今年のGW1回目のヤビツに行ってきました!

あんたも好きねぇ(笑)

あんたも好きねぇ(笑)

SONY DSC-TX10

珍しくちゃんと早起きできた(4時半)ので,前日の予告どおり,GWで1回目,今年に入って2回目のヤビツアタックに出かけてきました。

最近のパワー分析や毎晩のローラー台練習の成果は発揮できたでしょうか・・・?




恒例のポカ紹介

「恒例」ではイカンのですが,過去のヤビツアタックではいろいろなポカをしてきました。

  • シューズのベルクロ閉め忘れ(多数)
  • サイコンの計測忘れ(致命的)
  • 道に迷ってスタート地点に辿り着けず(論外)
  • 荷物が重すぎる

今回はこれらの反省に基づき,ベルクロをしっかり閉め,サイコンのスタートボタンをちゃんと押し,へんな道を走らず行くことにしていました。

で,荷物も完全に手ぶらにしたのですが,うっかり,ウィンドブレーカーまで置いてきてしまいました・・・。

これは去年の写真。去年は寒くてウィンドブレーカー必須でした。

これは去年の写真。去年は寒くてウィンドブレーカー必須でした。

Nikon D90 + TAMRON 17-50mm F2.8

上りはかなり暑くなることが予想されたので,割と薄着(finetrackのフィルム状のアンダー,castelliの薄手長袖ジャージ)で来てしまいました。

菜の花台駐車場に車を置き,スタート地点まで8kmのダウンヒルから始まりますので,体がカッチコチに冷え切ってしまう恐れがあります。

が! ヤビツの神はおいらを見捨てていませんでした。

菜の花台に到着すると,びっくりするくらいあったかく(というか暑い),名古木交差点までのダウンヒルも軽快にこなすことができました。

こりゃ~,幸先いいぞ~(そうか?)

上りもこれくらい軽快に走れるといいんだけどな~(^^)

上りもこれくらい軽快に走れるといいんだけどな~(^^)

SONY DSC-TX10

それでは,スタート!

今回は,先日の簡易パワー分析の結果から,下記の2点を注意して走ることにしました。

  • ラップ4(蓑毛の激坂区間)はパワーを控えめにする
  • ラップ10(2段目の激坂区間)があることを忘れず,パワーを温存して走る

以下,簡単に走りっぷりを振り返ります。

スタート~デイリーヤマザキの先<(ラップ1~3)

この区間は,序盤のお豆腐屋さんのところを除けば勾配が緩いのでスピードを上げられます。

過去のタイムアタックでは結構飛ばしていたつもりですが,パワー分析では過剰なダッシュではなかったので,今回もちゃんと飛ばしてみました。

2つある信号も両方青通過できましたし,なんか,いい感じです(^^)

蓑毛激坂区間(ラップ4)

出た,最初の難関。

いつも,この区間でパワーを使い果たしてしまっていたので,今回は最初から27Tを使ってのんびりと上るようにしました。

最初の難関,ヤビツの激坂区間。なげぇ~

最初の難関,ヤビツの激坂区間。なげぇ~

SONY DSC-TX10

でも,やっぱりきついですね・・・。

抑えよう,抑えよう,と思っていても,心拍は簡単に180bpmを越えてしまいました。

森林区間(ラップ5~8)

比較的勾配が緩くなる区間です。

特に左カーブが軒並み緩斜面なので,ここだけ加速して通過し,あとはじっと耐えてシッティングで上りました。

菜の花台の直前の左カーブは,たぶん,ヤビツコース中一番でキツイところで,ここは本当にしんどかった・・・。

菜の花台以降(ラップ9~11)

いよいよ,課題の後半部分。

見た目はそんなに勾配がきつく無さそうなんですが,1kmあたりの上昇高度は蓑毛の激坂区間と同じくらいあります。

菜の花台以降も見た目に反して勾配はキツイのです・・・。

菜の花台以降も見た目に反して勾配はキツイのです・・・。

SONY DSC-TX10

今回は,序盤のお豆腐屋さん付近(ラップ1)や蓑毛の激坂区間(ラップ4)をパワーセーブして走ったので,後半も相当に力が余っているはずです。

・・・だったのですが,蓄えておいたパワーをどこかで置き忘れてきてしまったみたいで,パワーが全く出ません(涙)

結局,いつもと同じように,後半はへたれる一方で,息も絶え絶えに頂上ゴールにたどり着いたのでありました。ふぅ・・・。

(今シーズンの)自己ベスト更新!

