右STIユニット修理への長い道のり

今回の主役。右STIのシフトレバーユニット(Y6RT98240)。会いたかったよ・・・。

今回の主役。右STIのシフトレバーユニット(Y6RT98240)。会いたかったよ・・・。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

先日の大月・御殿場200kmライドで逝ってしまった右STI(ST-7900)。

一刻も早く修理しないと、LOOK595号が走行不能なまま、豪雪に埋もれる冬が来て走れなくなってしまう可能性があります(湘南ですが)

不具合箇所を見つけ、補修パーツを入手しなくてはならないのですが、これがまた、なかなか大変な道のりでした・・・(^^;



大破STIの故障部位・動作状況確認

まず、右STIの動作状況を確認してみると、こんな調子です。

  • 大レバー(巻上動作、シフトダウン) →OK
  • 小レバー(解除動作、シフトアップ) →NG

右STIを取り外し、さらに、メインレバーやユニットカバーを取り外して内部を確認してみました。

本来は専用工具推奨ですが、ドライバーでEリングを外してみます。

本来は専用工具推奨(Y6RT68000)ですが、ドライバーでEリングを外してみます。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

その結果、解除動作用のパーツが定位置に戻ってこないことが原因であることが分かりました。

指で定位置に持ってきてあげれば、解除動作は問題なく動くのですが、一度でも巻上動作をやると当該パーツは定位置からズレてしまい、解除動作不能状態に戻ってしまうようです。

左が正しい状態(解除動作可能)、右がダメダメな状態(解除動作できず)。

左が正しい状態(小レバー操作可能)、右がダメダメな状態(小レバー操作できず)。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

このパーツを、定位置に戻すためのスプリングが断線してしまっているのだと推測できますが、これ以上バラすのは大変そう。

また、仮に内部のスプリングを入手できたとしても、とてもこんな複雑な部品をバラしたり組み立てるのは(自分の技術では)不可能だと思われるため、これ以上の内部調査は後日に回して、ユニット丸ごとの補修パーツを入手することとしました。

シマノのパーツ構成図で調べて発注することにしたのですが、ここから、長い長い旅が始まりました・・・。

ST-7900のパーツ構成図。12番(Y6RT98230)か、17番(Y6RT98240)がご希望です。

ST-7900のパーツ構成図。12番(Y6RT98230)か、17番(Y6RT98240)がご希望です。

【1回目】Amazonで誤発注→返品

まず、Amazonで補修パーツを検索して発注したのですが、「STIレバーを修理する」という思いが強すぎたせいか、誤って「メインレバーAssy」を発注してしまいました。(パーツ図のY6RT98200

家に届いた瞬間に気が付くべきなのですが、段ボール・製品袋まで開封してから誤りに気が付きました・・・。

レバーを発注してしまいました。かつ、この後、開封までしてしまいました・・・(涙)

レバーを発注してしまいました。かつ、この後、開封までしてしまいました・・・(涙)

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

Amazonはたいていの返品は無料で受け付けますが、開封済みで、かつ客側のミスの場合には製品代の50%のキャンセル料を取られます。

「いや、ショップ側が悪い」とすることで無料返品もできるのですが、それに係るすべての経費は出品店が負担する可哀想なシステムなので、ここは、正直に申告してみたのですが、キャンセル料3500円は痛いでござる・・・(>_<)

【2回目】Amazonで再発注→品切れ

キャンセル料3500円という巨大出費にへこたれながらも、今度は間違えないように、「ブラケット本体」(Y6RT98230)を発注ました。

しかし、発注から2週間も経ってから、「あるって書いてたけど、やっぱ無いや。ごめんね。キャンセルしておいたからね」というメールがきて、一方的に発注キャンセル。

発注から2週間たって、品切れにより自動キャンセルされました・・・。

発注から2週間たって、品切れにより自動キャンセルされました・・・。

2週間も待たせて『ゴメンね』だけかよ~、うぉ~、3500円返せ!」とプンプンしつつも、まぁ、無いものはしょうがないので、別の場所で探すこととしましょう。

【3回目】モノタロウで発注→品切れ

Amazonがだめなら、モノタロウだろう」という、よくわからない論理展開により、同じパーツを発注しました。

「発送までは4日程度」と書かれていたのですが、こちらも3日ほどで、「品切れで~す、ゴメンね~」というメールで自動キャンセル・・・(涙)

モノタロウさんのキャンセル通知。せつない・・・。

モノタロウさんのキャンセル通知。せつない・・・。

【4回目】楽天ショップで発注→品切れ

もう、書くのも面倒になってきましたが、モノタロウと全く同じです。以下同文(笑)

楽天で、在庫アリ、となっていたショップに問い合わせてみると、この返事・・・。

楽天で、在庫アリ、となっていたショップに問い合わせてみると、この返事・・・。

【5回目】大英帝国のSJS Cyclesでシフトレバーユニット発見! → 高くて買えん!

もはや、国内にオレの活躍の場は無い」と世界に飛び出し、イギリスのオンラインショップ(SJS Cycles)で探してみたところ、目的の「ブラケット本体」(⑫Y6RT98230)よりも、もう一回り大きいくくりの「シフトレバーユニット」(Y6RT98240)を発見!

