おいら号はどうする?

いまだ,まともな写真が撮れてないので,全貌はまた来週・・・。
いまだ,まともな写真が撮れてないので,全貌はまた来週・・・。
Nikon D70 + 17-50mm, f2.8

さて,家族全員で自転車生活!への最後のステップ,おいらの自転車をなんとかしなければなりません。

おいらの自転車は8年くらい前に買った,正真正銘のママチャリ(?)であり,自転車生活を始めるうえで様々な問題を抱えております。判明している主な問題点は以下のとおり。

重い
鉄フレーム,巨大かご,自動点灯ライトなどの重装備により,重量は軽く(日本語変?)20kgを越えています。
壊れている
直せばいいのですが,壊れている箇所が多すぎです。内装変速機(トップギアにしか入らない),ブレーキワイヤ(前後とも断線中),ベル(取れた),ライト(つかない),鍵(操作レバーが折れ,施錠は極めて困難),チェーン(激しくたるみ,フレームをこすり続ける),サドル(表面が裂け,内部に雨水をたっぷり貯蔵している)などが,主な故障箇所です。
でかい
「でかい」といっても全長20mとかいうわけではなく,普通の26インチ自転車なのですが,問題は「折り畳み」や「タイヤ外し」などの,車に積むための機能がいっさい無いのです。さすがに,26インチの自転車をそのまま積み込むのはちょいと,というかかなりしんどいです。
やる気が出ない
これが最大の問題カモ。シューマッハに軽トラを渡して峠道を攻めてもらった場合,まぁ,あの人なりにタイヤをきしませながら,車体の限界性能で走り切ることとは思います。しかし,やっぱり,「やる気」という観点では,きっとフェラーリの方が出ると思われます。おいらも,やっぱり,ママチャリではやる気が・・・

というわけで,これらの問題を一気に解決できる自転車を探し始めたのでした。

まずは,どんな車種にするかですが,これは最初から「クロスバイク」一筋。ドロップハンドルのロードレーサーは気合いが入りすぎて,のんびり自転車生活には不向き。正反対のMTBも,基本的にはサイクリングロードなどの舗装路を走ることを考えると,ちょっと苦しい。

といわけで,ロードレーサーとMTBの中間であるところの「クロスバイク」に決めていたのです。

で,どうしても満たしたかったのは以下の条件。

前サスペンション
絶対に欲しい!理由は「かっこいい」「乗りやすそう」という2点。歩道の乗り降りが多かったりするので,どうしても前サスペンションは欲しいのです。
タイヤが外れるヤツ
走っている途中に突然外れると困るので,正しくは「外せるヤツ」。まぁ,スポーツバイク,クロスバイクに分類される自転車でタイヤがクイックリリースで簡単に外せない方が珍しいとは思いますが,たまに超廉価車種だと外せなかったりして,ママチャリとの差別化が難しいヤツもあったりします。
かっこいいヤツ
この「かっこいい」というのが微妙ではあります。ただ,昔おいらが小学生の頃に大流行した「スーパーカーライト付き」とか「車と同じシフトレバー」とか「派手な電飾」を満載したデコトラのようなヤツはだめであります。むしろ,まったく反対に,なるべくシンプルに,なるべく目立たないような自転車を探しているのです。
いちおう軽いヤツ
せっかくママチャリから乗り換えるので,どんなに重くても15kg以下を目指したい。本当は11~12kgくらいを目指したいところですが,一気に10万円近くなってしまうので,ここら辺はお財布ともご相談です(相談の余地無しだけど・・・)

と,お予算がない割には言いたい放題ですが,「そういう自転車ないかなぁ~」と,これまた近所の自転車量販店,「サイクルベース あさひ」に向かったのでした。

で,た~くさん並ぶクロスバイクをざーっと見ていき,いきなり,これだ!という自転車にぶつかりました(あくまでも比喩です。本当にぶつかってたら倒れちゃう)

さんざん,色んな条件を書いておいてなんなんですが,この自転車のデザインと色にすっかり一目惚れ。

重量は14kg? 関係ないよ,愛があれば。
前サスペンション? あ,よかった,付いている。
車輪着脱? ほっ,クイックリリースだ。

というわけで,デザイン最優先。機能は事後確認で,なんとかギリギリ
OK。

さてはて,栄えある,おいら史上初のクロスバイク候補は!?

,,,とここまで引っ張っておいて,詳細はまた次回~。
(買ったばっかりなので,まともな写真が撮れてないのです・・・)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です