第1回 チューブレスタイヤパンク修理総合訓練

初のパンク修理訓練に備えるFUSION3チューブレスタイヤ(前輪だす)

初のパンク修理訓練に備えるFUSION3チューブレスタイヤ(前輪だす)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

おいらは,ここ3年ほどパンクしていません。

年間走行距離が2500kmしかなかったり,運が良いというのもありますが,とにかく全くパンクを経験していません。

しかし,寺田寅彦の「パンクは忘れた頃にやってくる」の警句の通り,いつ,あの絶望的な「ズバーン!」がやってくるか分かりません。

LOOK号のメインタイヤは本ブログ内の紹介記事へチューブレスのFUSION3ですので,「ズバーン!」とパンクすることはなく,「プスゥ~」とエア漏れしてくらしく,落車のおそれは少ないのですが,パンク自体のリスクが無いわけではありません。

そこで,梅雨の走れない週末を利用して,パンク修理の練習をしてみました。




パンク修理練習の必要性

冒頭にも書いたとおり,もう3年も出先でのパンク修理をやっていないため,そろそろ,出先でのパンク修理技術自体を忘れかけている不安があります(というか,そもそも苦手です。1時間とかかかるし・・・)

また,クリンチャーと違い,ビードがとても固くて着脱が難しいチューブレスを,本当に出先で修理できるのかが不安です。

この二つの「不安」を解消するため,暇な梅雨の休日に,チューブレスタイヤのパンク修理訓練をやってみることにしたのです。

パンク修理総合訓練実施要項

修理に当たっての条件は以下の通り。

修理方法は「チューブ化」とする

普通のクリンチャー用チューブを入れる,「チューブ化」で修理します。

普通のクリンチャー用チューブを入れる,「チューブ化」で修理します。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

チューブレスタイヤのパンク修理は,「パッチを貼る方法」と「チューブを入れる方法」の2種類があります。

このうち,パッチを貼る修理方法にはチューブレス特有の問題があります。

クリンチャーの場合は,最初から密閉されたチューブにエアを入れますから,携帯ポンプでゆっくりと入れていっても,いつかは満タンにすることができます。

一方,チューブレスは,タイヤのビードがリムに密着して初めて密封される構造になっています。つまり,ある程度勢いよくエアーを入れてやらないと,いつまでたっても,ビード部分からエアが漏れ続けることになります。

なので,出先での修理は,チューブを入れてしまうのが普通です(または,パッチを貼ってCO2ボンベ)。

入れるチューブは,クリンチャー用のチューブであればなんでもOKですが,今回は,家に転がっていたVittoriaのEVO55にしてみました。

石鹸水は使わない

チューブレスタイヤの装着は,石鹸水でビードを濡らし,滑りやすくして行うのが一般的です。

しかし,出先での荷物軽減を目的に,石鹸水を使わないで着脱できるかどうか試してみました。

IRCのチューブレス専用タイヤレバーを使う

左端のハッチンソン純正はあてになりません。使うのは,IRC(真ん中)とパナレーサー(右端)の2本。

左端のハッチンソン純正はあてになりません。使うのは,IRC(真ん中)とパナレーサー(右端)の2本。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

以前,紹介してますが,IRCのチューブレス専用のタイヤレバーは,非常に強い力でビードを引っ張ることができる,特殊な形状をしています。

今回は,このIRCのレバーと,パナレーサーのレバーの2本で対応してみました。

パンク修理訓練の様子

それでは,パンク修理訓練を開始しましょう!

まず,バルブを開けて,エアーを大気圧まで落としたところから作業スタートです。

【手順1】タイヤを外す

基本的に,クリンチャーの場合と同じで,タイヤレバーをつっこんでコジるだけですが,チューブレスはビードが固いですから,少しだけ難航します。

先に,パナのタイヤレバーをつっこみ,次にIRCのタイヤレバーをつっこみ,2本一緒に倒すことで,なんとか外すことができました。

この2本で外すことができました(^^)

この2本で外すことができました(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

ただ,思っていたよりは,ずっと楽です。もちろん,石鹸水は不使用です。

【手順2】バルブユニットを外す

おいらが使っているホイール,シャマルはチューブレス&クリンチャーの2-way fitのため,クリンチャー用のチューブを入れるためには,リムに固定されているバルブユニットを外す必要があります。

リムにがっちりと固定される,バルブユニット。なかなかの強敵です。

リムにがっちりと固定される,バルブユニット。なかなかの強敵です。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

が,こいつが予想外に固い!!