気になる在庫は「In Stock」となっているので、喜んで発注しようと思ったのですが、お値段がすごい・・・

遂に大英帝国でシフトレバーユニットを発見!! が、約26000円・・・(高)

遂に大英帝国でシフトレバーユニットを発見!! が、約26000円・・・(高)

なんと、シフトレバーユニットだけで約26,000円もするため、断腸の思いで断念。

スモールパーツ販売では、どこのショップも写真が無いのが普通なので気が付きにくいのですが、SJS Cyclesさんのおかげで「ブラケット」よりも大き目のくくりの「シフトレバーユニット」でも修理対応できることに気が付いたため、日本に戻って、再度探し直してみることにしました。

ありがとう、SJS Cycles! 買わないけど!

【6回目】Amazonでドキドキ発注

日本に帰国してAmazonで<>シフトレバーユニット(⑰Y6RT98240)を検索したところ、複数件の扱いがあるということでホッとするものの、以下のような疑念が出てきます。(〇は安心材料、×は不安材料)

写真はどう見てもレバーだし、商品名もレバー。お値段も安すぎ(当時は4600円でした)

写真はどう見てもレバーだし、商品名もレバー。お値段も安すぎ(当時は4600円でした)

  • 〇:商品番号はY6RT98240で、求めている「シフトレバーユニット」と合っている
  • ×:商品写真は「メインレバー」 (←最初に間違って返品したY6RT98200)
  • ×:商品名は「シフティングレバー」 (←正しくはシフトレバーユニット)
  • 〇:値引き前の価格は何となく合っている (約2万円)
  • ×:値引き後のお値段が冗談のように安い (4600円)

気になって楽天やYahooショッピングなどでも探してみたのですが、どこも同じ状態。

シマノのパーツ図では、Y6RT98240は「レバー」じゃなくて「シフトレバーユニット」で間違いないありません。

そこで、とりあえずAmazonで発注し、本当に写真通りの「レバー」が来たら、誤表示(パーツ番号誤り)で無料返品できますので、勝負をかけてみる(ちとオーバーですが)ことにしました。

頼むから、シフトレバーユニット来てくれよ~!」と祈りながら、注文ボタンをクリックです。

ついに、シフトユニットゲット!!!!

発注から2日後、会社から帰ると、Amazonからいつもの段ボールが届いていました。

初回の返品ミスに倣い、安易に包装を傷つけないように丁寧に開封すると・・・。

段ボールを開けてみる。ユニットならOK、レバーならさようなら、です。

段ボールを開けてみる。ユニットならOK、レバーならさようなら、です。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

おぉ~、明らかに「ユニット」だ!! これなら、開封しても大丈夫(^^)

おぉ~、明らかに「ユニット」だ!! これなら、開封しても大丈夫(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

おぉ、神よ!!

まさしく、探し求めていた、シフトレバーユニットが姿を現しました!!

ちゃんと、パーツ番号もあっているし、そもそも形状もドンピシャです!

いやはや、長い道のりでしたよ・・・。

いやはや、長い道のりでしたよ・・・。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

おかげで、定価約20,000円の補修パーツを、4600円という格安で入手することができました! (最初のミスで3500円の勉強代を払っていますが・・・)

あまりにもたくさん、発注・キャンセルの憂き目にあってきたため、よく分からなくなってしまいましたが、まとめるとこういう感じです。

回数 発注先 注文パーツ 結果
1回目 Amazon メインレバー 返品(キャンセル料3500円)
2回目 Amazon ブラケット 品切れ→キャンセル
3回目 モノタロウ ブラケット 品切れ→キャンセル
4回目 楽天ショップ ブラケット 品切れ→キャンセル
5回目 SJS Cycles シフトレバーユニット 高すぎ→断念
6回目 Amazon シフトレバーユニット 超お買い得購入

来週までには

一時は、あまりの修理パーツの入手困難さに、「いっそ11・・・?」と思い始めていましたが、紆余曲折を経て、「まだまだ10!」になりました。

LOOK595号のフルメンテナンス用の用品はこれで全部揃いました。

湘南の道路が豪雪で埋もれてしまう前に、フルメンテを完了して走り出しましょう!!

さっそく、レバーを取り付けてみました! 左が新品、右がご臨終のSTIです。

さっそく、レバーを取り付けてみました! 左が新品、右がご臨終のSTIです。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:キナバルの★ 投稿日:2018/11/09(金) 16:50:41 ID:ac6f04ab7 返信

    さすがジュラエース! パーツは日本製なんですね。105クラスだと、シマノのマレーシア工場生産です。中国製じゃないのがまだ救いですが・・

    • 名前:Shiro 投稿日:2018/11/09(金) 18:40:36 ID:dd66a2c28 返信

      えっ、まったく気にしていませんでした。国内産でしたか・・・!
      生産地はいいのですが、ここのパーツ(内部のスプリング)断線はあちこちで聞かれるトラブルのようですね。
      今の最新型では改善されているといいのですが。

      まぁ、どちらにしても買い直す余裕が無いので関係ないのですが・・・(^^;

      • 名前:キナバルの★ 投稿日:2018/11/12(月) 15:22:54 ID:3a4ec0216 返信

        カメラなんかもそうですよね。ニコンの一眼最上位機種は日本製、その他はタイ工場製とか。

        今度壊れたら、満を持してDi2デビューですね!

