Are you a YouTuber? No, I’m a NoTuber!

歴代のNoTubeたち。お世話になりました m(_ _)m

歴代のNoTubeたち。お世話になりました m(_ _)m

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

10年前には予想もつかなかった職業(?)の一つに,YouTuber(ユーチューバー)なるものがあります。

動画投稿サイトのYouTubeに面白い動画を投稿し,そこでの広告収入によって生計を立てたり,大金持ちになったりする人たちのことを指して,YouTuberというそうです。

おいらも,ヘンテコ動画は多々掲載していますが,残念ながらYouTuberとして生きていくほどの才能はありません。

でも,NoTuber(ノーチューバー)としてならば・・・?

要するにこんなお話です(^^)

  • パンクシーラント剤,NoTubeでは過去5回ほど助けられてます
  • 基本,事前注入しているので,潜在的にはもっと助けられているカモ
  • IRCの『TIRE SEALANT』は『NoTube』と同じように使える
  • Bontragerの『TLR Tire Sealant』もイケそうです
  • チューブラーは金かかるなぁ・・・


我がNoTuber人生の総括

響きはソックリです(?)が,YouTuberとは全く異なるNoTuber(ノーチューバー)

もちろん,おいらが勝手に作った「Stan社のNoTubesを湯水のように大量消費する人」を意味する造語です。

何も生産せず,ただひたすらNoTubesを消費するという,刹那的な人生です(笑)

おかげで,生計を立てるどころか,生計が危うくなる一方です。

購入ルートによって,末端価格にはばらつきがあります。

購入ルートによって,末端価格にはばらつきがあります。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

買うたびにお値段が異なり,一番安くて380円,最高値では630円もしました。

写真では9本しかありませんが,過去2本は空き容器を捨ててしまったので,総購入本数は11本です。

平均的には500円くらいでしたので,総額5500円をNoTuber人生にささげております(^^)

どこでNoTubesを使ってきたのか・・・?

いったい,11本ものNoTubesをどこで使ってきたのか。

使い始めて4年半ですが,パンクで役に立ったのは以下の5件のパンク事件です。

No. 日付 パンク状況 修理状況 備考
1回目 2013年5月 ヤビツ帰りの平坦道路でパンク バルブエクステンダー不調でNoTubesの注入に苦戦 チューブラーでの初パンク
2回目 2013年5月 富士スバルライン試走終了後の下りでパンク 注入・固化・加圧,すべてスムーズ 新品のRecord(15k円)を25kmでお釈迦に・・・。
3回目 2014年4月 ヤビツ帰りの平坦道路でパンク いったんエア漏れが始まるも,すぐに自動で修復 理想的なNoTubesの活躍場面
4回目 2014年7月 ヤビツの下りでパンク 穴が大きかったのか,修復後も圧を上げられず・・・ 不完全な修理はこのときだけ
5回目 2015年4月 ヤビツへ行く途中の平坦道路で画鋲を踏んでパンク NoTubes注入は問題なくできたけど,ポンピングでバルブコアを折ってしまい,2気圧程度までしか入らず・・・ でも,なんとか家までの30kmを走りきりました

改めて書き出してみるとすごいですね。

クリンチャーやチューブレスではほとんどパンクしたことが無いのに,チューブラーで超軽量タイヤを使い始めた途端にドンドン,バンバン,ガンガン,パンクしています。

4年半のチューブラー生活で5回のパンクを経験し,そのすべてをNoTubesで乗り切っているのだから,まさにNoTuberの鑑(かがみ)です。

5回のパンク事件のうち「3回目」のパンクでは,事前に入れてあったNoTubesで自然治癒しているので,実際のパンク現場で追加使用したのは4本です。

また,基本的には事前注入(パンクする前から入れておく)策を採用しているので,新しいタイヤに交換したり,前後ローテーションするたびにNoTubesを注入しています。

今まで使った11本のNoTubesの内訳は,

  • 事前注入(タイヤ交換・ローテーション時):6本
  • 事後注入(パンク時に現地で追加注入):4本
  • 未使用(ツールボトルに1本常備している):1本

となります。

いずれにせよ,実に良く貢いでいるなぁ・・・。

ちょっと違うタイプも!?