バルブユニットとリムの密着が悪いと,ここからエアーが漏れてしまうわけですから,とてもきつく作ってあります。

しかも,これといった工具はありません(まさか,ペンチを出先に持っていかないでしょう)ので,ド根性で手で外すしかありません。

個体差もあるのかもしれませんが,5分くらいは,こいつを手先でグリグリいじり続けて,ようやく外すことができました。ふぅ。

今回の訓練で,一番大変だったかも・・・。

ひたすら手でコジるしかありません。あと少し!

ひたすら手でコジるしかありません。あと少し!

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

こいつが悪さをしていました。ふぅ・・・。

こいつが悪さをしていました。ふぅ・・・。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

【手順3】チューブを入れる

クリンチャーの時と同じです。

バルブ位置から順にリムに納めていきます。

バルブのところからチューブを入れていきます。

バルブのところからチューブを入れていきます。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

このまま(ぺっちゃんこ)だと入れづらいので,携帯ポンプで少しだけエアを入れて軽く膨らませておくのがコツですが,クリンチャーと同じで,特に難しいことはありません。

ちょっとだけエアを入れてやったほうが,ねじれたりしなくてやりやすいです。

ちょっとだけエアを入れてやったほうが,ねじれたりしなくてやりやすいです。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

【手順4】ビードを填める

さて,いよいよ,タイヤ修理のクライマックス,「ビードを填める」作業になってきました。

初めてFUSION3を装着したときは,そのビードの固さのために装着に手こずり,本ブログ内の紹介記事へなんと5時間(!)もかかっていました。

しかし,その後,本ブログ内の紹介記事へコツ(先に填めたビードをリムの谷間に落としこむ)をつかんだおかげで,かなり楽に装着できるように進歩していました。

今回は,さらに,石鹸水なしでの挑戦ですが,やってみたら,あっさりと成功。5時間もかかりませんでした(笑)

確かにビードは固いのですが,IRCのタイヤレバーさえあれば無敵です。

こいつはチューブレスタイヤ専用に設計されており,内部に傷を付けないように配慮しながらも,テコの原理で,ものすごく強い力でビードを引き上げることができます。

このレバーを,早い段階からちょいちょい使って,徐々にはめ込んでいきます。

こうやって差し込んで・・・

こうやって差し込んで・・・

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

よいしょ,と持ち上げると簡単に填まります。これを,数回繰り返せばOKです。

よいしょ,と持ち上げると簡単に填まります。これを,数回繰り返せばOKです。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

石鹸水を使っていないので滑りにくいですが,逆に言えば,作業途中で元に戻ってしまうこともないので,チビチビ進めていけば,いつか全部填めることができます。

というわけで,石鹸水も使わず,一本のタイヤレバーだけで5分もかからず装着完了となりました。

【手順5】エア注入で完成!

残るはエアーの注入だけ。

もちろん,クリンチャーと全く同じです。

少しだけエアーをいれ,それからタイヤの両サイドの内部を見て,ビードがチューブを噛み込んでいないかを確認します。

確認できたら,後は,たったの300回くらいポンピングすれば完成です!

