一点超豪華主義その2(XTRブレーキシュー)

窓辺で光り輝くXTRブレーキシュー。う,美しい・・・。
窓辺で光り輝くXTRブレーキシュー。う,美しい・・・。
Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

フロントのブレーキシューを交換しました。

もともとストッピングパワーが不足しているからです。また,最近,音鳴りが激しくなってきたからです。そして,XTRブレーキシューのかっこよさに見とれてしまったからです。

もちろん,一番の理由は3番目です(^^)

先日のチェーンに引き続き,一点超豪華主義その2(すでに一点じゃないけど),XTRブレーキシューを装着してみました。

SHIMANOのMTB用パーツは,SHIMANOへ細かくグレードが設定されています。グレードの高い方から順番に,

  • XTR
  • DEORE XT
  • SAINT
  • HONE
  • DEORE LX
  • DEORE
  • ALIVIO
  • ACCERA
  • ALTUS

と,インドのカースト制のごとく,厳密な階級社会が構築されています。

元のACCERAブレーキシュー。
元のACCERAブレーキシュー。
Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

おいらのLGS SIXは超廉価MTBなので,ほとんどのパーツはACCERAかALTUSで構成されています(涙)

もちろん,機能や耐久性の面でも劣るのでしょうが,それ以上に,デザイン的に大幅に劣っている気がします。

ACCERAやALTUSのブレーキなどは,「適当にタイヤにこすってれば良し」といった感じで,下手すると単なる消しゴムにも見えます。

ところが,XTRクラスになると,写真のように異常にかっこよく(写真家の腕は別問題ですが…),たかがブレーキなのに「所有することの満足感」を感じたりしてしまいます(←やばい,異常かも)

で,とにかくブレーキシューをXTRグレードに変更することにしました。まぁ,「最上位機種」と言っても,所詮は消耗品なのでお値段も2000もしません。逆に最上位の2000円以下,よくもまぁ,こんなに細かくグレード分けできるなぁ,と感心します。

バラバラになるブレーキシュー。
バラバラになるブレーキシュー。
Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

ブレーキシューの交換自体はとても簡単。良く,入門書とかに,「部品の並び順を間違えると大変! ちゃんと覚えておこう!」とか書かれていますが,覚えておくほどでは無いような気がします。

ブレーキは前後左右で4コもあり,1コずつ作業していけば,覚えてなくても他のブレーキを見て同じように作ればいいと思われます。

ただ,ちょいとしたコツは必要なようです。
まず,XTRなどの上位グレード(えへん)は,左右の別があるみたいなので間違えてはイケません。

そう,上位機種には左右の別があるのだ! これはR(右)用。
そう,上位機種には左右の別があるのだ! これはR(右)用。
Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8
見にくいけど,タイラップを挟んで組み上げてます。
見にくいけど,タイラップを挟んで組み上げてます。
Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

それから,これは,以前紹介した入門書に載っていた小技ですが,音鳴り防止用に「トーイン」を付ける際には,調整が微妙なので,進行方向に向かって後ろ側の部分にタイラップなどを挟んで1mmくらいの隙間を作ると簡単にできます。



交換はフロントだけでしたので,作業は15分ほどで終了。

前任者との差。これだけデカければ効いて当たり前?
前任者との差。これだけデカければ効いて当たり前?”
Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

早速,近所を走ってみましたが,なんともすばらしい効き具合。明らかにストッピングパワーが激増しました。そして,これは誰~も気が付かないとは思いますが,すばらしい輝き具合。オーナーであるおいらにとっては,実はこれが一番嬉しかったりするのでした(←やっぱり異常かも)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です