残っている空きボトルを見ると,Stan社の「元祖NoTubes」の他に,少しデザインが違うものが混じっているのが分かります。

これらについて,少し紹介しておきましょう。

IRC 『TIRE SEALANT』

日本の,井上ゴム工業(IRC)のシーラント剤です。

ラベルデザインは同じですが,ボトルサイズ・中身は同じです。

ラベルデザインは同じですが,ボトルサイズ・中身は同じです。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

一応,「IRCのチューブレスタイヤ専用」となっていますが,ショップで聞いてみたところ,チューブラーでの使用も全く問題ないとのこと。

さらによく聞いてみると,そもそもTIRE SEALANTはStan社からのOEM供給品であり,NoTubesと中身は全く同じとのことです。

たしかに,ボトルにも「Produced by Stan’s NoTubes」と書いてあります。

また,本家のNoTubesは“Designed for use in standard tubeless and tubular tires”と書いてある通り,チューブレス・チューブラーどちらにも使えます

なので,IRC『TIRE SEALANT』も問題なく使えそうでし,実際にパンク穴を塞いでもらいました(たぶん,3回目のときです)。

とはいえ,一応は自己責任でお願いしますm(_ _)m

ラベルには,「IRCのチューブレスタイヤ以外で使ったら大変なことになる」旨,記載されています(^^;)

ラベルには,「IRCのチューブレスタイヤ以外で使ったら大変なことになる」旨,記載されています(^^;)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

Bontrager 『TLR Tire Sealant』

米Bontrager社のシーラント剤です。

これまたご近所のショップで購入したのですが,こちらは,ボトルの形・分量・見た目ともにNoTubesとは異なっています。

左端がBontrager。ほかの2つとは明らかに違う感じ。

左端がBontrager。ほかの2つとは明らかに違う感じ。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

「TLR」とは「TubeLess Ready」の略なので,チューブレス用ということは分かりますが,チューブラーにも使えるのかどうか,気になるところです。

これまた,Bontragerのチューブレス用,という触れ込みです。

これまた,Bontragerのチューブレス用,という触れ込みです。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

製造元のBontragerのサイトでは,&lqduo;right choice for any tubeless road or mountain tire.”と書かれていて,チューブラータイヤについては触れられていません。

これについてもショップで確認したところ,チューブラーでも問題なく使えるそうです。

幸か不幸か,今のところ,Bontragerでお世話になったことはないのですが,パンクを修理してしまうメカニズムは同じようなので,活躍を期待しましょう(いや,したくない)。

おわり

2011年のチューブラータイヤデビューと共に始まった,我がNoTuber人生。

4年半のNoTuber人生から学び取った教訓は・・・

「チューブラー人生は金がかかる」

ということです(笑)

ホイールは高いし,タイヤはもっと高いし,NoTubes買わなければならないし,タイヤは基本使い捨て。

このままでは,NoTubesどこから,NoMoneyになってしまいそうです(涙)

パンク1回で,NoTubes2本(現地修理,事前注入),新品タイヤ購入の費用が掛かります・・・

パンク1回で,NoTubes2本(現地修理,事前注入),新品タイヤ購入の費用が掛かります・・・

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

それでも,超軽量タイヤシリーズ(VELOFLEX Record,TUFO EliteJet,TUFO S3 Lite)から脱却して,Vittoria CORSA CXに乗り換えてからは落ち着いてきています。

願わくば,今後もNoPunctureでありますように・・・(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


[メーカーサイト]

楽天はAmazonよりだいぶお安い感じです

コメント

  1. 名前:キナバルの★ 投稿日:2015/10/23(金) 13:36:53 ID:7a906729f 返信

    Shiro様

    いつも楽しく拝読しています。
    シーラントですが、チューブレス(チューブラーではなく)の場合、やはり必須でしょうか。自分はクリンチャーしか使ったことがありません。よろしくご教示ください。

  2. 名前:Nogu 投稿日:2015/10/15(木) 22:57:58 ID:f479893e9 返信

    Bontrager 『TLR Tire Sealant』の一件ではお世話様。
    しかしいっぱい使ってましたね。
    パンクの2回は一緒でしたね。
    やビツのは遭遇しませんでしたけど。
    しかし、お互いチューブラーには泣かされますね。
    自分は完璧にこのシーラントに助けられました。
    その後のチューブラー手術で破裂してお釈迦にしましたがね。
    転ばぬ先の杖としては良いアイテムです。

    個人的にはチューブラーの手術ができる職人になりたいです。

    • 名前:Shiro 投稿日:2015/10/16(金) 20:15:16 ID:66486cba8 返信

      お互い,チューブラーの運用には悩まされますよね~

      限界まで頑張ってカーボンホイール(チューブラー)を購入したのはいいけど,その後の運用費用が捻出できないんですもん(涙)

      チューブラーもクリンチャー並み,5000円くらいならいいんですけどね!
      (Recordは3倍もしました・・・)

      また,この記事を書いていて気が付いたのですが,パンク時に現場で注入した本数より,タイヤ交換時に事前注入した本数の方が多いんですね。

      だったら事前注入をやめて,パンクしたら注入でもいいのかもしれません。

      が,実は自分では気が付かないうちに,マイクロなパンクをたくさん自然治癒させているのかもしれませんから,簡単には決められませんね。

      でも,今後はレースのとき以外は事後注入にしようかな,と思い始めてます。

      手術作業もいつかはやってみたいのですが・・・(^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です