地味だけどジワジワ効いてくるポカ

左がカーボンホイール(FFWD)、右が今年ずっと使っていたアルミホイール(SHAMAL)あっ、なんてこった・・・!

左がカーボンホイール(FFWD)、右が今年ずっと使っていたアルミホイール(SHAMAL)
あっ、なんてこった・・・!

SONY α7II + TAMRON 28-75mm F2.8

先週、久しぶりにカーボンホイールを装着して走り出した途端にパンクするという心温まる(やけくそ)話を紹介しました。

毎度ながらのポカですが、実は家を出る前に、もっとデカイ(?)ポカに気が付いていました。

まぁ、こちらも過去に何度かやっているポカですが・・・。



道理で重いわけだよ・・・

冒頭の写真を見て、何か気が付かれましたでしょうか・・・?

カーボンホイール(FFWD)のギアは、12-30Tのシニアスプロケット。

ヒルクライムの最終兵器! シニアスプロケット登場!(その1)

先日のヤビツ峠TTで,男気ある超格好いいアイテムを見せつけられてしまいました。

それによって,おいらのヒルクライム魂がメラメラと燃え上がり,さらに男気のある,秘密兵器を導入することを決意するにいたりました。

その,男気あふれるアイテムとはいったい・・・?

で、アルミホイール(SHAMAL)のギアは、だいぶ小さくて、12-25T

この写真を撮った瞬間に、この夏の過ちに気が付きました・・・。

前回、次男坊と1泊で出かけたツーリングは、15%勾配の箱根旧道や、20%を超える三国峠の激坂を含むものでしたが、なんと、12-25Tで走っていたのでした。

激坂区間に入るたびにトンデモナイ重さになり、速度一桁km/h、ケイデンス40などという状況に陥っていました・・・。

また、先週、鎌倉の銭洗弁財天の激坂(20%ちょい)を超えた際も、途中で足を着きそうな重さで死にかけました。

25Tと30Tではこんなに違います・・・!

25Tと30Tではこんなに違います・・・!

SONY α7II + TAMRON 28-75mm F2.8

これらの経験から、「今年は走ってないからダメだ」とか「51だしなぁ。歳はとりたくないなぁ」なんて思っていたのですが、なんてことはない、ギアがもの凄~く重かったのです。

愛用の12-30Tから、2段くらい重いのですから、そりゃ無理でんがな。

もっと早く気が付けよ、という話もありますが・・・(TT)

過去にも・・・

振り返ってみると、過去にも何度か、間違って12-25Tを使って激坂に挑戦してしまっています。

覚えているだけでも、ヤビツ・湘南平・箱根・葉山教会あたりで、間違って12-25Tを付けてしまい撃沈しています。

■ヤビツで

超久しぶり! SHAMALでヤビツ!
痛恨のMV32T全損事故から5日。 先週は,ローラー台も含めてとうとう1回も自転車に乗りませんでした。 しかし,いつまでも喪に服しているわけにはいきません。 目前(6月1日)に迫った富士ヒルクライムを前に,1週間も乗らないでサボっていたら,あっというまにカラダやアタマは非ヒルクライマーモードに戻ってしまいます。 というわけで,超久しぶりにMV32Tではなく,アルミのSHAMALでヤビツに行ってきました。

■湘南平で

2014年初の本気ヒルクライム in 湘南平
土曜日に,2014年初の本気モードのヒルクライムに挑んできました。 この前に本気でヒルクライムにやったのがいつだったか思い出せないくらいだし,ここ1ヶ月で2回しか屋外走行していないのに,いきなり本気モードで大丈夫なんでしょうか・・・? まぁ,この記事を書いているってことは,少なくとも生きている証拠ですが(笑)

■箱根で

2年ぶりの箱根ヒルクライム!
土曜日,久しぶりに箱根・芦ノ湖まで出かけてきました。 ロードに乗り始めてからかなりの回数,箱根には出かけているのですが,去年は初の「ノー箱根イヤー」になってしまったので,2年ブリの箱根です。 そして,せっかくの箱根ライドですから,国道1号ではなく旧道を通って芦ノ湖までの,激坂ヒルクライムに挑戦してみました(^^)

■葉山教会でも

無念! 葉山教会激坂リタイア・・・

我が坂バカ人生で最大のピンチです(?)

葉山にある,坂バカの聖地で無念のリタイアです・・・(涙)

もっと高難度のポカとしては、昨年の春、前はアルミ(SHAMAL)、後ろはカーボン(FFWD)という、ホイールごと間違えるという信じられないポカも披露しています。

■湘南国際村で

【ヒヤリハット】こだわりの(?)前後別ホイール

先日、湘南国際村(標高130mほどの小山、ヒルクライム練習にちょうどいい)に出かけた時の写真。

コンビニのイートインコーナーで求刑休憩した後、「LOOK595号は格好いいよなぁ」と悦に入って一枚撮ったのですが、なんかおかしな点があるような・・・?

まぁ、ここまでダメだとどうしようもないですが、12-25Tと12-30Tの間違いについては、出発前のチェックリスト(山向け)に「スプロケを12-30Tにしたか」を追記するなど、再発防止策を講じないとあかんですね。

もう10年もやってるんだから、いい加減慣れろよ、という話もありますが(^^;

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パーツ紹介記事(一覧比較)

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:sramred 投稿日:2020/11/23(月) 21:09:55 ID:779596590 返信

    カメラのレンタルがあるのをマネて、スプロケのレンタル業などどうでしょうか?
    ロー歯数{23,25,27,30,32,36,42,46,50(!)}まで各種取り揃え、坂の入り口で「PMC Maker」を見せると「あなたに最適なスプロケはこれです!」と徐に50Tのスプロケを取り出して直ちに交換!

    新たな事業、期待しておりますw
    (しねーよ)

    • 名前:Shiro 投稿日:2020/11/25(水) 23:33:18 ID:2a8f1c624 返信

      スプロケレンタル!
      ほんと、使ってみるまで分からないですからね。

      できれば、より選びにくいステムやサドル、長さの異なるクランクなども用意するといいかも!(^^)

      で、PMC Makerを課金制(1回1000円)にして大儲け・・・できるわけないか(笑

  2. 名前:_toshi 投稿日:2020/11/23(月) 18:10:50 ID:c8397de70 返信

    Shiroさん:

    5T異なると、年齢に関係なく登れた坂が登れなくなるでしょうねぇ。

    さて再発防止は何をしますかね・・・・・

    外さないと走れない物を括り付けて、それに「平地用スプロケ」とか「一級山岳用スプロケ」とか書いておきますか。

    • 名前:Shiro 投稿日:2020/11/25(水) 23:31:54 ID:2a8f1c624 返信

      そうですよねぇ、5Tも小さくなると、もう無理です(TT)

      ディスクローターロックみたいなものでも付けますかねぇ・・・。

      まぁ、普通なら走り始めればすぐ気が付きそうなもんですけどね(笑
      改めて振り返ると、再犯率の高さに驚かされます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です