第2回 江ノ電vs.ロードバイク世界選手権

本日の主役,江ノ電さん(これは鎌倉行き,戦ったのは藤沢行き)

本日の主役,江ノ電さん(これは鎌倉行き,戦ったのは藤沢行き)

Nikon D70 + TAMRON 17-50mm F2.8

4年前の2008年3月に「第1回江ノ電バトル」が開催されました。

七里ヶ浜駅→鎌倉高校前駅間の江ノ電直線区間を利用して,併走するR134を自転車で走り「江ノ電 vs. ロードバイク」という,夢の対決を実現した大会でした(笑)

当時の動画を見て見ると,参加したShiro選手が「まぁ,このへんで勘弁してやろう」などと,超上から目線のコメントを残していますが,スタートから先行した江ノ電に全く追いつくことができず,明らかに完敗でありました。

あれから4年。

フレーム,ホイール,ハンドル,ステム,コンポ一式,サドル,ペダル,タイヤ,ワイヤー類・・・要するに自転車一式を一新し,リベンジに挑むことになりました。

肝心のエンジンは加齢とともに劣化が目立ちますが(涙),第2回 江ノ電vsロードバイク世界選手権大会(勝手にグレードアップ)の結果やいかに!?




コース・レギュレーション(笑)紹介

まずは,大会コースの紹介をしておきましょう。

江ノ電の七里ヶ浜駅から西に少し向かうと,次の鎌倉高校前駅までR134と併走する直線区間が現れます。

ここが大会のコースであり,スタート地点はR134と江ノ電が併走し始めるポイント,ゴールは鎌倉高校前駅となる,距離400m,標高差ほとんど無しの平坦コースであります。

大会コース図(って,直線だけど)

大会コース図(って,直線だけど)

続いて,レギュレーションですが,ほとんどなんもありません(笑)

スタート地点では,藤沢方面行きの江ノ電(=参加選手)は,鎌倉方面行きの江ノ電とすれ違うために停車しています(単線なので)。

両者のすれ違いが完了し,藤沢方面行きが動き始めたら,おいらもスタートして,400m先のゴール地点である鎌倉高校前駅を目指します。

ただ,いつも,この大会が開催されるかというとそうではなく,安全のため,道路が渋滞していないときに限られます。

早朝であれば大丈夫ですが,夏の日中は渋滞していますから,その横を疾走するのは危なすぎるとの大会本部(=おいら)の判断です(笑)

ちょうど江ノ電が来た! 大会開催!

先日のTX10動画疑惑検証の際,のんびりと七里ガ浜付近を走っていたら,後ろから江ノ電がのんびり走ってきました。

車道の前後を見渡すと,早朝であったため,まったく自動車もいません。

これは,4年前の雪辱を果たす,絶好のチャンスが到来しました。さっそく,スタートポジションに陣取り,江ノ電の到着を待ちます。

一方の江ノ電は,七里ヶ浜駅で十分休養し,さらに交差ポイントでもゆっくりと休憩してから,おもむろにおいらとの勝負に向かってきました。

ここから先,大会の様子は動画でどうぞ~

スタートの一瞬だけ江ノ電がいましたが,その後は一度も画面に登場しません。

まるで,一人でバカみたいに疾走しているバカ親父みたいですが,ちゃんと10mくらい後ろを江ノ電は追走していました(笑)

4年前は46km/hまで加速していたのですが,今回は51.2km/hまで出せました。

この6km/hの差が効いたのか,第2回大会では,おいらの圧勝でした(^^)!

