D70のエライところ – 第3回:RAWの扱いやすさ

やっぱりうまく撮れない・・・。D70撮影用に,もう一台,ガンデジが欲しいなり。
やっぱりうまく撮れない・・・。D70撮影用に,もう一台,ガンデジが欲しいなり。
Canon IXY Digital320 + , f2.8+1/8s, -1/3EV

D70のエライところシリーズの第3回(たぶん,最終回)。今回は,「RAWの扱いやすさ」です。

D70は,一般のガンデジと同様,JPEGとRAW,そしてRAW+JPEGの同時記録,という3つの保存形式があります。

買った当初はJPEGで撮っていました。その理由は,「RAWは現像が必要」「RAWは連写枚数が減る」「RAWはファイル容量がでかい」「RAWはなんか難しそう」といったものでした。

しかし,3ヶ月目あたりからはRAWの一点張りです。それは,「連写枚数が減る」以外はほとんど問題にならなく,とても使いやすいものであることが分かったからです。(^^)

D70のRAWファイルが扱いやすい理由はたくさんあります。

現像しなくても,縮小画像が見られる
普通,RAWファイルは現像処理をしないと中身を見ることができません。そのため,RAW+JPEG形式というのが用意されていたりしますが,実はNikonのRAWファイルは,WindowsのExplorerやMacのFinder上で,普通に縮小画像を見ることができます。保存・管理を考えると,これは果てしなく便利です。おいらは特別なソフトは使わず,「20051012-運動会」のようにフォルダを作って,RAWファイルを入れておくだけで管理しています。

エクスプローラー上でも普通に縮小画像表示できます。
エクスプローラー上でも普通に縮小画像表示できます。


NEFファイルの便利さ


NikonのRAWファイルは,NEF(Nikon Electric Image Format)というファイル形式で,拡張子もずばり,「.nef」です。NEFファイルの優れているところは,中身が「原画+現像パラメータ」となっているところです。現像作業では,露出補正,トーンカーブ修正,カラーモード変更,ホワイトバランス調整など,さまざまなレタッチを行いますが,いくら補正を加えても原画は残る,という仕組みです。いちいち,原画用のファイルをコピーして使う手間がないので,とても便利な上に複数のバージョンが残ることもなく,管理も簡単です。

圧縮RAWであること


「RAWファイルはサイズがでかい」というのは世の中一般の認識となっているようです。しかし,そもそもはRAWだからでかいのではなく,「圧縮をしていないからでかい」のが正解です。

D70は600万画素なので無圧縮であれば,600万×8bit×3色=18MBです。D70の場合,一番高画質な「Fine」モードを設定していると,これが,だいたい3~4MBに圧縮されます(圧縮率=80%前後)

一方,RAWは12bitなので,600万×12bit=9MBです。もともと,RAWは単色なのでコンパクトなのです。D70は圧縮RAWを採用していて,これをだいたい4~5MBに圧縮されます(圧縮率=50%前後)。

圧縮後のRAWをCFメディアに書き込むので,連写用バッファがフルになった後の連写も,まぁまぁ早いほうです。

つまり,D70の場合,JPEGとほとんど変わらないファイルサイズでRAW撮影ができるのです~! CFメディアの容量にも,パソコンのHDD容量にも優しい圧縮RAWなのでした。

現像ソフトがとてもすばらしいこと


amazonへ

Nikonのデジカメには,一応,普通のRAW現像ソフトは無料で付いてきます。Nikon Viewというソフトで,露出補正・ホワイトバランス調整など,普通のRAW現像ソフトと同じようなことはできます。

しかし,Nikonには,カメラとは別売り(約10000円)で,Nikon Captureというすんばらしい,現像ソフトがあるのです。こいつは,普通のRAW現像ソフトにPhotoshopを合体させたようなソフトで,非常に高機能なソフトです。しかし,Nikon Captureのすばらしいところは,機能だけではなく,なんと言っても操作が非常にわかりやすいというところです。

その理由は,すべての画像調整を「パネル」で行うというインターフェースにあります。Photoshopでも,メニューからコマンドを選べばダイアログが出てきますが,Nikon Captureは,すべてのフィルタダイアログが画面上に出っぱなしのPhotoshopという感じのインターフェースです。画面上にたくさんあるパネル上の,スライダや数値入力ボックスをいじるだけで,画像がリアルタイムに変化していきます。画像調整だけではなく,調整の結果(ホワイトバランス,トーンカーブなど)をカメラに逆転送し,カメラのデフォルト値を変更することもできます。