よっしゃ~! あとは,たったの300回ほどポンピングするだけだ!(笑)

よっしゃ~! あとは,たったの300回ほどポンピングするだけだ!(笑)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

・・・,疲れたのでここで,フロアポンプ君にバトンタッチ(^^)

わずか,5回くらいのポンピングで7気圧まで入りましたので,これにて,第1回パンク修理総合訓練は終了です~

まとめ

「チューブレス」という新しいタイヤシステムのパンク修理には,出先での修理経験の少なさもあって,ずっと一抹の不安を持っていました。
(その割には,もう1000km以上使っていますが・・・)

が,やってみれば,クリンチャーとたいして変わりません。

心配していた修理時間も約20分と,おいらとしては上出来なタイム(エア注入の分を忘れていますが・・・)

今回やってみて分かったのは,

IRCのタイヤレバーは必須
こいつは,本当に無敵です。固い,填めづらい,と各所で不満が聞かれるチューブレスタイヤですが,こいつを一本持っていれば,簡単に装着できます。ただ,こいつ一本では,タイヤを外すことまではできないので,普通のタイヤレバー1本とあわせ,2本持っていけば大丈夫です。
石鹸水は必須ではない
結局,今回は石鹸水は不使用でした。IRCのタイヤレバーの強大な力の前では,石鹸水なんて無くても大丈夫です。が,持っていったところで,大した荷物でもないので,念のために持っていくのもアリかと思います。
意外な落とし穴,バルブユニットを外すのが大変
今回は,写真撮影込みで20分で修理完了したのですが,その多くの部分をバルブユニット外しに費やしています。解決策は思いつかないのですが(グリスでも塗っておく?),一度は,自分の手だけで着脱をしておくことをオススメします。固かったな~。

というわけで,なんとなく,「パンク修理難しそう」という雰囲気のあるチューブレスタイヤですが,チューブ化方式で修理する限り,クリンチャーと全く同じであることが分かりました。

クリンチャーでのパンク経験が豊富な方(笑)は,特に気にすることはなさそうですし,経験が少ない方も,1回やってみれば,不安は払拭されることでしょう。

さぁ,すばらしき,パンク修理ライフを歩みましょう!(イヤだ~)

おいら最後のパンク風景。3年前の,雨の道志道でした。つらかったな~

おいら最後のパンク風景。3年前の,雨の道志道でした。つらかったな~

RICOH GX100

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



チューブレスには無敵のレバーです


Amazonでも売っています

コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2011/06/25(土) 23:28:16 ID:9e5a2640e 返信

    >keteruさん

    こんばんは~

    そう,panaのレバーはとても鋭利で,
    僅かな隙間にも入り込んでくれるのですが,傷も付けやすいかもですね。
    おいらは,過去に1回だけ,傷を付けてしまいました。
    (室内でタイヤ交換中に)

    シュワルベもレバーを出しているのですか。
    おいらは,すでに10本以上のレバーになってきたので,
    そろそろ自粛しようかと思っています(笑)
    最新の仲間入りは,カンパです。

    コンパウンドの継ぎ目にヒビですか!! げげっ!

    一応,毎回乗車後にぐるっとふき取り作業をするので,
    良く見ているのですが,今のところ大丈夫そうです。
    でも,気をつけるにこしたことはないですね。
    情報ありがとうございます!!

    たまに,FUSION3のこの手の話を聞くので,
    ひょっとして,当たりハズレが大きいのかな・・・?

    また,もうひとつ,世界不思議発見の情報もありがとうございますです!
    スカパーを解約して以来,まったく見ていないので,
    見たいです~。さっそく予約しておこう(^^)

  2. 名前:keteru 投稿日:2011/06/25(土) 22:42:39 ID:09014ba5a 返信

     書き忘れてました。
     来週の ”世界ふしぎ発見”は~。
    『風になれ! ジロ・デ・イタリア 自転車紀行
    』 です。 フミも出るらしいですよ。

  3. 名前:keteru 投稿日:2011/06/25(土) 22:31:41 ID:09014ba5a 返信

     なるほど、たしかにパナのタイヤレバーは、チューブをよく引っ掛けてくれますね、2~3本ダメにしました。 私のお気に入りはシュワルベのレバーです。

     今日、何気なく前輪を見たところ・・・・・え? なにこれ? ひび割れ?
     全周ではなかったですが2cm程のひびが入っていました。
     とりあえず、空気は抜けていないし、今すぐどうこうって事もなさそう、出先だったのでそのまま帰って来たんですが、家に付いて改めて確認すると、コンパウンドの継ぎ目にひびが入っているようで後輪にも一箇所ありました。
     このやり方でいいのか分かりませんが、瞬間接着剤を投与して対処したんですが・・・・・・、ちょいといやな感じですね。
     クリンチャーに戻す気は無いので、またチューブレスにするつもりですけど~。
     またFUSION3にするか、前使ったデトネーターが個人的に印象が良かったMAXXISにするか、評価が分かれるIRCにするか・・・・・・Shiroさんも、もう一度チェックして見たほうがいいかも知れませんよ。