嘘ではないです。

なんせ,今シーズン2回目なので,単に「前回よりよかったヨ」というだけですが(笑)

タイムは,

ギリギリの41分台。あと2分も短縮しないと40分切りは見えてこない・・・。

ギリギリの41分台。あと2分も短縮しないと40分切りは見えてこない・・・。

SONY DSC-TX10

41分56秒

でした(ゴール時にSTOPボタンじゃなくてLAPボタンを押しちゃったので表示は合ってないです)。

【本日の走行データ】
 コース :名古木交差点→ヤビツ頂上
 スタート:7時00分
 信号停止:なし
 走行距離:11.78km
 走行時間:41分56秒
 平均心拍:177bpm
 最大心拍:187bpm
 ケイデンス:77rpm

前回が驚異(笑)の46分53秒ですから,約5分短縮することができました。

反省&今後

前回は両足が攣ってしまうという大惨事に見舞われましたが,今回は日々ローラー台で練習を積んできたのと,たっぷりと給水していたおかげで,脚の攣りや痛みはまったくありませんでした。

ただ,タイムは前回より大幅に短縮できましたが,過去18回のアタック中で8位のタイムですから,手放しで喜べるタイムでもありません。

そこで,先日ご紹介した,簡易パワー計算をやってみて走りを分析しました。

青が今回のパワー。後半のヘタレぶりがハッキリわかります。

青が今回のパワー。後半のヘタレぶりがハッキリわかります。

が~ん,やっぱり,後半のヘタレがすごいです!

自己ベスト(灰色)では,ラップ10~12でどんどんパワーが上がっているのに,今回(青)はラップ11&12で燃え尽きてしまっていることがハッキリわかります(笑)

中盤のラップ5~8はいい感じだっただけに,後半のヘタレぶりが残念ですねぇ・・・。

やはり,残念ながら運動不足,走り込み不足が原因かなぁ,と思います。

今からFHCまでは1か月ちょいしかありませんが,毎日欠かすことなくローラー台をやって,少しでも持久力を向上させなきゃな,と思います。

次回は5月1日に上る予定です。また,GW後半にも1回は行きたいな~

おしまい。

帰り道。いい天気だな~(^^) 5月1日も晴れてね~

帰り道。いい天気だな~(^^) 5月1日も晴れてね~

SONY DSC-TX10

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2012/05/02(水) 18:25:36 ID:9cfa3a873 返信

    >Noguさん

    こんばんは。

    蓑毛の激坂は,パワーを消費する割りにはあまりタイムにつながらないですねぇ。

    この2日後にも行ったのですが,かなりパワーセーブしてみました。
    心拍も抑えられたのですが,タイムは全力時と数秒しか違いませんでした。

    やっぱり,鬼門は菜の花台以降ですね。
    見た目にはきつく見えない,第二の激坂が怖いです。

    また今年もきついところに行きましたねぇ。
    乙女峠は結構でかいですよね。
    今年はヤビツアタックを早々に終了して,
    6月後半からはのんびりツーリングに切り替える予定。

    また都合があったら,ご一緒しましょう~(^^)

  2. 名前:Shiro 投稿日:2012/05/02(水) 18:22:41 ID:9cfa3a873 返信

    >_toshiさん

    こんばんは。

    そう,あっちを立てればこっちが立たずです(笑)

    もともとパワー総量が少ないのに,どこに配分するかで悩んでいる感じです。

    やっぱり,もともとの総量を増やさないことにはどうにもならないですね。

    感覚的にFHCは走りながらも回復している気がするのですが,
    ヤビツはとても短い(11km)なので,
    一度疲労したら何を飲んでも回復しません。
    やっぱり,持久力を身につけないとダメですなぁ~

  3. 名前:Nogu 投稿日:2012/05/01(火) 16:57:11 ID:89da73883 返信

    う~ん、残念。
    蓑毛のパワーを抑えるって難しそうですね。
    僕ではきっと抑えたらタイムが出ないんだと思います。
    菜の花台手前は本当にきついですよね。
    菜の花台以降も要所要所できついところが現れますな。
    今日は行けたかな?
    GW後半に僕も一度行きたいと思ってます。

    ps
    乙女峠越えは5km程度でしたが非常にきつかった。その後の仙石原から強羅までも死ぬかと思ったです。

  4. 名前:_toshi 投稿日:2012/04/30(月) 09:49:59 ID:6cdaeb690 返信

    こっちを立てればあっちが立たずって感じで、なかなかうまく行きませんね。

    まー、人生とはそんなものでしょう。(ん?全然話が違う?(笑))

    FHCに向け悔いの無いように頑張ってくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です