さらに,真っ白画像を撮影してCCDのゴミ付着状況を調べ,レンズ・絞り情報に基づいて各画像のゴミ部分を除去して補完する機能や,レンズ情報から周辺光量低下を補正する機能,レンズ情報から色収差を除去する機能など,「本来はハード側で対策するべきでは?」といった特殊な機能まで盛り込んでいます。

とにかく,「Nikon Captureのためだけに,Nikonのデジカメを選択してもいい」と言ってもいいくらい,すばらしいソフトです。Nikonは,も~っとこのソフトをアピールしたらいいと思うんだけどなぁ~。

Nikon Captureで修正中のカズボン。なんでもパネルで調整できるのが便利~
Nikon Captureで修正中のカズボン。なんでもパネルで調整できるのが便利~



以上が,D70でRAWを使い続ける主な理由になります。これ以外にも,そもそも12bit RAWなので撮影後の露出補正もJPEGよりはるかに有利ですし,ホワイトバランスの調整などJPEGでは不可能なこともできることから,やっぱり,RAW以外は考えられません。

ただし,D70でRAWを使う場合の唯一にして最大の欠点,「連写枚数が減る」だけはどうにもなりません。JPEGなら無限連写なのに,RAWではせいぜい4枚。ここら辺は,次期機種に期待ですかねぇ・・・。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:SHIRO 投稿日:2005/11/14(月) 00:25:00 ID:c1a6c8a54 返信

    今年の4月に,HDD=200GBのデスクトップ機を導入するまでは,HDD=20GBのノートしかなかったので,圧縮RAWは神のような存在でした。

    カメラ内パラメータは,ホワイトバランスやトーンカーブを転送できます。おいらは,ちょいと明るめにでるように,トーンカーブを調整しています。(が,黒のしまりが無くなるので,再考中です・・・)

    現像ソフトは,異常に速いです。ほぼ全部リアルタイムです。スライダを動かすと,それに合わせてリアルタイムで画像が変化します。

    しかし,残念ながら,いくつか,絶望的に遅いパラメータがあります(おいらが知っているのは2つ)。

    一つは,画像全体を評価して,黒つぶれしかけているところを強引に明るくするツール(D-Lighting)です。こいつは,逆光で真っ黒に写った顔を,フラッシュを焚いたように強引に明るくします。しかも,かなり普通な感じで補正できる魔法のツールです。

    もう一つは,E-300ではまったく不要のツールですが,画面上のゴミ削除ツールです・・・。真っ白な画用紙とかを撮影し,それをCCDのゴミ情報として保存します。その情報を元に,撮影した画像のゴミ削除をしてくれるのです。まぁ,Photoshopのスタンプやパッチツールの自動版といった感じです。

    この二つのツールは絶望的に時間がかかります。パラメータをいじるたびに,30秒は待たされます。(3GHz,Pen4)

    ノートPCの時は,3分くらいかかったので,使っていませんでした・・・

    あ,保存はすごーく時間がかかります。苦肉の策として,保存はモーダレスのダイアログが出てきて,非同期で行えます。

    そのため,保存中でも,次のファイルをいじったり,保存したり,ができます。これだけでも,助かります・・・

  2. 名前:McCOCK 投稿日:2005/11/12(土) 23:30:05 ID:029abe9e6 返信

    ソフトを介さなくてもExplorerでサムネイルが見れるってすごいなぁ。
    しかも9MBと全く同じ品質で5MBですか!
    地球に優しいですね〜圧縮RAWは。
    E-300はどんな失敗写真でもRAWは一律13.5MBですから…orz

    >カメラに逆転送し,カメラのデフォルト値を変更することもできます。

    ということは、カメラ内のデータを直接いじってるということですか?
    そういうことってやったことないので、ちょっと考えられません(笑)
    E-300の場合、付属のソフトは全く使えない代物で、別売りでOLYMPUS Studioというプロ用ソフトがあるんですが、1ヶ月無制限体験版を試してからPhotoshopCS2に切り替えたら、CS2のほうが全ての挙動が速かったので、今はCS2で落ち着いてます。
    CS2だと、パラメータをいじりつつリアルタイムに変化するところまではまぁ不満のない速さなんですが、設定が決まって保存の段階になるとやたら時間がかかります。PCから離れてしまうほどに。
    Nikonの場合は、リアルタイムに変化するときの挙動は満足いく速さですか?
    あと、もしかして上書き保存もリアルタイムだったりするんでしょうか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です