2011年ヤビツアタックを振り返って

いつもこの写真。使いまわしてもバレないというメリットもあります(笑)

いつもこの写真。使いまわしてもバレないというメリットもあります(笑)

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

Shiro家の今シーズンのヤビツアタックは,11月27日の「本ブログ内の紹介記事へザ・ファイナルヤビツ2011」を持って終了しました。

今年も目標としていた「40分切り」は,あとわずか20秒まで迫ったものの,残念ながら来年へ持ち越しとなりました。

今回は,今年の全9回の挑戦の振り返りと来年への豊富をまとめてみました。




全9回の挑戦記録

今年は4月15日のシーズンインから,11月のシーズン終了まで,全部で9回ヤビツに挑戦しました。

その記録は以下のとおりです。

  日付 タイム シーズン
順位
コメント
第1回 4月15日 41分38秒 Reynolds MV32T UL登場!
自己ベスト更新(^^)
第2回 4月29日 41分29秒 いろいろミスしたけど自己ベスト更新
第3回 5月8日 40分20秒 ものすごいラストスパートで自己ベスト
第4回 7月3日 44分22秒 山が嫌いになりました
第5回 7月18日 42分36秒 最初からモチベーション低し。
動画を撮ってみました
第6回 9月18日 43分59秒 オール自走で津久井までいきました
第7回 9月25日 44分44秒 DURAクランク導入を決意
第8回 10月28日 40分25秒 DURAクランク登場!(^^)
第9回 11月27日 40分26秒 燃え尽き・・・。

表だけだと変化が見にくいので,グラフにもしてみました。

夏前には40分ギリギリまでいったんだけど,夏場でぐったり,秋も40分ギリギリ。

おいらのヤビツ挑戦は,暑くて走れない8月を境に前半・後半に分かれます。以下,前半戦と後半戦に分けて振り返ってみます。

前半戦(4~7月)

最初の3回(4/15,4/29,5/8)は実に好調でした。

最初の挑戦でいきなり自己ベストを更新し,2回目ではさらに更新。

第1回目はツマがサポーターで来ていたので,登坂途中の写真があります(菜の花台付近)

第1回目はツマがサポーターで来ていたので,登坂途中の写真があります(菜の花台付近)

Nikon D90 + TAMRON 17-50mm F2.8

そして,3回目ではついに40分台に突入し,夢の40分切りが目前に迫ってきた感がありました。

この好調ぶりは,主に以下の要因によるものです。

  1. カーボンホイール Reynolds MV32T ULの採用
  2. 富士ヒルクライム(FHC)を目前に控えた日ごろの練習

初めてMV32Tで登った第1回目は,予想よりもかなり軽くペダルが回ってくれ,あっさりと自己ベスト更新になりました。

そして,6月のFHC挑戦が見えていたことから,普段からローラー台やバランスボールなどでコツコツと体力づくりをしていたのが功を奏したと思われます。

また,自己ベスト40分20秒を出した第3回目のときは,割と大勢の方々と一緒に上ったことで,モチベーションが向上した効果もありました。

このときはラストスパートがすごかった。速度(下の線)もすごいけど,心拍(上の線)も猛烈。しぬ~

このときはラストスパートがすごかった。
速度(下の線)もすごいけど,心拍(上の線)も猛烈。しぬ~

諸刃の剣の富士ヒルクライム(FHC)

いつも根性が無いおいらですが(涙),大枚はたいて参加するFHCだけは妙にやる気がみなぎります(笑)

このおかげで,直前の4~5月はとても体調が良く,自己ベストを次々と更新していくことができました(源氏山TTでも自己ベスト更新していました)。

FHCでタイムを大幅更新してご満悦のおいら。もう,燃え尽きています。

FHCでタイムを大幅更新してご満悦のおいら。もう,燃え尽きています。

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

しかし,イベントに向けて燃え上がると,あっさりと燃え尽きてしまうのがおいらのダメなところ。

2009年にFHC初参加したときも同じでしたが,富士山を下山した後は,もうすっかりやる気無しモード(笑)

その結果,FHCが終わった後の第4回目の挑戦では自己ワーストに迫る44分22秒をたたき出して,山が嫌いになりながら前半戦を終了することになりました。

おいらにとってFHCは,やる気を盛り上げる重要なイベントであると同時に,その後はやる気がなくなってしまうという,諸刃の剣なのでした。

難しいですなぁ・・・(^^;)

