Hans Fischer,『たんじょうび』,『こねこのぴっち』

この本を見た時は,涙が出そうなほど懐かしかったです。

Fischerの,このラフなスケッチのような画風。知育やしつけとは無関係の,心温まるストーリー。おいらが小さい時に大好きだった絵本です。(たぶん、watalissさんもでは?)

森に暮らすリゼッテおばあちゃんの誕生日に,一緒に暮らす動物たちがケーキを焼いたり,家を飾り付けたりしてお祝いの準備をするお話です。たったそれだけの話なんだけど,動物たちが一生懸命がんばったり,失敗したり,遊んじゃったりするのが,等身大に自分たちみたいで本当に楽しいお話です。

そして,なにより,このFischerのイラストがたまらんです。シンプルなのに温かい。いいなぁ。

それと,こっちは小さい頃に読んだことはなかったけど,同じFischerの『こねこのぴっち』もなかなか良いです。

どうやら,『誕生日』の次作みたいです。リゼッテおばあちゃんの家の動物はさらに増えています。犬や猫のほか,アヒルや鶏,かも,やぎなどなど。そのなかの1匹,子猫の「ぴっち」が主人公(実は前作『たんじょうび』にこっそり出てたりします)。ぴっちはまだ子猫なんだけど,精一杯背伸びして,ほかの動物の真似をして雄叫びを上げたり,池を泳いでみたり(猫なのに!)大人びます。ところが,夜にひとりぽっちになってさみしい思いをすることに・・・。

うちのチビ達には,こっちのお話の方がうけています。いろんな動物が出てくるところ,はらはらする場面があるところ,などがうける理由のようです。

スイスのFischerおじさんは,残念ながら,49歳の若さで他界されています。

この心温まる2冊がこども達(もちろんぼくら両親も)の大好きな絵本であり続けますように・・・。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:SHIRO 投稿日:2005/06/17(金) 00:40:28 ID:3a574f489 返信

    「ジャジャジャジャ~ン」ってあんた・・・
    お年がばれるでごじゃるよ。(笑)

    この人の絵はなんとも言えずいいねぇ。
    落書きのようなタッチなんだけど,ちゃんと動物の顔になってるんだよなぁ。

    それにしても,自分がチビだった時に読んでいた本を,30年もたって,またチビ達に読み聞かせる。
    30年ですぜ。

    数年おきに買い換えるデジタル製品に比べ,なんともスローなお話ですなぁ。

    日々,懐かしさに目頭を熱くしながら,いろんな絵本を読んでるよ。イモウトさんも,チビができたらおすすめだよ。

    んでは。

  2. 名前:wataliss 投稿日:2005/06/16(木) 10:44:27 ID:08b498b7c 返信

    あいよ~。呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~ン。(え?呼んでない?)
    絵本カテを作ったと読んだ時から、いつかは登場すると思っていましたよ。
    これは我等にとって愛着ある本だものねぇ(ちっぽくんもね)。
    『こねこのぴっち』は読んだ事ないのだけれど
    『たんじょうび』の続編とは知らなかったよ。
    彼女の絵本では『ぴっち』の方が有名らしく、
    ネットで調べてもヒットは『ぴっち』の方が多いのよね。
    今度ぜひ読んで見ます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です