ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば 戦争の地政学』

米中もし戦わば 戦争の地政学 (文春文庫)

なぜ中国はここまで強硬に軍事大国を目指すのか、アメリカは何を考えているのか。ニュースだけでは全然わからない地政学が見えてきて、かなり面白いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



日々のニュースではわからない、根本的な問題が見えてきます

コメント

  1. 名前:sramred 投稿日:2019/07/01(月) 19:47:38 ID:784180b29 返信

    まあ、地政学について考えようと思ったらテレビのニュースに何の価値もないのは明らかです。
    テレビはトリリンガルのアイドル鎌倉アナを見てすごいねーと思うために見るだけですw

    「米中…」は現在読書中ですが、国内政治学や国際政治学における国家の人格の統一性や構造の人工性・主権の絶対性を巡る議論を理解しようと思ったらいよいよ「リヴァイアサン/トマス・ホッブズ」は読まないといけないようです…年末年始に読む感じかな…
    「トゥキディデスの罠」の人間臭い内実は「ギリシャ人の物語/塩野七海」に生き物として描かれ、こちらはすっかり馴染みなりました(^^)/

    • 名前:Shiro 投稿日:2019/07/01(月) 20:44:52 ID:6a573cd40 返信

      映像(と視聴率?)を扱うニュースでは、まともな背景や仕組みなどを伝えることはもともと不可能だとは思うのですが、それでも、最近のTVは劣化しきっている気はしています・・・(TT)

      至近な事件のホンの表面だけを、熱く報道して一瞬で冷えて後は知らん、の繰り返しですもんね。

      某国が日本の排他的経済水域を通過しても、「今年に入って〇〇回目」としか伝えず、その行為が何を目的として、どういう意味があるかなんて、聞いたことがないです。
      簡単な仕事だなぁ、と失礼ながら思ってしまいます。

      リヴァイアサンは、じゃぁ、平和はどうやったら訪れるんだ、という思いから、いつか読みたいと思っています。
      何もしない自然状態は平和なのか、殺戮なのか。

      「安心安全な社会を実現します!」とマイクで繰り返し叫んでいる、単身赴任先の議会選挙候補者に聞いてみたいところです(^^)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です