  4. 名前:Shiro 投稿日:2011/06/24(金) 00:16:41 ID:99cbac568 返信

    >keteruさん

    いかにも,「ブスッ」ってやっちゃいそうに見えるのですが,
    良く見ると,角やエッジはすべて丸くなっていて,
    意外と傷を付けにくいデザインになっているようですヨ。

    それよりも,普段使っているパナのタイヤレバーの方が,
    端っこのほうのエッジが鋭くて,いつも気になります。

    念願のカンパのタイヤレバーも入手したので,そっちを使おうかな?

    タイヤの戻しの方は,石鹸水無しで全然問題なかったですよ~。
    むしろ,手が滑ったり,途中まで填めたビードが戻ることもなく,
    簡単に填めることができました。

    あぁ,電動ULTEGRAは驚きです!!!!
    しかも,「機械式」DURA-ACEよりも安いと思われる,とのこと。

    げは~

    リアはどうでもいいけど,フロントだけでも電動化したい・・・。

    >seiさん

    こんばんは~

    ネジと言うより,ゴムの部分が固すぎで抜けない感じです。
    もうちょっと,緩めに作ってくれてもいいと思うんですが・・・。

    乗り心地は最高にいいので,
    もう,クリンチャーには戻る気がまったく起きません。

    今回の練習で,出先のパンク修理もなんとかなりそうですし。
    ま,パンクしないことが一番ですけどね!(^^)

  5. 名前:Shiro 投稿日:2011/06/24(金) 00:13:30 ID:99cbac568 返信

    >3姉妹パパさん

    こんばんは~

    富士ヒルでは久しぶりにお会いできましたね!(^^)

    純正じゃないバルブにも交換できるのですね。
    知りませんでした~

    確かに,内圧がかかるわけですから,
    無理にこんなに頑丈に作る必要ないですよね。

    来月の「欲しいものリスト」に入れておきます(^^)
    情報,ありがとうございました~

    >オレンジ大好きクプさん

    はじめまして。
    コメントありがとうございます!!

    そうかぁ,チューブレスにもシーラントが入れられるのですね。

    あ,逆か。
    もともと,チューブレス用なんですもんね。

    今のところ,FUSION3 TLではパンク未体験ですが,
    そのうち,シーラント剤を入れてみようかな。

    一度,チューブレスに慣れてしまうと,
    とてもクリンチャーには戻る気が起こらないので,
    シーラント剤で汚れても気にならないだろうし。

    それにしても,FUSION3は頑丈なタイヤだと思います。
    前に使っていたPRO3 Raceに比べて,磨耗度が全然違います。
    いつまで持つんだろう・・・?

  6. 名前:Shiro 投稿日:2011/06/24(金) 00:11:54 ID:99cbac568 返信

    >toshiさん

    こんばんは~

    そう,toshiさんもFUSION3 TLでしたね。

    やっぱり,スローパンクになるのですか,助かるなぁ。
    おいらは,クリンチャーで3回パンクを経験していますが,
    2回はバーストでした。怖かったです・・・。

    カンパのエアバルブは,本当にガッチガチに作ってあります。
    きつすぎなんですよね・・・。

    ナット側は,Oリングでないです。
    リム側のゴムと一体成型のような形状です。
    今度,写真を載せますね~。

    >panpanさん

    こんばんは~

    おぉ,panpanさんはATOM TLでしたか。
    軽そうですよねぇ。

    ゆっくりとエアが抜けていくのはありがたいですね。
    バーストの音は,あれだけで,心臓が止まりそうになります。

    で,panpanさんは,そもそも石鹸水を使ったことが無いのですね。
    いやぁ,やっぱり無しで出来るもんなんですね(^^)

