12年ぶりの新車は流行の油圧ディスクブレーキ車!

流行のディスクブレーキ車です! ちょっと小さいですけど(笑)

流行のディスクブレーキ車です! ちょっと小さいですけど(笑)

SONY NEX-5T + Carl Zeiss Vario Tessar T* E 16-70mm F4 ZA

前回、11年ぶりにアイウェアを新調した記事を紹介しましたが、今度は、12年ぶりに自転車を購入したお話です。

しかも、今話題沸騰中(?)の、油圧ディスクブレーキ搭載車ですぜ。

フッフッフ・・・(^^;



購入の経緯(日常の足が無い・・・)

単身赴任(福島)が始まって1年半になります。

2006年に購入して以来、12年の長きにわたって日常の「足」として使ってきたルイガノLGS SIX号は、単身赴任先での通勤手段として、さらに大活躍しています。

LGS SIX号通勤自転車化計画(プロローグ)

2006年の登場から11年。

おいらの自転車人生(への転落)の扉を開き、そして、日常の足として活躍し続けてきたルイガノLGS SIX号ですが、大きな変革の時を迎えつつあります。

おいらの体の変化が激しすぎ、それを抑えるための変革でもあるのですが・・・、。

その一方、自宅(藤沢)で、ご近所を走る「足」としての自転車が無い状態が続いていました。

自宅での自転車は、LOOK595号か「ローラースルーGoGo」しかありません。

ご近所ならローラースルーGoGoでなんとかなりますが、5km離れた駅までツマ(←こちらはルイガノのママチャリ)と一緒に走ったときは、さすがに疲労困憊でした(そもそも50近いオッサンの乗り物ではない気がします・・・

そこで、2006年のLGS SIX号以来、12年ぶりにご近所の足用自転車の購入です。

(それにしても、LGS SIX号、全く傷まない。すごいな・・・)

2台目ご近所号の選定

2台目のご近所自転車を選定するにあたり、どうせまた10年以上乗ることになるでしょうから、末永くいじり続けられそうな、楽しい自転車にすることにしました。

車載してちょっと遠くまでお出かけし、ツマとのんびりポタをやることを想定し、小径車(ミニベロ)にすることにしました。

  • tern CRESTやSURGE
  • ルイガノ MV5 PRO
  • GIANT IDIOM2

軽さ、速さ、デザインなどを考えたらternやGIANTがいいとは分かっているのですが、シンプルすぎて、メカメカしい楽しさに足りない気がします。

結局、栄えある(?)2台目ご近所号の座を射止めたのは、油圧ディスクブレーキ・フロントサス・フロントダブルギアという、いかにもイジリがいのありそうな(下手するとデコチャリ的な)ルイガノLGS S9号となりました。

ま~たルイガノです(^^;

ま~たルイガノです(^^;

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

なんだかんだ言って、5台目のルイガノ号です。ガノー氏にはなんか表彰してもらいたい。

  • LGS SIX(単身赴任先での通勤用)
  • LGS RHC(単身赴任先でのZWIFT用)
  • LGS TR-2(ツマのママチャリ)
  • LGS J24(次男坊号。友人にお譲りしました)
  • LGS S9(今回登場!)

LGS S9号登場!!

LGS S9は、去年まではLGS MV2 PROという名称でした。

ミニベロシリーズを表す「MV」、下から2グレード目を表す「」、ディスクブレーキを示す「PRO」という具合に、とても分かりやすい名前でしたが、今年は突然に「S9」となりました。

ちなみに、1~6は欠番です(全く意味わからんです・・・)

遂に登場、LGS S9。購入先バイク屋さんの駐輪場です。

遂に登場、LGS S9。購入先バイク屋さんの駐輪場です。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

で、LGS S9号の特徴はイカ以下の通り。

  • ルイガノなこと(笑)
  • 油圧ディスクブレーキ
  • フロントのダブルギア(2速)
  • フロントサスペンション

なんといっても、油圧ディスクブレーキでしょう。

ミニベロでそんなに強大なストッピングパワーが必要なのか、さっぱり分かりませんが、無いよりは有った方が楽しいに決まっています(笑)

また、フロントが2段変速(チェーンリング)になっているのも、大きなポイントです。

ミニベロだと、シングルが多いのですが、ネット上には多数の「ダブル化」記事がありますから、最初からダブルになっているのは嬉しいところです。

超拙速インプレ

なんせ、単身赴任中の自宅用なので、週末限定、まだ4~5回しか乗っていません。

が、毎週のように改造を繰り返しているので、原形をとどめているうちに、拙速ながら感想を取りまとめておきます。

【◎】油圧ディスクブレーキは最高

実に素晴らしい制動力です。

明らかにオーバースペックな制動力ですが、初めてVブレーキを握ったときのような極端な効きではなく、細やかに制動力をコントロールできます。しかも、指一本で。

この感触は、完全に自動二輪のディスクブレーキそのものです。

制動力、フィーリングともに最高です。見るからに重いですが・・・(笑)

