タイヤ表面の傷修理方法検討

傷口をパックリ開けては接着剤を流す,の繰り返し。

傷口をパックリ開けては接着剤を流す,の繰り返し。

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

先日,太~い釘が刺さってしまったチューブレスタイヤ,IRC ROADLITE TL

事件当日は,タイヤを外してチューブを入れる仮補修で家まで辿り着けました。

また,後日,タイヤ裏面にゴムパッチをあてる本修理を完了させています。

しかし,タイヤ表面に残った,痛々しい釘の痕の補修が残っています・・・。

長いけど,要するにこんなお話です(^^)

  • タイヤ表面にできる傷の修理方法を検討しました
  • ゴム糊は用途的に「イケル!」と思ったんだけど失敗
  • 硬化後も弾性力のある接着剤『ウルトラ多用途SU』がよさそう
  • ただし,接着剤の塗りこみ方に工夫が必要
  • うまくやれば,数百km走ってもちゃんと傷口は塞がれている(^^)


トレッド面の傷を修理しよう

パンクに至らない場合もそうですが,タイヤ表面に出来たヒビや穴を塞ぐのって,意外と難しいものです。

こういう穴って困りますよね(写真は,EliteJet<160g)

こういう穴って困りますよね(写真は,EliteJet<160g)

Panasonic LUMIX GM1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8

仮に1日100km(=100000m)走った場合,タイヤ周長を2mとすれば,補修箇所は地面と50000回も接触するのですから,よほど頑丈に補修しておかないと,繰り返される衝撃でまた壊れてしまいます。

過去には瞬間接着剤で補強したことが何度かありますが,たいていはすぐに剥がれてしまってました。

「超耐衝撃!」をうたった瞬間接着剤を使ったこともありますが,そんなに頑丈な固体がタイヤ表面に存在していることが,新たなパンクの原因になりそうです(このときのパンクはこれが原因と疑われています)。

そこで,瞬間接着剤ではない方法を色々試してみました。

【方法1】ゴムのりで穴を塞ぐ→失敗

本修理でゴムパッチをタイヤ裏面に貼っている時に,「この,ゴムのりで補修すればいいじゃん」とヒラメキました。

この「ごむのり」ってのは良く分からない物質で,タイヤゴムに塗りつけると,最初はヌメヌメしているのですが,いつの間にかタイヤと一体化しているという不思議な振る舞いを見せます。

たぶん,接着剤ではないので強度は期待できませんが,前述のように「強度があると壊れやすい・パンクの原因になる」ですから,このフニャフニャ液体がちょうどいいのかと思いました。

で,塗りこんでみたのがこの状態。

どっさりと塗りこんでみました。

どっさりと塗りこんでみました。

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

さすが,ゴムのりだけあって,トレッド面と一体化しているように見えます。

さすが,ゴムのりだけあって,トレッド面と一体化しているように見えます。

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

タイヤ表面の傷口をなるべく大きく開き,傷の内部まで細い綿棒を使って塗りこんでみました。

この修理を終えて数日後,例の地獄の土砂降りヤビツ90kmを走ってみたのですが,走行後の様子は以下の通り。

だめじゃ~ん。ゴムのりはすっかり剥がれ落ち,傷口もパックリと・・・。

だめじゃ~ん。ゴムのりはすっかり剥がれ落ち,傷口もパックリと・・・。

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

ん~,だめじゃ~

予想通り,ゴムのりは強度が無さ過ぎて,あっさりと剥がれてしまいました。

【結果】ゴムのりではだめでござる

【方法2】硬化後も弾力のある接着剤『ウルトラ多用途SU』を使ってみる→失敗

タイヤ補修剤に求める性能は,

  • 繰り返される衝撃に耐えられる強度
  • ゴムを傷つけない柔らかさ

という矛盾したものです。

こんな矛盾した性能を持つ接着剤なんてあるわけがないのですが,家にありました(笑)

家の接着剤箱(沢山あるのよ・・・)の奥底に眠っていたのは,ボンド社の『ウルトラ多用途SU プレミアムソフト』という接着剤。

家の接着剤置き場(どこよ?)から出土した,「ウルトラ多用途SU プレミアムソフト」。アイスクリーム?

家の接着剤置き場(どこよ?)から出土した,「ウルトラ多用途SU プレミアムソフト」。アイスクリーム?