後半戦

暑い8月は丸々休息期間であってヤビツには一度も行きませんでした。

本ブログ内の紹介記事へ8月にはNoguさんと箱根なんかに出かけているくらいですから,もちろん走れないことはないですが,タイムアタックのペースで走ったら,アラフォーライダーは「死」の危険性があります(若くてもたぶん)。

9月下旬になってようやく再開したのですが,やっぱり,夏の間にぜんぜん走っていない分,体がぜんぜん動かず,第7回目では今シーズンワーストである44分44秒(死死死死・・・)をたたき出してしまいます。

次々と抜かれていく寂しさも味わいました(涙) やっぱ,クランクを換えないと!(嬉)

次々と抜かれていく寂しさも味わいました(涙) やっぱ,クランクを換えないと!(嬉)

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

「このままでは遺憾イカン!」と一念発起したのですが,その熱意の向かうベクトルが少しずれていたみたいで,日頃のトレーニングに精を出すのではなく,新たにDURAクランクに交換するということになりました(笑)

ベクトルは,日々の練習ではなく,こっちに向かっていってしまいました・・・(笑)

ベクトルは,日々の練習ではなく,こっちに向かっていってしまいました・・・(笑)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

相変わらずトレーニングには全く精を出しませんでしたが(出せよ・・・),新クランクに取り替えたうれしさ・モチベーションの高さから,第8・9回目では40分20秒台と,あと少しで自己ベストまで迫ることができました。

ニューパーツ効果,恐るべしです。

まとめ

結局,目標の「40分切り」まではあと少しまで迫ったのですが,残念ながら涙を飲んだ2011年シーズン。

ツールで万年2位のアンディー・シュレクも,さぞ,同じ悔しさを味わっていることでしょう(比較にならないか,笑)。

でも,昨年~今年分をまとめたグラフを見てみれば,多少の出っ張り・引っ込みはあるものの総体的には徐々にタイムが向上しているように,読もうと思えば読めそうです(笑)

グレーは2010年,ブルーは2011年の戦績。よ~く見れば,見えない線が見えてくる!?

グレーは2010年,ブルーは2011年の戦績。よ~く見れば,見えない線が見えてくる!?

来年も,きっと7月以降はFHC燃え尽き効果でまったくダメでしょうから(直す気無し),勝負は4~5月のわずか2ヶ月です。

しかも,この冬は子供の受験が控えているので,勉強部屋(っていうか,みんなの部屋)にあるローラー台は2月中旬まで使うことはできません。

となると,来シーズンの予定はこんな感じになりそうです。

予定
1月 コタツでごろごろ
2月 コタツでごろごろ
3月 ローラー台開始
4月 シーズン・イン。いきなり40分切り。
5月 さらにタイム向上・シーズン終了
6月 富士ヒルクライム2012
7月以降 燃え尽き

それにしても,たった2ヶ月しかないシーズンって,短いな~(笑)

そんなスポーツ,他にあるのかな!?(・・・ワカサギ釣りとか?)

いずれにせよ,来年の4・5月に向け,ローラー台は無理としても,毎週末には本ブログ内の紹介記事へ湘南国際村でも登ってトレーニングを積んでおきましょう。

それではまた,来年もまたヤビツ頂上でお会いしましょう!(^^)

来年もReynolds MV32T ULで挑みます!! (^^)

来年もReynolds MV32T ULで挑みます!! (^^)

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2012/02/21(火) 23:47:46 ID:b102950dd 返信

    >のらくろ0521さん

    はじめまして。
    コメントありがとうございます!!

    お褒めいただき,ありがとうございます~

    最近はろくに乗っていないので,
    ちっとも走りの記事が登場しなくてすいませんです(笑)

    で,この時期にヤビツですか!!!

    も~のすごく寒いですよね,きっと・・・。

    おいらは平地ですら寒くてイヤなのに,
    氷&雪の世界であろう,ヤビツはもう絶対に無理。

    すごいですねぇ。

    今年もたぶん4月末ごろにヤビツ詣再開かな・・・?

