Surface GO内蔵SSDの超低速化・・・?

「なに~、新たな問題が発生だって? Trimはちゃんとやってるのか!」

「なに~、新たな問題が発生だって? Trimはちゃんとやってるのか!」

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

前回記事では、写真保存用のポータブルHDDをSSDに更新したことで、読み込み・書込みともに爆速化し、重量も軽減されていいことずくめの人生(おおげさ?)を紹介していました。

が、文末で、「新たな課題が・・・」とも書いていました。

今回は、その課題について紹介です。



外付けストレージは爆速化したけど、内蔵ストレージは・・・?

外付けストレージを交換したことを機会に、Shiro家内のいろんなストレージの速度を測ってみました。

ストレージ インターフェース 容量
デスクトップPC内蔵SSD
(Lenovo ThinkCentre)
PCIe × NVMe 256GB
タブレットPC内蔵 SSD
(Microsoft Surface GO)
PCIe × NVMe 256GB
ポータブルSSD
(SanDisk Extreme)
USB 3.1 gen2 1TB
ポータブルHDD
(WD Elements)
USB 3.0 2TB

事前の予想では、「Lenovoの内蔵SSDはたぶん速いんじゃないかなぁ?」程度に思っていたのですが、その結果は以下の通り。

ポータブルHDDの性能を「1」としたときの比較。Lenovo内蔵SSDが桁違いに速い・・・!

ポータブルHDDの性能を「1」としたときの比較。
Lenovo内蔵SSDが桁違いに速い・・・!

予想通り、Lenovoの内蔵SSDはケタ違いに高速でした。

特にランダムシークの読み込みは、HDDの430倍も速いですから、文字通りケタ違い(3ケタ違い?)です。

しかし、グラフをよく見ると、Surface GOの内蔵SSDがあまり速くないことに気が付きました。

上がSurface GO内蔵、下がポータブルSSD。ん? Surface GO内蔵遅いのでは・・・!?

上がSurface GO内蔵、下がポータブルSSD。ん? Surface GO内蔵遅いのでは・・・!?

一応、ポータブルSSDよりはギリギリですが、PCIe×NVMe接続の内蔵SSDにしては、イマイチな成績です。

しかも、もっとよく見ると、書き込みが異常に遅いことが見えてきました。

なんと、シーケンシャル書込みでは、外付けのSSDの1/10以下の速度しか出ていません。

一体全体どうなってんだ? どんなヘボいSSDを内蔵しやがったんだ、Microsoft!!

Trim操作が滞っておりました!

Surface GOはとても非力なパソコン(ペンティアムです・・・)なのに、写真管理(Lightroom)や動画編集(Movie Studio)、仕事(Office一式)など、かなり酷使してきました。

それに伴い、内蔵SSDもかなり頻繁アクセスしますし、時には巨大データをぶっこんで一杯になってしまうこともありました。

そこで、少し気になってドライブのプロパティを見てみたところ、重大な問題を発見・・・!

なんと約1か月(29日間)にわたって、最適化操作(Trim)が実行されていませんでした。

なんと約1か月(29日間)にわたって、最適化操作(Trim)が実行されていませんでした。

SSDには、「書き換えができない」という巨大な欠点があります。

既存のファイルを書き換えたいときには、一度消してから書き込む必要がありますが、消去作業はとても遅いので、普通は別のエリアに書き込むことで速度遅延を防ぎます。

そして、暇なときに、過去に使ったエリアをコツコツ消去しておく「Trim」という操作が自動的に行われています。

それが、上のスクショで見られる「最適化」です。(HDDの最適化(=デフラグ)とは全く別物です)

SSDを酷使しているのに1か月もTrimがされていないのはマズいので、「最適化」ボタンを押してTrim操作を実行してみました。

ほんの数秒で終わりますが、その効果はこんな感じ。

Trim操作後。書き込み速度がだいぶ改善されました(それでもまだ不十分な気はしますが・・・)

Trim操作後。書き込み速度がだいぶ改善されました(それでもまだ不十分な気はしますが・・・)

おお、書き込み操作がだいぶ改善されています!

実際のベンチマークソフトのスクショは以下の通り。

Trim実行前。書き込み(右列)が遅い・・・。

Trim実行前。書き込みが遅い・・・。

Trim実行後。読込みは変わらないけど、書き込みはだいぶ高速化!

Trim実行後。読込みは変わらないけど、書き込みはだいぶ高速化!

書き込み速度(右列)がかなり改善されていて、項目によっては7倍も早くなっています。

一般的な、PCIe×NVMe接続SSDとしてはまだ遅い気もしますが、そこはSurface GOの限界なのかもしれません・・・(悲)

ある程度の期間使ったSSDの書き込み速度が遅くなってきたら、Trim操作ができているかどうか(普通は自動実行されます)、今一度確認をしてみましょう!(^^)

0円×数秒で、劇的に速くなるかもしれません。

ちなみに、読み込みにはほとんど寄与しません。残念。

非力なパワーをロスしないよう、Trimがちゃんとできているか確認しましょう。

非力なパワーをロスしないよう、Trimがちゃんとできているか確認しましょう。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です