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

なんだか,「いろんなことに使えるソフトクリーム」みたいなネーミングですが,この接着剤の特徴がすごい。

パッケージやHPの説明をそのまま引用すると,「硬化後も弾力があり,曲げや衝撃に対し柔軟な強度を発揮します。」とのことです。

なんでしょう! この,穴の開いたタイヤ補修のためだけに生まれてきたような接着剤は!? 昔ながらの黄色い「ボンド」のパワーアップ版みたいなものでしょう。

さっそく,那須高原プレミアムソフトクリーム(違)を,以下の手順で傷口に塗りこんでみました。

  1. 傷口をなるべく開き,奥まで接着剤を塗りこむ
  2. 傷口を塞いだ状態にして,実用強度が出るまで硬化させる

注意すべきは2.の工程で,なるべく傷口が密着するように,押さえつけてみました。

なんだか,変てこな方法でタイヤを潰していますが,なぜ?

なんだか,変てこな方法でタイヤを潰していますが,なぜ?

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

写真で見ると「タイヤを潰してなにやってんの?アホ?」という感じかもしれませんが,絵で描くとこんな感じです。

タイヤを膨らます or 潰したときの傷口の様子。おぉ~,分かりやすい(?)

タイヤを膨らます or 潰したときの傷口の様子。おぉ~,分かりやすい(?)

傷口を開けっ放しにして接着剤で塞ぐ(左の図)のではなく,「傷口がちゃんと閉まる」ようにしてみました(右の図です)

穴を埋めるのではなく,傷口をくっつけたかったのです。

この修理を終えて数日後,藤沢~城ヶ島の往復90kmを走ってみたのですが,走行後の様子は以下の通り。

なんと,ゴムのりと同様,傷口がパックリと開いている。なんのために,こんな長い名前を与えられたと思っているのか・・・。

なんと,ゴムのりと同様,傷口がパックリと開いている。なんのために,こんな長い名前を与えられたと思っているのか・・・。

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

どび~ん。

こんなに長々説明したのに,まったく効果なし!

新入社員に1時間くらい長々と説教したときのような脱力感です(違?)

なぜに反省しないんだ効果がでないんだ・・・?

【結果】ウルトラ多用途SUでもダメでござる

【方法3】『ウルトラ多用途SU』を普通に塗ってみる→大成功!

方法2はなぜ失敗したのでしょう。

ボンド社が社運をかけて,タイヤ修理のためだけに開発したと思われる『ウルトラ多用途SU プレミアムソフト』を塗りこんだのに,たった90km走っただけで傷口がパックリと開いてしまいました。

ここで,修理後の走行状態を想像してみます。

タイヤは空気を入れると膨らみますから,傷口は「開く方向」に力がかかります。

一方,走行時に地面に接触する瞬間は,重力で押しつぶされますから傷口は「閉まる方向」に力がかかります。

この「開く」「閉まる」力が,前述の通り,1日に50000回も加わると接着剤も耐え切れなくなり,開く方向になってしまうのではないかと推測します。

そして,タイヤ上の1点に注目すれば,走行中のほとんどの時間はタイヤは地面に接触してなく傷口は「開く方向」です。

であれば,開いた状態の傷口に接着剤を塗りこんで,穴を埋めた方がが良いのでは?ということになりました。

そこで,方法2と同様に接着剤を傷口に塗りこんだ後は,タイヤにエアをたっぷり入れて,傷口は開いたままにしておきました(左下の図の状態で接着剤を流して硬化)。

タイヤを膨らませてできる傷口の穴を塞ぐように接着剤を流し込みます

タイヤを膨らませてできる傷口の穴を塞ぐように接着剤を流し込みます

(たぶん写真では違いが分からないですが)接着剤を塗りこんで,タイヤにエアを入れて,傷口を開いた状態で硬化させました。

(たぶん写真では違いが分からないですが)接着剤を塗りこんで,タイヤにエアを入れて,傷口を開いた状態で硬化させました。

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

要するに,傷口の穴を無理に接合するのではなく,穴はそのままにして,接着剤を埋め込んで塞ぐという方法です

この修理の翌日,家の近所を30kmほど,なるべく路面が荒れている場所(急勾配で溝が彫られている場所など)も選びつつ走ってみました。

その後の傷口の様子は以下の通りです。

おぉー,傷口はしっかりと閉じたままだ!(^^)

おぉー,傷口はしっかりと閉じたままだ!(^^)

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

おぉぉ~,ワンダフル!

