えっ!? まさかの、富士ヒルエントリーしてしまいました(^^;

まさかの、今年もエントリー!

まさかの、今年もエントリー!

突然ですが、今年の富士ヒルクライム(第15回 Mt.富士ヒルクライム)にエントリー完了いたしました。

昨年(第14回)の時には、下山用荷物預けに関する混乱、会場レイアウトの悪さ、長い大便行列、8回参加で最も遅いタイム(←これは自分の問題か・・・)などあまりに問題が多すぎ、「このまま改善されなかったら、来年はパスだなぁ」と書いていたのに、いったいどうしたのでしょう・・・?



今年の富士ヒルはいつもと違う!?

1月中旬、富士ヒル大会事務局から、前回の参加選手あてに1通のメールが届きました。

例年は「とにかく今年も参加しろよ」くらいしか書いていないのですが、今年は、「いろいろ反省したから今年も参加してね!」内容になっていました。

改善の内容を見てみると、こんな感じでした。

【改善1】ついに、前日荷物預けが可能に!

過去に何度も書いていますが、富士ヒルの朝はべらぼうに忙しいです。

  1. 駐車場に車を停めてバイクを準備する
  2. 下山用荷物をトラックに預ける
  3. 大会の開会式
  4. ウェーブごとにスタートする

もちろん、これ以外にも、世界最長の大便行列に並ぶというビッグイベントもあるのですが、昨年、特に大変だったのが「下山用荷物をトラックに預ける」という作業です。

去年の荷物預けは大混雑で酷いものでした・・・。

去年の荷物預けは大混雑で酷いものでした・・・。

第1ウェーブの選手がスタートするまでに、全員の荷物を集めてトラックで5合目に運ぶ必要があるため、とにかく時間的制約が厳しく、例年、大小の混乱がありました。

しかし、よくよく考えれば、下山用荷物とは要するに冬用ウェアみたいなものなので、前日に預けてしまっても何も不便は無く、1回目の参加時から、ず~~~~~~~~~っと、前日にも預けられるようにしたらいいのに、と思っていました。

やっと、われらの思いが実現に!!(^^)

やっと、われらの思いが実現に!!(^^)

それが、今年、ようやく実現されるそうです(^^)

当日の天候が怪しい時には、雨対策グッズをどうするかなど悩むことはありそうですが、ドライ・ウェット両方の荷物を突っ込めば済むことなので、そんなに課題は無いと思います。

これだけでも、朝の混乱・混雑はだいぶ改善されるのでは?と期待大です。

【改善2】自己申告タイムではなく実績タイムに!

去年まで、自分の出走枠(ウェーブ)は、エントリー時の自己申告タイムによって決まっていました。

前の方で走りたければ、1時間00分など大会新記録並みのタイムを書けばいいし、後方からガンガン抜いていきたいなら3時間とでも書いておけば可能でした。

しかし、こういう、実力とはかけ離れたタイムを書く人がものすごく多くなってきたのと、そもそもの参加人数が大規模化してきたことから、コース上での追い越しや、追い越されがあまりに多くて、非常に走りにくい状況になっていました。

そこで、今回は過去5年の参加タイムのうち、最も早いタイムをもとに決定する方式に変更になりました。

去年は92分。最善タイム81分で決められてしまって大丈夫なのか、不安はありますが・・・。

去年は92分。最善タイム81分で決められてしまって大丈夫なのか、不安はありますが・・・。

おいらの場合、2012年の「1時間21分」をもとに出走枠が決まりそうです。

去年より11分も速くて大丈夫なのか?という心配も沸いてきますが・・・

【改善3】女性もタイム順の出走枠に

去年までは、男性はタイム順(といっても、いい加減な自己申告だけど)でしたが、女性は1つの枠しか設けられず、また、ものすご~く前の方から出走していました。

そのため、多くの女性ライダーは、後続する無数のオッサンライダーたちに抜かれまくる、というのが富士ヒル標準スタイルでした。

しかし、これでは女性ライダーの多くはコースの左端に張り付くように走ることを強いられ、右から少しでもオッサンに押されると、道路端の側溝に落ちてしまうというリスクがありました。

また、そもそも速度差がありすぎる選手たちが混在すること自体が危険でしたので、男女分けなくタイム順でスタートするのは、一つの改善だと思われます。

【改善4】FPT、VO2MAXともに改善中!

これは、大会運営とは無関係ですね(^^;

昨年末から続けているZWIFTのおかげで、FTP(機能的作業閾値パワー)、VO2MAX(最大酸素摂取量)ともに改善が続いています。

あくまでも机上計算ですが、現状を維持できれば(体力&体重)、ちょうどシルバーに手が届くタイムが出せるのではないか、と欲が出てしまいました(^^)

夢のシルバーを目指そう!

というわけで、大会運営・自分能力ともに改善が見込まれるため、思い切って参加してみることにしました。

エントリー自体は、昨年の参加者は優先枠があるため、全く焦ることなく、開始から3日後くらいに普通にHPからエントリ完了。

相変わらず、参加人数至上主義なところが気にはなりますが・・・。

相変わらず、参加人数至上主義なところが気にはなりますが・・・。

あとは、ひたすら、6月の大会前日までZWIFTでローラーを回し続ける日々です。

それでは、4か月後にまた(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Nogu 投稿日:2018/02/12(月) 08:15:39 ID:b671dd9c3 返信

    今年も宜しくです。
    なんと言っても前日の荷物預けがでかい改善ですね。
    これでホテルをゆっくり出れます。
    トイレもホテルで済ませるかな?

    • 名前:Shiro 投稿日:2018/02/15(木) 01:10:47 ID:37fa9a8f1 返信

      ね、なんといっても、荷物前日預けが実現されたのが大きいですね!

      多少心配なのが、「だったら開会式行かなくていいじゃん」となって、自身の出走枠ギリギリまで人が全然集まらないことかな?(^^;

      何はともあれ、今年も頑張りましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です