    どの雑誌記事も,「たくさん石鹸水で濡らします」と書いてありますが,
    やってみたら,石鹸水無しで全然問題無しでした。

    IRCは,より固いのですか。
    だから,こんなヘンテコなタイヤレバーを作ったのですかね?
    ハッチンソンユーザーとしては,ありがたい限りです(^^)

  7. 名前:sei 投稿日:2011/06/23(木) 21:53:45 ID:83fdebc44 返信

    バルブのネジ固いですよね。私はチューブレスからクリンチャーに逃げたクチですが、この記事を読んでまたチューブレスに戻そうかなと思ったり。

    乗り心地は最高なので、あとはパンクのリスクだけなんですよねえ…。

  8. 名前:keteru 投稿日:2011/06/23(木) 20:48:05 ID:27af48611 返信

     このIRCのタイヤレバーって、尖っている所でチューブを ”プスッ”ってやっちゃいそうで、とっても素敵なデザインしてますよね。
     それでShiroさん、チューブを抜いた後、石鹸水使わずにタイヤ戻したんですか? それとも次の更新のネタですか?
     マキシスからもTLが発売されたようですし、これから各社いろいろ出して来てくれるといいんですけど、そうすれば用品も便利な物が登場してくれるんじゃないでしょうか。  まあ、最近で一番ビックリした登場は電動ULTEGRAですけどね。

  9. 名前:オレンジ大好きクプ 投稿日:2011/06/23(木) 17:40:38 ID:56d22e333 返信

    Shiroさん はじめまして

    私もShiroさんの影響で、シャマル ULTRA 2WAY-FIT、FUSION3 TL
    そしてNOTUBES シーラントでパンク対策しております。
    1日に3回それもサイドカットで前後のパンクをパンクを経験すると、やれる事はすべてやってみようと思いました。まだほとんど走っていないので、これからどうなるかが楽しみです。
    バルブ私もはずしてみましたが、メチャメチャ硬かったです

  10. 名前:3姉妹パパ 投稿日:2011/06/23(木) 13:35:44 ID:a498dba7d 返信

    バルブ交換します?
    Stans(No Tubes)から色々なリム用が出てます。
    ユルユルでも、内圧が掛かれば空気は漏れませんよ。

  11. 名前:panpan 投稿日:2011/06/23(木) 09:35:20 ID:6dc218de6 返信

    昨年だったか、ATOM T/Lで旋盤の切り粉を拾ってパンクしました(´_`。)グスン
    C/Lとは違い、エアがゆっくりと抜けていくので安全に停まることはできましたよ。
    やはりチューブを入れての修理をしました。
    ボクはT/L専用タイヤレバーは持っていない(高いんだもの)のですが、
    マルニの3色レバー(爆)2本ですんなりと作業できちゃいました。

    皆さん、T/Lの脱着には相当苦労されているようですが、
    今まで5セットほど組んだ経験ではどれも一発でビートも上がっていますし。
    石鹸水も使ったこと無いんですよねぇ。
    たまたま買ったタイヤがアタリだったのかなぁ・・・
    すべてハッチンソンでしたが、IRCはもっとやりにくいみたいですね。

  12. 名前:toshi 投稿日:2011/06/23(木) 08:59:59 ID:e49501926 返信

    Shiroさん:おはようございます。

    今回もためになる記事をありがとうございました。
    既にお伝えしてあるように私もFUSION 3 TLを使っています。
    先々月には新車装着したFUSION 3にヒビ割れが発生したため、代理店での現物確認のため一時的に代タイヤ(FUSION 2 TL)に交換されていましたが、フロントがスローパンクしており自分でチューブを入れて乗っていました。
    IRCのタイヤレバーは作業がしやすいですね。
    ビードを落とすことだけ気にしていれば、普通のクリンチャーと大差無く作業が出来ます♪

    エアバルブですが、リム密着部分については各社それぞれだと思いますけど、私のWH-6700など、ナットを外したら普通に「スポッ」って感じで抜けちゃいましたよ。
    カンパはキッチリ作ってあるんですね。

    ちなみにナット側のOリングは切れませんでしたか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です