【かんたんレビュー】Fitbit Versa2登場 (今なら1.3万!)

どっかの時計とそっくりですが、Fitbit Varsa2です。

どっかの時計とそっくりですが、Fitbit Varsa2です。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

林檎時計を買いました。

うそです、林檎時計のそっくりさんの方です。

現在、Amazonでも絶賛激安販売中のFitbit Versa2

もともと林檎時計に比べればかなり安いですが、Versa3が出たおかげで、本当にお安くなりました(^^)



GARMIN fenix5s お亡くなり・・・

2017年に購入依頼、文字通り肌身離さず使ってきた、GARMINの多機能ウォッチ、fenix 5s。

単なる「心拍計付きスマートウォッチ」ではなく、GPSを内蔵し、ケイデンスやパワー情報も受信でき、完全に自立したサイコンとしても使えるスーパー時計でした。

GARMIN fenix 5s長期使用レポート(その1)

今年の4月,あまりのバイクに乗れない日々が続き,そのため,発作的に導入したGARMIN fenix5s(因果関係が,イマイチおかしいけど気にしない)。

発作からほぼ4か月が経ちましたが,充電時以外,1日も外すことなく使い続けています。

前作(?)のvivosmart HRより,さらに多機能ですので,前編・後編の2回に分けて,長期使用レポートをしてみましょう。

しかし、9月末になって、充電ができなくなってしまいました・・・。

8月ごろからアヤシイ感じだったのですが、いよいよ全く充電できなくなり、プラグをつなぐと過熱するようなったの使用断念です。

左がお亡くなりになったfenix 5s、右が新人Versa2

左がお亡くなりになったfenix 5s、右が新人Versa2

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

GARMIN Japanによると、fenix 5sの修理は、内容にかかわらず一律20,800円となっています。

HPには書いてませんが、「修理」となるとそこそこ日数がかかるでしょうから、なんとかせねば・・・。

Fitbit Versa2登場!

Fitbitは、活動量計の元祖的メーカーですが、イマイチあか抜けないうちに林檎時計やGARMINに水をあけられた感があります。

昨年9月にVersa2が出たときに、その格好良さに一目ぼれして買おうとしたのですが、ただ1点、「心拍データをリアルタイムにサイコン伝送できない」だけが引っ掛かり、購入に至りませんでした。

その後、Fitbit会社ごとGoogleに買収されたため、「これからすごいの出るぞ~!」と期待したのですが、満を持して今年9月に登場したVersa3は、GPSとスピーカーくらいしか差がありませんでした。(内部的にはWearOSに書き換えたみたいですがユーザーには関係ないし)

しかし、そのおかげで、一世代前のVersa2が非常~に安くなり、以前は27000円ほどだったのに、今では13500円ほどになっています(Amazon Black Friday)

最近の自分の走りを振り返ると、走行後に管理しているのは「パワー値」「TSS」だけであり、心拍は走行時に時計画面で見れれば十分(サイコンに取り込む必要はない)ということに気が付きました。

今後のライドでは、パワー・速度・距離・ケイデンス等はサイコン(ペダモニCA600)で測り、心拍はVersa2で見るように妥協することとしてみました(・・・と自分を納得させて、新デバイスを買う)

fenix 5sの修理代より安いですし(^^)

購入1か月の様子

腕はかなり細い方ですが、そんなに違和感ないかと。

腕はかなり細い方ですが、そんなに違和感ないかと。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

まだ使い始めて1か月ですが、非常に気に入り、毎日仕事でも自転車でもつけっぱなしです(fenix 5sもでしたが)

気に入っているのは、以下の点です。

見た目が今風(?)でよろしい

GARMINは伝統的にデザインがイマイチで、fenix 5あたりからマシになってきたのですが、まだまだ感はあります。

Versa2も、昔なら受け入れがたいデザインですが、林檎時計のおかげで、この四角いデザインが一般的になりました。

意識したかどうか分からないですが、はた目からは分からないくらいに林檎時計にそっくりですから、なかなかイイ感じです。

アナログフェイスを使うと落ち着きます。

アナログフェイスを使うと落ち着きます。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

液晶画面がfenix 5sとは比較にならないくらい綺麗なので、デザイン性の高いウォッチフェイスも無数にあり、見ていて飽きません。

最近のお気に入りフェイスはコレ。

最近のお気に入りフェイスはコレ。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

液晶画面がきれいなので、こんなことも。

液晶画面がきれいなので、こんなことも。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

電池がものすご~く長持ち

林檎時計を初めてみたとき、画面が消えているのを見てびっくりしました。

fenix 5sはずっと表示オンしかないのですが、林檎時計はバッテリーセーブのために、やむなく消しているとのこと。

Versa2は、ウォッチフェースにもよりますが、画面オフで1週間くらい、常時画面オンでも4日くらいは余裕でバッテリーが持つので、精神衛生上よろしいです(^^)

