Chain reaction…

エコキュートエラー…冬の我が家はとても暖かい。

日当たりが良いというのもあるけど,なんと言っても床暖房のほんわかした暖かさのおかげです。室温はだいたい20℃くらいしかないのですが,足下からぽかぽか暖かく,冬なのに誰も靴下をはきません。

この暖かさの元は,CO2ヒートポンプ「エコキュート」さまが,お安い深夜電力でせっせと作ったお湯なのです。

しかし,今日,奥さまからの緊急連絡が入りました。「エコキュートコショウ。ハヤカクカエレ。」

床暖房エコキュートは,冷媒にCO2を用いた高効率のヒートポンプ式電気温水器で,成績計数(COP)は夏は4.6,冬でも3.6あります。つまり,使った電力の3.6倍の熱量を蓄えることができます。さらに,深夜に稼働してお湯を蓄えるので,昼間に比べて4分の1の電気代ですみます。つまり,お湯がとっっっっても安いのです!(おまけに,環境にも優しいなり)。

こんな風に,ただ同然で作られるお湯を,我が家では

  • 普通の給湯。キッチンや洗面所とか。
  • お風呂。お湯張り&保温。
  • 床暖房。キッチン+ダイニング+リビング。
  • 食器洗い機。システムキッチン内蔵。我が家の宝(?)。

という風に,いろんなところで使っています。

そんな,我が家の生命線であるエコキュートさまが故障です。

現段階では,ヒートポンプ関係の故障としか分かりません。明日,コロナのサービスマンの方に来てもらってなおして貰いますが,たぶん,大丈夫でしょう。

しかし,大丈夫ではないものもあります。

それは,我が家の家電製品連続故障現象。まさに,「連鎖反応」のようです。

すでに紹介したように,つい先週,勤続14年の電子レンジが他界しました。そして,入社7年目の炊飯器が泡を吹いて止まってしまいました。さらに,入社3年の若造であるエコキュートまで停止してしまいました。

謎の家電製品連続故障現象。購入後14年,7年,3年というのも,日立(電子レンジ),タイガー(炊飯器),エコキュート(コロナ)も,ガイシャの共通点が見つかりません。

ホシは誰なのか,そして,ガイシャの共通点は……。最近,横山秀夫にはまってしまっているので,ついつい捜査用語が浮かんできてしまいますが,奥さまの診断では「厄年」であることが,原因の一つであるらしいです。

そして今,おいらが一番恐れているのはHDDのクラッシュ。

ユウキチが生まれてからの5年間で撮った写真は12,000枚ほど。しかも,ほぼノーバックアップ! すべてをアメリカ牛に頼る吉野家のように,たった1台の2.5インチの40GB HDDに頼ったPCライフを送る我が家なのです。

この連続故障事件(いつの間にか「事件」に…)が解決するまでは怖くて夜も眠れないので,川崎大師への厄よけ祈願はさておき,とりあえず書き込み型のDVDを購入することに決めたのでした。

(なんか,強引なまとめ方な気もしないではない…)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です