    これからも,フォトポタ日記をよろしくお願いします~

  2. 名前:のらくろ0521 投稿日:2012/02/21(火) 17:31:32 ID:86d69c27b 返信

    初めまして!私は駆け出しの初心者なのですが、少し前からヤビツや富士の記事をきっかけに興味深くブログを拝見させていただいております。記事の内容の深さとセンスのある写真の数々、素晴らしいブログですね!
    つい先日、もの凄い激遅でしたが私も初のヤビツを体験してきました!Shiroさんの記事をとても参考にさせていただきました。
    ありがとうございました♪

  3. 名前:Shiro 投稿日:2011/12/19(月) 22:17:26 ID:ca7574588 返信

    >keteruさん

    やっぱり,これだけ寒いと走る気起こらないですよねぇ。
    おいらも,全くダメですねぇ・・・。

    そういえば,このまま行くと,
    4月には新自転車を組んでやる必要があるのでした。

    中1になる長男にロードを組んでやらねば(^^)

    が,これで,ますますRHC号のフレームの出番が遠のきました。
    いったい,なんで550mmなんていう巨大フレームにしてしまったのやら・・・。
    いや,高校生くらいになれば乗れるかな!?

  4. 名前:keteru 投稿日:2011/12/19(月) 21:55:34 ID:b2f638046 返信

     は~~い、時間があるはずなのに、走って無いヤツがここにも一人^^;
     だって~寒いし~~、風強いし~、消耗品買ってお金使うわけにも行かないし~・・・。
     これで今年も帰省は、自走のつもりですけど、はたして何回練習走行できるんだか。

     しかし Shiroさん、2012年の予定ですが、四月頃の予定に抜けている項目があります。   ”息子さん用のバイクを組む&正しい走行指導”
     自分で組ませるのも良いかもしれませんけど、それでも見ててやらないとダメでしょうし。
     走行だって一日くらいは、いっしょに走ってやら無いといかんのじゃないですか?
     くふふ、またまた時間がなくなるShiroさん。

  5. 名前:Shiro 投稿日:2011/12/19(月) 00:03:33 ID:ff3359f24 返信

    >Noguさん

    こんばんは~

    今年もいろいろお世話になりました~

    結局,Noguさんとは1回しかご一緒できませんでしたね。
    その1回が,40分20秒の自己ベストの日でした(^^)

    今年はもうストーブリーグ(?)ですから,
    ご近所江ノ島や,国際村。
    遠出しても三浦くらいまでかな?

    来週末にはのんび~りと灯台めぐりでもしてみようかと思っています。
    もう,完全にLSD気分です(^^)

    来年こそは,お互い頑張りましょう!

  6. 名前:Shiro 投稿日:2011/12/19(月) 00:01:09 ID:ff3359f24 返信

    >うめさん

    こんばんは~

    おぉ,うめさんもロードに(^^)

    で,この寒い中,ヤビツに行かれているのですか!!!?
    すごいです・・・。

    おいらのヤビツは,5ヵ月後くらい先になりそうです。

    舗装が良くなると,ものすごく走りやすくなりますよね。
    近所の源氏山も舗装工事が終わったら,ものすごく滑らかになり,
    タイムが向上しました。

    となると,やっぱり,ヤビツも来年こそは。ムフッ?

    ほんと,丸坂も舗装してくれるとうれしいんだけどな~

  7. 名前:Nogu 投稿日:2011/12/18(日) 18:00:56 ID:5fd874ec8 返信

    ヤビツ年間総括ですな。
    今年のTTもおちかれさまでした。
    ホイール、クランクと大物投入でしたな。
    しかし、20秒とは惜しいですね。
    ヤビツはNogu妻に言わせると聖地だそうです。
    TTするならそれなりに準備してからにしなさいとDNF後に言われました。
    しっかり準備してまた来年楽しく上りましょう。
    僕もそろそろ振り返ろう。
    今年はシーズンⅡが全くなかったのでシーズンⅠのみですな・・・(^^;

  8. 名前:うめ 投稿日:2011/12/18(日) 01:40:15 ID:756932bfb 返信

    こんばんは。
    やっとロードに慣れてきた感じの元MTB乗りのうめです。
    ヤビツは最近蓑毛前の激坂の舗装工事が終わり、とても走り易くなりました。(ご存知だったらすみません)
    自分も走ってみましたが全然違う感じです!
    この調子でバス停の先の丸坂?も平らにしてくれればいいのですが・・。
    来シーズンのヤビツアタックの際は是非体感してみて下さい。
    40分切りの記事を楽しみにしてます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です