自転車本で自分に「喝」を入れています(^^)

最近読んだ自転車本の数々。ちょっと違うのが混じっているけど・・・(^^)

最近読んだ自転車本の数々。ちょっと違うのが混じっているけど・・・(^^)

Nikon D90 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

11月の末ごろから,ぶっ続けで自転車関係の本を読んでいます。

ぶっ続け」と言っても,たかだか4冊ですが,この季節のおいらにとっては画期的なことであります。

なぜかと言えば・・・



カメラじゃない,自転車だ!

例年のことですが,おいらは秋が過ぎて寒くなってくると,急速に「自転車熱」が冷めていき,替わりに「カメラ熱」が高くなっていきます。

しかし,今年は11月からローラー練習(HIIT)をやり始めるなど,来年3月の再起に向けて,真面目に自転車の方に取り組んでいます。

ちょっと油断するとカメラの方に意識が向いてしまいがちな季節(?)ですから,意地でも自転車の方を向き続けるよう,とにかく隙間なく自転車本を読み続けています(^^)

あんまり連続で読み続けているので,正直言って,どれがどの本に書いてあったのか,イマイチ分からなくなってきているのですが・・・。

おいらのニワトリ並の記憶力では,最近読んだ4冊の自転車本の面白さランキングは以下の通り。

  1. 頭脳で走るロングライドの実践術(田村 浩)
  2. アラフォーからのロードバイク(野澤 伸吾)
  3. とことん自転車(鶴見 辰吾)
  4. ヒルクライマー宣言(高千穂 遙)
  5. 猫ピッチャー(そにし けんじ)

「どう面白かったのか?」「何が書かれていたのか?」と聞かれても,中身はほぼ全部忘れている(意味無いじゃん!)ので,1位になっている『頭脳で走る・・・』は,単に一番最近に読んだからでもあります・・・。

いやいや,それ(おいらの揮発性記憶)を差し引いても,面白い本でした(^^)

ロングライドが得意ではなかった著者が,100km,200kmと距離を伸ばしていき,ブルベの世界まで入っていく過程がとても面白いです。

いろんな人が同じことを言っていますが,ロングライド(ブルベ)は体力や速さではなく,準備・計画力だということが良く分かります。

どこで寝るか,それとも徹夜で走り抜けるか。無計画でブルベに出場しても乾燥完走はなかなか難しい。

逆に,ちゃんと計画さえしていれば,(並みの走力があれば)300kmでも400kmでも完走することができる。

文字ぎっしり,ページたくさん,すごくお得感のある自転車本(逆パターンの本,多いですよね・・・)であるうえに,なんと,著者の愛車がLOOK 595という素敵なバイクであることに感動しました(^^)

同じバイクで,最長200kmしか走ってない我が身が情けないところではありますが・・・

【予告編】富士箱根の4峠・山を乗り越え200km/日達成!(^^)
-->おぉ~,ついに200km/日オーバー! それにしても,7300kcalっ...

そのほかの3冊も含めて,最近の自転車本読書記録は,恒例の月間記録で紹介する予定です~。

ただでさえ記憶力が皆無なのに,同じような本を連続で読んでいるから,何がなんだかですが・・・。

そろそろ,本を読みながらメモを書かないとダメかもなぁ,ニワトリ頭。

重ね重ね,全然覚えていないんだよなぁ。もう一回読むか・・・(T_T)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



奥深きロングライドの世界へ!


奥深き猫ピッチャーの世界へ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です