Shiro家最小のWindowsノートPC,『GPD Pocket』登場!!

超小型MacBook登場!!(?) スマホと比べても、この小ささ(^^)

超小型MacBook登場!!(?) スマホと比べても、この小ささ(^^)

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

出張先での仕事が多くなり、カフェに行く機会も激増しているのですが、最近のカフェでは、多くの人がパソコンを使って何かをしています(自転車ブログでも書いているのかな・・・。違)

その多くがApple社のMacBookであり、特にスタバに至っては、入店の条件になっているのか?というくらい、MacBook率が限りなく100%に近い状況です。

確かにアルミボディで薄くて格好いいですが、重くないですか? デカくないですか?

そんな、MacBookの尋常じゃない大きさと重さに嘆いているあなたにぴったりのパソコンがあります(?)



我がチビコン人生の変遷

今まで秘密にしていましたが、実は、小さいパソコンが好きです。
(とっくにバレている?)

おいらの、小さなコンピュータ(以下、チビコンと呼びましょう)偏愛が始まったのは、今から数年前、中学生の時からです。

友人が持っていたCASIO PB100というポケットコンピュータ(ポケコン)に刺激され、 SHARPのPC1245というポケコンを手に入れた時に、おいらの中の何かのスイッチが入ってしまい、以降、30年以上、チビコン偏愛が続いています。

現在に至るまでに使ったことのある、1kg未満のチビコンたちを表にまとめてみました。

メーカー 機種 分類 重量 備考
SHARP PC1245 ポケコン 115g 機械語が使え、遊びまくりました
SHARP PC1251 ポケコン 115g 少し高機能化?
SHARP PC1261 ポケコン 115g ついに画面が2行に。グラディウスとか作っていたなぁ。
SHARP PC1350 ポケコン 190g 画面が4行に巨大化! 重くなってきた。
SHARP PC1480U ポケコン 265g 大学生協で。やたらと頑丈。
SHARP PC1500 ポケコン 375g バカ重いことだけ覚えている
Psion Series 5 PDA 354g オークションで買って、オークションで売る
Psion Revo PDA 200g 今までで一番美しいPC
キングジム pomera DM10 文房具? 285g 最も高速にタイプできました
SONY VAIO P UMPC 595g 今も現役。さすがにとろいのでLINUX化を検討中
ASUS TransBook T90chi 2 in 1 750g こちらも現役。見た目より重いのが難点。

こうやって書き出してみると、まるで、チビコンのマニアのようです(自覚症状なし)

この表の他にも、PalmPilotWorkpadCLIEなどといったPDAもいくつか使っていた記憶があります(^^

最近では、ASUSのTransBook T90chiというタブレットPC(2 in 1)を愛でつつも、出張などの業務ではMicrosoftのSurface Pro4(タブレットPC)やLenovo X1 Carbon(クラムシェル)という、漬物石みたいに重いパソコンを使っていました。

フォトポタ日記3代目パソコンは,ASUSの『TransBook T90Chi』に!!

ご存知の通り(?),フォトポタ日記は2011年10月からSONYの超小型ノートPC『VAIO P』で書かれています。

それ以前は,KINGJIMの『pomera』という,ちょっとマニアックなテキスト専用機器で書いていました。

そして,2016年1月からは,pomera,VAIO Pに続くフォトポタ日記3代目入力機器として,ASUSの格安2in1タイプPCである『TransBook T90Chi』が登場です。

pomera,VAIO P,T90。「いわゆる普通のパソコン」は全く使わず,ちょっとクセのあるデバイスばかりですが,おそらく,ブログ管理者の性格の問題でしょう(笑)

しかし、冒頭に書いたMacBookにしても、Surfaceにしても、重量はだいたい1kgくらいあり、その尋常じゃない重量のせいでクタクタになります。

以前紹介した通り、単身赴任生活が始まってからは、週の半分から全部は出張が入っていて、半年で新幹線は200回以上も乗っています。

たいていの場合、Surfaceで仕事をしているか、撮りためた「ひよっこ」を見ているのですが(笑)、Surfaceはもともと大きい(12.3インチ)の上に、背面にスタンドを立てる都合上、かなり広めのスペースを占有してしまいます。

軽量なカーボンフレームなら、フォーク込みで1kgを下回る時代ですから、こんなバーベルみたいに重たいパソコンはなんとかならんものでしょうか・・・?

