LGS S9号初期改造工事7(偽カーボンホイール化作業)

おぉぉ、カーボンの艶消しブラックが格好いい・・・・?

おぉぉ、カーボンの艶消しブラックが格好いい・・・・?

SONY α7II + FE 28-70mm F3.5-5.6

延々と7回も続いたLGS S9初期改造工事シリーズは、今回が最終回。

いよいよ、軽量化のファイナルウェポン、カーボンホイールの登場です・・・か?

気に入っている点

  • 艶消しブラックで見た目も引き締まりました!

イマイチな点

  • 走りには変化はありませんでした
  • 数グラム重くなりました


LGS S9号 偽カーボンホイール化に着手!

LGS S9号を我が家に連れて来た時の写真はコレ。

デザインは気に入ってるのですが、ブレーキ面のテカリが気になります・・・。

デザインは気に入ってるのですが、ブレーキ面のテカリが気になります・・・。

SONY α7II + FE 28-70mm F3.5-5.6

好みのホワイト色フレーム(LOOK595もLGS RHCもホワイト)が気に入っているのですが、ホイールのブレーキ面がギラギラ光っているのが気になります。

LOOK595号だと、ReynoldsやFFWDのカーボンホイールを装着する機会が多く、ブレーキ面はブラックで引き締まって見えます。

決戦仕様のLOOK595号。カーボンホイールの黒が強そうです(^^)

決戦仕様のLOOK595号。カーボンホイールの黒が強そうです(^^)

SONY α7II + FE 70-300mm F4.5-5.6 G

LGS S9号はギラギラリムでいまいちなのですが、よく考えたら、ディスクブレーキ仕様ですから、ブレーキ面は好きな色に塗ってしまって問題ありません。

というか、ディスクブレーキ仕様なのに、リムブレーキ用のリムを採用しているあたりが、おマヌケさんなのですが・・・。

そこで、このおマヌケさんぶりを解消するためにも、リムを真っ黒に塗って、カーボンホイールっぽくすることにしました。

ラバーペイントでやってみる(で、失敗)

今年の富士ヒルクライムの参加賞の一つに、ラバーペイント(AZ社の『ZEQUE』)が入っていました。

普通のカラースプレーのように見えますが、対象物の表面に薄いゴムの塗装膜を形成する、ゴムのスプレーです。

ゴムの塗装膜は簡単に剥がせるので、失敗しても大丈夫とのこと。

身の回りで、真っ黒に塗ってみたいものは全く思いつかず、ちょうどよいので、LGS S9号のホイールに塗ってみることにしました。

しかし・・・、「どうせやり直せるんでしょ?」と、適当すぎるやり方で塗ってみたら、出来上がりはムラだらけでイマイチなものになってしまいました・・・(TT)

ラバーペイント施工結果。超適当にやったら、ダマだらけに・・・

ラバーペイント施工結果。超適当にやったら、ダマだらけに・・・

SONY α7II + FE 28-70mm F3.5-5.6

説明書を全く見ないでやったのが悪いのですが、主な失敗ポイントは以下の通り。

  • ケチって、ブレーキ面の直近からチビチビ噴射した
  • 薄く、かつ、重ね塗りしなかった
  • マスキングしなかった
  • 深夜0時ごろにやった(眠いし、乾かない)

また、一部はちゃんと塗れた部分もあるのですが、ホイール着脱作業時などに触ってしまうと、簡単に剥離し始めるのも気になります。

しかし、そもそも、簡単に剥がせるのが、バースプレーの最大の特徴ですので、お言葉に甘えて(?)全部剥がしてしまうことにしました。

簡単に剥がれるのですが、薄すぎて破れてしまいます・・・(チト面倒)

簡単に剥がれるのですが、薄すぎて破れてしまいます・・・(チト面倒)

SONY α7II + FE 28-70mm F3.5-5.6

重ね塗りをしなくて塗装膜が薄かったせいで、引っ張るとすぐに破けてしまい、少してこずりましたが1ホイールあたり15分ほどで、もとの、何もしていないギラギラのリムに戻りました。

失われたのは、ラバーペイント缶1本と、合計4時間ほどの作業時間時間だけです・・・(TT)

よっしゃ、元通りだ(笑)

よっしゃ、元通りだ(笑)

SONY α7II + FE 28-70mm F3.5-5.6

アルミ用油性塗料で再挑戦(で、成功!)