制動力、フィーリングともに最高です。見るからに重いですが・・・(笑)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

自転車生活にのめり込む前は、自動二輪おじさん(お兄さん?)だったので、とても懐かしく、楽しくブレーキかけまくりです。

【〇】フロントダブルギア(2速)

小径車に関する情報を集めると、フロントをダブルギアにするかどうかは、一つの大きな選択肢のようです。

のんびりポタだけであれば、フロントシングルでもいいのですが、急こう配を登り、平地でのスピードを求めるのであれば、どうしてもダブルギアの方が有利です。

LGS S9は、フロント46/36T、リア11-30T(8速)。

LOOK595号(50/34、12-30T)と、同じケイデンス90rpmで比較してみると、以下のようになります。

LOOK595号とのギア比較。

LOOK595号とのギア比較。

インナーだと相当にギアは軽く、かなりの急こう配でも(のんびりですが)登ることができます。

また、ロードには遠く及びませんが、アウタートップならそれなりに重いギアを踏むことができ、やはり、ダブルにしておいて正解でした。

【△】フロントサスは飾りかな?

見た目には分かりにくいですが、フロントにサスが内蔵されています。

とてもスマートでいい感じですが、正直言って、ほとんど恩恵を感じませぬ・・・。

この黒いカバーの内部にモノサスが入っています。ほとんど動きませんけど(笑)

この黒いカバーの内部にモノサスが入っています。ほとんど動きませんけど(笑)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

ストロークが3cmと超短いせいか、かなりカチカチに硬く、よほどの段差に突っ込んだ時にしか動作していないようで、もともと、そんな段差には突っ込まない(笑)ので、ほとんど役に立っていない感じ。

まぁ、あっても邪魔ではないですが、いっそ外して軽くしたいなぁ・・・。

【×】重いっす・・・(笑)

重いですねぇ・・・。

スタンドなどを付けて、約12kgです。

一応、アルミ(6061)ですが、12kgもあるんです・・・。

一応、アルミ(6061)ですが、12kgもあるんです・・・。

SONY NEX-5T + Carl Zeiss Vario Tessar T* E 16-70mm F4 ZA

現在のLOOK595号が約6kgですから、ピッタリ2倍もあり、室内保管時の運搬が絶望的にしんどいです。

車体は小さいですが、ホイールベースはそこそこ長い(1030mm)ですから、玄関~3F保管場所までの移動がも~のすごく大変で、目下、最大の課題です。

【×】走りもそんなに軽いくない

普段、かなり軽いLOOK595号で慣れているせいか、あんまり軽さを感じません。

小径車なので漕ぎだしこそ軽いのですが、巡行に入ると重さを感じ、すぐに速度が下がってしまいます。

こんなところが多いので、あんまり気にはしてませんが・・・(^^;

こんなところが多いので、あんまり気にはしてませんが・・・(^^;

SONY NEX-5T + Carl Zeiss Vario Tessar T* E 16-70mm F4 ZA

これは、小径車全般の特徴なのかもしれませんが、タイヤやチューブ、ホイールやフレーム(←だめだよ)を交換するなど、徐々に改良していきましょう(^^)

【悪】ラピッドファイヤが・・・慣れない

前後ともシフターはシマノのラピッドファイヤです。

ブレーキとシフトレバーが別々にある一般的なものですが、LGS SIX号ではこれらが一体となったデュアルコントロールレバーでしたので、どうにもラピッドファイヤ方式に慣れません。

ラピッドファイヤ式のシフトレーバー。レバーが多すぎて慣れないです・・・。

ラピッドファイヤ式のシフトレーバー。レバーが多すぎて慣れないです・・・。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

Deore & 9speed化完了!
初めてのLGS SIX大工事に着工しました。

LGS SIXが我が家にきてから2ヶ月ほど。今まで手を加えたのは,,,,実はなにも無かったりします。しかし,おいらは昔から機械いじりが大好き。逆に言うとよく2ヶ月もガマンしていたな,という感じで,ついにDeore化 & 9速化の大工事に着工したのでした。

ここはひとつ、デュアルコントロールレバーにするか、いっそ電動にするか(笑)など、何らかの対策を検討しましょう。

とりあえずのまとめ

まだ1カ月程度しか走っていませんが、今のところ、楽しくご近所買い物&鎌倉散歩程度に活躍しています。

ロードに比べると、駐輪や段差走行なども気にすることなく、また、スタート&ストップの軽さもあり、とても気軽に乗ることができて満足です。

また、上にも書いた通り、数多くの改善ポイントがありそうなので、いじる楽しみもありそうです。

とりあえず、この1ヵ月では、やった順に

  • ハンドルバー交換(カーボン化)
  • ステム交換
  • ペダル交換(1回目)
  • サイコン搭載
  • ホイール塗装(1回目)
  • ペダル交換(2回目)
  • センタースタンド装着
  • タイヤ・チューブ交換
  • ホイール塗装(2回目)
  • キャリア・カゴ装着