朝100%出社し、夜帰宅した時点でだいたい90%くらいです。

常時オンとオフの画面デザインを切り分けることで、電力消費を抑えているようです。

Alexaが思ってた以上に便利

音声アシスタントのAmazon Alexaに対応しています。

「そんなもん使うかい?」と思っていましたが、キッチンタイマーや目覚ましなどを簡単にセットできるのはちょいと便利。

さらに、熱帯魚水槽に使っているスマートコンセントも制御できるため、「魚用の照明つけて」とか「カメのライト消して」とかできて、こちらは猛烈に便利です。

唯一の欠点は、「時計に向かってしゃべる」というアホっぽい姿でしょうか・・・?(笑

唯一の欠点は、「時計に向かってしゃべる」というアホっぽい姿でしょうか・・・?(笑

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

その他では、

  • 画面がでかいので、スマホの通知(メール、SNS等)が良く読める
  • Lineなどは音声認識でテキスト化して返事もできる(!)
  • いろんなアプリが無数に出ている(まだ少ししか見れて無いけど)
  • バンドなどのアクセサリーも多数出ている(たいてい安い)
  • 音楽プレイヤーとしても使える(けど、電池消耗が早いかも)
音楽も鳴らせますが、スマホで十分かな・・・?

音楽も鳴らせますが、スマホで十分かな・・・?

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

とりあえず

まだ使い始めて1か月なので、まだ理解できていない点もありますが、イマイチな点もあります。

GARMINに比べると、「スポーツ」というより「健康」を重視したマーケティングを展開しているFitbit社(というかGoogle)

なので、激しいライドやトレーニングをしても、「よかったですね」しか出てくれず、リカバリーアドバイスやもちろんPMCなども無いので、なんか頼りない感じはあります。

このフェイスもGood。内部のギア類がグリグリと動くんです(!)

このフェイスもGood。内部のギア類がグリグリと動くんです(!)

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

まぁ、そちらはサイコン(ペダモニCA600)のデータをGARMIN Connectに転送すれば済む話なので、ライド分析には引き続きConnectを使って行こうと思ってます。

というわけで、購入1か月のファーストインプレはおしまい。

もうちょっと使い込んでから、また紹介します。

fenix 5sのその後についても・・・(^^;

心拍計。測定の速さや精度はGARMINと変わらない感じです。

心拍計。測定の速さや精度はGARMINと変わらない感じです。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パーツ紹介記事(一覧比較)

おかいもの情報



普段は1.6万くらいかな?


画面保護はコレ。スマホでも使ってますが、曲面にフィットしてくれます。


バンド交換しました。1000円と格安(^^)

コメント

  1. 名前:とも 投稿日:2020/12/01(火) 13:07:24 ID:ce1877b1f 返信

    手首で心拍をサイコンに…は難題ですよねえ…
    どのスマートウォッチも、Ant+/Bluetoothで外に飛ばす機能がなくて…
    結局Garminに回帰するも、高いというOTL

    • 名前:Shiro 投稿日:2020/12/03(木) 19:22:11 ID:21232737d 返信

      ANT+はアレだとしても、せめて、Bluetooth(BLE)で飛ばしてくれないもんですかねぇ・・・。

      Versa2は、Bluetoothでリアルタイムに飛ばせるのですが、FitBitの専用アプリとの間でしか通信できないようです。

      普通にいろんなデバイスにBluetoothで送信できれば、全国5000万人のロード乗りのいくらかは買うと思うんだけどなぁ・・・(^^;

  2. 名前:sramred 投稿日:2020/12/01(火) 00:55:36 ID:a907c270e 返信

    パルスオキシメータとant+が付けば買いますw

    • 名前:Shiro 投稿日:2020/12/03(木) 19:27:30 ID:21232737d 返信

      なんと、驚いたことに、VersaシリーズはSpO2を記録できます。

      ハードウェア的にはだいぶ前から計測できたのですが、最近、アプリでもちゃんとグラフ表示できるようになりました!

      意味が分からないから、あまり気にしてませんが・・・(^^;

      これで、ANT+かBLEで心拍伝送ができればなぁ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です