油断大敵!? こんなところでパンクに見舞われるとは・・・!!

え~! 家の中で,ローラー台で,こうなるんだっけ!?!?

え~! 家の中で,ローラー台で,こうなるんだっけ!?!?

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

近年,退屈だったローラー台練習に革命が起きつつあります。

ダンシングができるようになっていたり,ペダリングに合わせて映像が進んだり,勾配を模擬して負荷が自動的に重くなるなど,実走感を高める工夫が凝らされています。

しかし,ここまで実走感を高める必要はないと思うのですが・・・。

確かに,実走行では良くあることですが,なにも,ローラー台でパンクまで再現してくれなくて結構です・・・(T_T)

要するにこんなお話です(^^)

  • ローラー台でもパンクすることがある(!)
  • 異物はありえないので,チューブやリムテープの経年劣化だと思う
  • パンクしたら,すかさずネタにしましょう


あれ,いつもより重いぞ? こ,これは・・・?

事件は先週木曜日の夜に起きました。

いつものように,入浴前のローラー台練習(もう習慣化してきました,笑)をやっていたのですが,なぜか,いつもよりペダリングが重いのです。

ここのところ,ダイエットを兼ねて負荷を上げていたので,脚に疲労が溜まっているのかな(実際,溜まっていますが・・・)と思ったのですが,昨日までとは明らかに違う,異次元の重さ。

推理ドラマ(先日放送の横山秀夫『影踏み』)を真剣に見ながら走っていたので気が付かなかったのですが,いつもとは違う,「キュゥ~,キュゥ~」という気が抜けた音がしていることに気が付きました。

ここにきて,ようやく「ん? なんかマズイことになっている?」と思い始めましたが,「いやいや,室内のローラー台でアレはありえないでしょう」とも思ったりして,結局,10分ほど回してしまいました。

しかし,いくらなんでも重いし,変な音するし,なんかフワフワするし,「ひょっとするとアレかもしれない・・・」と,バイクから降りてリアタイヤを見て絶句。

なんとも,信じられない光景・・・(T_T)

なんとも,信じられない光景・・・(T_T)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

なんと,パンクしているのです!

“I had a flat tire!”(このとき覚えました)なのです。

いくら,最近のローラー台が実走感を高める技術が盛り込まれてるとはいえ,ここまで実走感を高めているとは,恐るべし,Elite社です・・・(笑)

さすがElite,パンクまでシミュレーションできるとは!(笑)

さすがElite,パンクまでシミュレーションできるとは!(笑)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

パンクの原因はいったい何?

不思議なのはパンクの原因です。

リビングでローラー台練習をやっていますが,いくら散らかっている我が家でも,リビングに釘や画鋲,ガラス片が撒かれていたり,まして,砂利道仕様ではありません。

いったい,パンクの原因はなんなんでしょう・・・?

そこで,久しぶりに登場の,Shiro家自転車事故等調査委員会による,事故車体から取り外した車輪の調査が始まりました。

まず,タイヤ外観ですが,まったくもってキレイな状態で,釘も画鋲もガラスも砂利も刺さっていませんでした(室内でしか使ったことがないのだから,当たり前ですが・・・)

タイヤ(Vittoria Zaffiro Home Trainer)は溝も含めてキレイなもんです。問題なし!

タイヤ(Vittoria Zaffiro Home Trainer)は溝も含めてキレイなもんです。問題なし!

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

そこで,タイヤを外して内部のチューブを調べてみると,非常に小さな穴からごくわずかにエアが漏れていました。

穴は非常に小さいので普通に見ただけでは見つけることは難しく,顔(ほっぺ)の付近にかざすことで,ようやく細い風を感じる程度でした。

なんとも小さな穴が・・・!

なんとも小さな穴が・・・!

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

タイヤをリムから外して裏返し,パンク穴に該当する部分を綿密に調べてみましたが,特に異常はなく,なんの異物もありませんでした。

タイヤの内側は特に問題なし。(白いのはチューブ内部から出た粉)

タイヤの内側は特に問題なし。(白いのはチューブ内部から出た粉)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

さらに,念のためにリム側,リムテープの状況も確認してみました。

ローラー台で使っているホイール(A-CLASS )は,9年前に購入したLGS RHC号(mark I ネ)に装着されていたものなので,リムテープも9年前のものです。

なので,パンク原因はリムテープによるものでは?と推測して,あらかじめ新品のリムテープを用意しておいたのですが,予想に反して,9年目のリムテープはきれいなものでした。

リムテープは予想以上にキレイでした(^^)

リムテープは予想以上にキレイでした(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

結局,いくら調べてもパンクの原因は分からず,Shiro家自転車事故等調査委員会としては初(か?)の迷宮入り事件となってしまいました。

修理に必要と思ったけど,リムテープは出番ありませんでした・・・。

修理に必要と思ったけど,リムテープは出番ありませんでした・・・。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

まぁ,チューブは6年前の代物(しかも超軽量,Vittoria EVO55)なので,普通に考えれば,「経年劣化」ではないかなぁ,と思います。

普通,そんなに長持ちしないですよね,EVO55(笑)

修理完了! 練習再開!

