru-Yabitsu-Rate)では、過去最良(=最も小さい)である1.93をマーク。

つまり、直前のヤビツタイムはイマイチだったけど、富士ヒル本番ではかなり挽回した、ということを示しています。

今年のFYRは1.93で、「直前のヤビツの遅さの割には、富士ヒルで頑張った」年でした。

今年のFYRは1.93で、「直前のヤビツの遅さの割には、富士ヒルで頑張った」年でした。

しかし、長年の目標であるシルバー(75分)には程遠い結果ですので、まだまだ努力が足りないですね。

同期で参加のo-donくんは、なんと66分です(!)ので、年齢を言い訳にすることもできません(人種が違うという話もあるが・・・)

来年は、笑ってこの坂を歩きたいなぁ~。できれば快晴で(^^)

来年は、笑ってこの坂を歩きたいなぁ~。できれば快晴で(^^)

SHAPR AQUOS mini

幸か不幸か、単身赴任はまだまだ続きますので、いくら回しても誰にも迷惑にならないローラー台(ZWIFT)中心に、また1年頑張りましょう。

  • SST(Sweet Spot Training)を中心として、FTPを底上げする
  • 急坂に備えて、トルクの向上にも努める
  • 疲労を抜くダンシングも積極的に取り入れる(GT-Rollerで練習?)
  • 左脚(非利き足)よりも5%程度もパワーが低い、右脚(利き足)をなんとかする などなど

次回は、お待ちかね(?)地獄の下山苦行について紹介予定です(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:いっちー 投稿日:2019/07/21(日) 16:34:35 ID:2da6ff6dd 返信

    はじめまして。
    富士ヒルお疲れ様でした。
    私も福島より参加していました。
    2年ぶり2度目の参加でしたが、今年はかなり寒かったですね。
    自分もFTP220W程度でしたが寒さ+ハーフジャージ上下のおかげで全然実力出せず、99分でした。
    下山も、ロングのタイツを忘れて長袖ジャージ2枚入れるというポカをやらかしてしまって死ぬ思いでした(笑)

    • 名前:Shiro 投稿日:2019/07/22(月) 01:31:02 ID:055ee999b 返信

      初めまして!コメントありがとうございます!

      おぉ、同じ福島でしたか!
      自分は福島はローラー、実走は神奈川という感じになってしまっています。
      いつか、ちゃんと整備して福島でも走りたいのですが・・・。

      今年の富士ヒルは本当、地獄の寒さでしたね(><)
      しかも、タイツ忘れとは・・・!!

      やはり、前日の快晴・真夏のような天気に騙されてしまった感じでしょうか。
      前日から寒い雨なら、こんなポカ絶対にやらなかったんですけどねぇ・・・。

      来年は気を付けて、万全で臨みましょう。
      FTPは250Wくらいいきたいですねぇ・・・(^^)
      今は、たぶん、150Wくらです(笑

  2. 名前:sramred 投稿日:2019/06/17(月) 19:26:37 ID:698f4638c 返信

    先日4200m上って感じたことですが、ダンシングでずっと上れる人は速いですねぇ…
    もうダンシング縛りトレーニングするしかありません(キッパリ)

    • 名前:Shiro 投稿日:2019/06/21(金) 23:46:56 ID:6c6b693c4 返信

      自分も、ダンシングはイマイチ苦手です。
      体重が比較的軽いのでダメージは少ないのですが、やってもあんまり速くならないのが課題です・・・。

      今回は、同じ筋肉を使って疲れないよう、休むダンシングなるものをやってみましたが、これは少し効果があった気がします(^^)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です