汚れてはいますが,ほとんど傷んでなく,ちゃんと傷口を塞いでいます!!!

なんだ,最初からこうすればよかったんだよ・・・。

【結果】普通にウルトラ多用途SUを塗り込めば成功!

まとめ

なんだか,とてもアホくさい実験結果になりましたが,過去の偉人達もこんな風に試行錯誤してきたのですが,これでいいのです(笑)

長くなりすぎて分からなくなってきたので,表にしておきます。

方法 方法1 方法2 方法3
接着剤 パンク修理用ゴムのり ウルトラ多用途SU・プレミアム・ソフト
結果 傷口の穴に,パンク修理用のゴムのりを流し込む 傷口に接着剤を塗り,傷口をくっ付けて元通りになるように修復 傷口の穴に接着剤を塗りこみ,傷口の穴を接着剤で埋めるように修復
結果判定 NG NG GOOD!
状況 90kmの走行で,ほぼ無くなってしまいました・・・ 90kmの走行後でも接着剤は残ったものの,傷口はパックリ開いてしまいました 30kmの走行後,ほぼ無傷で接着剤が残り,傷口もちゃんと塞いでいます

『ウルトラ多用途SU』シリーズには,他にもレギュラーとハードの計3種類の固さがあります。

ただ,程度の差こそあれ,どれも「硬化後にも弾力があり」と書いてありますから,他の製品でも同じように修理できるのかもしれません。

我が家には,他にも,無数に小さなクラックが出来てしまったElite Jet<160gも残っていますから,瞬間接着剤補修を剥がし(すでに剥がれてるか・・・),今回の補修方式を採用してみます。

世の中には,同じように,タイヤ補修方法で悩んでいる人は多そうです。

他にも,「こんなのあるぜ!」とかいう情報がありましたら,是非お願いします~

(ライターで溶かしちゃう,とかダメかな!? だめ?)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


[メーカーサイト]

色んなゴム・プラスチックに使えます。一家に一本(?)

コメント

  1. 名前:take 投稿日:2015/10/05(月) 19:08:25 ID:a02a41d8a 返信

    はじめまして。
    今年でロードバイクに乗り始めて4年になります。
    これまで大変、お世話になってまいりました。
    さて、ぼくはコロンバスのシューグーというものを使用しています。
    クラック等の発生個所に使用していますが、問題なく使用できています。
    マスキングテープを使用して使用個所を目立たなくするとほぼ、わかりません。
    ご参考になれば幸いです。

    • 名前:Shiro 投稿日:2015/10/06(火) 12:36:21 ID:c6a4ea89b 返信

      はじめまして。
      コメントありがとうございます!(^^)

      「コロンバス」というと,シューズメンテナンスメーカーのですね!

      なるほど,靴底の補修剤とはすばらしい着眼点ですね~
      たしかに,似たようなゴムだから行けそうですね!

      タイヤ修理道を極めるため,おいらも購入して試してみようかな(^^)

      実はタイヤもそうなのですが,クリートのグリップゴムの修理も,シューズ用品でなんとかできないかな?とたくらんでおります。

      以前,タイヤの切れ端を瞬間接着剤で固定したことがあるのですが,1ライドで消え去りました(涙)

      靴底用ゴムを切って,なんらかの接着剤でくっ付ければいいのかも,と思っているのですが・・・。

  2. 名前:Shiro 投稿日:2014/12/19(金) 21:10:07 ID:2ff9c474f 返信

    >272somaさん

    初めまして。
    コメントありがとうございます!

    あ~,説明が不足していましたね。

    パンク自体の修理は,すでに裏側からパッチを貼って修理完了しています。
    (チューブレスなので,これは必須)

    パッチを貼ればエアは漏れなくなるのですが,タイヤ表面に残った大きな傷が気になってしまい,ソコを接着剤で防ぐ作業を行った,という記事でございます。

    なんか,タイヤ表面の傷って,精神衛生上,気持ち悪くて・・・(^^;)

    ちなみに,この作業からさらに3ヶ月ほど経過していますが,いまだにキレイに傷口はふさがれたままです。

    ソフト系の接着剤,すばらしです。

  3. 名前:272soma 投稿日:2014/12/18(木) 16:48:56 ID:5cc7fc621 返信

    ロードバイクのタイヤの修理ですよね?
    私は裏からパッチ貼っています。

    チューブレスは分かりませんが、クリンチャーなら問題ないです。
    タイヤの裏面がザラザラで接着が弱そうでも(pro3)、チューブで強力に押されるので接着するみたいです。

  4. 名前:Shiro 投稿日:2014/09/20(土) 23:46:05 ID:c1610ea00 返信

    >Kさん

    情報,ありがとうございます!