などを実施し、毎週末、軽くなったり、重くなったりしています(笑)

ハンドルバー&ステム交換中。まだ、一度も外を走っていないのですが・・・(笑)

ハンドルバー&ステム交換中。まだ、一度も外を走っていないのですが・・・(笑)

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

やりたいことは山のようにあり、当初の希望通り、10年くらいいじり続けられそうです(^^)

いっそ、ホイールを700cにして、フレームをLOOK695SRに交換するという超荒業もあり得ますが(いくらなんでも無理か)、末永くいじって楽しみましょう(^^)

つづく

先週末の様子。だいぶ変わってきています。前後でホイール違うし。

先週末の様子。だいぶ変わってきています。前後でホイール違うし。

SONY NEX-5T + Carl Zeiss Vario Tessar T* E 16-70mm F4 ZA

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:sramred 投稿日:2018/07/19(木) 07:12:28 ID:d8fd0b9e7 返信

    ツールの平坦ステージでは遂にディスクブレーキ車でゴールスプリントが見られましたね♪
    山岳になったら1台もないので、まだ実用上はキャリパー有利なのかな?

    サスペンション、個人的にはリヤサス付きのこんなやつ↓が欲しいです♪
    http://www.riogrande.co.jp/pinarello_opera/pinarello2017/dogma_k8s.php

    • 名前:Shiro 投稿日:2018/07/20(金) 12:33:27 ID:8f6da12ef 返信

      毎晩、NHKのツールダイジェストを見ていますが、いつの間にか、ディスク車も増えてきましたね。

      実際に使ってみると、ものすごく扱いやすくて楽しいのですが、いざロードに装着しようとすると課題だらけで、簡単にはいかないが難点ですね。

      フレームもホイールもコンポもみんな交換ですもの。

      フロントホイールが重たくなるのもいやですしねぇ・・・。
      やっぱり、ヒルクライムにはリムブレーキでしょうかねぇ。・

      また、サスについても、実はロードでは全く必要性を感じていないのし、パヴェを走る予定もない(笑)ので、当面はいいかな?

  2. 名前:類我野 投稿日:2018/07/18(水) 21:59:54 ID:de04d61ec 返信

    ご無沙汰です
    本当にルイガノ好きっすね
    私は2007モデルのRC30をメインにまだ乗ってます(フレームだけはRC30健在です♪)が、ちょい乗り用は浮気してGIOSのミニベロ(スチールフレームだけど、カーボンのRC30と同じ位のウエイトでしょうか?)をチョイスしちゃいました
    私のガソリンは酒場放浪記の吉田類さんと同じくアルコール燃料なので、類さんを名のりたくてのハンドルネームですが、Shiroさんに「類我野」を献上しなければいけないですね
    それにしても、カゴやセンタースタンドが快適そうです♡
    GIOSでも真似っこ出来るでしょうか?
    装着レポートを期待しています

    • 名前:Shiro 投稿日:2018/07/20(金) 12:28:41 ID:8f6da12ef 返信

      そうですねぇ、猛烈に好きというわけではないのですが、消去法で選んでいくと、ルイガノになっちゃうんですよね。

      RC30、懐かしいですねぇ。
      こちらのLOOKもそうですが、一度乗り始めるとめったに更新するものではないので、かなり長持ちしてますよね。
      (LOOKは7年目、RHCは9年目に突入しています)

      センタースタンドはとっても便利ですよ。
      去年、LGS SIX号に取り付けたのと同じですが、駐輪時にバイクを傾けないので、とても安定しています。
      お値段も格安ですし(^^)
      次回紹介までお待ちください。

      カゴは悩みました。
      ルイガノ純正品が品薄なうえに2万円近かったりするので、あきらめて、ブリヂストンにしてみました。
      極太パイプで、それでいて背丈がとても低いという、かなり特殊なカゴですが、便利に使えています。

      こちらも、近々紹介予定ですので、しばしお待ちを。

  3. 名前:_toshi 投稿日:2018/07/15(日) 08:51:41 ID:c379311a3 返信

    Shiroさん:

    楽しそうなのを入手しましたね。

    フロント サスの必要性は微妙ですが、フロントはダブルだし、リアは8Sが装着されているから拡張性は充分ですね。

    今後が楽しみです♪

    • 名前:Shiro 投稿日:2018/07/17(火) 15:08:55 ID:cb4909b90 返信

      ありがとうございます~!

      色々と改造の余地が山盛りなので、末永く楽しめそうなんです。

      サスは完全に飾りですねぇ。
      ストロークが3cmくらいしかないみたいなので、どうにもこうにも。
      普通のコラムに変更できるのかな・・・?

      そのほか、やればやるほど楽しさが増しそうですが、根本的なヘビー重量はあきらめるしかないかなぁ。
      なんせLOOK号の2倍強はかなりのものです。

      背中にロードバイクを1台担いで走っているようなものですので(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です