延長戦

あまりにも拍子抜けするくらい江ノ電が遅かったので,もう1回,延長戦をやってみることにしました。

今度は,鎌倉高校前駅から先の小動(こゆるぎ)の信号までの,同じく,約400mです。

今度は,ちょっと油断したら江ノ電に抜け駆けスタートされてしまいました。

駅からちょっと距離があったので,江ノ電は初速が速く,0km/hスタートのおいらはなかなか追いつくことができません。

小動の交差点に近づいたところで,江ノ電は右カーブのために減速し始め,おいらはようやく追いつくことができました。

しかし,カメラが真正面を向いていたため,併走する江ノ電とどっちが先にゴールできたかは,イマイチはっきりしない延長戦となってしまいました。

ここから,家までは約10kmを走ったのですが,大量の乳酸を脚に溜め込み,やたらと重たい帰り道でした。

やはり,延長戦はちょっと余計だったなぁ(笑)

第3回目があるかどうかは微妙ですが,江ノ電 vs. ロードバイクは,ほぼいい勝負,よきライバルであることが分かりました。

早朝,道路が十分すいているときには,モチベーション向上のため(?)に一度トライしてみてはどうでしょう?(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2012/07/06(金) 23:22:53 ID:99b3dd113 返信

    >かずさん

    こんばんは~

    さすがに,JRは全く歯が立たないですよぉ。

    前に,Edge705を持って通勤してみたら,
    京浜東北や東海道線も100km/hくらい出していて驚きました。
    感覚的に50~60km/hくらいなんだと思っていましたので・・・。

    ところで,自転車の速度制限。
    良く分からんですよね。

    一説には無制限だというのもあるし,
    無制限は事実だけど安全運転義務違反になるとの説も。

    まぁ,いずれにせよ,自分自身の安全速度で走るというところですかねぇ。

    おいらのダウンヒルは,50k/hを越えることはまずないです。
    何度か怖い目をみましたので・・・。

    ヒルクライマーは,すばやく上って,ゆっくり下る。
    どっちもゆっくりだったりして,切ないところですが(笑)

  2. 名前:Shiro 投稿日:2012/07/06(金) 23:18:13 ID:99b3dd113 返信

    >いもりんさん

    こんばんは。

    江ノ電,ほんと,コミカルでかわいい電車です。
    「20系」なんていう型式もちゃんとあるんですね(当たり前か)

    沿線の人たちは,当たり前のように線路を歩いて渡っています。
    感覚的には,「電車」というより「バス」に近い感じなのかも。

    さすがに箱根登山鉄道は厳しいですねぇ(笑)

    なんせ,こちらは上りだと頑張っても20km/hそこそこですから,
    それより遅いと,お客さんも参っちゃうかも・・・。
    いやいや,スイッチバックで巻き返しか!?

  3. 名前:かず 投稿日:2012/07/06(金) 22:45:35 ID:d581d4730 返信

    こんばんは。
    面白い戦いをされていますね(^_^)
    そのうちJRと勝負してみてください(笑)

    前から気になっていたのですが、自転車ってスピードはどこまで出していいのでしょうか?
    原動機付きじゃないから、道路の制限速度は当てはまらないのでしょうか?
    そんなことないのかな?
    自転車ってあまりきっちりとルールを教えられないから、よくわからないです。

  4. 名前:いもりん 投稿日:2012/07/06(金) 12:51:02 ID:5faf00b99 返信

     こんにちは。
     江ノ電と競争だなんて面白すぎます!

     チャリダーであり鉄ちゃんでもあるオレにはキラーコンテンツですね~
     江ノ電は特に好きなんすよ~(関西人やけど…)
     競争した20形はわりと新しい車輌なんで加速が良くて大変だと思います。

     次は箱根登山鉄道とヒルクライム対決とかして欲しいですね~

     面白かったんでポチッときま~す!

  5. 名前:Shiro 投稿日:2012/07/03(火) 20:45:13 ID:3e7fc6bd6 返信

    >_toshiさん

    こんばんは(^^)

    いやいや,一度やると,脚がパンパンになってしまうので,
    そう何度もできるものでもなかったりします(笑)

    でも,ちょうどいい,インターバルトレーニングになったりして。

    秋以降に,またやってみますね(^^)

  6. 名前:Shiro 投稿日:2012/07/03(火) 20:42:20 ID:3e7fc6bd6 返信

    >Popuさん

    おぉ,確かに,車内から見たほうが面白いかも(笑)
    FHCでも,そういう映像ってないのかな?