        • 名前:Shiro 投稿日:2018/11/12(月) 22:37:49 ID:1c178b2ad 返信

          やっぱり、時代の流れには逆らえず、次は「Di2」とか「11」とかになっちゃうんですかねぇ・・・。

          個人的には、まったくもって、「ヒモ」&「10」で十分なんですけどねぇ(^^;

  2. 名前:nagabond 投稿日:2018/11/06(火) 02:28:53 ID:3ac4d1e09 返信

    amazonでY6RT98240の商品ページを確認してみました。

    amazon price trackerの履歴にもshiroさんが買うまでは、7287円から4627円へ推移したようですね。
    不思議なのは発売開始日がなんと今年の10月20日で、販売期間の短さ&異常な売価のの安さ。シマノのスモールパーツは基本どこも定価販売だと思ってましたが、こんなケースもあるんですね。。とりあえずラッキーでしたね!

    amazonの倉庫管理の人からすれば意味不明な部品に思えたから投げ売りされたのか?(笑)
    あの形の部材が倉庫に転がっててても困りますねー

    • 名前:nagabond 投稿日:2018/11/06(火) 04:24:41 ID:3ac4d1e09 返信

      shiroさんがご購入したY6RT98240はマーケットプレイスの出品者が配送したのですね。微妙にズレたことを書き込んでしまってすみません。

      • 名前:Shiro 投稿日:2018/11/06(火) 23:16:21 ID:2535c9e1d 返信

        おぉ? お値段を追跡できる画面があるのですか!?
        すごい!
        後で見てみようっと(^^)

        で、本当によくわからないのですが、買った時だけ異様に安かったんですよね。
        今ではすっかり高くなってるし、写真は違うままだし・・・(^^;

        Amazonはしょっちゅう、価格変動していて驚きますね。
        風呂入る前に、買うかどうか悩んでいて、出てきたらガクーンと値下がり(値上がり)していたりします。

        カラバリで全然違う時もありますしね。
        いつもウォッチしておかねば(^^)

  3. 名前:sramred 投稿日:2018/11/05(月) 20:11:59 ID:71b965919 返信

    週末のメンテ後試走して、シフター×FDの相性でカラカラ音が止まず、テンションを過去最強(シフトワイヤーで自転車本体が持ち上がるほど)にしてみるとそれなりに音は消えたのですが、SRAMシフターのワイヤーを受ける部分はプラスチックなのでこんなテンションではあっという間にシフターが壊れてしまうことに通勤の電車の中で気付いて帰宅して真っ先にワイヤー外しましたw

    長期間乗らないときにタイヤの空気を抜いたり、トルクレンチ保管で緩めた状態にするのと同様に、乗らない平日はFDインナー×RDトップ近くにしておく方がシフターへの負担が少なくて寿命が延びるのではないでしょうか?

    で、ワイヤーテンションが可能な限り低くても使えるようにFDに昔こんな↓
    http://fotopota.sakuraweb.com/archives/2010/12/fd-6700_st-7900.html
    加工したやつを復活させることにしましたw

    この記事もう8年も経つのですね…
    スゴイわ(^^)

    • 名前:Shiro 投稿日:2018/11/06(火) 23:13:44 ID:2535c9e1d 返信

      単身赴任になって、平日はまったく自転車に触れなくなったので、たいていはFDインナー×RDトップ付近ですよん。

      RDを本当にトップにすると、なんかチェーンがゆがみそうで、3速くらいにしています(^^)

      過去記事は、本当、懐かしいですねぇ・・・。
      そもそも最初は、LOOK595だけどTIAGRAだったんですよね(^^)
      ま~だSTI持ってるし(笑

  4. 名前:_toshi 投稿日:2018/11/05(月) 08:47:45 ID:e9e57ef5e 返信

    Shiroさん:

    色々と大変でしたが、結果オーライで良かったですね。

    確かに、スモールパーツ販売で写真を掲載しているのは初めて見ました。

    情報、ありがとうございました、うーんSJS Cyclesさん恐るべし。

    • 名前:Shiro 投稿日:2018/11/05(月) 18:29:12 ID:09a1fa4fe 返信

      LOOK595を組み立てたときは、登場したばかりのDURA-ACE(7900系)だったのですが、いつの間にか、化石のように古いコンポになってしまいました(涙)

      でも、ヒルクライムにコンポはほとんど影響しないので、できれば、このまま一生、7900で行きたいところなんですよねぇ(笑)

      スモールパーツは番号だけで判断しなくてはならず、また、店側もしょっちゅう間違えているので、なかなか大変です。

      友人に教えてもらった、SJSが非常に正確なので助かります(^^)
      ただ、お値段が高いのが難点・・・・

      超円高&ポンド安、カムバ~ック!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です