超小型Windowsパソコン、『GPD Pocket』登場!

長々書きましたが、要するに、「出張がとても多いため、よりコンパクトなPCを購入する理由をでっちあげる合理的に説明できた」ということです(笑)

そこで、改めて市場に出回っているノートパソコン類を見てみると、たまに1gを切る常識外のPCはありますが、たいていは軽くても1kg前後はあることがわかりました。

驚異の0.4gパソコン。さすが国産!

驚異の0.4gパソコン。さすが国産!

XPERIA Z4

これ以上、1kgを超えるヘビー級のノートPCは持ち歩きたくないので、世界各地を飛び回って、とにかく小さいパソコンを探した結果、中国の奥地でGPD Pocketという新種を発見しました。

おぉぉ、片手に(ギリギリ)収まる、この小ささ!

おぉぉ、片手に(ギリギリ)収まる、この小ささ!

SONY α7II + FE 28-70mm F3.5-5.6

しつこいですが、本当に小さいです(^^)

しつこいですが、本当に小さいです(^^)

SONY α7II + FE 28-70mm F3.5-5.6

こんなに小さいのに、アイソレーションタイプのキーボードです(!)

こんなに小さいのに、アイソレーションタイプのキーボードです(!)

SONY α7II + FE 28-70mm F3.5-5.6

中国の深センにある、GPDという会社がクラウドファンディングで出資を募って開発したPCなのですが、とにかく、その驚異的な小ささにびっくりです。

我が家では、普通にWindowsが動くチビコンとしては、VAIO P(約600g)、TransBook T90(750g)などがありましたが、GPD Pocketブッチギリの480gです(!)

実測は496gでした・・・。まぁ、イタリア製自転車パーツ群に比べれば、まぁ、かわいい誤差でしょう。

実測は496gでした・・・。まぁ、イタリア製自転車パーツ群に比べれば、まぁ、かわいい誤差でしょう。

SONY α7II + FE 28-70mm F3.5-5.6

軽いといわれるMacBook Airの半分以下、MacBook Proの1/3以下のウルトラ軽量PCなのです。

このサイズでも、ちゃんとWindows10やOfficeソフトは稼働しますし、ディスプレイもサイズこそ7インチと小さいですが、1920×1200ドットで解像度は323dpiもありますから、Retinaどころではありません。(小さすぎて見えないという問題もありますが・・・)

GPD Pocketの主な仕様は以下の通りです。

項目 仕様 備考
CPU Intel Atom x7-z8750
クアッドコア 1.6GHz
Atomでは最上位
メモリ 8GB LPDDR3-1600 我が家で最大だったりします(笑)
ストレージ 128GB eMMC SDスロットが無いのが痛い
スクリーン 7インチIPS
1920 x 1080ピクセル
タッチパネル
解像度は323ppi
インターフェース USB3.0 (type A)
USB3.0 (type C)
Micro HDMI
ヘッドフォン端子
ビックリの、USB×2個
無線系 WiFi (a/b/g/n/ac)
Bluetooth 4.1
今時のPCですので全部あり
カメラ なし 意外となし。
バッテリー 7000mAh
12時間駆動
駆動時間はチト盛りすぎ
OS Windows10
Linux (Ubuntu)
どちらか選べます
サイズ 横180×奥行106×厚さ18.5mm 厚みは割とあります
重量 480g 驚異の軽さ!
極小PCなのにインターフェース類は充実。左から、排熱口(^^)、USB3.1(type C)、Micro HDMI、ヘッドフォン端子、USB3.1(type A)。

極小PCなのにインターフェース類は充実。
左から、排熱口(^^)、USB3.0(type C)、Micro HDMI、ヘッドフォン端子、USB3.0(type A)。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