    まぁ,冷静に考えると,大の大人がかなりアホですよね。
    電車から見つけたときは,知らん振りしていたほうがいいかもしれませんね(笑)

    >ヤタガラスさん

    こんばんは~

    超低速の江ノ電だからこそできる競技です(笑)

    地元民で慣れているつもりなのですが,
    それでも,江ノ電がやってくると,
    なんだか,あの「のどかさ」にやられてしまいます。

    湘南はとてもいいところだと思うのですが,
    唯一の欠点は,「高い山が無い」ことです。

    近所で一番高い山でも200mくらい(湘南国際村)しかないので,
    自称ヒルクライマーとしては,イマイチ物足りない感じ。

    逆に平地大好きな人にとっては,とってもいいところかも(^^)
    ぜひ,輪行でお越しください~!

  7. 名前:Shiro 投稿日:2012/07/03(火) 20:36:09 ID:3e7fc6bd6 返信

    >きゃべつさん

    そう,クルマで渋滞していなければ,
    信号もほとんどないし,気持ちがいい道ですよね~

    地元民のため,いつも早朝ばかり走っていて,
    たまに昼間に走ると,あまりの渋滞に驚きます。

    確かに,雨上がりはしっとり,凛としていていいですよね。

    >Noguさん

    そういえば,そんな番組もあったんですよね。

    早朝だと,乗客もほとんど居ないので,
    誰も見ていない感じでした。

    子どもが居ると大騒ぎしそうですが(笑)

    カベンディッシュとかだと,普通の通勤電車(90km/hとか)でも
    いい勝負ができるんだろうなぁ・・・。

  8. 名前:_toshi 投稿日:2012/07/03(火) 13:08:32 ID:13b3e87e9 返信

    皆さんの言うように、乗客の反応も見たいし、社内からの撮影ってのも面白そうですね。

    近いうちに再戦ですか?!

  9. 名前:ヤタガラス 投稿日:2012/07/03(火) 01:21:40 ID:6dc33231b 返信

    shiro様
    こんばんは~。。江ノ電とバトルおもしろいですね~。私もやってみたいです!
    っというか、大阪人の私には江ノ電とか江ノ島とか湘南そのものが憧れって感じですね。昔々サーフィンに嵌っていた頃に一度だけ行きました。
    もちろん自転車でなく車ですけど、田舎者の私には景色が全てTVの中の様でBGMのサザンの歌詞のとおりの景色が目の前にある事に深く感動を覚えた記憶があります。
    もう一度行きたいですね~「湘南」!
    時間とお金があれば輪行で「湘南」!
    う~ん新たな夢ができました。死ぬまでに一度は行こうと決意しました。
    いつもありがとうございます。

  10. 名前:Popu 投稿日:2012/07/02(月) 20:04:13 ID:64f7cbf50 返信

    次行う際は予告してください。江ノ電車内からshiroさんの激走の様子を撮影しますよ。
    オリンピックトラック競技の移動カメラの様に連続
    した横からの画像が得られるので、フォームのチェックもできるかもしれません。

  11. 名前:Nogu 投稿日:2012/07/02(月) 19:38:26 ID:126c07e3d 返信

    一昔前の鉄腕!DASH?
    勝手に撮影すると逮捕されますぞ(^^;

    しかし、乗客の反応が聞きたいにゃ。

  12. 名前:きゃべつ 投稿日:2012/07/02(月) 18:28:16 ID:41a145a94 返信

    私も何回か走ったことがありますが気持ちのいい道ですよねー。特に春の鎌倉はどことなく凛とした雰囲気に心が洗われます。
    なかでも雨上がりが格別ですな。

    ただ一号でいくと入るまでの坂がきつくてきつくて…(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です