もともと、ラバーペイントでは、仮にうまく塗装できたとしても、タイヤ交換やホイール着脱作業時の接触によって、剥がれてしまうリスクがあります。

一部が剥がれると再塗装するのも面倒なので、普通の油性塗料を原始的に刷毛(ハケ)で塗り込むことにしました。

揃えたのは、たまたまホームセンターにあったものばかりですが、以下の3点。

  • 塗料 :油性&アルミ用のものを選んでみました
  • 刷毛 :適当な筆1本
  • 薄め液:作業終了後の刷毛洗浄にしか使わず・・・
全作業用品。うすめ液、塗料、刷毛。

全作業用品。うすめ液、塗料、刷毛。

SONY α7II + FE 28-70mm F3.5-5.6

作業は、ただ地道に刷毛でリムに塗るだけです。

ブレーキ面だけを塗るならマスキングすべきですが、面倒くさかったので(笑)、リム全体(とニップルも)を真っ黒に塗ってみました。

とても原始的な作業風景(^^)

とても原始的な作業風景(^^)

SONY α7II + FE 28-70mm F3.5-5.6

作業に難しい点やコツは全くなく、あまり一気にやらずに、根気よく薄く塗って、重ね塗りするだけです。

前後ホイールとも、2回ずつ重ね塗りし、ニップルやバルブまで含めて完全に真っ黒になり、作業終了です!(^^)

完成!(この後、塗り残しを発見して追加作業が発生しますが・・・)

完成!(この後、塗り残しを発見して追加作業が発生しますが・・・)

SONY α7II + FE 28-70mm F3.5-5.6

まとめ

艶消しタイプの塗料を選んだので、まったく光ることなく、まるでカーボンホイールのように落ち着いた感じになりました。

また、油性塗料ですので簡単には剥がれることなく、タイヤ着脱時にタイヤレバーで擦っても全く問題無しでした。

前後ホイールとも偽カーボン化し、引き締まりました(^^)

前後ホイールとも偽カーボン化し、引き締まりました(^^)

SONY NEX-5T + Carl Zeiss Vario Tessar T* E 16-70mm F4 ZA

走りには全く関係ない上に、わずかながらも重量が増えてしまったりしていますが、これで良しとしましょう(^^)

長く続いた、LGS S9号の初期改造作業シリーズは、これにて、いったん終了です。

他には、ハンドルグリップを交換したり、チェーン脱落防止策を講じたり、ケイデンスセンサーを載せたり、いろいろやっていますが、大物工事はここでひと段落です。

さっそく、車載して山中湖サイクリングなど、活躍中です(^^)

さっそく、車載して山中湖サイクリングなど、活躍中です(^^)

SONY α7II + FE 28-70mm F3.5-5.6

この後には、12年間慣れ親しんだLGS SIX号と同じ、「デュアルコントロールレバー化」をしたいところですが、それは同時に「8→9速化」もやることになるので、DCLの他にもチェーンやディレイラ、スプロケなど、ドライブトレインのほとんどを交換する大工事になります。

そんなお予算もお時間もないので、それはまた、だいぶ先の大事業として残しておきましょう。

それでは、またしばらく後におあいしましょう(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:yamato 投稿日:2018/08/05(日) 15:22:32 ID:7662f7873 返信

    ちょっと前の8速ClarisのSTIレバーを使えば良いのでは?

    • 名前:Shiro 投稿日:2018/08/05(日) 23:17:52 ID:c6cde3a52 返信

      コメントありがとうございます!

      そうなんです、もともと、コンポがClarisなのでちょいと前にさかのぼればいいかな?と思ったのですが、DCLは超不人気機構なのか(?)まったく見当たらないのです・・・。

      しょうがないので、9速を見据えて(9速用はちらほら見かけます)、チマチマと部品集めを始めているところです(中古・ヤフオクですが・・・)
      いつになるやら。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です