LOOK595号では,チューブレス(SHAMAL)かチューブラー(FFWD・Reynolds)なので,クリンチャーは6年ほど使っていません。

なので,家中のあちこちからチューブは出土しましたが,どれも6年以上前の古いチューブばかりです。

家じゅうから出土したチューブたち。全部,6年以上前のモノばかりですが・・・。

家じゅうから出土したチューブたち。全部,6年以上前のモノばかりですが・・・。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

ローラー台用に新たにチューブを買うのもバカバカしいので,出土した各種チューブの中では,比較的程度(あくまでも見た目ですが)がよさそうな,Panasonic R’Airを使うことにしました。

見た感じマシそうな,(6年前の)Panasoni R'Airにしてみました。

見た感じマシそうな,(6年前の)Panasoni R’Airにしてみました。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

超久しぶりのクリンチャーのパンク修理に戸惑いもしましたが(チューブをぺしゃんこにしていたので,すごく作業性が悪かったです),無事に修理完了です。

復活!! さぁ~,回そう(^^)

復活!! さぁ~,回そう(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

まとめ

2007年にロードバイクに乗り始めてから9年。

今まで9回のパンクに遭遇しています(家族のママチャリパンクも同じくらい)。

日付 場所 状況 タイヤ チューブ
2007年11月 鎌倉 朝ポタで鎌倉一周後,家でスローパンクに気が付く Vittoria
TOPPAZIO PRO
Vittoria
EVO 55
2008年4月 家まであと2km地点 近所を子供とサイクリングした帰り道に金属片を踏んでバースト Vittoria
OPEN CORSA
EVO CX
Vittoria
EVO 55
2008年4月 下田 伊豆半島縦断中に,トンネル内で異物を踏んでバースト Vittoria
OPEN CORSA
EVO CX
Panasonic
R’Air
2008年8月 同志みち 富士山からの帰り道,土砂降りの同志みちで,水たまり内で異物を踏んでスローパンク Panaracer
Extreme EVO3
Protex
Vittoria
EVO 55
2013年5月 平塚 ヤビツの帰り道,摩耗しきっていた超軽量タイヤがご臨終に・・・。 VELOFLEX
Record Tubular
2013年5月 富士山4合目 スバルライン試走を終えて下山始めてすぐに異物を踏んでスローパンク。わずか25kmで15k円のRecordが死亡・・・ VELOFLEX
Record Tubular
2014年7月 ヤビツ(下り) ヤビツタイムアタック後の下山中にスローパンク。わずか380kmでEliteJet死亡・・・ TUFO
EliteJet<160g
2014年9月 逗子 海岸線を走っていて巨大な釘(5cmくらい)を踏んでしまうが,とりあえず,エアは抜けず・・・。 IRC
ROADLITE TL
2015年4月 ヤビツ(上り) 大きな画鋲が刺さっていスローパンク。人生初のヤビツ途中リタイヤ Vittoria
CORSA CX3
2016年4月 室内 ローラー台練習中に,徐々に空気が抜けました・・・ Vittoria
Zaffiro Pro
Home Trainer
Vittoria
EVO 55

今回は,記念すべき10回目のパンクになるかと期待(?)されたのですが,「屋内練習でのパンクである」「本人に落ち度がない(たぶん)」ということで,ギネス公認記録にならず,ノーカウントとなりました。

チューブレスで走っているときはほとんどパンクを気にしないのですが(実際,まったくパンクしない),これから数か月のヒルクライムシーズンは,軽量チューブラーを使う機会が増えるので,下手に10回記念なんて狙うことなく,財布と相談しながら細心の注意を払って走りましょう。

あらためて見ると,このチューブでたくさんパンクしたなぁ・・・。

あらためて見ると,このチューブでたくさんパンクしたなぁ・・・。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

もちろん,室内走行時にも何が起きるかわかりませんから,気は抜けません。

しかし,ほんと,室内でもパンクするものなんだなぁ・・・(^^;)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



ローラー台専用タイヤ。頑丈だし,音もすごく静かになります(^^)

コメント

  1. 名前:ひーろ 投稿日:2016/04/26(火) 23:41:29 ID:db180dd37 返信

    こんばんは。
    まさかのローラー台でのパンクですかぁ…。
    チューブの穴の位置はわかりませんが、リムテープは古いみたいなので
    交換して正解かも^^
    なんでも古くなってくるといつの間にかキズつけていたのが
    悪化したり、本来の役目をしなくなり悪さをし出すので
    厄介ですね^^
    僕の通勤快速車はケチケチ作戦で過去の余りパーツ(タイヤ・チューブ等)を
    フル動員して使っていますので気をつけねば^^

    • 名前:Shiro 投稿日:2016/04/27(水) 18:49:49 ID:7f764973f 返信

      そうなんですよ,ほんと「まさか」でした。

      なので,多少変な音がしても,フワフワしても,やたらと負荷が重くても気が付きませんでした(←その鈍感ぶりには問題がありますが・・・)

      こういう,目に見えないところ(タイヤ内部ですもん)で静かに劣化が進行しているんですね。

      フレーム内部も・・・?なんて考えると怖くて乗れなくなっちゃいそうです。

      お互い,古いパーツやフレームには気を付けていきましょう!(^^)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です