OneMix3にSSDを追加内蔵してみました

ち、小さい・・・。これで、512GBのSSDです。

ち、小さい・・・。これで、512GBのSSDです。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

3月に登場して以来、快適に使えているUMPC(Ultra Mobile PC)のOneMix3

キーボードも打ちやすく、処理能力も過剰なくらいあり、もちろんストレージ(記憶容量)も十分にあって、とても快適に使えてます。

ただ、OneMix3の大きな特徴である、内部ストレージ増設スロットを遊ばしておくのはUMPC愛好家(?)としては、精神安定上好ましくありません。

そこで、まったく必要がないのですが、ストレージを増強してみることにしました。



なぜにストレージを追加?

OneMix3は、標準でSSD(Solid State Drive)が256GB搭載されています。

これだけだと心許ないところもあるのですが、ポータブルSSD(1TB)も持ち歩いているので、内蔵SSDだけで特段足りないことはありません。

だけど、せっかくなので増やせるものは増やしてみたくなるのが人情(?)

OneMix3にはMicro SD(SDXC)スロットもあるので、こちらに増設という手もありますが、SSDとSDカードでは、軽く10倍くらい速度が違いますので、micro SDXCに頼るのはイマイチ。

左側の小さいスロットがMicro SDXC。剥き出しが若干気になるので、シールしようかな?

左側の小さいスロットがMicro SDXC。剥き出しが若干気になるので、シールしようかな?

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

という、様々なニーズ(?)からOneMix3にSSDを内蔵・増設してみることにしました。

まぁ、結局、やりたいからやるだけなんですが・・・(^^;

どんなSSDを増設する?

OneMix3の内部に備わっているのは、M.2という規格のスロット

なんで「M.2」という名称なのかは分からないですが、同じM.2にもサイズがいろいろあるようで、OneMix3のは比較的小さな2242という規格。

デスクトップPC(Lenovoもそうでした)で見かける2280よりもかなり小さいサイズで、もちろん、SSDもそれに合ったも小型の専用品になります。

また、インターフェースは最速のPCIeではなく、SATA(Serial ATA)なので間違えないようにしないといけません。

2242とは違って、2280サイズはあまり選択肢は多くないみたいで、Amazon評価などを参考に、以下のSSDにしてみました。

項目 内容
メーカー KingSpec社
コネクタ M.2 2242サイズ
インターフェース SATA
容量 512GB
お値段 8500円

増設してみたよ

「内蔵スロットがある」とは言っているものの、外部からアクセスはできず、面倒ですが(楽しいですが)、ボディ裏ブタを開けて装着する必要があります。

小さ目のドライバー(こういうのがおススメですが、ダイソー品でもイケます)で6か所のネジを外します。

1か所だけ小さなシールが貼られていますが、どんなに丁寧にやってもグチャグチャになる素晴らしいシールですので、あきらめてグチャグチャにして剥がしましょう。

裏ブタを開けることが「改造」にあたり、製品保証が受けられなくなるのでは?という心配もありますが、保証規定を読んでもよくわかりませんでした・・・。

GPD Pocketもそうでしたが、裏蓋のネジを全部外すと、簡単にパカっと開きます。

目的のM.2スロットは右上の方にあり、そこに購入したSSDをポンと差し込んで、ねじ止めするだけで作業完了。

外周部の6個の小ねじを外します。

外周部の6個の小ねじを外します。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

1か所だけ、妙にグチャグチャになるシールが貼られています。

1か所だけ、妙にグチャグチャになるシールが貼られています。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

ファンの右横のスペースがSSD増設用M.2スロット。

ファンの右横のスペースがSSD増設用M.2スロット。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

こんな感じで、SSDを差し込みます。

こんな感じで、SSDを差し込みます。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

SSD付属のネジで固定して完成。

SSD付属のネジで固定して完成。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

搭載位置には何らかのフラットケーブルが配線されていますが、こうやるしかないので、気にせず跨いでおきました。先人たちも悩まれたようですが、みなさんこうしているようです(^^;

増設後の様子

これで、我がOneMix3号のストレージ構成は、以下のようになりました。

項目 内容 容量 備考
Cドライブ 標準SSD 256GB PCIeで高速
Dドライブ 増設SSD 512GB 今回のブツ。SATA接続
Eドライブ Micro SDXC 512GB  
Zドライブ ラムディスク 50MB 好きなんです。
電源切ると消えるのが意外と便利
こんな感じになりました。たいして用もないのに、1280GBもあります。

こんな感じになりました。たいして用もないのに、1280GBもあります。

明らかに過剰なスペックですが、地デジ・BSの保存や大量のデジカメ写真の保存に活躍しております(かなり余ってますが・・・)

せっかくSSDを入れたのだから速度も測りたくなるのがUMPC魂(?)であり、標準SSD(PCIe)、増設SSD(SATA)、Micro SDXCの速度比較もしてみました。

標準・増設・外付けの各SSDと、Micro SDの速度比較。やっぱり、PCIeは速いなぁ・・・。

標準・増設・外付けの各SSDと、Micro SDの速度比較。やっぱり、PCIeは速いなぁ・・・。

予想通り、内蔵(PCIe)には遠く及びませんが、USB3.1接続のポータブルSSDと同じくらいの速度が出ましたし、Micro SDXCより10倍以上速いので、これで大満足(^^)

さて、いくら拡張性が高いといっても、UMPCであるOneMix3でできるのはここまで。

今のところ、仕事でもプライベートでも不便なく使えていますので、この広大なストレージが埋まるくらい、使い込んでいきましょう。

にしても、この小型PCに1200GB。Blu-rayでバックアップするにも50枚以上必要なんですね。

いやはや、すごい世の中になったもんですなぁ・・・。

膨大な量のチャリダーが入っているので、いつでも見られます(^^)

膨大な量のチャリダーが入っているので、いつでも見られます(^^)

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パーツ紹介記事(一覧比較)

おかいもの情報



なぜか1TBだけになりました・・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です