    これですね!(黒ゴム接着剤

    「乾いてもゴムのようにしなやかな仕上がり」ということは,SUと似たような性質なのかもしれませんね。

    ぜひ,使用後のレポートもお願いします~!(^^)

  5. 名前:K 投稿日:2014/09/19(金) 13:48:17 ID:752e54909 返信

    私は、「染めQテクノロジィ SOMAY-Q ゴム製品補修剤 黒ゴム接着剤」を使っています。
    密林でもローディのレビューがありました。
    クリンチャーですがどれくらい効果があるのか・・・これから実験します。

  6. 名前:Shiro 投稿日:2014/09/18(木) 20:59:57 ID:f2ae861a9 返信

    >ラスティさん

    あぁ,シーラント剤ですか,なるほど。
    手持には大量の(悲)Notubesはあるのですが・・・。

    なんとなく,タイヤ内部では威力があっても,表面だとあっさりと削れてしまうような気がするのですが,どんなもんでしょう?

    とりあえず,

    1. 瞬間接着剤
    2. ゴムのり
    3. ウルトラ多用途SU
    4. 靴補修用接着剤
    5. TUFOシーラント剤

    の順に試してみます!

    なんせ,EliteJet

  7. 名前:Shiro 投稿日:2014/09/18(木) 20:56:32 ID:f2ae861a9 返信

    >ぎんさん

    おおぉぉ,靴補修用!!!

    全然思いつきませんでした。

    タイヤと兄弟のようなもんですもんね(違うか?)

    ちょうど,通勤革靴も磨り減ってきているし(涙),靴補修用接着剤も常備しておこう!

    ウルトラ多用途 vs 靴補修用接着剤の勝負ですね!

    情報,ありがとうございます~!

  8. 名前:Shiro 投稿日:2014/09/18(木) 20:54:29 ID:f2ae861a9 返信

    >cressonさん

    幸か不幸か,自動車もオートバイもパンクしたことが無いのですが,そうやってゴムの塊を打ち込んで修理してしまうようですね。

    どうやって接着しても元通りの強度には戻らないような気がするのですが,せめて,穴を塞いで次の異物が入らないようにはしたいんです。

    となると,やっぱり,ボンドで埋め尽くすか,ゴム片を入れてボンドで固めるあたりがいいかもしれませんね。

    しかし,改めて,こんだけデカイ穴が開いてもパンクしないチューブレスタイヤにオドロキです(!)

  9. 名前:ラスティ 投稿日:2014/09/18(木) 08:24:23 ID:d50624b8a 返信

    前にも書き込んだことがあるのですが、シーラント剤はいかがですか?
    私のお気に入りです w
    私はTUFOを使ってます。notubesは真空売りなのでもったいないので。

  10. 名前:ぎん 投稿日:2014/09/17(水) 19:59:57 ID:564b190f0 返信

    靴の補修用の接着剤もなかなか良いですよ
    http://www.amazon.co.jp/dp/B009YG2KA4

    自転車用シューズの靴底の削れやすい踵とかにも予め薄く塗って保護したりにも使えます。
    あまり長持ちはしませんが、接着剤が削れたり剥がれたりするたびに塗りなおしてます。

  11. 名前:cresson 投稿日:2014/09/17(水) 17:38:12 ID:df74b836a 返信

    こんにちは

    ご迷惑おかけしました。

    自動車やオートバイのチューブレスタイヤの修理には、ゴムひもみたいなのを打ち込んで修理します。
    自転車でもMTBならパナソニックであったかな。
    これだけ傷口が開いてるなら、余ったチューブなんたの小片をボンドで埋め込むのはどうでしょ?
    傷口広げてしまうかな?

    ライターで炙ったら穴が塞がるってチューブなら以前使ったことがあります。
    実際穴があいてしまって、悲しいような、炙りを試せる嬉しさが合い混じった感情で
    炙って塞ごうとしたのですが、指先をやけどしただけでふさがりませんでした・・・
    バルブ周りが弱くて、二度と使いません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です