つづく

とりあえず、購入経緯の紹介はここまで。

購入から約1ヵ月経ちますが、毎日持ち歩き、特に出張時にはとっても快適に使いこなせています。

次回は、約1ヵ月使い込んでみたレビューを紹介予定です(^^)

いつでも、どこでも、「ひよっこ」を見られるシアワセ(^^)

いつでも、どこでも、「ひよっこ」を見られるシアワセ(^^)

XPERIA Z4

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


[メーカーサイト]

海外サイトだと、あと1万円ほどお安く買えます(^^)

コメント

  1. 名前:cresson 投稿日:2017/09/22(金) 13:09:51 ID:be9107a07 返信

    こんにちは

    Shiroさん忙しそうですね。ネタの提供を込めて書き込みましょうか
    私の場合、出先でコンピューター使わないし、自作派なのでデスクトップばかりなんですが
    そんな我が家でも2台のチビコンが動いてます。Raspberry PiとBanana Pi.
    Raspberry PiにはI2SなDACを乗せて音楽再生専用機です。(なかなかいい音で鳴ります)
    Banana Piって聞き慣れないかも?Raspberry Piがバカ売れしてるのを
    中国企業は見逃しません。色んな類似品がでてる一つです。
    パチモンだけど本家より勝ってる点があって、LANがギガビットでSATAポートが付いてます。
    この利点を活かして、こちらはNAS専用機です。
    専用ディストリビューションとして、OpenMediaVaultを使ってます。
    OpenMediaVault
    https://www.openmediavault.org/
    これ良いですよ。

    Shiroさん、写真など多くのデーターがあるでしょうから、余ったPCやシングルボードで
    NASの自作、どうですか?

  2. 名前:Shiro 投稿日:2017/09/19(火) 01:20:44 ID:cbbee088e 返信

    あぁ、いけない・・・。

    忙しくてなかなか記事がかけず、2週間くらいかけて書いていたら、リンゴ印の説明を忘れてしまいました(^^;

    iPhoneに付いてきたシールでございます(^^)

  3. 名前:yoshimotoya120 投稿日:2017/09/18(月) 08:57:15 ID:a82967e58 返信

    え?あれ?ゴシゴシ… りんごマークが薄っすら見えてるような… でも少し齧り跡が大きいような大きくないような…σ-_^;

    それにしてもポケコンの歴史みたいなリストですが、PSIONの名前発見!
    これはガジェット好きの心臓をわしづかみモノでしたね。
    ワタシMacかたわなので他の言語はチンプンカンプンですが、我を失って危うく買いそうになりました。

    • 名前:Shiro 投稿日:2017/09/19(火) 01:23:15 ID:cbbee088e 返信

      リンゴシールは、iPhoneを買ったときについてきたやつでございます(^^)

      このシール、威力(?)は絶大で、いろんなところで、「え! こんなに小さなMacBook出たの!!」と驚かれます。

      にしても、PSIONをご存知とは!!!

      おいらが買ったのは、5とRevoですが、特にRevoは格好良かったですねぇ・・・。
      使い勝手はイマイチでしたが、シンプルOSが素晴らしかったです。
      もうちっと、日本語環境がちゃんとできれば、もっと使えたのに残念です。

      • 名前:yoshimotoya120 投稿日:2017/09/20(水) 13:33:55 ID:6be7e149d 返信

        あぁシールでしたかァ。よーく見れば余白が見えるような…^_^

        PSIONは、当時非常勤で通ってた宮城高専の先生がいち早く手に入れてたのでちょと触らせてもらったんですが、ワタシにはテキスト打つくらいしかわからなくて…(T.T)

        しかもそのテキストをどうMacに渡すかといったハードルが高かったですし、あとパソコン通信の接続もずいぶん面倒だった(ワタシにとっては、ですけど)云々かんぬんで結局買わなかった覚えがあります。

        当時のMacの可搬型はノートにはほど遠くPower"Book"と名付けられてたほどですから、日本のMacユーザーは気楽に持ち運べるノート型を渇望してた時代でした(しみじみ…)

  4. 名前:sramred 投稿日:2017/09/17(日) 10:15:10 ID:92857be7d 返信

    りんご印…?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です