ブレ防ぎ装置(^^)

ハイヒール,片足,片手,ハンドバッグ,スマホ。100%手振れしてるだろうなぁ・・・(^^;)

ハイヒール,片足,片手,ハンドバッグ,スマホ。100%手振れしてるだろうなぁ・・・(^^;)

Nikon D600 + Nikkor 70-200mm F4 VR

先週の夕方,海辺まで自転車で行って写真を撮っていたときの1枚。

ハイヒール,片足,片手,ハンドバック,スマホ。

お姉さんの写真は,100%,間違いなく「手振れ写真」となっているでしょう(^^;)

その場の雰囲気が写ってればいい,というのも正解ではありますが,やっぱり,本音ではブレていない写真が欲しいですよね。

おいらも,昔は手振れ写真を大量生産していましたが,ある秘密兵器を使うようになってから,歩留まりは大きく改善されました。

それが,これ。

「なんじゃこりゃ?」と思うでしょう?

「なんじゃこりゃ?」と思うでしょう?

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

かなりヘンテコな物体ですが,市販品を少し改造して作りました。

ブレの無い写真を撮るコツはたくさんあるのですが,カメラをしっかりホールドするのが基本中の基本です。

一般的には,手持で撮影する場合,カメラは3点で指示するのがベストとされています。

  • 右手でグリップ
  • 左手でレンズ
  • おでこでファインダー

右手,左手はいいのですが,めがねを使用している人の場合,おでこでファインダーを支えるのが難しい

そういう悩みは多いようで,「カメラ業界の小林製薬」と(おいらが勝手に)呼ばれている,ETSUMI社から,「ヘッドスタビライザー」という名前の商品が出ていました(どうも,生産終了している模様。過去の紹介記事はこちら~)。

カメラの上部(アクセサリーシュー)に装着し,メガネをかけていても,おでこにカメラを押し付けられるようになります

こうやってカメラのストロボ部分に装着します。

こうやってカメラのストロボ部分に装着します。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

横から見るとこう。これなら,メガネを付けていても,おでこでカメラを支えられる!(^^)

横から見るとこう。これなら,メガネを付けていても,おでこでカメラを支えられる!(^^)

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

実に脱力してしまうような原理なのですが,効果はものすごいです。

自分の経験では,手振れ補正効果は1段分(速度1/2)くらいの効果があります。

まぁ,こんなヘンテコな物体を取り付けるはいや!というお姉さんは,せめて,以下のようにやってみましょう。手振れ写真は激減するはずです(^^)

  • カメラ(スマホ)は両手で持つ
  • 脇を締める
  • 両足で立つ。もちろん動かない
  • ハンドバッグは持たない
  • セルフタイマー(2秒くらい)を使う

とか言いながら,自分も,コンデジで片手撮影,手振れ写真を大量生産していますが・・・(^^;)

にしても,なんで生産終了しちゃったんだろ,ヘッドスタビライザー・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2015/05/01(金) 23:31:46 ID:7117c73cf 返信

    >_toshiさん

    お~,お久しぶりです!

    仕事って,変わったばかりの時は,本当に苦労しますよね・・・。
    おいらも今の職場に転勤した直後は,まったく遊べませんでした。

    土日も持ち帰って勉強していて,走ったり,フォトポタ書いたりする暇がなくて・・・。

    _toshiさんも大変のようですが,少し余裕が出てきたとのこと,安心です(^^)

    GWにゆっくりされて,また頑張ってください~!

  2. 名前:_toshi 投稿日:2015/05/01(金) 17:33:14 ID:7e5cf8e38 返信

    Shiroさん: ご無沙汰しました。

    あー、これはメガネ使用者特有の悩みですよねぇ。

    しかしうまい事考えた商品ですね!

    さて私、去年の12月から、定年退職した先輩のあとを継ぐ事になり、業務内容が一変しました。

    新しい業務は日々新しい知らない言葉が出てきて、それを調べる事から始めるので毎日格闘しています。

    この歳になっての業務変更は結構きついですが、見込まれて頼まれた仕事なので一生懸命やっています。

    ただ業務中はもちろん、週末もあまり心に余裕が無く、なかなか書き込みが出来ませんでした。
    (読んでいました)

    ここで連休に入り、やっと時間が出来たので書き込みました。

    新しい業務はようやく先が見えてきた感じで、少しだけ余裕が出てきたんです。
    作製する物の企画から図面作製、試作品作成と確認、相見積もり、量産メーカー決定、デリバリーの準備まで全部一人で手配するので気が抜けないのです。(しかも数機種が同時進行)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です